LEDフィラメントとアルミナ

LEDフィラメントも5Vの電流をUSBケーブルから流している間は、光だけでなく熱も発する。本来はここに自転車用の、金属でなくセラミックで電気を通さないで熱を通すアルミナ棒を取り付けた。アルミナはボーキサイトという原料からアルミニウムを精製する過程で生み出される。酸化アルミニウムのことで、アルミニウム自体は錆びたり酸化することがないので、酸化アルミニウムは金属でなく、そのうち熱を通しやすい性質だけをもったセラミックになる。アルミナは画材として、amazonで揃えることができた。

アルミナの棒はクロネコヤマトが配送時間の指定が無く、平時の7時くらいまで待っていが入れ違いで、マンションの管理人に小包が届いたようだった。その間に東急ハンズにチューブを見繕いに行き、ついでにシールでゴムのカバーをリチウムポリマーのモバイルバッテリーに付けた。ブロックのゴムでプラスチックのままより手触りが良くなり、衝撃にも耐性ができた。それによってバッテリーを自転車のカゴに載せても、振動を予防する。またホームセンターで工具を入れる筒状の入れ物を自転車のカゴにカラビナで括り付ける。工具入れは作業用ズボンのベルトに付けるためか、鋲で取付けてあり、自転車のハンドルにつけるタイプがなかなか見つからない。筒状のタイプであれば、カゴの上に、ドリンク入れのように付けられて、カゴの中身も空けられる。筒にはビニールの蓋が付いており、雨の時には完全には防水でないけれど、多少は雨露を防げそうだ。とはいえ、USBケーブルの金属の部分やマグネットは濡れっぱなしにならないように手入れが必要になる。またヨドバシカメラの自転車売り場でカゴにゴムの網を付けて、カゴの中身を固定するためのオプションが付いていた。これによってカゴにバックを入れていても、蓋を抑えながら乗らずに済む。とはいえ折り畳み自転車で、カゴのサイズが平たく、網が多少たわむ、金具も上手く引っかからない、そこでホームセンターのカラビナに付け替えてカゴと網を固定することにした。筒状の道具入れにあらかじめ付いていたカラビナは、どういうわけか逆方向に曲がって故障してしまった。カラビナの金具はめったに壊れないので、珍らしい不具合だった。ともあれカラビナの材質は軽くて丈夫なアルミニウムで、カラビナに内蔵されたバネだけでなく、ネジで固定するタイプにすることで、軽くて丈夫な金具を揃えることになった。アクシデントではあったが、それに対して対策を立てることで、工夫のアイデアになった。

これまでは、自転車のカゴにも屋外で乗っているときは、朝方から夕方くらいまでの時間帯まで、小型の太陽電池に充電されて、LEDも点灯するが、実際に自転車で移動する時間は30分くらいで、散策もかねて1時間くらいになることもあるが、その間では、リチウムイオン電池に充電できる割合はそこまででもない、あらかじめベランダの太陽電池からモバイルバッテリーに貯めて、そこからマグネットケーブルでLEDフィラメントを付ける。LEDフィラメントは1本では折れやすいが、4本にして、ガラスのケースを割れても破片が飛び散らないアクリルの筒にする。そこでLEDフィラメントの熱がこもっても電気を通さずに熱を逃がすための、アルミナ棒を新たに間に挟むことにした。アクリルの筒にはスペースは殆どなかったが、アルミナの棒は直径1㎜くらいで、1本か2本なら間に入れることができる。またLEDフィラメントの熱も、徐々にアクリルの筒の外に伝わっていく。太陽電池で蓋をしているものが取り払われたので、自転車の照明は、視野が広がった。肉眼では暗がりの道は、目の前を照らすだけではすこし薄暗く先が見えるくらいだけれど、アクションカメラなどは照明と併用すると、影を効果的に照らしていく。またハンドルの近くに灯りがあることで、外で地図や資料などを見るときにも便利だ。また降りるときは、マグネットケーブルで、LEDフィラメントからモバイルバッテリーを外して、バックなどに入れて、自転車には4桁の数字のカギをかける。備え付けのカギは駐車場で、開閉をしていたらカギのバネが飛び出して故障したので、止む無く近くの自転車屋で、すこし大きめでカギがいらずにシリンダーが分かりやすいものにした。

自転車のタイヤは樹脂でできており、空気を入れる必要が無いけれど、ギアは通常の自転車とかわらないので、防犯登録をした街の自転車屋で油を挿してもらった。しばらく自転車ではなく徒歩であたりを散策していたが、樹脂のタイヤで空気を入れる必要が無いものがどのような感覚かを自分で試してみたくなった。またヘッドライトは、かつてはダイナモでタイヤに連動して付けていたが、タイヤに負担が課からならないように、夕方から夜間にかけけて、LEDフィラメントをヘッドライトとして代用して、USBの5Vの電圧を外で活用できるような工夫として可能性を開拓していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です