取りこぼしとトラブル

街角で配られていた選挙の政策の資料をうっかり電車のなかに落としてしまった。道端で歩きながらおにぎりを食べていると、ご飯粒を零したりしてあんまり調子が良くないのか、移動と準備にかかる時間を無駄にはしたくなかったけれど、もしそれが業務用の資料だったらと思うとヒヤリハットの一種である。アクシデントのなかには自分ではどうにもできないものもあるが、もし自分の不注意が過失と言えなければ、心理的な余裕ができ、次になにをすべきかが分かりやすくなる。このようなミスが続くとこんなはずではなかった。もしパンフレットを落とさず、またおにぎりをベンチで座って落ち着いて食べていれば後悔しなかった。

10月5日にはカメラの三脚の金具をホームセンターに買いに行ったころは天気が晴れていて、ベランダの気温がその時期には珍しく38℃になっている、天気予報の最高気温は33℃でも、局所的に直射日光が当たったのか、熱中症になりやすい状態になっている。センサー付近には植物もあり、木陰もあったはずが、温度が異常に上がっている。通常昼間が最も日が高いのでそのあたりが夏でも暑くなるピークになるはずが、午前9時頃に異常な暑さになった。天気図を見てみると、太平洋から低気圧の集団が、日本列島を覆っている。これによって暖かい空気が関東に留まり、また曇りがない空模様が熱中症になるようなうだる暑さになったと予想される。またグアム島沖の熱帯低気圧は、9日には台風19号に発達して、先週に千葉県を停電や豪雨の被害をもたらした台風15号のように、台風が上陸すると強い雨や風が起こり、あちこちで被害が出ると予想される。

空に空気の流れで風が吹くように、僕たちの心にもそういった変化がある。景気や増税の影響によって、豊かさの実感が湧かなくなったり、また落ち着きや余裕を感じにくくなったりする。マルウェアという海外のハッキングのウイルスによって、サーバーにアクセスできなくなり、マルウェアウイルスに感染したファイルのリストを作って削除する必要ができたのも気圧が変化するタイミングと重なっている。その場合、海の向こうで、昼夜も時差によって9時間の差があるカリフォルニア州のエンジニアやオペレーターとやり取りをすることになる。とはいえ、土曜日にウイルスに感染して、日曜日に異常に気が付いて、月曜日にはこちらのミスもあり、復旧は遅れてしまった。相手を責めることはできないが、我慢が必要な状態になった。台風15号の強風で、デジタル式のタイマーモジュールのリレースイッチとの連動が故障した。水滴が雨具の隙間から回路に入ったためと推測されるが、結果的にタイマーモジュールはデジタルの時計こそ壊れていないが、センサーと連動しなくなってしまった。それに比べると今回はセンサーは無事に動いていたが、HTMLやPHPといったソフトウェアが人為的なエラーと、その復旧によって動かなくなってしまった。センサーは通り雨やその間の晴れの間も定期的に休みなく信号を送り続けていたが、受け取る側の準備ができていなかった。

個人のわがままのように、状況の変化を我慢するような事態が生じたとして、それを相手に求められないときは、復旧のために工夫するか、ミスの因果関係を明らかにして再発を防止する必要がある。とはいえ、省エネのために既存の消費電力がある産業機器をメリハリをつけて使うより、最新の機器に換えることのほうが、必要なときだけ使うという用法が同じだったとしても効率は良くなる。しかしながら、たしかに無駄は良くないとも考えられる。

中国のYotaPhoneという新興のスマートフォンメーカーとandroid OSやE-inkのアップデートについてメッセージを交換して、こちらの使い方がだらしなかったためか、うまくコミュニケーションが取れなかったことがあった、2018年の9月は秋雨が続いて、晴れの日がほとんどなく日照時間が相対的に低かった。そういったときに悩みをうまく解消できないというジレンマに遭遇する。結局YotaPhoneは優れたカメラとE-inkを持ちながらも、メーカーが海賊版に分裂して、連絡が付かなくなってしまった。Amazon経由で日本のユーザーにも対応したOPPOではgoogle系のサービスも使うことができる。郵便局で輸入されたスマートフォンを受け取った時に、編集学校がandroidへの昭和的な回顧主義に基づいたネガティブな所感をもっており、配送ドライバーとの連携がよくないなかでも、やっとでandroid Phoneを手に入れた。カメラが3Dに対応したデュアルレンズで、接写に対応しているのはandroid はアクションカメラにない精度を持っている。ケースはyotaphoneとレンズやスイッチの位置まで同じだった。なかのシステムやサービスは僕が知る限り公平で納得がいくものだった。僕が扱いを間違えたりすることは反省する必要があるが、なるべく理不尽な目にあっても、へこたれないような取り組みをしていきたい。また本当に必要としているものが妨害に合った先にある場合にこそ、平常でありたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です