情報と通信

スマートフォンをGoogle Pixel3 XLに変更した。Googleから郵便局を経由してタイミングよく昨晩8時ごろに届いた、SIMカードを入れ替えると、住所録とメッセンジャーはスムーズに移行された。新たにPixle4がリリースされる前の在庫セールとして大幅に値下げしていた時期に乗ることにした。AndroidOSのスマートフォンは、2019年の6月にもapkファイルのインストールなどで、OPPO AX7という廉価版を購入していた、もし値下げがなかったとすると数倍値段が異なる。2019年にはiPhone6sを継続して利用していたが、リチウムイオン電池の容量に対して動画など、消費電力が多い場面が多くなったため、バッテリーが一日持たなくなった。キーワード検索をしながら一日バッテリー容量が持つことと、apkファイルを独自にインストールできることから、androidOSを選択していた。廉価版でも十二分に活用でき、知らないことをキーワード検索したり、長電話をしていろいろなことを話し合ったりと、通常のiPhoneとそん色がない活躍ぶりを見せた。wiFiの受信状況はあまり芳しくなく、地下鉄の駅を発着してトンネルに入ると、インターネットが繫がらないこともしばしばあった。中国のアプリケーションは、混みあって微弱になった夕方の時間帯の楽天ひかりのWiFi回線との接続を一時オフにして、SIMカードのモバイル通信に繋ぎなおすことで通信を保っていた。

Google Pixel3 XLにかえて産経新聞が電子版が電車の中で、はっきり字が読めるようになったことは、新鮮だった。OPPO AX7でも安定した回線で有れば、いずれは文字がぼやけた状態から文字がくっきり読めるようになるが、必要な情報を自ら選択して得る権利を確保しようと考えた。UIは、Googleといえどもそこまで洗練されたものでなく、父に連絡するとiOSのようには先進性を感じなかったという。ともかくiPhoneに匹敵するCPUを持っているAndroidOSともなると、もともとコストが掛かるものだという認識を持った。外部SDカードはなく、内蔵のメモリ64GBのなかでできることをやりくりしていく。デジタルカメラのGoProHero7では、マイクロSDカードの規格にも純正品の指定があったため、データを保管する上では容量だけでなく、妥当性も視野に入れて追加する必要がある。容量は限られているために、スマートフォンでできることをパソコンで置き換えて肩代わりする必要がありそうだ。もし容量が大きい拡張版にはさらにコストが掛かることが想定される。ブラウザを一日耐久して見続けられるようにリチウムポリマー式の外部モバイルバッテリーやマグネット充電ケーブルを先駆けてamazonで調達したことは、依然として有効なようだ。また、誘導コイルを用いたワイヤレス充電を試すことにもなった。

続きを読む 情報と通信

協業の接点

朝起きて、コンビニで前身入れ墨をした男性にお金を要求される。まるで以前にも合ったかのように覆いかぶさってくる。財布には500円玉が入っており、それで朝食代にと渡した。断ることもできたかもしれないが、凄まれるのも怖かった、彼は生活保護を受けているという、その真偽は確認できないが、断らないことで親切さを表そうとした。

怒っていることと叱っていることは異なるというアドバイスを受ける。同じ人でもいつまでも機嫌が悪いわけでもなく、要求したことと言動などにも影響されるという。僕は相手にこうすればという風に指示をしたことがなかったので、相手の立場に立てないことがある。業務である以上馴れ合いや学校のような和気あいあいとした雰囲気でもないけれど、ともかくは協力するためにできることを模索したい。

また僕は相手に伝言をしたことも経験がなく、僕のことは別に忘れてもらっても構わないというスタンスだった。そのため、どれだけ前かは知らないが一度言ったことを忘れたとは言わせないぞというメッセージの強さが分かりにくかった。僕個人では相手にそのような一方的な要求をしたことが無かったからだった。またボールペンが先輩と偶然同じ種類と形だったためにどちらのボールペンか分からなくなってしまった。後になって返してくれと言われて、慌てて作業机に同じボールペンが無いか探すことになった。偶然同じ種類の赤と黒と青の多色ボールペンの種類が被ってしまった。どちらかというと譲りたかったが、それがないとポケットに書くものが無く、指示書にチェックができない。ボーっとしていると忙しそうにしている先輩とうまく連携出来ないが、僕個人としては次にどう行動したらいいかを考えているときでもあった。専門用語が分からず、メモに書いたことを羅列しても通じなくなってきた。そういったときに上手く趣旨がまとまっていないと工夫できない、その方法は考えろとアドバイスを受ける。

