AndroidとiPhoneの特長

スマートフォンをiPhoneからAndroidに替えるにあたって、いくつかの課題があった。iPhone6sはバッテリーの容量が1750mAhで、単三の乾電池およそ4本分だけれど、年月が経つうちに容量が不足してきた、とはいえフル充電すると、半日は電池が持つ。Google Pixelと相性のいい、ankerは容量はiPhone6sを5回くらい充電できる容量のものもあるが、残量はパーセントでなく、8段階の表示になる。コンセントから充電する分には、それでも十分に容量があるが、どのくらい充電されたかが、分かりにくい。また、iPhoneやandroidでも液晶画面の大型化とCPUの高性能化に伴って、消費電力は相対的に上がっている。またyoutubeにankerの非常用のUPS電源と、乗用車の助手席のシガーソケット12Vの電源でご飯を炊く、タケルくんというプラスチック製の炊飯器がある。それが連携した様子がなんともいえずシュールだった。炊飯器は合計電力が100W前後にする必要がある。車のバッテリーが上がってしまうためだという。タケルくんは見かけによらず、省エネにヒントをもたらしている。

また、iPhoneにはアプリケーションをインストールするのに、日本国内向けにローカライズしたものしかインストールできない、そのためセキュリティソフトなどでガードができない。僕もブラウザ経由で標的型のマルウェアに感染してたこともあった。カスペルスキーでも、専用のセキュリティブラウザという窓口を変えるくらいしか対策がなく、iPhoneは完成されているものの、拡張性が無かった。日本のiTuneStoreだけでなく、中国やアメリカのiTunesStoreでしかアクセスできないアプリケーションもある。そういった翻訳されていないものをインターフェースから意味合いを推測しながら海外の雰囲気を掴むのが僕は意外と興味関心が湧くところだ。

Andoidでは、apkのインストールが、容易になり、海外のアプリケーションを入れることも可能になるが、セキュリティソフトがプリインストールされていると助けになる。OPPO AX7にはavastがインストールされており、またブラウザごとにアプリケーションの許可を設定できる。バックパネルの緑が綺麗だったけれど、電池の容量とスペックのバランスで、Googleの検索やMicroSodtのWordが使えることを踏まえると、中古でCPUとandroidのバージョンが比較的新しいものを選ぶより、正規版を購入してそこから学びを得ようと考えた。GoogleのキーボードGboardは、フリック入力よりQWERTYキーボードの配列のほうが片手でも入力しやすいと感じた。キーボードの一列目のアルファベットの頭文字がQ,W.E.R.T.Yであることに由来する。とはいえ、スマートフォンを横にすると、画面の仮想キーボードが入力画面を圧迫するので、GboardからATOKに変更した。外部キーボードでは薄型のワイヤレスキーボードにしている。Androidでは、メニューアイコンが順番でなく任意の配置にできるので、待ち受け画面がアプリで散らかりにくい、また、iPhoneのようにアプリのアイコンを複数まとめて分類することもできるようになった。文章を入力するときは、wordの画面のズームが入力時に前後するのでそこが気になったくらい。iPhoneでは、外部キーボードをペアリングすると、入力時の仮想キーボードが出なくなるので、パスワードやキーワード検索が、キーボードに集約されるので、小回りが利かない。しかしながらキーボードで文字を大活字本くらいに拡大して、一行ずつ入力していくと文房具のポメラのような書き味があり、昨今のappleでは液晶が大型化してスマートフォンとラップトップPCの連携が図られているけれど、手に馴染む大きさのiPhoneSEを復刻したら、懐かしくて新しいという発見がある。

USB Type-CはmicroUSBを対象にして、なおかつ扱える電力を2Aから3Aへと家電もあつかえるようになった。とはいえ、USB Type-Cは端子は楕円形で無駄が無いが、回路はプリント基板にするくらい細く、シンプルに+極と-極を配線することが困難で、なかなか普及していない。OPPO AX7でも電源は従来のmicroUSBになっている。iPhoneのLightningケーブルは、6本の線が印象的だったが、Made For iPhoneの認証があり、iPhone以外にLEDを点灯させることも難しい。またmicroUSBでも上下両面の端子も探せばあり、また+極と-極と信号の送信、受信とケーブル構成もシンプルなので、最も小型で、電力と映像をやり取りするUSBケーブルはmicroUSBになる。

マグネットケーブルではmicrroUSBのデバイスが多いので、その端子だけを追加で購入するとamazonのショップの在庫も少なくなっていた。そこで余っていたUSB-TypeCの端子が使えるようなモバイルバッテリーを新たに買って、そこでリチウムポリマー電池の使い方や、電池の充電と放電を試して見ることにした。また、今までに持っているモバイルバッテリーで説明書では禁止はされておらず、また推奨もされていないけれど、一方のケーブルで充電しながら、もう一方のケーブルでスマートフォンに充電することができなかった。どちらか一方になってしまう。できたとしても、充電と放電で少しずつしか充電できないが、パナソニックのQi規格に対応した石鹸箱のようなモバイルバッテリーではそれが可能で、手間が省けて便利だったことが印象にに凝っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です