アイデアと交流

昨日雨が降ったためか、今日はそこまで気温が上がらなかった。とはいえ外を歩いていると汗が噴き出してくる。サンダルも新しくなり歩きやすくなっている。以前のサンダルは1年くらいでボロボロになってしまった。いろんなところを歩いてきた。同じサンダルを繰り返し履いていたために靴底がすり減っていた。靴底の接着剤が剥がれるまでは、多少表面がささくれ立っていてもまだ使えると思っていたが、なにかにつまづくと靴底が剥がれていた。スニーカーに似ているフレームを持ったサンダルがあると便利というアドバイスのもとに引っ越してからしばらく履いていたが、確かに移動には手助けになっている。

DVDのメディアが経年劣化して割れやすくなっているので、USBメモリに換えることにする。部屋の湿度が高かったからか、DVD-ROMが脆くなっている。DVD-ROMは購入して1年くらいたっているが、材質が変化している。収納ケースにプラスチックが引っ掛かるのも耐久性を損なっていたかもしれない。ともかく記録媒体はなるべくデータを保存しやすく、また取り出しやすいメディアを考えている。大容量のメディアは家電量販店よりもamazonに品ぞろえがあるようだった。ともかく試して見ようと考えている。どのデータが入っているか、文房具屋で入手したタグのキーホルダーを付けて識別しようと考えている。

図書館から参考書をさらに延長して借りることにした。業務知識に必要な部分が2018年の時点までを扱っており、書店で購入した参考書は2017年で、およそ1年新しいものになる。ほかに借りている人はいないようで、スムーズに借りられた。書いてあることに沿って、自分の考えを作っていけたらと思う。書いていて他の応用できるような論理の組み立て方を学んで行きたい。なにかに応用できるかどうかは、論旨がどうかといとよりも、それをなにかに役立てる意思があって、そのために目標設定をしているかどうかに掛かってくるとも考えている。

続きを読む アイデアと交流

データの保持と工夫

mineCraftのForgeが起動するが、セーブデータが上手く起動しなかった。ワールドを新規作成して、予め保存したエレベーターの建物をWorldEditのMod経由で読み込むと、表示された。パソコンスペックに負担がかかっているかもしれない。1.16へのバージョンアップに際しては読み込み時にフリーズするケースもあった。とはいえどのような条件でフリーズするか分からなかった。目的としては既存の木材のブロックを新しいネザーワールドから採取できる難燃性の素材に置き換えることで、エレベーターを含んだ建物を建てることだった。小麦畑の自動化のワールドマップも正常に読み込めて、小麦畑と村の間にエレベーターの建物を追加することができた。村の景色が一望できるようになった。また螺旋階段のブロックも青い難燃性の木材に床や柵を置き換えて、青っぽい螺旋階段になった。この間は現状のスペックでもフリーズなどはしていない。データの読み込み時にスペックを必要とするようだ。1.14の昆布ブロックの追加では、macBookからwindowsPCのintelNUCに移行した、アップデートの度にワールドマップが広くなる傾向になる。今回は動画編集ソフトのメニューでフリーズしたりなど、他の要因も重なっている。通常文書を作成したり、3D造形ソフトで加工したりする分には、支障は感じていなかった。ドットグラフフィックで簡易で明快なビジュアルを持ったmineCraftではあるが、バージョンアップの度にパソコンのスペックが上がっている。ネザーワールドのアップデートでも小麦畑の作物をリサイクルして、新たに追加された真紅の森や、青い歪んだ森を養殖できるなど、限られたリソースを上手く活用して、エコロジーなサイクルを模索した。また、エレベーターの建物からの眺めも動画に記録している。ネザーワールドのアップデートでは難燃性の木材にリソースを絞って、できることを模索した。エレベーターの回路は上に荷物やキャラクターを載せられるモジュールが付いていることで、レッドストーントーチがブロックの間を入り組んでやや複雑にはなっているが、他にないオリジナルのものになっている。