続きを読む 協業の接点

気づきと協力

2020年になってからはとかくいろいろなことがあった。なにしろ日々の予定が立てられない。毎日新しいことを覚える必要があり、目が回りそうだ。また過度に緊張してうっかり物忘れをすることもある。土日に郵便局にいって手続きができなかった自転車保険に、貯金窓口が平日の18時まで空いている新宿駅前の郵便局に、申し込みに足を運んだ。新宿区でも江東区の保険に申し込むことができることはよかったが、ともあれこれで4月からも継続して所用で自転車に乗ることができそうだ。

朝起きてみると、比較的2月でも寒さが和らいできた。季節的にはまだ冬であることもあり、たまたま寒くなくなっただけで、これから春になるまでに気温がまた寒くなったり、暑くなったりするかもしれない。毛布からでられないほどの寒さでない日が訪れたことは良かった。とはいえ、依然として出勤が朝早く、日がまだ昇らない時間帯に家を出る必要があり、また電車を乗り継いで付いた先でなにをするべきかまだ分からないこともある。守衛のいる作業場の前で忘れ物をとりに往復することもしばしばある。その日できることを、手早く漏れがないように確かめたいけれど、一つのことが気になると別にそのことばかりを考えているわけでもないのに、他のことがうっかり抜け落ちてしまうことがある。ペンケースを作業場の机に文房具置き場に置いておいたけれど、控室にもどるときには、作業場に置いたままその所在をすっかり失念していた。机にただ置きっぱなしではなかったために、気づいてもらえるのも早かったので、助かった。

こちらでもスペルの違いに気が付くこともあったのでボーっとしているだけでもなくなった、習慣にできることを少しずつでも増やしてスキルアップに繋げていきたい。またコマンドラインでプログラムの開始と終了のタイミングが数度つかめた。しかしながら、スペルミスでコマンドが入力できない状態にいち早く気が付いてアドバイスを頂けた。コマンドの実行準備だけでなく、異常終了のチェックもセットで行うことを習慣にしていこうと思う。また、件数確認では、出力結果のページをめくる作業が、数ページあり、件数だけでなく、VOL名や、コマンドのラベルなどもセットで確認する。かつてはシステムフローと実行一覧表を突き合わせて、一件ずつ照合していたが、手順を簡略化するために、手動で起動するコマンドだけになったという経緯がある。とはいえ、簡略化された手順でなおも確認漏れがあると、楽をしているかのように思われて、いい印象でなくなるために、的確なチェックをしていきたい。指示書は順番に実行していったけれど、なかには朝の8時前にすでに実行準備ができているのに、手動起動を自動起動と読み違えていたので、午前10時ごろまで、実行せずにそのままだったものもあった。順次実行していこうと試みていたが、うまく要領が得られなかった。

続きを読む 気づきと協力

段取りと連携

作業場の開発号機の立ち上げコマンドを覚えるために、朝は15分ほど早く足を運んだ。掃除当番を事前に済ませて置いて、ペースは昨日よりすくし早くなり、確認漏れも予防された。ところが、そこで緊張からか、ミスを恐れたためか気を回そうとして、業務用プリンターの切り替えを提案すると、すでにデフォルトの状態でプリンターが繫がっているのに、さらに切り替えをしようとしていた。思わぬ勘違いがあった。とはいえ開発号機の立ち上げの確認はスムーズに進む。ログの署名では開発号機では♯記号がなくてもいいとのことだった。

