半田とタクトスイッチ

基盤には整然と穴が開いている、半田付けの付けなおしもあり得ると想定して基盤と金属が多少しっかりしているものにした。まず方眼紙を買ってきて、基盤をトレースした、ブレッドボードくらいの大きさだったけれど、設計を描いてみるのも新鮮だった。タクトスイッチはボタンの押しやすさからすると大きめのスイッチのほうが良かった。当初arduino UnoR3で長押しを判別してモールス信号を付けたときに、タクトスイッチは回路は、シンプルだけれど、条件分岐と組み合わせることで、バリエーションが増える。タクトスイッチは指くらいの大きさで、5つ並べるとブレッドボードが一杯になっていた。方眼紙にタクトスイッチを描いてみたのは、ブレッドボードではその性質上、上と下のスイッチを横並びにする必要がある。もし、左右はブレッドボードと同じでも上下のスイッチが縦に並んだら、位置関係が相似して、コントローラーに見えると考えた。

方眼紙に端子の6つのピンヘッダーと、GNDは共通しているが、タクトスイッチそれぞれは5本の信号ワイヤーがある。GNDやそれぞれのワイヤーを最短距離で、なおかつ重ならないようにとして定規で線を引くと、意外に基盤らしく見えてきた。今回は抵抗器をESPやarduinoが代替するINPUT‗PULLUP型だったけれど、6本のピンヘッダーには、手で半田付けをする必要があり、半田ごてより半田の線が細くて困難な個所もあった。それだけに半田がくっつけば便利だけれど、だれも試したことがない分野で、関心が自然と持てたという部分もある。できればだれかと協力したり、または競ったりということも技術向上や気づかいという観点からはなくもないが、ぼくはどちらかというと普通のことが普通にできないという減点主義より、個々のコミュニケーション能力を尊重して、できるところを教わりながらもだれにでも長所があるという、フェアな姿勢でいたい。

タクトスイッチの基盤は、GNDは黒いシリコンワイヤーを想定していたが、上手く最短距離で半田付けしにくかったので、UEWの半田で導通するエナメル線に換えた、エナメル線も被覆があるところは電気が流れないので、混線を予防する意図があった。接点になる半田は針金と材質が異なるところもあり、やや多めに付けた。できれば多少がよかったが、ここのところ半田がひとりでに剥がれたり、セメント抵抗が引きちぎられたりと想定外のトラブルもあり、入念にしたかったという事情もある。変化する状況から目的通りにならず、やり直すことになっても、それだけ必要なことが見つかるいい機会にもなると前向きにとらえることにしている。

ともかくもタクトスイッチの基盤とEsp-Developer32が繋がり、いままでブラウザにボタンの画僧に貼り付けていた部分が実際のボタンになった。とはいえ、基盤がむき出しの状態で、それにあったケースは別に用意する必要がある。また、JoyStickモジュールでは、入力に対応した34、35をアナログにすることでX軸、Y軸の操作は可能になったが、操作性がブラウザほど器用にならなかったけれど、回路としては間違っていなかった。珍しい事例といえる。

無印良品の扇風機が修理されて戻ってきた。購入は3カ月前だったけれど、レシートの印字がまるで年季を経たかのように薄くなってしまっている。なぜレシートが薄くなるのかは定かではなかったが、購入日を保証書にメモして、薄れる寸前の画像をスマートフォンで保存した。また厳密には二重反転プロペラではなかったけれど、スイッチのONとOFFに対応して風量と静穏性が高いこともあり、パソコンの冷却に使っている。台座の高さに発泡スチロールのブロックで高さを揃えることで、風向きを調整した。今度は長く持ってほしいと願う。

GoProの充電にはFasgearのUSB-TypeCアダプターを間に挟むことでマグネット端子に対応させた。充電しながら撮影するとカメラ本体が発熱するようで、銅箔テープを張り付けて、熱を逃がすことにした。銅箔テープも熱を伝えており、いくらか熱は分散されているが、なぜアクションカメラで密閉性が高いのに発熱気味なのかは分からないが、銅箔やアルミニウムのヒートシンクが場面設定の役に立つならそれに越したことはない。カメラ用のネジがホームセンターで合わせるとM5だったこともあり、固定した視座を手軽に少ない材料で確保できるなら、写真を撮ることのハードルを下げることができる。また風切り音を入れないようなスポンジ風の風防カバーをかぶせて、マグネット端子の部分に穴を空けて充電することにした。バッテリーはLi-ionバッテリーで乾電池でなくプラスチック製のようだ、容量はスマートフォンの半分くらいでも、マグネット端子からこまめに充電して放熱対策が可能であれば、スマートフォンでは調整できないISO感度やシャッタースピードなどを変えて、見たままの景色が残せるような工夫を実現していきたい。またネジや金具などの物と物とを物理的につなぎ留めるHUBにもWiFiと並行して役に立つようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です