みたことがない景色を旅する

サーボモーターと、トグルスイッチを組み合わせるのに、自動車用のトグルスイッチが指に掛かる負担も少なく、スイッチでは足が3つか4つあり、実際に使うのはON/OFFに使う2つの場合が多く、そういったボタンがあれば便利とは思っていたが、なかなか実物がなかった、とはいえ商品棚にはビニールに包まれていてなんだか手作り感はしなかった。とはいえ、実際にサーボモーターと連動して動いてみると、既製品でも実例がなく、また無駄なパーツも少なく汎用的に作れるので、今まで見たことがない様式が見られるかもしれない。

サーボモーターに電気を流すと、小さいギアが連動して動き始めた。ところが、角度が一定以上になるとそこで止まる。5vの電気を流すと一定のところで止まって、arduinoの信号を経由すると、ループ文の中で往復が可能になる。すると、小さいギアの手が規則的に往復している。できればそこにラック&ピニオンギアを介して、回転の向きを変えて、minecraftにあるようなピストンブロックに変えるだけでも、電子工作の取り掛かりになる。トグルスイッチを何かのネジやボルトに組み合わせて使うという事例がなく、もしそういったレゴブロックとDIYが組み合わさるような体験ができれば、なら自分にだってという意欲は増してくるように思われた。現状ではサーボモーターに小さいプラスチックの手が付いていて、それで物を動かしたり、スイッチを切り替えたりするようだ。もしプログラムでスイッチを定期的に起動させて、それで予想されるサーボモーターの動きでスイッチを切り替えるなどができれば、プログラムには無いけれど確かに意思が存在するということになる。とはいえ、それを実現するために指でサーボモーターと、トグルスイッチを持っていると、もしスイッチがボタンの掛け違えのようになると、どちらかが折れることがあるのだろうとも心配になるが、サーボモーターのプラスチックには丸い部分があり、既製品のトグルスイッチにもプラスチックにバネがあり、そのあたりが柔軟になっていた。実際、それにピッタリの金具があったとするとクッションになるようなパーツもただスイッチを自動やリモートでON/OFFするだけでも有用なパーツになる。プロダクトには厳密には直角でなく、角が取れた形をしている。3Dプリンターで立方体を出力すると、その4隅はベゼル角が予め備わっている。

もしパーツショップに目的のパーツがなかったら、家電量販店に行く、家電量販店に探しているものがなかったら、ホームセンターに行く、実店舗で目ぼしいものがなかったら、日本のamazonを検索する。日本のamazonでも品揃えが見つからなければ、US版のamazon.comを検索する。US版のamazonでもなかったら、中国のalibabaで英語や中国語のキーワードを試してみる。実店舗でなくネットショップになると、送料や配送業者の人手が掛かるので、できれば実際に手にとって見つけてみたいと思っている。

例えば乾燥肌を予防する包帯にもなるダクトテープは、ホームセンターと量販店に売っているけれど、ないところもある。自分の足でいったことがある場所にまた赴くことが、地図にメモしたい手がかりになる。とはいえ、自分がシャイなだけで、電話であらかじめ問い合わせるなりすれば、たとえその時なかったとしても無駄足にならずに、効率も良くなる。とはいえ、たとえ効率が悪くともいい運動になるとして、いい方向に考えることが疲れない秘訣になる。

Androidのバージョンが古く、購入してから4年以上経った代替機に、ゲームアプリをダウンロードしてインストールすると、その晩はインストールできずに中断してしまう、容量の関係でデフォルトのアプリと他に一本しか入らないので途方にくれてしまう、今朝方起きてもう一度インストールすると、なんと昨晩と同じパターンでインストールしたものがうまくいく。Androidには電源とボリュームくらいのスイッチしか無いのに、うまく行く時とそうでない時ではどこが違うのかと疑問に思うけれど、もう一度やってみて良かったと思った景色だった。iOSでも日本語キーボードが強力で、メールや検索などはiPhoneに頼っているけれど、andoridから今まで知らなかった世界が見えることもある。中国のアプリケーションはiOSでは翻訳版だけが正式にインストールできるけれど、その続きが知りたくなれば、androidを持っていると便利だ、とはいえandroidはスクリーンセーバーの設定か、経年劣化か画面の右端のピクセルがやや欠けている。とはいえ、日本の神社の幽玄な風景をモチーフにしたり、日本語の歌がBGMになっていたり、中国にも海の向こうにある島国に興味関心がある様子が伺える。こちらも、ゲームアプリを家族でもそこまで表立ってできないところもあり、その上、頻繁にアップデートがあるような未開の分野の先に海外と思っていたら日本の村があると知ると、そこに行ってみて良かったと思う、それでも道のりは行って帰ってきて初めて旅になる。歳月や人もどこから来てまたどこへ行くのか、知見を得ることは自分だけでなく誰かの役に立つと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です