ケーブルと端子

MSNポータルサイトに赤文字で、ラグビーワールドカップのテキスト速報が赤い帯で表示されていた。しばらくすると、赤文字は落ち着いた紅色になり、テキストはセンターから左寄せに変わった。ニュージーランド対ウェールズはどちらがタッチダウンするのだろうか。また前後の空白のマージンも等間隔になっていた。

マグネットケーブルが昨日に繋がらなくなったものを、別のタイプのiPhoneのマグネット端子があったamazonの購入画面にはMFi認証のマークは無かったが、持っているiPhone6sを含む第四世代に対応している。工具箱にはType-Cの予備のマグネット端子がある。先日は布団を畳もうとして、うっかりテレビの端チューナーケーブルを痛めてしまったので、注意が必要ではある。また、購入日は昨年の2018年10月になっている。昨年の冬支度の折、明治牛乳の紙パックにバルク品のシリコンラバーヒーターを入れてホッカイロを自作していたが、その時に発熱を予想より低く見積もっていたために、microUSBケーブルの端子は熱で溶けてしまった。そのときのtwitterには、紙パックをモバイルバッテリーに仕立てたデザインが斬新だとして注目を集めていた。実際的にはLEDフィラメントと同じく、熱と信号と光を分別すべきだった。電球は熱と光が合わさっているから暖かな光になるが、省エネや回路の耐久性を鑑みると、今年はホッカイロや誘導電流とLEDや充電を分けようと思う。アクションカメラのGoProが充電時に発熱したり、PSE認証を施した薄い新型のリチウムイオンバッテリーなども基盤の放熱板がコンパクトになっているのでやや発熱傾向にある。

apple社のライトニングケーブルがとあるWebデザイナーに与えたインスピレーション、影響は象形文字のようでもある。千石電商では、apple社のケーブルにだけ充電やデータ転送に直接関係のない認証用のマイクロチップが埋め込んであるとしていた。それがスマートフォンのなかでも、iPhoneを特殊な位置づけにしている。個人的にはamazonBasicからmicroUSBのマグネットケーブルが揃ったらとおもうけれど、マグネットケーブルは便利な反面、電気が適量通電できると先着で、特定のメーカーのラインナップに限定する癖があり、それがパーツ選びの視野を狭めていたとも取れる。

ヨドバシカメラには時折、変換名人という自作パソコンユーザー向けに変わったUSB端子が揃っているが、繊維系のケーブルはamazonのほう選択肢がある。しかしながらそれは、データと画像から推測されるバーチャルな情報で、実際に手に取るまで実感が掴めない。そのため、配達員に焦って電話してしまったこともあった。それがもしどこであろうと取り置きであれば、心はいくらか落ち着きを取り戻したことだろう。PSPという携帯ゲーム機では、液晶画面に両手を添えるようにコントローラーを持つ。ウォークマンでもイヤホンがポケットに引っかかるので、できれば直角で耐久性が高いけれど扱いが荒くなりがちになっていたことも否めない、WiFi経由でAPIやGoProのフィルムデータの交換ができることから、マグネットケーブルは+極と-極の2極にあえて絞ったほうがと考えたが、選択肢はそれだけではなかったようだ。

ある遮光用の黒いパーマセルテープは光を通さない。設営機材を一時的に固定する粘着テープとして使う、黒を基調としたデジタルカメラなどは、黒いテープでメーカーのロゴを覆うとどこかでありそうでなかったようなカメラになる。またそうしたほうが、映る人にプレッシャーが掛からず、自然な表情が見られるということもいくらか関係している。ちょっとした詫び錆びのようなもの。サンワサプライからもマグネットケーブルの在庫があるけれど、僕は中国製のほうが、正直コストもあったが、デザインや性能でも選べるところはある。

マズルブレーキという銃身に付ける反動を抑えるための金具は、アニメでは実際の武器よりデフォルメしていたが、調べてみると実際の銃器でなくオリジナルの構成になっている。昨今では紛争も近代史のアジアでは現実的でないし、構想力を養うためにアニメを見ることは有効かもしれない。ホームセンターのDOITにあった薄型の鉄製のM3ネジの金具は、髪飾りからヒントを得た。イギリスのraspberryPiやアメリカの果物の名前を冠したパソコンも、またはadaFruitsという周辺機器でなにかの木の実をかたどったパーツもある。好奇心からか、家電量販店と露店を行ったり来たりしているうちに、はじめは自作パソコンを嗜むつもりが、スマートフォンとキャタピラクローラーや電子機器に変わっていった。

SIMカードをOPPO AX7に替えて、バッテリーが比較的容量が確保されていたことあり、端子を保護も兼ねてマグネットケーブル対応にしていたが、モバイルバッテリーを取り出さずに1日が過ぎた。散歩をするときもポケットが軽くなる。町には電信柱や埋め込みケーブルは新しくなっていない、充電というより、蓄電の傾向にある。そういったなかで既存のものと新しいパーツを大事に使っていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です