続きを読む データの保持と工夫

難燃性の木材を養殖する

mineCraftのエレベーターにホームドアを付けることにした。また降りたところに足場を作った。エレベーターの昇り降りの回路は組み立てていたが、フロアの部分はまだ建設中だった。ホームドアの部分にレッドストーントーチの回路が隣になっているので、動力を通さない葉っぱのブロックに置き換えてみるものの、葉っぱのブロックは可燃性のため、ネザーワールドに生えている葉っぱにあたるウォートブロックで代用しようとも考えたが、そのブロックは通常の不透過ブロックと同じように動力を通すので代用はできなかった。スライムブロックにくっ付かず動力も通さない葉っぱのブロックは便利だった。また、ネザーワールドの真紅の森と、青い歪んだ森の木を育てるアイデアを実行してみる。小麦畑では小麦だけでなく小麦の種も村人が収穫しているが、種から肥料に変えて、それをネザーワールドのナイリウムという土壌に与えると、隣り合っているネザーラックが芝生のようなナイリウムに変わる。ナイリウムの上に肥料を撒くと、草やキノコがランダムで生成される。そのキノコに肥料を与えると木になって、葉っぱには不透明なウォートブロックが追加され、実にはシュルームライトが生成される。小麦の種から難燃性の木材の建材と、シュルームライトという照明用の素材が手に入る。またネザーワールドにも植物を養殖することができる。30個の肥料で、3本の木が育ち、10マスくらいがナイリウムに養殖することができる。真紅の森でもできるけれど、色合いが青くより木らしい青い歪んだ森は、ネザーワールドの奥に自生する地形になるので、トロッコを敷設するにも距離があるけれど、青く歪んだナイリウムも同じように肥料を与えることで養殖することができる。真紅の森でも肥料を与えると青いキノコが生成されることもあるが、青いキノコは青く歪んだナイリウムの土壌ブロックの上でしか木に育たないようだ。このようにして難燃性の木材の資源が、小麦畑の余った資源から生成することができるようになった。ネザーワールドの木材は肥料によって栽培出来て、日当たりも関係ないけれど、枝ぶりをコントロールすることができず、収穫には地上の木よりやや手間がかかるようだ。小麦の種からリサイクルした肥料を持って、トロッコのレールで真紅の森と歪んだ森に移動するだけで、森そのものを養殖することができる。シルクタッチが付与されたピッケルがあれば、ネザーワールドのナイリウムを、それぞれの地形だけでなく地上に持ってくることもできるが、エンチャントする経験値を用意できていないので実現できない。差し当たってはネザーワールドで木材を養殖できれば、難燃性の木材を手に入れる用途を満たすことができる。一連の様子を動画コンテンツにして記録に残しておく、aviUtlによって動画の編集ではタイムラインに沿って説明でき、プラグイン出力によってmp4形式の動画の書き出し時にもパソコンに負荷は掛からなかった。

続きを読む 難燃性の木材を養殖する

エレベーターの試作と散策

mineCraftにてエレベーターを延長して、雲に届くようにした。1.14のころに輸送スペースが9マス分ついた、スライムピストンとオブザーバーを組み合わせた乗り物を作っていた。ピストンとオブザーバーの間に透明でないブロックを挟むと、ブレーキの代わりになるという仕組みを応用して作っていた。回路はできるだけシンプルにしていたつもりだったが、ブレーキを解除して、その間にどちらかのオブザーバーを活性化させることで、昇りと下りに移動できるようになっている。任意の位置に途中で停車できる位置を追加できるが、今回は既存の3ヵ所と、新たに追加した天井の1ヵ所とその手前の1ヵ所、合計で5ヵ所の停車ポイントがある。そのうち両端の2ヵ所はそれぞれ下向きと上向きに向きが片方に固定されている。レッドストーントーチを将棋でいう桂馬飛びのような配置にすることで下方向へ動力を伝える。動力の伝達にはONとOFFを切り替えながら伝わっていくので、回路が余分に増える傾向にあった。エレベーターの輸送スペースと、エンジンになるモジュールが縦方向に数マス離れているので、上下のボタンがあるブロックから回路を延長する必要があった。上ボタンを押すと、上と下の向きの回路が連動して動いて、下ボタンを押すと下の向きの回路だけが動くようになっている。ボタンは分かりやすく上がオレンジ色に、下が水色に色分けしてあった。発色がいいウールのブロックを使っていたが、ウールは可燃性のため、コンクリートでオレンジと水色のブロックに置き換えることにした。既に回路の部分は白いクオーツとガラスに替えている。ガラスブロックはレッドストーン信号の伝わりかたが通常のブロックと異なるが、回路が透明で分かりやすくなるのでなるべく使うようにしている。エレベーターに貨物を積めるようにした分だけ、回路が複雑になっているが、他に例もないので、工夫を保持していきたいと考えている。ブロックを置き換えるなかで下ボタンのブロックの上に、レッドストーンパウダーを使っていた回路があったので、レッドストーントーチに置き換えた。回路が複雑になっているのは、レッドストーントーチを用いた桂馬飛びの部分だけれど、他の部分は独自の回路になるのでなるべくは動く形で保存しておきたかった。エレベーターがマップ上で雲がかかった部分まで上がっていく、ワールドマップは縦横方向には地図に収まりきらないくらい広いけれど、縦方向には150マスくらいで天井になる。ピストンとオブザーバーの速度が一マスずつであっても、そこまで遅く感じない。脇に螺旋階段を付けて置こうと思う。また素材は青い歪んだ木の木材で難燃性の素材にしようと思う。ModのWorldEditによってバージョンが異なる段階で組み立てられた建造物も最新版の1.16に取り入れることができる。

