メッセージの送り方

2017年から書き始めている雑記が今日で1000本目になる。とりとめのない随筆から、科学やDIYに興味を持ったこともあった。現在では書いたことをもとに相手の意見を取り入れながら、目標を新たに探していこうと思う。パソコンもメモ帳からWordに、macBookからwindowsPCに変遷している。ダイヤフラムポンプを使った水冷ユニットでパソコンを起動させる前に循環させてパソコンの表面温度を平熱に保っていた時期もあった。キャタピラクローラーをraspberryPiとarduinoなどのマイコンとスマートフォンでリモコンのように動かしていたことも行っていた。Blenderで3Dモデルを作ってキャタピラーの動きを再現したこともあった。そういったことは空いた時間に行っていたスマートフォンのキーワード検索が契機になっていた。webデザイナーからプログラマに転向する時期に時間が空いていた時に身の回りで気になったことを調べる機会があった。技術的なことは詳しく教えてくれなかったけれど、気が付いてみるとアルミニウム板で足場を作っていたり、キャタピラクローラーを中国から部品を輸入して組み立てていたりした。それらはDIYとして行っていたが、実際には身の回りの人の支援が折り重なってできていたと思われる。

今日は朝起きて、新聞小説を書き写して、すこし時間が空いていたので雑記のアーカイブを整理しようとしたら、作業半ばで時間が足りなくなって、就労支援施設への通所を優先させた。その判断には理由があったが、どこかさきほどこうしていれば良かったとあれこれ考えるようになった。こういった作業は手を付ける前にまとまった予定を立てることを行った方が良かった。新聞小説の足りない画像を見つけたことはよく気が付いたと思うが、そのまま他の作業に移行する前にひと段落置くべきだった。2018年の半ばから、WordPressのバージョンが変わり、記事のエクスポートのときに出力されるHTMLタグが変わっている。テキストはメモ帳に張り付けるとフォントがデフォルトになって、Wordでも読みやすくなる。Wordのファイルサイズでも2018年と2019年では同じ文字数でもクラウドサービスが普及した影響で、ファイルサイズが変わっている。クラウドサービスによって家で文章を作成しても、外出したところでスマートフォンを開いてもその文章の続きを見ることができる。MicrosoftのOneDriveというクラウドに一つのアカウントごとに割り当てられた無料の容量は5GBだった。以前は水冷ユニットを組み込んだ小型PCのデスクトップとマイドキュメントの容量そのものだったので、常に仮想の鞄に書類がたくさん入った状態になっている。文章はパソコンのキーボードで作成する、スマートフォンでは文章をブラウザのスクロールで読むことはできても書くことができない。メールやショートメッセージの文章はそれぞれが限られた心理状態で、相手に伝えることを優先して送ってくれたものだとも考えられる。Googleのキーワード検索を分からない漢字を調べる漢和辞典のように使えるが、なるべくは語彙を豊かに持っていられるようにメモで字を書く練習をしても効果的になる。

続きを読む メッセージの送り方

支援のキャッチボール

交渉は条件が伏せられて、経済的にも苦しく不利な状況ではあったけれど、今後の予定を立てることができるようになったことを感謝したい。医療費や社会保険がその間不安ではあるが、無為に日々を過ごしているわけでなく自立を目指して、努力していることがお金には代えられないが、協力を得るための手段になる。今月は変化がおおきかったが、習慣を変えるいい機会になった。とはいえ環境の変化は急激で、自分を責めて無理をして迷惑をかけるわけにいかない。素直にそう思った。手続きの概要が分かっていないので、訂正印を押していいかどうかを確かめることが頼りだった。そういったところでは協力頂いたので、待っていて良かったと思った。

