HUBのアイデア

どうしてそんなに急かすんだ、と聞かれると。ある人はそうでもしないとその瞬間が通り過ぎて行ってしまう気がしたからといっていた。わたしの話は長いけれど、うんうんって聞いて欲しいんだ。いや相槌を求められると困るかな、そういったことに辛抱が掛かることは実は話して自身が良く知っている。それだけに、この話が終わってくれないかなという素振りを見せると寂しくなる。寂しくならない方法があるとしたら、相手の不意を突いたり、気づかないところにささやくことくらいだ。とにかく気にかけてほしいようで、平日はともかく土日にも平日のようにふるまうグループもある。ペース配分を考えないとへたばってしまう、マラソンで伴走しようといっておいて、つたれた素振りに気が付くと追い抜いていくようなものだ。どうしても競争という形を取りたかったのだと思う。

毎日用事が交互にやってくる。その日にならないと分からないこともある。対応はしているけれど、バタバタ行動しているグループがあるのかもしれない。回路では引っ越しの際に緩衝材をつけて梱包しても、何本か断線があった。自転車のLEDにも擦り切れて、電気が付かなくなっていた。急いで半田ごてを取り出して、元通りに点灯することを確かめる。なかには半田が付いているけれど、数か月くらいの経年劣化で接触が不安定になっていたものもあった。ワンタッチコネクターは固定したと思っていたらひとりでに外れていた。そういったことがあっても、ひとつずつ確かめながら修復していく。回路に複雑な配線は無かったが、作り直すよりは不具合を直した方が手間が少なくて済むけれど、それでも修復からそのあるべき設計を思い付くこともある。普段から勘には頼らないけれど、間の悪さから勘違いやあたかも転んだようなこともしばしばある。そういったことも焦りもあるけれど、なんとかタスクをやり遂げたいと考えるからということもできる。

キャタピラーがついたクローラーは、モノを載せて運ぶための適した構造をしているが、なぜか自衛隊の戦車のような印象が先行している。ラジコンやプラモデルにも一般車より覚えやすいところがある。キャタピラーのサスペンションがボールペンのバネと似ているという見解を示すと、これ見よがしにペンを握りしめるような人もいた。

インターネットには繋がらないが、Wifiリピーターはesp8266をファームウェアを設定して、wifiアクセスポイントを受信、送信するモジュールがある。ベランダや壁などの遮へい物をwifi信号の受信と送信を10数メートル離して設置する。電源は受信側、送信側にモバイルバッテリーを設置している。とはいえ、持ち運ぶときに受信側と送信側を同じリュックに入れて、壁まで歩いていけば送受信ができるので、wifiリピーターとアクセスポイントを一つの袋にまとめておくことにした。そうするとUSB端子が別々でなく、2つ束ねて置ける金具があれば便利と思って、microUSBからプラス極とマイナス極の配線を繋いで、HUBを自作した。microUSBでもひとつの端子から最大で電圧5V、電流2.4Aが出力されるので、扇風機やアンテナなどは、2つでも容量内に収まると考えた。

iPhoneはandroidのようにフリーソフトのapkをインストールすることができないが、おすすめのゲームには北欧の絵本のようなアクションゲーム「オドマール」や、歯車と梃子の仕組みが工場のような「Leo’s fortune」というゲームがある、またはソリティアやクロスワードパズルのように続けられる要素があるアプリケーションがある。それぞれスーパーマリオのようなアスレチックアドベンチャーで、どことなく散策に似た楽しみ方があった。かつては駅前のゲームセンターにも100円玉を握って、どれだけ次の景色が見つけられるかを試しにいくこともあった。そういったコンテンツは日本では学生の頃にピークを迎え、海外に開発の拠点が移っているようだ。エミュレータはandroidとwindowsPCにインストールされたが、androidのほうが動作は安定していた。とはいえアーケードゲームは難易度が高く、やりこむ要素はあるが、それを家庭用に持ち込んだことはどこか懐かしい。windowsPCでは、キーボードやコントローラーがタッチパネルでなく、実際のボタンになるので、操作性が良くなるかもしれない。

乾電池は、鉛蓄電池に比べて、電解質が液体でなく個体のため乾いていると表現される。リチウムポリマー電池も、電解質がポリマーという固体で、乾電池と同じような意味合いで、全固体電池というようだ。リチウムポリマー電池はモバイルバッテリーに使われるが、鉛蓄電池からモバイルバッテリーに電池を汲み置きすることで、効果的なエネルギー保存の方法を模索していきたい。キーボードには乾電池でないものもあるが、いまだにマウスは乾電池が主流になっている。マウスにリチウムポリマー電池が導入されれば軽くて、回路がシンプルなデバイスが加わるような可能性がある。インターフェースでありそうでなかった機能を見つけていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です