続きを読む エレベーターの試作と散策

散策と栽培

暑い日が続く、歩いているより自転車に乗っていた方が、風が吹いて多少涼しい、自転車で漕いでいると橋がある地域がネックになる。南砂町から西葛西までは歩道橋があるが、車止めが付いており、自転車でも迂回が必要になる。葛西橋では自転車用の通路がなく、荒川を渡って、江東区から江戸川区に移動することは車や電車でないと不便な部分もある。東大島には大きな公園があり、そこに荒川への橋が架かっていた。歩道橋は片側しか使えないようだったけれど、坂道沿いに道が繫がっている。荒川のところで交差点がある。江戸川区まで渡ると歩道橋があり、緩やかなスロープになっているが、道は真っすぐなく折りたたまれている。沿岸の京葉線と東西線の駅は名前が地理的に対応しているところもある。木場と新木場は乗り換え路線にはないけれど隣り合わせの地区になっている。新木場にも自転車のレンタルサービスがあり、15分くらいで木場まで漕いでいくことができる。千葉県の浦安では京葉線の駅が比較的新しく、浦安の駅が埋め立てによる都市開発がある前からある昔ながらの地形になる。浦安と新浦安は徒歩でも移動できるくらいの距離になるが、木場と新木場は徒歩で移動するには道が長く、倉庫と道路ばかりでコンビニエンスストアもあまりないような閑散とした地域になっている。東大島まで散策して、船堀まで渡っていった。船堀の駅前の展望台はランドマークになっている。船堀を一回りすると、また来た道を戻ることにした。歩いていくとコンビニエンスストアくらいしか近くに無いが、自転車を使うと隣町まで移動できたり、スーパーマーケットがあるところまで移動できる。電車を使うにも駅まで歩いて15分くらいかかり、その間に熱中症になりそうになる。サンダルも新しいものに替えて、歩きやすくなってはいる。朝や夕方の涼しい時間帯なら、散歩するのもいいかもしれない。木場公園まで歩いて行く分には交差点もそれほどなく、適度に自動販売機の飲み物で水分補給をしながら向かうことにする。どうしても水分補給は必要になる。東京都の湾岸地区で生活しているので、その中を散策したり旅をしたりしている。家とコンビニエンスストアの往復になりがちだった生活に変化とリズムを加えようとしている。

続きを読む 散策と栽培

探索の手段と道筋

今日も温度が高く、ベランダは40℃を超えている。しかしながら温度が高かったのは日当たりのいい午前10時くらいで、それ以降は30℃くらいに落ち着いた。温度は日当たりと関りがありそうだ。室内は熱中症対策も含めてエアコンをドライにしている。窓を閉めていてあまり涼しくはないけれど、暑くもなくなった感じだった。外に出るとすぐに暑くはならず、どちらかというと生暖かいような気がする。

mineCraftでネザーワールドを探索していると、とても広くて現在位置を覚えて置くことが難しい、マグマが溜まった空洞の空間沿いに地形の特長を調べようにも手掛かりがない。まずは目的地を決めることにした。例えば地図の向こう側の村に対応した座標まで、溶岩の池沿いになるべく直線で道を作る。一たび道ができれば、往復してレールを敷く、レールを敷いたらパワードレールを追加してボタンを押してトロッコが自動で目的地に着くようにする。ネザーワールドで特長的な地形は赤い森と、もう一つは青い木材が産出する歪んだ森になる。赤い森は溶岩の空洞沿いに道を作る過程で見付けることができたが、青い歪んだ森はなかなか見つけることができなかった。1.16にバージョンアップするまでは、ネザー要塞とレッドストーンランプの素材になるグロウストーンを天井に見つけることくらいだったが、1.16にアップデートされてから、探索する地形や資源が増えた。とはいえ闇雲に探索するにはネザーワールドがあまりにも広大で、コンパスも通じないので位置を見失いやすい。まずはネザー要塞を見つけて、その周りの溶岩の池を散策する方針で、赤い森を見つけることができたが、青い歪んだ森はなかなか見つからない。