朝起きてその日いつ帰れるかが分からないと不安になって散歩をして気を紛らわすことにした。新聞小説はそんな間でも書き写すことができる。先日の睡眠は不安で目を空けそうになったけれど、横になって目を瞑れば途中で起きることはなく、体力的にはある程度疲れが取れた、精神的な不安は残った。スマートフォンのショートメールを受け取った時にはとてもぎくりとした。一人で悩んでいたらパニックになりそうだったので、誰かに相談することにした。この場合は、多くを望めないので状況を伝えて、電話で確かめようにも話がまとまらず、再び退職勧告を受けた会社の社員と手続きのために会うことになったという旨の話をした。それを聞いてくれるだけで多少気は収まったが、相手が悪いとは思わないが、手続きをやり直す必要がある場合に、まずは体を空けておく必要があるということが先行して、ショートメールを唐突に感じてしまったところもある。業務の間を縫って退職の手続きが必要という事例が必要なだけであって、担当者が悪いわけではないと考えることにするには自分でも配慮が足りなかったとも思える。

続きを読む 支援のキャッチボール

コミュニケーションの共通要素

手続きが間接的だったときにその概要が掴めなかったのはやはり世間知らずだったかもしれないが、ともかく自分と相手の都合を合わせてなるべく早く手続きをする必要がある。就労支援施設に通っていることはこっちの都合かもしれないが、ストレスが溜まりそうで予定が立たないときは事前に相談することができる。不安ではある。離職票の手続きはそこまで詳しい記入が必要なく、電話で要件を話した方がいいというアドバイスも頂く。とはいえ、ともかく体を空けておく必要がある。また自分から進んで通所した日々は無駄にはしたくないとも思っている。一般職の人に会うと待遇面でギャップを感じることがあり、なにかあるけれどそれを事前に教えてくれないことが不安ではある。こういうことは手続きではよくあることと聞かれると安心する。なるべくは目立たないその他大勢になりたい気分だった。実のところ、先週の火曜日に手続きをすることもできたが、就労支援施設を体験するために木曜日にした。対人関係に慣れる機会ができたためにそれも選択肢だと思ったが、前職を引きずっているようで気が重いのも事実だった。

午前のプログラムでは断り方の講義だった。相手を立てながら自分にできないことは、安易に受けずに断ることも必要になる。グループワークではよくあるシチュエーションをもとに意見交換をする。グループワークに参加したメンバーからお礼を言ってもらったので、自分もそれに対して返事をしてみることにした。弁当は鶏肉のオイスターソースがけと中華料理だった。匂いはそんなにしなかったので、濃厚な味のメニューだったことが新鮮だった。あんかけがあるので容器が熱くなっているようで今までにないメニューだった。鶏肉は自炊でもなかなか手に入らないので味わって食べることにした。

続きを読む コミュニケーションの共通要素

健康管理と人との関わり

雑念を防ごうと思っても難しいが、休日にも耳鳴りがしてたまに人と触れ合うレジに行くのも緊張するのではなかなか暮らしにくいと思って、せめて口角を改善しようと思った。どこまで共通点があるかはわからないが、雑念が浮かぶタイミングでは動作が鈍くなって、表情も乏しくなっていた傾向があった。作り笑いをしてどうにかなるとは思わないが、何もしないよりは幾分かましになった。少なくとも独り言を職場で言わないというマナーは自分にとって自覚できないうえに厳しいルールだったので、そこからは抜け出しているので状況は改善されている。それまでは、他人と関わらず迷惑をかけないことという目的に自己完結するところが多く、話しかけられることが多少煩わしくなっていた。休日には歩いていると救急車が右折するときに車の窓を開けて話しかけてくれた。また街をあるいていると雨が降りそうだと教えてくれた。相変わらずレジは緊張したり、交差点で多くの人とすれ違ったりするときは雑念が湧くけれど、それをやり過ごすためのきっかけにはなってきた。

