価値観の相対化

メールマガジンを読んでも、労務関連のことしか主になっている。それを抑圧や陰口と思ってしまうと不毛になる。しかしながら放送作家と雀荘の主人が世間話をしていても、教育とはあまり関係がなさそうだ。教訓を与えるということなのだろうか。どちらにしても余計な世話を焼かず、それぞれの長所を伸ばしていけばと思う。そこに劇団員が加わるといよいよサーカス団のようになる。なぜか客がひとりもおらず、内部は関係者だけで固められており、それにしても喫煙がひどい。そのくせ新入りには何もさせず、ただ黙って我慢しろというのだからやるせないところだった。

今週は異常に忙しかった、その日にならないとスケジュールが立てられないというのは疲れる。良く順応したと思う。マウンティングに巻き込まれぬようにと、なんとかやり過ごすしかない。その人の書籍や論評が認められたり、プロジェクトが上手くいくようになら一般的には支援したいけれど、相手を無力化させたり、いかに調子に載せないかという議論は、陰口のようで不毛だと思う。放送作家が、先輩と後輩の関係を親と子に例える風習があるけれど、それで上手くいった事例を見たことがない。苦労は確かにひつようではあるが、主体性を失ってまで相手に尽くしても、報われることがないようだ。むしろ相手を尊重した状態で適度に距離を置く方が、有言実行になる。このところその日暮らしになっている。いかに無事に明日を迎えるか、1週間単位で予定を立てたりということがここ数年ごぶさたになっている。僕は相手を圧倒したいとも、権力を持ちたいとも思ったことはない。

台風が温帯低気圧になって、あたりはしんと静かになった。たしかに心配してくれるのはありがたいが、それを受ける側は、まるで通り雨にでも合ったかのようで気が気でない。実際に引っ越してからまだ定期を更新してない。そこまで羽振りはよくないにしても、頭ごなしに自宅に押しかけられるよりは、適度に喫茶店で相談がしたいと思ったこともある。べつに無理な要求をするわけでもないし、こちらからは失礼でできないけれど。単に貴方はダメだ、認められないといって、自分の言うとおりにすれば上手くいくからそうしてくれというお願いを何度も聞いてきた。僕はそういった一方的な要求をしたことはないのに。

コンビニエンスストアでチャーハンがレジの人が忘れていて、レシートには記載があったのに、カゴには入っていないという珍しいことが起こった。電話すると、あなたが落としたんだという。そうかもしれないと思って、来た道にチャーハンのおにぎりが落ちていないかを探していると、やっぱりレジにシフト交代のときに置き忘れたという。取りに行けるかと聞かれて、取りに行くことにした。レジで通貨をやり取りするだけでも、スムーズにいかないことがあった。それに編集者やライターがアルバイトとのやり取りを理想的に書きたがる節があった。お釣りが100万円とギャンブルのようなジョークをいったり、またはレジをアイドルの握手会に見立ててレシートを握りこむ人もいた。

それにしても芸大生は、実際の公立大学生が目指してもいなかったような公務員や官僚をどうして過度に憧れるのか、不思議だった。受験生だった頃にはクリエイターを目指していたが、それが実現できないとわかると、とたんに保守的になり、自分はだけでなく、他人が自由にしていることも許容できなくなっていった。

たとえなにかが当たり前のようにできるまでに労力がかかったとしても、諦めることはないと思う。または人格否定されるような要求も真に受けるべきではないと思う。メールの断片やLINEのメッセージで上手いことや捻りの聞いたことを言えなかったとしても、才能がないわけでもない。

電車にいかに効率的に乗れたか、ベビーカーを上手く避けれたかということで比べあいになると生産性がない。相手を縄張りから蹴落としたいだけなのだと思う。食い扶持が減るからあなたは認めないという、それは分かったし否定もする気もないが、僕はあなたが世渡りが、上手で僕より賢いと思うので、よしなに教えてくれるとありがたい。

モノづくりでない場合は、なにかを認めるかそうでないかになる。そうなると毀誉褒貶が通貨のようになる。いかにして相手に従うかが理想とされるものの、その成功事例を見たことがない。できれば明日のメールマガジンも僕の噂話でなく、主体性がなく子分のように付いていて疎外感を感じている塾生に教えてほしいものだ。でないと陰口や噂話が、直談判より説得力があり、だれも誠実にならなくなりそうだから。僕にも心がける点はあるかもしれないが、ディレクターが目指しているような修行僧や宅鉢は、先人から与えられたポジションだ。それが良いとも悪いとは言い切れないが、違うところで価値観を見つけ、一方的な愛情に巻き込まれないように自我を保っていき、また対等に向き合えるようにしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です