続きを読む 探索の手段と道筋

1.16へのアップデートと動画編集

ベランダの気温は直射日光があたると40℃以上になる。熱中症の対策としてエアコンをドライにして付けることにした。窓は閉めておく、室内の温度は変わらないが、湿度が下がるので、涼しい風が吹いている。窓を閉めても蒸し暑くならない。とはいえ、朝と夕方の温度の変化はあまり感じなくなっていた。暑くなるピークがやや日陰のマンションでは午前10時に最も熱くなる。その時間にも散歩に出ていた。外の空気は生暖かかった。汗がにじみ出てくるため水分補給が欠かせない。散歩をしているとサンダルの靴底が剥がれかけていた。ゴムに対応した瞬間接着剤をコンビニエンスストアで買って、靴底に付けていたが、同じサンダルを繰り返し履いているのはあまり良くないようだ。

mineCraftのネザーワールドの探検の様子を4分少々の動画にする。今回はaviUtlを編集ソフトに使った。現状のデュアルコアのCPUスペックでもフリーズすることがなく、テロップやBGM、クロマキー合成のキャラクターなどが任意でタイムラインに沿って追加できる。はじめは、キャプチャーで撮った動画の前後のマウスカーソルがある部分をカットするために使っていたが、画角の縦横のアスペクト比が同じなので、そのまま村を探検したり、ネザーワールドをトロッコとレールで移動するシーンを追加した。また1.16版のアップデートであることを示すために、地図の画像をフェードインさせてさりげなく表示する。動画自体は、JAVA版のBSLシェーダーによって、景色が透明感を持って表示された状態にした。eGPUとデュアルコアのCPUが連携して、解像度が高い画像でも動作が重くならずに表示されている。フレームレートは17fpsになり、そこまで早くないようだが、遅くもなかった。動画の書き出しはaviUtlによるプラグイン出力のx264guiExを活用した、4分少々の動画をmp4形式で出力するのに14分くらいかかったが、CPU使用率は100%にはならず、よどみなく動作していた。

続きを読む 1.16へのアップデートと動画編集

熱中症対策とトロッコ

8月になって気温があがり、一時的にベランダの温度計は42℃になっていた。日当たりが良い時間帯だったためと予想される。そこまで暑く感じないが、熱中症には気をつけるような温度ではある。室内は扇風機でもやや涼しいが、それだけで十分かどうかは分からない。エアコンもあるので、暑くなったら使おうことも選択肢に入れておく。外に出るとやや汗ばむけれど、生暖かいくらいでそこまで暑くなかった。アスファルトも熱反射が少ない素材になっているようで、涼しくないくらいの感じだった。

mineCraftでは、ネザーワールドを探索することにした。ネザーの座標と地上世界の座標は対応しているようで、村の座標を8で割った座標が、ネザーワールドの対応した座標になる。1.16になってから、拠点の位置からネザーポータルを開くと玄武岩のブロックがある地帯にワープした、できればネザー要塞や赤や青の森を探索したかったが、ネザーワールドにおいて手掛かりがない、まずは別の村に移動するためのトロッコのレールを敷くことにした。階段状の斜面にもパワードレールを付けることができ、トロッコは坂道を登ったり下ったりできるようだ。途中、ピグリンが線路にいてトロッコが止まることもあるが、再びマウスクリックしてパワードレールのある地点まで漕ぎづければ、トロッコはそのまま目的地まで動くことができる。または溶岩の池がある広い空間を目視でネザー要塞や森を探すという手段もある。古代のガレキはレアアイテムになるが、スマートフォン版で偶然ひとつ見つけたくらいで、産出確率の高い地下にもぐると、位置関係が分かりにくくなるため、まずはネザー要塞を探すことにする。ネザーワールドには昼と夜がないため、灯りを置いた部分が暗くなることはないようだ。溶岩の池にはストライダーがいる、溶岩の池に生息する足が二本ある珍しい生き物だ。トロッコのレールからでもマグマキューブやピグリンなども垣間見えている。トロッコのレールを村と村とを繋ぐのに活用したのは、効果的だったと思われる。距離が長く、地上ではベッドを使って何泊もして、長距離を探索するところが、ゲーム内の時間でも日帰りで村と村に移動できる。位置関係は地上ではコンパスが使えるが、ネザーワールドではコンパスが方位を示さなくなり、座標で位置を把握するしかなくなる。