続きを読む 健康管理と人との関わり

野良猫と飼い猫の習性

午前中は曇っていたが、雨は降っていなかった。天気予報によると降水確率は50%くらい、曇った空を見てもまだ雨は降りそうになかったので、都営線を使って白山まで乗り継ぎ、谷中霊園まで散歩することにした。谷中霊園は猫がよく集まるスポットという噂を頼りに、散策を始める。広い公園なら家の近くにもあるが、そこで野良猫を見かけたことはなかった。どちらかというと民家の入り組んだ道を歩いているときにふと野良猫が通りかかることがある。車が通る道でも猫が渡ることがある。学校などの通学路で見かけたが、猫の足が速くなかなか写真にとることができなかった。捨て猫にも合ったことがなかった。もし見つけたとしても自分では飼わずに、どこか飼育施設に預けることが妥当だと思っている。猫でも子猫の動画はYouTubeでアクセス数を稼いでいる動画もある。ヒカキンはペットショップで折れた耳のスコティッシュフォールドを買って話題になっていた。その猫は視聴者の言う通り子猫のうちは遠吠えがあるとか、よく動くといった特徴があったが、エサを食べすぎたのか生後1年目で6㎏まで太っていた。または長い脚のマンチカンや、耳が真っすぐのスコティッシュなどペットショップで遺伝的な特徴はないけれど、安価で健康な猫を普通に育てる動画でも人気があったりする。YouTubeの場合は宣伝広告費を配信者が支払う必要があるので、良心的な飼い主を見分けにくいところがある。

続きを読む 野良猫と飼い猫の習性

日々の出来事と思考の整理

離職票の手続きのために翌日を開けておいたが、自分で封筒に名前と住所を入れて、切手を貼った郵送での手続きになったので、翌日はスケジュールが開くことになった。前日の4時に就労支援施設に連絡すると、受け入れてくれたことを感謝したい。手続きの関係で給与が翌月になるけれど、会社から預かったもので返し損ねたものはなかったので安心した。社員手帳は去年のものになっていたが、常にリュックに入れて持ち運んでいた。今年の分なら返却することになっていたが、去年の分だったので記念に取っておくことにする。木曜日は午後から手続きのスケジュールが経っていたが午前中は空いていた。今日の金曜日は朝起きて、体温を計って、髭を剃って通所することになる。電車で移動して、予定よりすこし早くつく、今度は15分遅く家を出て、電車も1分くらい途中の駅で車両間調整があったけれど、目的地にはすこし早くついていたので、ちょっとした瞑想を一息入れるタイミグで撮れたかもしれない。本屋に行くと、雑誌のニュートンで統合失調症についての記事があった。以前にはコロナウイルスの記事があったが、科学の分野が自然科学から精神分野にも応用があるようだった。朝に同じ通所している知人とあったけれど、こんにちはと会釈した。通所して挨拶をするときにはお早うございますになっている。午前のプログラムでは脳の疲労回復についてのプログラムだった。空いた日にちにうまくスケジュールできたことと、雑念が湧くことが自分だけではないことと、瞑想や深呼吸によってそれが収まるタイミングがあったことなどをつなぎ合わせれば、思考を今より整理できるかもしれないと考えてみた。

続きを読む 日々の出来事と思考の整理

今までの経緯と目的

朝起きて、新聞小説を書き写して、散歩にでると資源ゴミの日が今日でまだ8時前だったので、段ボールを梱包して出しておく、そのときに自転車ですこし散歩に出る。今年は2020年で、大学を卒業したのが2015年だったため、社会人になって15年目になるようだ。そのうち10年をwebデザイナーとして過ごし、4年を派遣社員のSEとして過ごしてきた。ちなみに社会人になって1年目では、専門学校に通って、そのスキルを活かしてアルバイトをしながら過ごしていた。2年目になって個人のプログラマの事務所に参加して、そのホームページを作ることを始めたが、社会保険などの福利厚生に加入しておらず、不安な日々を過ごしていた。続いて3年目ではITベンチャー企業に就職して、コーダーとして企業のホームページにコンテンツのデータを入力していた。社員の平均年齢が若く就業規則は比較的自由だったが、業務が深夜に及ぶこともあった。現在ではウェブサイト制作は行っておらず、スマートフォンのカバーを作る代理店になっているようだ。とはいえ、社員旅行に行く経験をして、レクリエーションをしたのもここでの経験が初めてだった。福利厚生も充実していた、専門学校で学んだスキルを活用すべく、転職エージェントと相談して、価格比較サービスのコーダーとして働くことになる。新卒のときはエントリーシートを書いても1次面接までしか進んだことがなかったが、エージェントの協力もあって2次面接まで進むことができた。