指示書の数が多かったのこともあり、事前チェックを朝礼の間に済ませておければと思った。そのときに自分でも勘違いやミスがあるけれど、手が空いたときにサポートができればと思って、手伝う指示書について尋ねるようとしたが、その指示書について予備知識がなかったので、初歩的な質問に留まっていて、手伝うきっかけが掴みにくかった。さりとて担当の業務が満足にこなせるか分からない状態でもあった。こういったときに担当者の連携が役に立つという。LTOのディスクについて、事前に確認しようと試みるが、それがディスクの装填以前に、媒体の受領、ディスクドライブを使用するときのための二重チェックの仕組みと段取りを理解できていなかったために、うまく協力してもらえなかった。こちらのチェックの手順がコマンドや事前確認の段取りができていなかったので、クロスチェックにならないとのことだった。今回は、偶然プログラムがマウントされたディスクに読み取られて件数も一致していたために結果としてエラーが無かったが、エラーを防ぐための確認の段取りやプログラムのフローチャートや媒体VOLの照合の手順を把握していなかったので、担当者とのコミュニケーションがうまく取れなかった。反省すべきところとLTOについて学ぶべき機会にできればと考えている。LTOのポイントは担当者同士の二重チェックの様子なども以前に見学して手順をメモしていたが、専門用語やフローチャートをそもそも理解していなかったので、断片的なメモに留まっていた。一度聞いたことをまた初めから聞き直すことになるので、相互理解が思うように進まないようだ。手順を1から書き直し段取りの抜け漏れを埋めるように再構築する。ノートには専門用語をそのまま書き写しても意味合いが分からないと上手く覚えられないこともある。

続きを読む 段取りと連携

作業の準備と後片付け

前日にはなるべく早く寝るようにしていたので、朝の寒いうちから起きても眠くならなかった。作業場の開発号機のチェック作業があり、7時00の早朝シフトから引き継ぐ形で、リストにある開始と終了メッセージを確認する。いずれは担当者一人が8時15分の朝礼までに、2台分の開発号機のチェックを習慣的に行うとのことだったが、初回では一台が精いっぱいだった。コマンドは、ログをスクロールできるウィンドウに出力する類のものだったが、コマンドを入力したときには、しばらくするとコマンド入力結果が出力される。入力結果はもうしばらくすると他のコマンドの入力結果と混ざって流れてしまうが、そこでログを見つけられると、チェック作業の効率が良くなるとされている。焦っているとリストを読み飛ばしてしまうことがあるが、そのときはまた一歩戻って再確認することになる。こういったケアレスミスは、チェックのときにそういった観点で見直していないからだとアドバイスを受ける。一度行ったことが覚えられない、または細かな機微に気が付かないといったときにこういったミスが重なると面倒になるので、読み返すときにもページのめくり方や、リストのチェックをする順番などを工夫しておこうと思う。ノートに取っていたコマンドにカンマ(,)が余分に一つ入っていた。自分で書いただけに尤もらしく見えることもあり、コマンドを入力したときに、それを参考にするとミスが繰り返されることになる。これは事前に気づけて良かった。

業務用プリンターに多量に出力された帳票を段ボール箱に詰める作業をすることになった。帳票の種類が変わるタイミングで装填スペースに細かな紙の白い粉が溜まっている。帳票が数千枚、高速で動くとミシン目や穴などから少しずつでる紙の粉が装填レールに溜まるようだ。帳票が多く出て、箱詰め作業も何箱か必要になる類の指示書では、後片付けの際に装填レールやスタッカーを掃除する作業とセットになっている。紙の装填を感知する光学センサーの周りにも紙の粉が雪のように降り積もってくる。とはいえ、感光ドラムには掃除機のノズルでも触れると、出力する用紙にも影響することもあり、紙の粉がその付近に溜まっていても保守員に掃除を引き継ぐことになっているようだ。それでも装填レールで帳票の紙幅を調整する金具などは、実際に帳票のサイズを変えて間に溜まった紙の粉を掃除機で吸う必要はあるようだ。

