それぞれの時代感覚

今年2019年の5月1日から、元号が平成から令和に変わる。近代は明治から大正、昭和、平成となり、元号ごとにトーンが異なっている。その前の年号は江戸時代という括りで、その中でアルファベットの頭文字などのルールの影響もなく、漢文の二字熟語ということだけが共通している。明治時代の新聞も近代デジタルライブラリーで読んでみるとかなり漢字が旧字体で、表現も口語に比べると硬めに感じられる。文化という江戸時代の年号もあり、その頃には町人からボトムアップで風俗や経済効果が醸され、身分制度だけでなく、生活の気風が興されたという。明治と書いて、明るく治めるというものの、実際にはとても治らないというように理想と現実が乖離しているということも近代以降に特有なことでもなかったようだ。文明はcivilizationを福沢諭吉が和訳したもので、一見漢語に見えるものの、西洋と東洋を対等に捉えているところが新しいともいえる。 windowsパソコンゲームのcivilizationというシュミレーションゲームは、スミソニアン博物館での知見とデータベースの構造化にあったという、ともかくもあと1ターン、1ページが気になってしまう。パロディの要素や、純粋な教養に根ざしたものでなかったとしても、それが知識を深めるきっかけになるようだ。シュミレーションゲームでも将棋のように勝ち負けを目的にはしているが、常に勝ちつづけることは難しく、また興味関心が持続しにくくなる。プレゼンテーションではただキーボードやマウスを動かしているだけでなく、具体的なイメージや団体、言語などを引き合いに出しながらも、常に猫の手でも借りたいような協力を求めるようでいたものの、なぜか一人で背負いこむことが多かった。サークルにいた頃は連絡用に作った掲示板の管理権限を巡って噂や荒らしが絶えなかったので、最も誹謗中傷が甚だしい人にあえて親切に応じというよりは、好きでも嫌いでもなかったもののそうせざるを得なかった。

古典では、源氏物語や竹取物語などでの漢文からの引用や出典がある、中国に旅行に行ったときに、歴史の話題で春秋戦国時代について探してみたが、その名残はあまり残っていない、万里の長城は明代のもので、漢や元といった伝説は日本の中で想像が膨らんでいったのかもしれない。中国の生活様式で日本と共通しているところがあれば、安心する。とはいえ新聞では中国の経済成長が減速した、少子化が進んだという現金な話題ばかりで、実態がつかみにくくなっている。中国の歌謡曲を聞いてみると、かつて昭和の高度経済成長では日本が、経済的にも復興が早く、国際的にも開かれていたという気概があったようで、東京に旅すると、浮かれた気分になるという。実際にはそれぞれの方言のようなもので故郷について本質的に言い表したものだと思われるが、どこかありそうでなかったようなエキゾチックな雰囲気が現れる。とはいえ、日米間の同盟関係だけでなく、中国や韓国、台湾にも近代以降の現代的な感覚と、一族の成り立ちのエピソードがあり、僕は特に拠り所がなく、転々とする中でもそういったルーツを見つけることに関心を持っていた。

日本語以外に論理的なツールがないけれど、実際には平明に意見交換やアイデアを取り入れたいと思っている。人と人が仲良くなるには、対等な関係はあまりなく、親子や師弟、教師と生徒、ギルドなどをみると丁稚奉公に近いような一方的なものであることがしばしばある、そのような目の上のたんこぶのような負担があってこそ、それが逆にどのようにすれば人に優しくできるかを実感するきっかけにもなるという。もしそれがその通りなら、他人と対立するリスクを負ってまで、何かを主張することもないようにも思われる。関係性的な強さを持つときは何かが上手くいくか、そうでなかったときに便乗するということがある、数字を元にそれで競い合ったり、度胸試しのようなチキンレースなど、言葉だけない無意識な部分に気持ちが左右されることもあるという。平成では昭和から政治経済的には、あまり変わっていない、高度経済成長のような幻想も覚めて久しい。しかしながら、追いつけ追い越せというよりは、何かを協力したり、または一人でもできるようになることで、社会を少しでも佳いところにしていきたい。社会の教科書にもその当時は目新しいものでも、いずれは定番になっていく、それだけにそれが確定するまでの道のりをフラットに考えたいということがあった。国内外の要素にそれぞれの共同体でつながりを見いだせるような価値観を見つけてみたい。江戸時代にも身分制度や鎖国などがありながらも通俗的で、ありのままの考え方があった、近代以降になってより平明で、国内外の歴史や暮らしぶりを偏りなく読めるようになっていったが、同時に自分以外にも客観的になれて参考にすべきものが見つけやすくなったとも考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です