定電圧モジュールとネジ

DROK社の定電圧モジュールにはアルミニウムのヒートシンクがトランジスタに付いている。中心にはトロイダルコイルがあり、電磁誘導モジュールと共通するパーツもある。またヒューズも電流15Aのものが回路に付いている。電流と電圧の調整は可変抵抗で行うようだ。裏側にはマイクロチップが付いているところが異なっている。トランジスタを冷却するアルミニウムのヒートシンクが分厚く、特長的なモジュールになっている。で12vの電圧を上げていくと、電磁誘導モジュールの出力もそれに伴って上がり、パウンドケーキ型の容器の温度も上がりやすくなった。とはいえ容器の蓋は依然として必要で、段ボールをダクトテープで補強して内側にアルミニウム拍のテープを付けた。また温度計を入れる穴を空けてある。温度計は段ボールをダクトテープで補強すると温度計が固定されるようになった。アルミニウムを薄く伸ばしたアルミホイルなどには熱の伝えやすさの他に、放射熱という赤外線を反射する性質があり、魔法瓶のガラス瓶の内側にアルミニウムがコーティングされていたり、ジャガイモのホイル焼きのようにアルミニウム拍で熱する対象を包み込むと効果的に作用するようようだ。20vまで昇圧するとヒートシンクが熱くなってきたので、扇風機をあてて熱を冷やそうとする。誘導加熱以外にもトランジスタが熱くなることがあり、その部分にヒートシンクがあてがわれているが、扇風機でヒートシンクに風を当てると効果的になる。

ホームセンターで眼鏡用のネジがあった、現状使っている眼鏡と以前に使っていたメガネのフレームのネジが小型のドライバーで回して取り外すことができたが、ネジが3年ほどたって錆びていた。メガネのフレームはそのまま使えそうだったので、眼鏡用のネジに付け替えることにした。ところが、現状の眼鏡がホームセンターのネジより一回り太いネジだった。新しい眼鏡と古い眼鏡のネジを入れ替えて試して見てネジが入ったのは、ネジが錆びて細くなっていたからだった。眼鏡のレシートや購入履歴は眼鏡ケースに入っていたので、ネジを眼鏡ショップで修理していただいた。ネジにはドライバーがまだ使えるようになっていたが、ネジ自体を交換してフレームを修理することを思い付いたのはホームセンターに眼鏡用のネジが見つかったからだった。フレームが固定されたことで、メガネがずり落ちることが改善された、付け替えた前のネジも一応眼鏡ケースにしまっておこうと思う。現状の眼鏡のネジは眼鏡用のネジより一回り太いけれど、同じようにフレームと固定されてネジのゆるみが改善された。

導線は、シリコンケーブルが熱に強くしなやかで、ワニ口クリップで仮止めしているものをネジで固定するターミナルに端子を固定することにした。端子を半田付けしているものの、精密回路用の細い半田を付けようとするとなかなかくっ付かない、そこですこし太い半田を付けるとわりかし付けやすかった。また半田付け用の台座で端子とケーブルを固定して、半田付けをする、半田の太さと半田ごてのバランスがよく接着しやすくなった。また銅線の針金と、蓄電池の平型端子、またはターミナルのネジが接続しやすくなったことで回路を太くシンプルになった。電流を測る手段が見つからないが、USBの5Vでは電流も3Aまで測ることができる。蓄電池の電流がUSBのように測れる計器があれば便利になる。定電圧モジュールにも基盤にネジ穴がある。ヒートシンクが熱くなるので、そこにテープなどで接着することができず、ネジで基盤のマイクロチップを保護するように段ボールをネジで止めることにした。右端のネジだけ、LEDランプの回路が近かったので、プラスチックのナットに付け替えた。

台風の影響かどうかはわからないが、ベランダのタイマースイッチの出力がその前後で不定期に出力するようになった。タイマースイッチの時計は正常に動いているが、カチカチとランプが点滅するときは、電源がONになるようだ。設定をリセットして配線を繋ぎなおしてみるものの原因は分からなかった。時間を置いて繋ぎなおすとその時と、それからしばらく異常はなかったが、後でSQLから確かめるとログは不定期に出力されている。タイマースイッチの説明書に問い合わせさきがあり、また、タイマーの設定を画像で確かめることで、様子を見ることにした。ベランダに置いてあることもあり、すぐに様子がわからないことが難点ではあった。また平形端子を圧着だけでなく半田付けをしたほうが固定しやすいこともある。平形端子はひとまずペンチで再接続して様子を見ることにした。接触不良の可能性もあるが、しばらく固定されているものが急に接続できなくなるのは不自然ではある。繋ぎなおすにしても、原因が特定されるように準備を進めていきたい。あるいはベランダから室内にタイマースイッチを戻して12ⅴの電源を繋いで確かめることも可能性としては考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です