続きを読む 作業の準備と後片付け

作業に必要なサイクル

スマートフォンの設定でGoogleアカウントをandroidからiOSに設定を移行することはアプリケーションのメーカーでは推奨されていなかったという旨のテキストを見つける。AndroidのOS同士では国内版のアプリケーションではアカウント連携が取りやすくなる。中国語版のシナリオを先行お試しで試遊できるものが、数か月前のことで、現在ではアップデートされて、シナリオを読み解く上では基本的なレベル上げのための経験値を積んで、基礎を固めれば進行が滞っていた部分を解決することができた。また中国語版のビジュアルノベルではまだ国内で翻訳版が出ておらず、GoogleChromeのブラウザによる自動翻訳で大まかな意味合いを推測することが他のプレイヤーでも実践されていた。webブラウザで外国語のテキストを日本語に読み替えられるのはやはり革新的だと思う。あらすじの解釈は中国語からの直訳になるため、イラストが提示されていても想像で補う必要尾がある。国内版のGoogleアカウント連携は数日前により安全という推奨を受けて、ボタン一つで実践してアカウント名のスクリーンショットを保存したが、一たびandroid端末でgooglePlayアカウントを連携すると、iOSアカウントでは今のところログインできなくなってしまうようだった。

少し疲れが残っていた。しかしながら、それだからこそボーっとしている訳にもいかず、朝の掃除当番から、作業場の荷物運びなどで意識を作業に向けて、感覚をはっきりさせていく。また帳票の穴の数を実際に数えれば23個あって、それを2で割った数が11.5インチになり、実際の帳票の長さになる。それを25個と声に出してしまうあたり、感覚が冴えなかった。この手の作業は、急ぎすぎないかつ遅れすぎないということがミスを予防する上で必要になる。コマンドのプログラムも、十字キーで以前に入力した文をコピーしなくても、頭で文法を理解していれば、それを頼りに一行ずつ入力した方が着実になる。経験者になると、確認すべきところを押さえており、また一覧表リストの意味合いや、コマンドのログにリターンコードが呼び出されるタイミングに間に合うように動いている。僕の場合は、それが間に合わず、また開始時刻でさえもそのときに読み返せばいいものを後からログをもう一度見ることになる。帳票の出力は、書損を数える形式ではなかったが、一度に出力される数が数千枚と、出力した帳票を段ポール箱に収める必要が出てきた。件数が多くても、または数件しかなかったとしても、基本的な業務用プリンターの出力の段取りは同じになるけれど、帳票が薄くて個人情報を扱うため、分厚くなった重みで折り目を付けるわけにもいかず、慎重に裏表を確認しながら行う必要があった。

続きを読む 作業に必要なサイクル

ベンチマークと可能性

スマートフォンにはiOSとAndroidの二種類のOSがある。iOSで手持ちで持っているiPhone6sは、antutuのベンチマークでは17万点になっており、2Dだけでなく3Dゲームにも動作が動くようになっている。AndroidのOPPO AX7では、スコアは8万点前後で、2Dグラフィックはバッテリーが5000mAhと大容量なこともあり、またgoogle Play ストアやapkファイルから直接アプリケーションがインストールできる。iOSの場合は、appleのiTunesストア経由で認証されたアプリケーションしかダウンロードとインストールができない。そのためベンチマークでノートパソコン並みの高性能の値が出たとしても、任意のアプリケーションを選ぶことができず、その性能が発揮される機会が、動画やブラウザの閲覧に限られてくる。あるいは中国国内やアメリカ国内であれば、iOSにもipaファイルというアプリケーションを追加する規格があるという。もしiOSで日本国内からアプリケーションがインストールできたらと思うこともあるが、公式版にもサービスは行き届いていた。ビジュアルノベルゲームでは中国語のテキストが日本語に翻訳されて、声が充てられていたからこそ意味合いが把握できるようになったという面では大きな助力になった。