後楽園を歩いた道は、道の途中で東京ドームがあり、遊園地があってもそこに寄り道できずに、ただまっすぐ歩くしかなったことを覚えている。そこでの勤務は4年半に及んだ。初めの2年はコーダーとして、続いての2年はグラフィックも加工できるwebデザイナーとして勤務した。福利厚生が充実しており月々の手取りは前職に比べてやや少なかったが、積立をしていたので貯金を貯めることができた。また、自動掃除機のルンバやサイクロン掃除機、電子レンジを購入したものこの頃だった。アニメやゲームのコンテンツを購入することができたので、それを見て楽しむだけでなく、制作に参加したいと思うようになった。オンラインゲームで知り合った大学生とコミケに行くことができたのもこのあたりだった。この後にゲーム会社にも応募はするものの、webデザイナーの事務所で、企業のホームページ制作を請け負う業務につく。ブログをCMSとして活用してカスタマイズすることで、クライアントの要望を取り入れながら、個人でコンテンツを運用して作成することができる。海苔の商店のブログを年末年始に更新するのが、行事のようになっていた。

続きを読む 今までの経緯と目的

通所体験とその継続

就労支援施設の体験通所が3日目を迎えた。朝はそれほど暑くなかった。その日は朝起きて、髭を剃って、ベランダの植物に水を遣って、新聞小説を移して電車に乗った。比較的時間に余裕をもって通うことにした。9時40分に施設に入って、挨拶をする。朝礼までに持参した体温計で検温を済ませておく、午前のプログラムは運動だったので、リュックに入っているジャージに着替えることにした。一緒にプログラムを受ける人も着替えるために、更衣室の鍵を掛けずに声がけをするだけで間に合った。入室用の名札を最後の人が置き換えるルールになっているようだ。運動をする前に、単語や昨日の生活習慣や、良かったことを二人一組で数えることになった。2人で10個列挙する間に、どちらかが数え漏れることもあった。とはいえ数えることよりも、積極的にアイデアを出してくれることが嬉しかったので、しばらく待つことにした。運動の前の会話もまた準備運動に成り得ることがわかった。ストレッチでは呼吸をなるべく喉から腹に移動させて、一呼吸をなるべく深くする試みを行った。普段は喉で呼吸しているので、呼吸がややせかせかしていたようだった。ヨガマットに横になる姿勢になってリラックスしていても、足を左と右のどちらかを伸ばしてストレッチも兼ねるとだんだんと運動の性質も持ってくる。また、普段の生活では、掃除をする動作にも筋肉トレーニングの要素があるという。雑巾で床を拭くときの屈んだ姿勢だったり、棚に荷物を持ち上げる動作だったり、棚の上の埃をはらう動作などが、生活に必要な動作からでもトレーニングを兼ねることができるようだ。そのときに腰が曲がっていると力が入らないので、なるべく背中を丸めずにストレッチを行おうと試みた。これらの運動やストレッチはヨガにも共通する要素があるようで先日のヨガの運動トレーニングと共通する要素を振り返りながら、取り組みのも意義がありそうだ。とはいえ、横になっているときや、運動しているときには雑念は特にわかないが、他のことを考えることもできないため、なるべく気持ちが整理されたタイミングに考えをまとめようと考える。

