鉱山のある風土

節約といっても吝嗇だけでは、僕の場合は現実的でない。mineCraftは基本的には地下深くに含有される鉱物をピッケルで採掘して、その資源をうまく配分して組み合わせることで運用されている。このゲームに限らず、鉱山を地盤に開発を進めるようなシュミレーションゲームはいくつかあった、ロシアのコサックスや共和制以後のローマを題材にしたセトラーズ、三国志をモチーフにしたものもあった。歴史の教科書では長崎の炭鉱や軍艦島などがある、明治の初めくらいから、近代化が進んだというけれど、スコットランドから輸入したというジャイアントカンチレバークレーンは現在でも荷物の輸送に使われているという、写真から想像するに電気系統はクレーンの横についた小屋で行われている。少なくとも鉄骨は数十年から百年の間に回収こそ入っているものの外観はほとんど変わっていない、配線や制御システムよりは風化する要素もなく、普遍的と言えるのかもしれない。関西と関東ではそれぞれ発電機を違う国から輸入したという、関西はアメリカの50Hz、関東はドイツの60Hzになっているという。今でも洗濯機やドライヤー、電子レンジなどの家電製品は関西と関東で規格が違うものがあるという、その境目は静岡県の富士川と新潟県の糸魚川で東西に分かれている。長崎では豊富な鉱物資源から、コンクリートの高層住宅が明治時代から作られていた、軍艦島にはその遺構が残っている、しかしながらエレベーターは実装されておらず、中世のお城のような螺旋階段がや渡り廊下が張り巡らされており、そこで住民が交流していたという。同時期のジュールヴェルヌの神秘の島では、水力によるエレベーターが花崗岩の洞穴に備え付けられている、高層住宅は古代ローマからあったものの、特にアジアでは、建物を積み重ねると陽のあたる住居とそうでないところができるという民間信仰があった戦後の1970年の大阪万博では、科学技術による近未来都市がが礼賛されたものの、実際には自然となじまない、または高度経済成長の行き詰まりによって、右肩上がりの成長が集落を維持するとは限らないとされてきた。パソコンが普及する前からロボットや自動化は推進されてきた、街には缶ジュースの自動販売機が普及し、図書館にはバーコードとキーワードで灰色の掲示板で貸し出し状態や蔵書がリアルタイムに検索できるようになっていた。それ以前は本を読むようなマセた学生は、図書カードを介してやり取りをしていたというけれど、その郷土資料にはかつては湿気に強い海苔箱や、お茶箱に貸本を詰めて、街を図書ワゴンが巡回していたという、その光景は資料でしかなかったが、海外に移動本屋がまだ残っているという。

そんな中で採掘も地道で、オンラインゲームには直接利益にはならないけれど、グループへのサポートや、自己研鑽を一人で行う活動を炭鉱夫というようになっていた。それはまるで軍艦島の基礎工事のようなものかもしれない、あるいは東京の下町に残っている工場跡地の風景にその面影を見たのだろうか。

オンラインゲーム仲間には下町には高校までは充実していたが、大学がなくそのまま職業訓練校に入るようなコースがほとんどだった。手に職をつけることとに目的が持てないまま仕方なく現実に回帰する。ウェブ制作会社もその延長だったとも言える、それでも金融や広告のような案件であればいかにも雇用と食い扶持という印象があるが、築地にゆかりのある海苔だったり、そういった風土的な調和に、今まで画面しか見たことがなく、競争の生きがいもそこにしかないというような俯き加減だったオペレーターが生き生きとするようなことがあった。実際には定期更新などが休日や深夜にもあり、中小企業は定時以後も何らかの労働をすることで社会人になれると先輩に同調しているようにも見えた、物事には良い面とそうでない一面があると考えさせられた。僕自身は中途で社会人になって、伝統や自然環境が悪いとは思わないが、それを過度に理想化するのは、自他共にそぐわないと新たな境地に至った。

mineCraftではとくに制限されているわけでもないのに、石炭が勿体無く思ったり、木を取るのがおっくうになっていた。サバイバルモードでは、木があればツルハシの棒になり、松明の柄になる。他に何がいるわけでもなかったが、木があると落ち着く、木目には種類があり、白樺のように白っぽい木や、オークのように茶色っぽいものもある、性質は変わらないのになぜテクスチャが増えるのか、また2018年になってからオブジェクトに昆布が導入された、その数年前後のニコニコ動画で全自動マリオというプログラムで、昆布だしが効いているというフレーズとともに海藻のアイコンの林をマリオが走っていくというシーンがあった。伝統はそこに住んでいる人にもこれから定着する人にも存在意義になると思うけれど、あらゆる慣習はそれが形成されるときに異端でもあった、シンプルでありながらも奥ゆかしい素材の自他共に可能性の芽を育てていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です