動くフロア

MineCraftのピストンのエレベーターが止まる仕組みは横方向では、上手くいくが縦ではタイミングが合わず上手くいかない。作例のピストンとオブザーバーの間に動力を伝えるブロックを挟むというテクニックが再現できない、1つのピストンで動かせるブロックは12個で、側面でオブザーバーと接触するピストンは本来は、粘着ブロックにくっ付くが、エレベーターの篭全体で12ブロックを使っている場合は、例外的にくっ付かない。どのブロックを取っても成り立たないという精巧な作りになっている。それはそれで素晴らしいと思うけれど、目的はエレベーターで運べるものを広くすることとして、エレベーターの動力部分とフロアを分ける、エレベーターが止まるのは、動力部分であれば望ましかったが、ブロアにピストンで腕を伸ばして引っ掛けることにした。仕組みはシンプルだけれど、フロアのブロックは12個になった、しかしながらそのうち一つがピストンで塞がっているので11ブロックになる。途中階はピストンをレバーでONにすると止まるようになる。そしてエレベーターの周りを粘着ピストンにくっ付かない葉っぱのブロックで覆って、載っている動物やプレイヤーが落下しないようにする。そこでデバッグとして仮にピストンで止まる端に載っていると、接触したときにブロックの下に落ちる。そこで、脇のブロックを2つ開けておくと、プレイヤーはそこにずれる。とはいえ、その状態ではエレベーターの動力の部分が一マス空いている。そこでピストンをトラップドアに替える。トラップドアは薄く開け閉めができるので、場所を取らずフロアのつっかえ棒としても有効になる。見た目こそ良かったが、それでも厳密に端によるとプレイヤーが引っかかって落ちてしまう。とはいえ、そこに行こうとしなければ目立たないので、かなり前進した。続いてフェンスゲートを代わりにつっかえ棒にする。これは当たり判定が無く、つっかえ棒としては申し分無かった。またフロアが広い分、プレイヤーの移動だけでなく、牧場の羊や牛をまとめて何頭かをのせて運べるときに目的地の階に牧場がつながっていたとして、柵とフェンスゲートが出っ張っていても不自然ではない。

またエレベーターが戻ってから途中の階から降りようとすると、その先は大きな穴になっている。現実には電車のホームドアがエレベーターが付いており、なかのモーターなどは見えないようになっているけれど、なかには透明なガラスでモーターや滑車が見えるビルのフロアもある。ブロックは抽象的なものだけれど、ピタゴラスイッチのように滑車や、つっかえ棒が見えていても、子供だましにならないような工夫が見つかるといいと思った。またバージョンアップによって動力は水中も動くので、モーター室を貯水槽にして、落下してもクッションになるようにした、また点検用のドアも付けて、中と外を出たり入ったりできるようにした。

また、エレベーターのフロアは粘着ピストンを接着剤にしているが、その部分をマットで覆うことで床を連続させられる。マットの部分だけ3ブロックを要するので、残りの9ブロックがフロアになる。そこでフロアとそれに付随する動力モジュールを繋げて横6ブロック、縦3ブロックの部屋の床を丸ごとエレベーターにすることを試みる。2つのモジュールを同時に動かすのに、多少手間取ったけれど、それぞれのモジュールは個別に並んで動き、ばらばらに動いてもスイッチをもう一度押すと元の起点に戻る。広い床がエレベーターの動力で空中に浮かぶと、そこにファントムという空を飛ぶ鳥が飛んできた。mineCraftでは木の上に住んでしまえばゾンビは登ってこないので、バージョンアップするまでは安全だったが、空を飛ぶモンスターが追加されたことで、木の上でもある程度武器を用意する必要があった。そのための補給を整えるための基盤として空飛ぶ床がある。

つっかえ棒として出っ張りが無かったものとして木の看板がある。文字やフロアの情報も任意で記入することができる。しかしながら、ピストンや粘着ピストンで看板を動かすことができないので、フロアの終点に使う。もしピストンで看板をブロックの組み方も変わってくるかもしれない。オブザーバーが水中でも変化を感知できるようになったり、スマートフォンのPE版では、水中にトロッコのレールを敷くことができ、アイテムの輸送が容易でダイナミックになっている。PC版ではピストンとオブザーバーの乗り物やエレベーターが動くけれど、これはピストンをベルトコンベア上に並べるテクニックの簡易版として考案されたけれど、スマートフォンと比較するとこれもパソコンでじっくり取り組むような作業に分類されるようになった。ピストンとオブザーバーの動力モジュールを活用することで、動くカーテンを作ったりと、実際にはスマートフォンで大まかな仕組みを考えて、それをパソコンで詳しく作るという流れを構想している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です