また、OPPO AX7では大容量のリチウムイオンバッテリーと、動作を優先させるゲームスペースによって普及価格帯で動作する3Dゲームアプリを動作させる中でとても善戦したけれど、ついにストーリーが佳境に入ってグラフィックが重くなって、律者というボスキャラの大技が繰り返されるとGPUの負荷が大きくなるせいか、アプリケーションを再起動せざるを得なくなった。設定画面で画質を1段階落として、再起動を防ぐことができた。iPhone6sでは、ドローンの視点などが滑らかで印象的だったが、それはGPUの性能が比較的優れていたことによる。iPhone8になるとantutuのスコアは30万点を超えて、防水性能が付く。とはいえバッテリー容量は2000mAhに達しておらず、おそらく一日電池が持たないことが予想される。街にある古本屋のGEOやブックオフにも中古のiPhone8が揃っている。ブラウザの閲覧や地図の検索、パッケージ版の3Dゲームではしかるべく性能が確保されている。iOSは利用者が国内では特に割合が多いこともあり、もし3Dを駆使した仮想現実のサービスがあったとしたら、iPhoneが基準になるのかもしれない。リチウムイオン電池の容量は、工夫すれば実用性はコストに比べて向上することもスマートフォンを移動しながら使っていると明らかになってくる。

続きを読む ベンチマークと可能性

作業のジョイント

土曜日は診療が2つあり、また証明写真を撮る必要があったので、作業ではないにしても体が空かず、平日とほぼ変わらなかった。用事がある中でも、メッセージを確認できるようにしておきたい。とはいえ、電子メールは派遣の勧誘メールがくるために、知人ができて空いた時間に送受信を確かめることに気後れしていた。Webデザイナーとして通信の手段としてメールや電話を使うことはあったけれど、実際に会わないと分からないこともある。勤怠をメールにするのは、その事務所に特有のことで、2012年から2016年まで祝日を除くほぼ毎日案件のメールをやり取りしていた。中国からのメールにはタイムラグはあったけれど、Gメールで送受信ができた。地下鉄に乗っているときは、メッセージの送受信が遅れることもある。ただメールを送った側からすれば、なるべくはメッセンジャーのように内容を理解して、できれば返信するのが望ましい。

朝の当番では、燃えるゴミの袋を半透明と透明のゴミ袋を取り違えてしまって、作業場を往復することになった。こういったところから気疲れがあり、項目をチェックしていても抜け漏れがある可能性があった。指示書は十数個あり、順番に要領よく取り組もうとした。進行の関係で、指示書がまだ届いていないものは、手持ちの指示書を消化しながら、項目を整理して、新たに並行してタスクが入ってもパンクしないようにする。とはいえそこまで効率がよくないために、無難な方法としては受け答えをマメにして、勘違いやミスをひとつずつ解消していくことを目指していく。その場をどうにかやり過ごそうして、不確かであったりあやふやな受け答えをすると、そこ部分だけで進行が滞ってしまって、その先の必要な確認項目の概要さえ分からなくなることもある。進行の途中から新たに届いた指示書の意図を読み解いて、次の担当者に引継ぎをするために項目を理解するのに、要点が把握できず手間取っていた。また、リストの項目を反映するのに、実行し残っているタスクがあり、業務用プリンターを再度借りなおすことになった。また担当の時間と引き継ぎが前提になっているとしたら、最初に一度に確認しておけば、進行が滞って困ることもなかったかもしれない。しかしながら、指示書の中には、通常の作業ができるものと同じ様式でありながらも、担当時間にはコマンドが実行できず、未着手のまま指示書を引き継ぐという珍しい事例があった。所々確認が必要になったとしても、特に力が入る部分は、確認すべき項目がその場では把握できず、あやふやな言動になっているときで、用件を言った言わないの議論になる可能性をはらんでいる。受け答えは基本的にはYESかNOで状況に応じた判断ができているかを問われていた。

続きを読む 作業のジョイント

作業の要点と工夫

2月5日(水曜日)には、ベランダの温度計の気温が10度を超えて、暦の上では春が近いと感じたが6日(木曜日)には気温は10度を下回り、7日(金曜日)には、手が痺れるような寒さを感じたときに、温度計のデータを見ると1度を下回って0.5度だった。本格的な冬の気温になっていた。ベランダの多肉植物やオリーブの苗が多少心配になる。日照時間は確保されており、太陽光発電はできている。日が当たっても気温が下がる日もあることが分かった。

