バージョン管理と定点観測

mineCraftのバージョンでは、1.15の環境でそれ以前のワールドマップを読もうとすると、警告は出るもののブロックの性質や回路には影響していなかった。レゴブロックのように基本的なオブジェクトの組み合わせは変わらないものと考えて差し支えなかった。Optifineというシェーダーパックのプラグインは、年末のtwitterでは1.15への対応が100%のうちの何割かが進捗しているとあり開発の最中だったようだ。1.15のバージョンではミツバチのMOBや、巣箱などのブロックが新たに追加されており、そのファイルを以前の1.14のバージョンで読み込もうとすると、事前に警告がでてそれでも構わずに読み込もうとすると、画面が暗くなってなにもアイテムボックスの他に映らなくなっていた。1.15でもシェーダーパックが実装されれば、風景の移り変わりなどを合わせて見てみたいと思うが、いまのところOptifineとどのシェーダーパックが有効な組み合わせかは未知数だった。少なくとも1.15になってフレームレートが安定して、動作が重くなったりCPUに負荷がかかって熱くなることは見られなかった。macBookだったころは広大なワールドマップを映そうして動作が重くなったので、画面をraspberryPi用の小型ディスプレイにして、なまし銅管を使って水冷ユニットを作ったりして負荷を軽減しようと試みるきっかけになった。

昆布から再生可能エネルギーを取り出す養殖設備に、カンテラのランプから太陽電池を模した日照センサーとレッドストーンランプを組み合わせると、まるで太陽電池ファームのようにも見えた。また、レッドストーンランプブロックを水中に沈めてその上から昆布ブロックを植えることができるようだ。自然法則からすると、葉っぱの緑色は光合成のよってできているため、緑色の植物のオブジェクトは光を当てると成長が促進されることになっている。とはいえ通常の光らない砂地でも昆布の緑とコントラストができて視認性は良くなる。この世界では部屋に灯りを灯さないと影になったところからモンスターが湧いてくる。壁などで戸締りをして密閉した空間にして松明などの照明を追加すれば、安全な文明になるとされていた。壁と灯りの組み合わせで生活圏を作っている。カンテラはピストンで押しだされた昆布ブロックが上でなく前に押し出されるように、それでいてピストンで押しだされた水が戻った時に元の水位にもどるようにとあえて疎らにランダムに配置していた。ピストンとオブザーバーがUターンするタイミングがカンテラを追加した状態と撤去した状態では反応速度に差があるようで、リピーターの間隔をやや長めにすることで対応した。もともとはむき出しの回路であり合わせで作っていたが、間にクリーパーのMOBが挟まったりすることもあり、ランダムに動く昆布ブロックと水流が急なところではプレイヤーが挟まると容易に出られなくなる。それくらい指向性の強いブロック配置になっていた。昆布ブロックがランダムに収穫できるものの、取りこぼしが無いわけではなかったが、メンテナンス用のドアの前後に感圧板を付けてプレイヤーが通った後に閉まるようにするなど、通路を工夫することにした。ドアを閉めていても開いていても昆布ブロックに影響はなかったが、空いたままにすると具合が良くない感じがする。レッドストーンランプという照明の上に海藻が植えられるのは思わぬ発見だったけれど、ピストンで動く壁が一定まで到達したことを検知するオブザーバーがひとりでに動くことが、昆布の収穫を動画で記録しているときに明らかになった。回路は日照センサーが2マス近くにあるが、それが影響したとも考えにくく、珍しい現象だった。ごくまれにかもしれないが、それでピストンとオブザーバーが正常に動かなくなるタイミングがあるかもしれない、これは数時間同じ設備を動かして見て、異常がないかを確かめてみようと思う。動画ではシークバーを使って、昆布が成長するようすが早送りで見えたりと、センサーが動いているかを早送りしたり、速度をゆっくりにしたりと解析することは有効だと思った。これは花茶の茶葉をお湯で戻すときにも三脚を使ってカメラと容器の位置関係を固定して定点観測すると、早送りすると茶葉が花びらのように開く様子が観察された。通常では少しずつ動くので、動画では視点を移動しながら記録すると変化が混ざってしまうが、視点を固定すると変化が分かりやすくなる。しかしながらそのために机のマウスの位置を動かさないようにして、WindowsキーとGボタンのショートカットを押してからマウスを動かすことにやけに手間取ってしまった。動画を記録するときにもあるべき結果にたどり着くために、手順があることが分かった。昨日に比べるとホッパーのパイプラインを水流に替えて、カンテラを日照センサーに替えたことで昆布の成長がフラットな視点で観察できるようになったが、水流はメンテンナンス時にプレイヤーやMOBが引っかかると抜けにくいこともあり、メンテナンス用の順路を整えていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です