階段を歩いての所感

ふとエレベーターから降りて、できれば階段を歩きたくなる事がある。SNSでスマートフォンに夢中な後輩がエレベーターを乗り間違えるという時に、その後輩の頭にインテルのCPUが入っているのかというジョークがあった。それを察しのいい青年が真似をした。窓口の職員は、パソコンの調子が良くないので少々待ってくださいと事前に教えてくれた。どっちがいいとも思えないが、正しい正しくないということで翻弄されるのはなんだか小馬鹿にされたような気がする。とはいえそういったアヤがあると、ネットワークがつながりづらいというリスクがある。最近は国産のシステムはなく、手間を分かち合えるような関係性がそのまま社会を作っているような気がする。

また、僕は道を歩いている時に慣れからか同じルートを通る事が多い、それをとおせんぼするというよりは、敢えて路線から少し外れた待ち合わせ場所を指定する。すると僕は慣れからか、間に合いそうですとまずは答える。同じように歩いていると、コースをやや変える必要があり、小走りになる。しかしながら相手が初めからそれが競争だと伝えてくる様子もない、それだけ慣れは判断が鈍るのかもしれない。

それでも、SNSで踊りが見たいとつぶやきがあったように、多少は迷ってみるのも息抜きになるのかもしれない。ぼやきはうまくいかない側が駆け引きや繰り言をつぶやく場合だ、影響力の変化をなりすましや、小芝居をしたりして、うまくいかないことを擦り合わせる。ミニ四駆のモーターが、風力発電に使えるという記事を読んで、自宅で試してみるとLEDが点灯する電圧には達しなかったけれど、軸の動きは滑らかで、モーターに接続する金具やネジを得ることはできた、確かに一般的には、物事は順風満帆にはいかないこともある。それでもできないことばかりでもない。もしもモーターからLEDが点灯すれば、それは条件にあっていたのだろうか。金具と物干し竿に針金でつなぐと、風がふけば風車が回るようにはなった、1日に風がどのくらいの頻度で吹くかが部屋の中からでも分かる。雨よけは、自分が通り雨に会う事が多かったので、入念に仕上がったが、風は目に見えず、ベランダの植物の葉が風にそよいでいる様子を見ているといつでもどこでも吹いているように錯覚していた。

実際はそうでないにしても、政治や経済は感性や幻想から作られている。認識の隙に入り込む。体や精神を鍛えている人が、足を引っ張り合うという構図はなんだか、やりたい事ができないことを残念に思っている気持ちがあるのかもしれない。僕などはなるようにしかならないと思っているので、何かをうらやんだ事はない。

今までは、自分ばかりが転んだと勘違いをして、周りは僕が足を引っ張っているという風に思い込んでしまう事が良くあった。3日あれば、そのうち1日は裏目でることがあると想定はしていた。天気はいまだに曇りが多く、天気予報から目が離せない、ちょっと目を話すと小雨がふりそうだ。そんなぐずぐずした雲行きが続く。もし待ち時間があったとして、そこでどのように状況を良くするかを考えて見たい。

最近ではインスタントで味噌汁を作る事が多くなった。かつては家庭で自炊した時は味噌漉しで、大豆粕を濾していたこともあった。確かに何かが粒ぞろいである様子は、澄んでいるけれど、それを義務感から行っていては長続きしない。しかしながら苔の植木鉢の落ち葉や髪の毛をピンセットで取り除くことはなぜか自発的に取り組んだりもする。味噌と納豆は同じ大豆からできているとしたら、隠し味で納豆の粒を濾しても味が出るかもしれない。納豆の絞り汁を豆乳と一緒に温めると、豆乳から豆腐ができた。納豆にはにがりの酸化マグネシウムが含まれている。冷蔵庫の中には納豆と豆乳を混ぜたわけではないが豆乳がヨーグルト状になっている。意外なところに変化がある。僕は別に発酵を礼賛する事はない、味噌漉しきも、普段使っている味噌にも赤味噌や合わせ味噌があり、それを使い分ける工夫だと思っている。ホットケーキを焼くときのフライ返しを味が混ざらないように金属製のシンプルな用具を揃えていたが、これがテフロン加工のフライパンを剥がしてしまうので、相性が良くない。かといって金属製のフライパンにすると油を引く手間がかかる。プリンを作る場合は、泡立て器でつなぎが溶け残らないようにするけれど、天ぷらやお好み焼きでは、箸やスプーンで手早くかき混ぜで、ある程度粒度の違いを調和させている、それでいて焼いたときにそこまで気にならない。躾や作法になると比べ合いになることもあるが、そこから少し脇道に逸れてみると、自分から気になったところを誰の邪魔にもならずに、またそのペースで行っていける。もし勘違いがあったとしても、その瞬間には対応できないとしても、間を置いて取り組んでみることで、虚勢や義務感から本来の選択ができるように思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です