続きを読む 熱中症対策とトロッコ

バージョンアップへの対応の変遷

mineCraftのセーブデータは、savesフォルダにソートもされずに並んでいる、インターフェースも素朴で、当時macBookを使っていた時はmacOSがwindowsにくらべてファイル名のリネームがしやすく、リソースフォークというメモ帳でもなく、ファイル名を保持するための「._」から始まる隠しファイルがどのファイルにも付いている。windowsPCでファイルをZipなど圧縮されたフォルダには、リソースフォークが付かず開封したてで特に手を加えていないということが分かるようになっている。一たびmacOSで開封すれば、履歴のようなファイルが付く。そういった関係性の中で、macOSではテキストファイルや画像ファイルをリネームして、マウスのドラッグアンドドロップで整理することは、別にクリエイティブでない簡単な事務作業のはずが、妙に効果を発揮することがある。mineCraftのセーブデータも、コピーしてペーストすると、セーブデータをバックアップしながらゲームを進めることができる。もしやり直すときには、以前のセーブデータを持ってくれば足りる。この仕組みは、ファミコンやプレイステーションのようなコンシューマーゲームのメモリーカードやiTunesの音楽リストでは得られなかったリストだった。どちらもリソースフォークに変わるような、単純にはコピー&ペーストできないような加工が施されている。macBookとmacOSはそういったデータの中で、画像とテキストで一覧性を保持しながら、いかにして元のデータを見つけ出して、ユーザーが覚えやすいデータ配置や構成を作り出すかという作業をする醍醐味を与えてくれる。そういったなかでも僕はパソコンがそもそも自分で作ったものでなく、できるだけlinuxのように簡便なファイル構成にすることが望ましかった。Webデザイナー立った頃には、SOTAというユーザーがFFFTPというファイルアップローダーを作っていた。これがとてもシンプルで便利で、ホームページは画像とテキスト、関節にあたるプログラムで成り立っているが、それぞれをクライアントの要望に合わせて更新して、あとはレゴブロックのようにパーツをアップロードすれば組み立てられた。Webデザイナーというクライアントの要望でデータを雰囲気があり一覧しやすいメニューを作るということを業務にしている担当者でさえ、フリーソフトのFFFTPの一貫性と簡便さに魅了されて、それとそっくりなインターフェースに回帰していたというエピソードすらある。

続きを読む バージョンアップへの対応の変遷

市場と身近な工夫

地元のパソコンショップを眺めていると以前より、価格やスペックに法則性があるように思えた。Celeronはintel core iシリーズの廉価版、AMD Ryzenはcore i7やi9と対応したスペックがある。最新モデルでは同じintelのcore i7やi9でも、以前のようにデュアルコアではなく、4コアや6コアになっているモデルがある。家電量販店ではグラフィックボードのラインナップはなく、intel core iシリーズでコア数が4つ~6つあり、メモリが8GBから16GB用意されていると、文章作成や表計算、画像加工などのアプリケーションの効率があがり快適に動作するようだ。メモリは机の広さに例えられ、机が広ければそれっだけ作業の効率があがる。4GBの場合は、比較的手狭で、動作が重くなると考えられてきた。ゲーミングの分野では、ゲームの動きに合わせて、フレームレートを高く維持する必要があるため、スペックは比較的高い傾向にある。事務用品としてのパソコン売り場では、グラフィックボードが内蔵のもので、CPUの性能が基になっている。基盤の最大メモリ数も16GBが最大であることが多かったが、近年では64GBまで拡張されている。例えば持っているintelNUCにはすでに16GBのメモリが搭載されているが、メモリスロットを2つとも使っているために、もし最大の32GBに増設しようとすると、すでにあるメモリを換装する必要があり、費用も32GBもメモリと16GBのメモリのものが両方かかるために、現実的ではない。スーパーマーケットの家電量販店の売り場ではCPUのコア数とメモリ容量のバランスが、比較的リーズナブルな価格帯になっていれば、いいパソコンに分類される。とはいえ、数年前のように10万円以内で必要なモジュールを収めるというノートパソコンは見られず、15万円~20万円くらいの相場になっていた。スマートフォンでは、OPPOのAX7が2万円以内という普及価格帯よりリーズナブルな料金で、家電量販店の店頭に並び、iPhone 6sからandroidに移行するときのエントリーモデルとして使っていた。通話も動画視聴も過不足なく行なえており、当時はリチウムイオン電池のモバイルバッテリーにUSB端子を抜き差ししなくて使える、マグネットケーブルを試していた。

続きを読む 市場と身近な工夫