ブログの様式

かつてブログを自宅サーバーで作っていたころの木目の画像はなくなってしまった。角丸のUIはベニヤ板が元になっていた。ブラウザの白い画面をベージュにしてテキストを読みやすくしたりと、それ自体は何ともなかったし、またデザインのセンスも必要ではなかったが、素養にはなるのかもしれない。movableTypeというPerlのCMSがPHPによるwordPressに比べて、HTMLファイルが実ファイルであるので、バックアップしやすいという仕組みも、サーバーやPHPのアップグレードによって、更新されていった。

キャタピラ式のモデルといえば、ジブリ美術館で買った、おもちゃの戦車のプラモデルを組み立てていたことがあった。プラスチックの爪を集めるとピアノの鍵盤のようなキャタピラになり、砲塔は中世の小屋が山に着いたような、まるでハウルの動く城の模型のようなものだった。プラモデルにはモーターは付いていないので自走することはできなかったが、動きだしそうな造形ではあった。そのプラモデルは塗装にラッカー系塗料を使い、ピアノのように白と黒に色分けしていたが、結局完成することはなく、数年後に中国から輸入したraspberryPiとモータードライバーに使ったキャタピラクローラーでその面影が蘇ることになろうとは思わなかった。森博嗣の科学読本というQ&A集に、キャタピラー式の乗り物がタイヤの自動車に比べて操作性が確保できるかという点で、2つのモーターを交互にコントロールできれば、科学的に道路を探索可能と記載があり、ブラウザ上にファミコンのように十字キーとブレーキを付けると、無線の伝わり方にもよるが、おおむね操作できそうだった。またキャタピラーはショベルカーなどの作業用車に使われることがあるが、バイクの前輪がタイヤで、後輪がキャタピラーという変わった乗り物もある。ともかくかつてはキャタピラーをひとつずつジョイントさせていたので、プラスチックのキャタピラーも、1ブロックずつ長さが調整できるようになった、とはいえ、微妙にベルトに撓みがあったほうがモーターに負担が掛からないようだ。森博嗣は、ジャイロモノレールのようにモーターの回転がバランスをとるのに有効だとしてその復刻を手掛けていたり、蒸気機関車を再現したりしているが、キャタピラー式の乗り物が意外にもエコロジーで、作業用だけでなく乗用車にも活用できることに着目できる観点があったことは想定されていたかはわからない。キャタピラー式のセグウェイがもしあったとしても、公道を走れずラジコンと同じ扱いになるけれど、自転車や自動車、電車だけが人や物を運ぶ乗り物とは限らないと考える。

PHPのバージョンアップによって、SQLのクエリが通らなくなっていた。そのためログインの部分だけを回収することになった。UIはお餅と呼ばれていたが、当時は味も素っ気もないのっぺりしたものだった。いまでは8年近くたっている。スマートフォンの写真の解像度がそこそこ高いけれど、当時からデジタルカメラにコンプレックスがあった。なにしろカメラは機材に分類されるが、スマートフォンはポケットに収まるので、そこまで厳密に扱っていなかった。しかしながら、iPhoneには、レンズに金属のリングを付けて保護しており、埃が溜まりにくくなっていた。デジタルカメラは比較的レンズが大きいので埃を防ぐのに眼鏡拭きが必要になるが、スマートフォンではレンズの大きさから金属のリングでケースに収まる。しかしながら、改めて設備を整えて、思い出を形にしようと考えるようになった。

スマートフォンの写真は、一日に取っていない日もあるけれど、なぜか1か月では数十枚、年間で数百枚になる。いまのところ、新卒のころの写真から今にいたるまでウィンドウズPCのファイル一覧機能でその都度眺めて探しているが、もし写真にタグなどのキーワードが付与されて、言葉で探せたなら、かなり探す手間を節約することができる。またスマートフォンやデジタルカメラが無かったころの風景も、白黒ではなくカラーで記憶にはある。しかしながら記録には残っていない。

PHPのプログラムでは、SQLと連携した谷藤賢一講師のわかりやすいプログラムが、バージョンアップによってそれだけでも動かなくなってしまったが、そのシンプルで明快な仕組みは、意図をくみ取ってそれを再現する必要がある。絵画の修復に似ていそうだ。CMSのシステムはBBSのころからそういった感じはあったが、誰しもCMSに限っては管理権限が得たい、バージョンアップや表現のために新しい絵具や画材に当たるようなアイテムがあれば、流行や慣習に合わせるべく対応する必要があるけれど、書きたいこと伝えたいことは、シンプルな形で残す必要があると思う。また僕も、複雑化するシステムのなかで結局自身も分からなくなる部分もでると予測していた。手書きのメモの有用性が僕自身は不確かでもなくならないのはリスクの分散のためか、あるいは電子データでも更新されたときに様式が変わっても、変わらないものを見出していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です