帳票を印刷する作業では、準備はしていたけれど手際があまりよくならず、まとめて確認するべきところを一つずつゆっくり確認していた。クリップを使って指示書で良くめくるページを留めて置くことなど、普段の作業でもページをめくりにくくなることは一見するとミスに見えたが、対策を立てる方法があることが分かった。順番にひとつずつ確認していれば確実だと思っていたが、要所を抑えて、忘れずにチェックすべきところもある。そのために赤いボールペンや蛍光ペンがある。何度も作業すれば覚えられるかと思っているが、確認する項目が多く、つい忘れてしまうことがいくつかあった。自分のペースでは20数個の作業工程を午前中にこなすペースにはなっていなかった。コマンドが出るタイミングや、プリンタの用紙送りのタイミングなどがまだ体で覚えられておらず、気が付くとすでにコマンドラインに出力されて隠れた後で、また確認用のコマンドを入力する作業が余分に必要になる。また、出力された帳票を取り出すための空き箱を用意するのにも作業場の位置関係が把握できていないので、手間取ってしまった。業務用プリンタとコンソールの位置が近く、担当者やリーダーも近くにいたために連携しやすかったのは、励みになった。

続きを読む 作業の要点と工夫

労いの気持ち

資料のコピーを取ろうとしたら、コンビニのプリンターにつり銭を忘れていたことに気が付いたのは、自動販売機で缶ジュースを取ろうとした時だった。100メートルくらい来た道を引き返したところ、つり銭のおよそ500円があった。その日は不安だったこともあるのかもしれない。このようにうっかり気が付かないこともある。珍しい物忘れだったが、それが後の作業に影響しないように気を付けることにした。

とはいえ依然として先行きが見えなくて、覚束ないこともある。そういったときに効果的なのは労う気持ちの持ち方がある。特に立場が異なる相手は、そこに掛かる環境や事情が異なることもあり、たとえ反抗する気持ちが無かったとしても、ただトラブルを避けようとして早合点することさえもが、相手を労わったことにならないことがある。相互理解に繋がらない。その人は苦労したのに軽く流してくれるなというニュアンスもでてきる。しかしながら普段では効率と結果を求められる中で、まったり落ち着いてもいられないようで、とくに手持ち無沙汰にしているなど、暇な状態が気に掛かって意識されやすいようだった。今日は比較的静かだったけれど、語調が強くなると聞いている側は驚く、どこに力が掛かっているのか気になることがあった。予め関わろうという準備をしていてそのきっかけを伺っているようにも見えた。そうなると上辺で対応してもあまり効果がない。僕はまだ相手のことが分からない初対面に近い相手とも協力したり、友好関係を保つ必要があったため、誰にも強く出られない。労いの気持ちはコミュニケーションで保管することがある。訓練によって気づきや業務知識が得られると、その場では有利に立てるし、居場所も確保される。とはいえ作業場の高い士気を維持するために、独特の緊張状態になっている。指導を円滑に行うために強い態度や言葉で一方的な指導になることがある。そういったときに黙って聞いたり、早合点すると相手への労いの態度にならず、相手は不満に思ってしまう。こちらでは何をどうすればいいのかもわからないので戸惑うこともしばしばある。作業の段階を省略して楽をしようとしているとそれが労いにならないこともある。自転車で行ける距離なら歩いてくこともある、エレベーターの代わりに階段を使って移動することはボタンを押すより、階段で移動した方が、より実感が持てるからだった。

スマートフォンを作業場に預ける時にマナーモードから電源オフに改善した。言われてみればという点ではあった。グループで協業するためにいろいろな約束事がある。聞くところによると経験者は初心者にくらべて2人分以上、作業をこなしている分、敬意をもって接する必要がある。僕はそこまで馬力を出したこと経験はなかったので想像がつかない。とはいえ、こちらでは気が付かないことはどうにも対応のしようがないこともある。意図的な無視をされたりかすかな気づきがポイントになっていると順応するのにコツがいる、集中力が持続しないときもある。

続きを読む 労いの気持ち