予定外のすごし方

もし荷物の手違いがあっても、こちらが精神的、肉体的に疲れないようにする必要がある。こちらから問い合わせる手段がない、段ボール10個の配送にヤマト運輸が手間取っている。それともこちらが無駄足になることを予測していたとしたらちょっと奇妙だ。いい散歩になっていい運動になった。しかしながらこちらが困るのが、僕が数字を言ったり示したりするのを、期待しているのか名前を知らない人に数字をきかれることがある。数字はものの尺度を示すもので、その大小を比べるものではない。一方で、数字が通らないと、今度は言葉を使わずにただ寄り添ってくれという、これもまたあったことが無いけれど人が良さそうなひとに寄りかかるような感じですこし奇妙だった。僕はAIではないので、電話番号くらいしか数字は覚えていない。

例えばマクドナルドで待ち合わせ番号をうっかり間違えると、無銭飲食と間違えられそうになる。そのような意図はないけれど、以前にもヤマト運輸で再配達のフォームを開こうとすると、その地域の配送車に直接つながり、これから申し込もうとしている荷物を早めに届けてくれることがあった。とはいえ、気持ちは有り難いがこちらから頼んだものでなく、居酒屋のお通しのようですこし気が引けた。なんにしても待たなくて良くなったのですこし気が楽になった。相手が気になって、苦手な数字を読みあげたり数える作業を、急に振られて戸惑う心配を何とかしたかった。

自分では興味が無いが、人の気持ちが荒れると僕も煽りを受けるかもしれないので、若者の麻雀サークルのホームページを見るとやはり雲行きが良くない、ここの雰囲気はどういうわけか硬い雰囲気に影響する。硬い雰囲気なので公務員のような気質のほうが雰囲気としてはあっているのかと思うと、見た目と現実は異なるようだ。しかしながら、ギャンブラーは向いているかどうかは知る由もないが、経験も少なく仮に練習すればするだけそのスキルが付いたとしても、叶わないと思う。 相手を出し抜くより、その良さを引き出すような工夫があればと思う。

インターバル時間を意識せずについ頑張りすぎてしまう癖があった。なるべく、朝起きて財布を家に忘れた癖が、悪い意味で引きずらないようにと思っていたが、自分が気づかないことは幾つかあるもので、なるようにしかならない。しかしながら、なにかを間違えたり、ということは正解が常にあるのかというとそうでもない。縛られるのはやむを得ないときもあるが、予定が立てられないのは不安で、疲れる。何もないのに不安になり、また疲れるというのはうつの傾向があるので、それをなんとかして元気づけようとする。

mineCraftのエレベーターの途中停車とそこからの上昇と下降の回路を作例からアレンジすることができるようになった、木箱のブロックは動力伝える働きがあり、オブザーバーのとスライムブロックの間に挟むと一時停止するようになる。そこから動力を木箱ごしに粘着ピストンをレバーとボタンの組み合わせで、ボタンに置き換えると、上昇と下降のボタンになった。ボタンが押下するときの動作と、レッドストーンリピーターの2チックの動きのタイミングは似ているけれどすこし感覚が異なる。レッドストーンリピーターは2か所使っているが、その目盛りによって動きが変わってくる。また、バージョンアップしてスライムブロックの上にトロッコのレールが敷けるようになったけれど、レールも重さのある1ブロックとしてカウントするようで、縦の昇降のエレベーターのスライムブロックにくっついてしまう。ともかくフロアを上下に運ぶこと、途中地点を作ることになった。

周りはあまり協力的にならなくなった。部活動でマラソンをしていて一緒に伴走しようといってくれて、途中でいきなりダッシュをして、こちらがへとへとになる悪戯をされる。自分がされて嫌なことを人にしないというのはこの際言うまい。また、僕は相手と仲良くしたい、悪い意味で馴れ合いになったとしても、争いや競争は好きではない。しかしながら、テクニックで会話を先にきりあげて、その人は何も言わなかったが、これ以上言うと相手が姿勢を崩したり、思ってもいないことを口にする。という心理学のような仕組みもあるという。僕はそういったものを教わらなかった。また、そういったテクニックに習熟したとしても、より優れたテクニックの持ち主が現れれば藪蛇になってしまう。そういったなかでもめげずにできることを根気よく見つけていくのがいいのかもしれない、別になにかを焦っているわけでも我慢しているわけでもない、無理をせず、相手に負担を掛けないスタンスに落ち着きたいと思っている。意地の張り合いは、こちらは相手を認めて、自分にドジなところがあったら直しながら、努力はしていこうと思う。なにはともあれ一方的に言いなりになったり卑屈にはならないでいたい。都合は便利な言葉だけれど、僕は常に何かに合わせてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です