続きを読む 通所体験とその継続

悩みの克服とストレッチ

朝起きると、鈴虫が鳴く声がする。台風が過ぎてやや涼しくなったようだ。就労支援施設で運動のプログラムがあるので着替えを持っていく。朝は7時45分くらいに家を出た。電車に乗り換えて目的地まで都営線がある駅から徒歩で線路沿いに歩くことにした。途中で道が狭くなっており、スマートフォンでGoogleMapを開いて現在位置を確かめる。駅には路面電車が通っており、道が開けたところに本屋がある。本屋は9時前からも空いているようで、そこでしばらく落ち着いている。雨は降らなかったようだ。9時40分くらいに就労支援施設に向かう、入所にあたって挨拶をして、朝礼をして午前の文章作成のプログラムを受講する。課題にはこれからも継続してプログラムを受けたいという意図と、自分自身の個人的な悩み事がすこしでも良くなるようにと頭を悩ませた。午前のプログラムにも瞑想は含まれていたが、瞑想によって考えが整理されることを意識するあまり、一部会話が聞き取りにくかったことがあった。発達障害を克服するにはどうしたらいいかと悩み、焦る。ともかくそのままグループディスカッションになったので、メモを取って自分の意見を文章にすることができた。わからないところは積極的に聞いてみても良かったかもしれない。今までは理解度が及ばないと質問をする行為すらタブーとされていたので、相手に迷惑をかけなければそれに越したことはないと思うしかなかった。そうしているとストレスが溜まってくるのか独り言がぶつぶつとでる。または、個人的になにかのタスクが終わってほっとすると雑念が混じったりする。せめて相手と共通の目標を作ってそれに取り組みながら、悩み事を改善したいと思っている。自分でできることといえば、何かに集中しながらも、相手のいうことに対応できるように準備することくらいだった。まずは30分の間集中しながらも、相手の意見を聞き入れて行動に移していきたいと考えている。集中力がなかなか続かないというところのなかに、業務経験が長かったwebデザイナーとしてのスキルを実務に生かそうとするところがミスマッチを起こしているともアドバイスを受ける。とはいえ初めから事務を目標に選ぶことができたらそうしていきたいが、なるべく対人関係のコミュニケーション力を付けて目標と居場所を作っていけたらと思う。

続きを読む 悩みの克服とストレッチ

就労支援と心身のバランス

目まぐるしく状況が変化していく、精神科医にかよっている3週間前には、派遣会社の紹介する派遣先を継続することで手一杯だったが、今週の土曜日になって状況が変わり、いかにして自立して計画を立てるかを考える必要がでてきた。コロナウイルスに伴う退職勧告を受けて、統合失調症の薬を派遣以前の履歴に戻すことをかかりつけの医師に提案すると、あまりお勧めはしないがそれができるという状態になった。お薬手帳を取っていたことが客観的な説明の材料になればと思う。かかりつけの薬局に通うと症状が変わっていないのに処方が変わるということでまた説明が必要になった。個人的には耳鳴りがすることはあっても独り言はいっていないつもりだった。瞑想などによって意識的に集中しているときは、雑念も少なくなるが、ひと段落して落ち着いていると気が抜けて耳鳴りがすることがある。とはいえ、訓練によって意識的に集中力を持続できるようになっていきたいと考えている。統合失調症の薬の処方を派遣就労前の状態にもどすことは、エゴだと言われればそうとも考えられるが、自身の健康バランスを整えるために必要だと思ってお薬手帳に沿って行った。就業意思がないことを示すわけではないけれど、なかなか理解を得ることには実践を伴って日々の生活習慣を整える必要がある。

今日は、朝6時半に起きた。台風の影響で雨が一時的にざあーと降るが、通り雨だったようだ。日曜日に散歩に行った時には、通り雨にあってしまい、ちょうど外を歩いているタイミングで雨が降り、家の近くに戻ってくると雨が止んだ。着替えはあったので濡れた服は外に干しておくことにした。当日は折り畳み傘を持っていたが、地下鉄の駅に入るすこし目の前で通り雨が降ってきたけれど、傘を差さずに置いた。地下鉄では就労支援施設に通う初日は都営線から歩かずにJR線を乗っていったほうが分かりやすいというアドバイスを受けて、JR線に乗っていった。目的地には45分ほど早く着いたが、そのときには通り雨は止んでいた。あたりを散策して時間を待つことにした。就労支援施設で瞑想についての講義を受けて、何度か瞑想をしているうちに考えが整理されてきた部分も見つかってきた。

続きを読む 就労支援と心身のバランス