片方のスイッチ

Nintendo switchをヨドバシカメラのセキュリティソフトとオフィスを揃えたポイントで買ったけれど、端子が見つからず電源が付かない、本体とセットでないと使い方がわからなかったが、USBで十字キーのコントローラーを使うよりインターフェースを分析したかったところがある。Xboxのゲームコントローラーが本体が無くてもコントローラーだけでもPCゲームに転用することができる、Nintendo switchのJoyConという左右に対になったコントローラーは、ボタン配置がどことなくレトロファミコンにも似ている。事前に調べた情報ではリチウムイオンバッテリーにタッチセンサーとジャイロセンサーが付いたくらいで、それほど複雑な回路は入っていないようだ。キーボードでもリチウムイオンバッテリーに対応したモデルは少なく、ボタンの制御はDIYキーボードの場合arduinoNanoというマイコンが代行している。それに比べると回路はシンプルで、ボタン操作ができることを目的にすると、できればコントローラーが片方でもPCとbluetoothでペアリングをすることが可能だとのことだった。とはいえ、ヨドバシカメラで右側だけを買ったとしても、充電となると左右両方と本体がセットになった状態で行われる、左右のコントローラーホルダーに充電機能があり、右だけとコントローラーを接続して、充電しようにも上手くたまらない、箱の説明書には本体が必要になるとあるが、本体にはUSBケーブル以外に特徴は見当たらない、そういったときにamazonを見ると、メーカー純正ではないが、USBを介したクレードルがあったり、カバーがあったりと、あると便利な機能がある。携帯ゲーム機のPSPのときも付属のケーブルを使っていたが、途中から外部CD-ROMやハードディスクに使うminiUSBケーブルだけでも、充電できることが分かった。アダプターがUSBでも代替できることは近年に、液晶ディスプレイにも試行されている。とはいえ、誰もやっていないけれど、実はそうした方がよさそうなことをするためには、どうしても風当たりが強くなる。駅前の道ですら目が霞んでくる。そういったなかでも試してみることで実は双方にメリットがあることが見つかればいいと思う。

Nintendoのコントローラーに限らず、インターネットのリンクやブックマークでも、奈良自分にもできるはずたという自信がつく元になってくれれば、僕は多少脇が甘く、隙がおおいけれど、ポジティブに作用していく。本当なら僕より真面目で根性がある人により世間から注目されたり、優秀な成果がでれば、不満もなかったと思うけれど。僕は僕でできることを精いっぱいやるだけだ。子供からそれを養う大人、さらにはそれを見守る高齢者までを夢中にするファミコンの魅力はすごいものがある。ジョイスティックは、ダイエーのゲームコーナーのNintenndo64 で試した感触がある、それからプレイステーションにも十字キーでなく、同心円状に動くボタンがあった、3Dゲームは、自動車免許のシュミレーターにも実装されており、得意ではなかったが、それに慣れておくと便利だと思って仕組みを模索していた。とはいえジョイスティックが十字キーの代わりになると、感覚では慣れが必要になる。そこで、JoyConを上下逆さまにして、4つのボタンを十字キーの代わりに、ジョイスティックは向きでボタンにすることで、仮想環境のように操作に若干のタイムラグができるときの対策を試してみた。とはいえ、スマートフォンのタッチパネルをボタンに置き換えるのは、シュミレーターでは限界があるようでも、操作自体はコントローラーが直感的で分かりやすいことも相まって、進めそうで進めないという駆け引きの要素もできてきた。まずは、コントローラーがレトロファミコンのように簡便に操作できることを目的にしているのに、動かそうと思うと、それに応じて可能な部分もあり、そこに没入しそうになる。ビックカメラの体験コーナーには、USBケーブルのようなものと、片方だけのコントローラーを充電させているモデルもあり、それは市販されていなかったが、不可能ではなさそうだった。僕は電池式のモデルから、周辺機器でUSBケーブルから4台のコントローラーを充電する円盤にした。そのときJoyConにもUSB端子の線のようなものがプラスチックの矢印の下の方にも見えた。ネジは特殊な三角ネジで、ドライバーで分解ができない。もしプラスチックでスマートフォンができれば、機能がシンプルでも手触りが金属ほど硬くなく、軽いモデルができそうだ。ケーブルといえばiPhoneやiPodにもライトニングケーブルがあり、USBケーブルと仕組みは変わらないが、端子がシンプルにまとまっている。とはいえMade for iPhone認証によって、DIYによって電気を分けることが困難になっている。またapple Storeには後に市販されたが、専用のクレードルがあり、内装とトーンがあっていたが、もしクレードルがあればそれを一般家庭にもっていってもそこだけ携帯ショップの棚のようになって雰囲気がでてそこに音楽や映像だけでなく、形の妙があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です