巷の素描

男性構成比が放送作家という業種が仲間内でスラングのように使うセックスという言葉は、異性が交わるというそのままの意味合いではどうやらないようだ。また、そのようなざっくばらんなやり取りが滞ると、大げさに少子化うんぬんと言ったりもする。ともかく、クラスで一人はいるような人気を取ったり、他人から注目されたいという性格がある。

SNSではとっつきにくい専門家より、多少チグハグなところがあっても、寛容なパーソナリティのほうが、巷を明るくするという。とはいえ、発信元の本人が詭弁を弄し、人の性であるかのように、世間一般はではなくで、あなたがでしょうという、太宰治の問答のような堂々巡りになる。だれでも、得意げに当たり前といえる分野があれば、専門家でなくてもセミプロのようになれて一目置かれるようになりたい。しかしながら、どのような世界観かと尋ねると、織田信長かアドルフ・ヒトラーや第二次世界大戦という、およそお笑い芸人や放送作家のイメージとかけ離れた極端な例だった。そういえば子供でも怖がったりする、もしそこそこ判断力のあるマセガキだったら、振り向いてくれないとして、どんどん狼少年のようになる。満たされない心が、苦労の後に幼稚なキャラクターをひそめる。

芸能関係では、演者も目立つけれど、それを収集する編集者もまた、舞台を支える。とはいえ、編集者は定年の65歳をを過ぎた権威がおり、その界隈では徒弟制度がまだ残っているのか、あるいは、編集だけではオリジナリティが出しにくいのか、喫煙所で交わされるような、愚痴に関係者が合わせている。

また、高齢者の麻雀のサークルが、にわかに雰囲気を粟だだせると、関係ないとはおもいながらも、高齢者層が英雄譚を語り始める。それは若い層が関心がないのか、高齢者が干渉してくるのか、なんともいえない。

編集やエンタメの高齢者が湧きたつと、よくわからない歪みが生じる、自転車のカギがひとりでに故障したりなど、ともかくちょっとした祖語が生じる。そういったトラブルを乗り越えてでも、なにかやりたいことがあれば、自分でチャレンジしてみるべきだと思う、そうしていると麻雀サークルでは、これもあまり雀卓にお金を賭けていない人を指さしたりしないでほしいといっても聞くような人たちではないと思うけれど、勉強をして世の中のやくに立とうとしている人が羨ましかったのでつい悪戯をしたくなったと、書いてくれたので、直接のやり取りはないけれど、理不尽さに向き合えるようになれた。また広告代理店が編集者の権威を立てようとしている、これはあまり関わりたくないが、まあ躾のような一方的な展開にならなければ、ましにはなる。このように、現代では戦争のように大きな争いはないいけれど、天気のように巷の風向きが変わる。そのためにSNSが風見鶏のようになる。

人が愉快なないシチュエーションとして、ある人にものを頼んだとして、それが都合にあわず断られるときで、そのときの印象は意識的なものより、無意識に向けられる。それだけ影響力が高くなる。しかしながら、僕は無意識より一周回ってやはり馬鹿正直であるほうが、後味が良く、自主性が保てると思う。プロヂューサーはいかに人に合わせるかという機微にビジネスがあるというけれど、その実態が僕にはわからない。

アイドルユニットは数十人のチームで、ソロの歌手や役者より、実績を上げるけれど、もしその数十人のチームのだれかが個人になったら、それはグループを卒業という形式で抜ける。アイドルが疑似恋愛の対象になるから、始まりであり、同時に終わりというのは、ものは言いようになる。

男性同士では、金銭的なニーズは大きくは変化しないが、女性や人気が絡むと必ずしもそうでなくなる。実際主語が大きいといったことや、痴話げんかということも高校以前の部活動ならともかく、社会的には形をかえた嫌がらせになりうる。マスコミ自身は鏡であって、高齢者の不満を社会的弱者に向けて反映しているだけだというけれど、それは意図的な差別になりうる。なかには、世間でなくてあなたということが、伝言ゲームで事実がゆがめられることもある。そこには、実際には右から左に映像や記録を取るだけに思われた構成員にも、意見があり、考えがある。かくゆう僕も図書館で読みたい本がなかったときに、駆け出しの劇作家の心構えのような本を見て、演出にはそれぞれに脚本があるが、はじめは手を振り上げて同意を示すポーズしか許可されない、いかにダイナミックに愚直にこなしてプロヂューサーを振り向かせるかにかかっているという。

剣道の素振りもまた、姿勢は大事だけれど、同じ反復練習からで、自主性が呼び覚まされる。誰のためでないけれど、もし転ぶことが避けられないとしても、なにかに支配されないようにすることは無意識の観察に長けることよりも、地道な行いだと思う。誰にでもエゴはあるけれど、世代に囚われすぎないようにしながら、フェアでありたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です