明るさをポケットに

人に気を使って疲れるのは、僕だけではないようだ。そこだけはホッとした。疲れのポイントは日常の至るところに潜んでいる。相手が悪いわけでもない、疲れされることはそれだけ機転が利くということでもある。スマートフォンで文章を打って3日目、スマートフォンを横に立てるリングがあり、画面のレイアウトが安定する。いろいろなことがなるようにしかならない中で、ちょっとしたことで工夫ができる。また、その仕組みを自分だけでなくて相手も知ったり体験出来そうであれば、より汎用性がよくなる。昨日に、新調したリチウムポリマーバッテリーが急に空になってしまって慌てたけれど、焦ったくらいで済んで幸いだった。リチウムポリマーバッテリーには数字が付いており、どれだけ充電できたかが一目でわかるけれど、一般には乾電池や蓄電池のバッテリーの残量は目安でしかない。電圧と放電量がある程度比例するので、乾電池でも一定の電圧を保っていればそれは残量があると予想される。ベランダの太陽電池もまた、ソーラーパネルからの発電量をカウントすることはできても、そこから土壌湿度センサーやリレースイッチに使っている分は、カウントされないので、どれだけ溜まっているかはわからない、一周回ってDROK社の蓄電池のメーターを確認時にONにして対応している。今週末から来週にかけて梅雨入りするので、太陽電池は曇りでもわずかに発電はするけれど、どれだけ維持できるかが試されてくる。

WindowsPCのキーボードの配列がJIS版とUS版で異なっていたので、今までは@をその都度入力していた。デバイスの設定から外部キーボードをいくら動かしても、違和感が拭えなかった。設定から時刻と言語を選んで、そこから日本語の設定で、USキーボードを選択すると、再起動してキーボードのアイコンと入力された記号が同じようになった。演算子や改行の半角スペースが見つからないような実のところなんでもないようなことでも、根気よく、またはコツに慣れれば負担が軽くなるような工夫を見つけていきたい。また、バッチファイルでCPUの温度や稼働率が測れたり判定できれば、汎用性は広がり、またはパソコンに興味がないような人にも可能性が広げられるように思われた。

疲れの正体がまるでゲリラのように見えない、いくらかは自分にも要因があると思うが、それでも閉塞感をべつにヒーローを目指しているわけではないが、誰にも期待されなかったとしても果たす役割があると考えている。

また先日充電できなかった、iPhone5の端子を粘土とクリップで掃除してなんとか手持ちのケーブルで充電して見ることにした。両面あるLightningケーブルの片方しか充電できないが、それでも動作はする。Androidのスマートフォンは、かれこれ6年くらい使っているが、ついに液晶画面が欠けてしまった。こちらではとくに落としたわけでもなく、いずれは形あるものは壊れる時もくる。できればもう少し汎用的な用途を見つけていきたかった。スペック的にはかなり型が古いけれど、使えないことはなく機能もシンプルで使いやすいタイプだった。

またリチウムポリマー電池に、USB端子をDIYで付けて、ゆくゆくはraspberryPiなどのマイコンの駆動バッテリーにしようと思う。乾電池にすると、金属のケースのサイズは同じでもメーカーによって容量が異なるので、並列以外に直列で使うことが難しく、継続して使えれば、電池は軽いに越したことはない。かつてはiPhoneの充電でも、Made For iPhone認証によって、USBを交換することにもなったけれど、これからはキーボードや液晶ディスプレイでもmicroUSBを使っている。nintendoSwitchのjoyConは純正のコントローラーと本体が裏表対象のUSB-TypeCになっていたが、外部機器は依然としてmicroUSBのままだった。家電量販店でもシガーソケットやコンセントからの給電で3Aの大容量のUSBが出揃い始めた。これは2年前に中国から3Aの急速充電アダプターが届いたときはかなりインパクトがあった。

今のところは蓄電池と太陽電池のバランスから2.4Aあれば、十分で、またType_Cでできることは、従来のmicroUSBでもできるうえに、端子も5本で太くて配線しやすいので、できればプラスチックの3Dプリンターの外装でリチウムポリマーのバッテリーを備えたスマートフォンや液晶ディスプレイがあれば、使いやすくて活字や映像メディアの普及に役立ちそうだ。

スマートフォンは、白黒にすると文字は読めて、ワープロの入力にも適しているが、カラーであるとイメージがより具体的になる。バッテリーが節約できるならと思ったが、それでも半日でモバイルバッテリーからの補給が必要になる。そういう時こそ、想像力の活用のしがいがありそうではある。今まではスマートフォンはキーワード検索や動画の閲覧、電子書籍などインプットをメインに使ってきた。これからは、ワードのように考えを文章にしたり、選択肢と対応方法を簡単にでも残せれば、不測の事態にも慌てずに対応できるようになる。パソコンやスマートフォンにはこだわらないが、情報を扱うノウハウを磨きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です