空調の準備

季節が変わるにあたって、冷房用の仕組みが必要になる。空調服にはジャケット風の外見にモバイルバッテリーとCPUファンが組み合わさったものだけれど、プラスチックのメッシュ状の繊維は空気を外気と混ざりながら通ることで、扇風機だけでも局所的には涼しくすることができる。ホッカイロを衣服の中に入れると、外側から温めるより内側から温めた方が省エネになるという、その冷房版が空調服になる。CPUファンも、昭和からある昔ながらの扇風機も、一定以上熱がこもると暖かい空気をかき混ぜるだけで、エアコンやクーラーが店舗や共用施設や鉄道で、ガンガンに効いているのは、ほかに冷却する効果的な手段が今のところないのかもしれない。CPUファンも勢いよく回転しているときは、CPUの処理が追い付いていないときでいくらか焼け石に水のような印象があった。それがプラスチックのハニカム状繊維に布越しに風をCPUファンで通すだけで温度が調整できるとは思えなかった。しかしながら、作業中に又に汗疹ができてきたので、空調服をアレンジした空調座布団が個人的には必要だった。ロフトのように暖かい空気が籠りやすい場所ならともかく、フラットな部屋でもパーティションや扉の向きで温度が変わってしまうことがある。また太陽電池とシリコンラバーヒーターを導入して、冬場の電気代を抑えることができたが、ぼくには汗疹だけでなくアトピーがあるので、電気代を節約するためだけに無理をしてクーラーを使わないという選択はできない、耳垂れや感染症になったら行動できなくなってしまう。また去年は秋から天候に曇りが多く、かといって雨もそれほど降ることがなく、日光浴をすることが貴重だった。曇りなら紫外線もなく、傘も持ち歩かなくてよく両手が歩きながら使えるので、スマートフォンの液晶画面を見るのに最適ではあったが、なんだかどんよりした天候に不安な印象が拭えなかった。

枕草子には、傘を持たずに訪問すると、せっかちでガサツな印象があるという、しかしながら、時雨はなかなかに外に出たくても出られないという気持ちを誘う。江戸時代には編み笠があり、傘を手で持つ必要が必ずしもなかったという、レインコートに撥水性のある軽い材質だけでなく、吸水性があって干せば乾くというタイプがあれば、長時間着ることはできなくとも、バックに入れても濡れない。どちらにしても雨は、準備が足りないと、残念な気持ちにもなるが、本来は恵みをもたらす、地下では井戸水にもなり、地上では川の水にもなる。

またペルチェ素子についても気が付いたことがある、電気を流すと下の面を冷やして上の面が温まる、熱の流れは下から上に移動しているけれど、ペルチェ素子そのものに断熱効果があるわけでなく、継続して使っていると放熱が追い付かずに暖かい空気は冷却回路も温めてしまう、2枚重ねで使うという方法もあるというけれど、温と冷が交互になるので、より混ざりやすい。ペルチェ素子にピッタリな放熱フィンと密閉容器の組み合わせはなかなか見つからない。比較艇分厚いか、面積が広いペルチェ素子があれば、出力は電圧を低めにしても冷房になりうると予想している。またはアルミの金属片をヒートシンクにして、ブロワーファンで風を当てるだけでなく、水冷用のユニットを組み合わせて、出力を試してみようと思う、ペルチェ素子を冷蔵庫には使っても、冷凍庫にしたような例は少なく、温度が下がったことでアルミのヒートシンクに結露がでることを防ぐことが目的だったけれど、そこから持続させると、氷が生成される。CPUを冷やすには、一定の温度に達しなければ大丈夫なので、猛暑で30度後半になったとしても、先にへばるのはキーボードを扱っている人の方で、冬場でも起動したCPUは30度後半くらいだ。もしそのくらいの温度の温風があれば体感的には蒸し暑いが、CPUにはそれほどでもなさそうだ。CPUスペックがそれほど高くなかったころから存在したゲームプログラムが温度が80度くらいになり、広大なmapと多様なオブジェクトを持つmineCraftが65度から75度くらいになる。サーキュレーターを弱にした下で銅管にチョロチョロと水を流して、その上にシリコンラバーヒーターを載せると、熱かったものが持っても大して熱くないくらいに冷まされる。この現象から基盤の通気口にブロワーファンを当てるという方法を思い付いた。ブロワーファンにも静かなものとそうでないものがある、12Vの出力にUSBの5Vの電圧を流すと、モーターは比較的静かに回る、風量はその分緩やかになるけれど。風と水の流れを活用して、季節の趣を再発見してみたい。太陽電池のパフォーマンスは、ベランダが半分日陰のような環境で、そこまで芳しくないかもしれないが、ありあわせの設備と原理を応用して快適な環境を維持できるような工夫をも試していきたい。植物の周りは温度が熱い時は涼しく、寒い時はやや暖かくなるというけれど、環境のバリエーションを体感してみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です