養殖と探索

mineCraftの昆布養殖プラントはその後も継続して、ペースメーカーになっている。収穫のバランスとして、昆布とそれを乾燥昆布にする割合では、生の昆布を収穫する割合が多く、いずれ、2つ分の大型のチェストボックスを満杯にすることが予想された。そこで、新たにホッパーを追加して、コンポスターに繋げて、昆布から骨粉という肥料を作ることを思い付いた。すると余っていた昆布は肥料になり、チェストボックスには再び空いたスペースができる。ホッパーにはブロックを介してレバーを付けて置き、レバーがONになったときに、ホッパーの輸送が止まるようになっている。そのため乾燥昆布を束ねる作業場がやや回路が複雑になってはいるが、そこで作れるものとして、乾燥昆布とそれを束ねた燃料、そして骨粉という作物や樹木を育てる肥料がある。坑道には柵ブロックを使った螺旋階段を付けることにした。1マスの半分のハーブブロックを間に挟むことで、移動が滑らかになる。またスペースも螺旋階段にすると9マス分で省スペースになる。またスライムチャンクを探している過程で、レッドストーンとダイヤモンドを採取した。そのときに、継続して採掘を進める上で、木材の供給がカギになる。木材はピッケルの柄になり、松明の棒になる。そこで坑道に空いた谷間に松明を並べて、比較的密集しても育ちやすいオークの木の苗を植える。すると坑道にも木が生い茂ってきた。燃料と食料は昆布養殖プラントでほぼ無尽蔵に手に入る。乾燥昆布から松明が作れないことが残念ではあるが、坑道に置いた竈やチェストボックスにも昆布の燃料ブロックが運ばれることになった。

レッドストーンを採掘する過程でマグマブロックをバケツで組んでくると、不要なアイテムを焼却するゴミ箱として使える。マグマの池にアイテムを投げ入れても効果があるが、ガラスブロックで影響を受けないようにして、チェストボックスとホッパーとドロッパーを連結して、ゴミ捨て場を造ることにした。ドロッパーにはオブザーバーを向かい合わせたクロック回路を使って、カチカチと規則的にドロッパーが稼働する、そこにレバーを付けて、レバーがONになっているとドロッパーが停止して、OFFになったきにクロック回路と連動することにした。そのときにホッパーとチェストボックスを縦に重ねると、アイテムのカウントがスムーズにいかなかった現象があった。しばらくするとアイテムは運ばれており数字も変わっている。ホッパーを縦から横に繋げるとカウントは元通りになった。このようにして連続起動するゴミ捨て場を作ったものの、mineCraftの世界では無駄なブロックが殆どないことに気が付かされる。採掘の時に大量に採れる丸石でさえも、竈で鉱石と同じように加工して外壁や建材などの石レンガに加工することができる。余った昆布ブロックでも肥料になる。あえて使うとしたら、ゾンビを倒したときの腐った肉や、壊れた弓や剣などの素材で、これはアイテムボックスをあっぱくするので、ゴミ捨て場に入れると荷物のスペースを空けることができるようだ。回路としてはそれほど複雑でもなく、部屋のなかにガラス越しにマグマとチェストボックスとレバーがそれぞれシンプルに置かれている。

ネザーゲートでは、ブレイズという火の玉を連続発射するモンスターが強力で、それを自動的に倒す仕組みは未だに開発されていないようだ。盾を構えて火の玉を防ぐことはできても手が塞がって剣で攻撃できない。有効な方法があるとすれば、ボウガンで遠くから狙うことで、この場合は間合いが空いているので火の玉を避けつつ反撃することができる。または雪玉を投げることでもダメージを与えることができるが、雪玉は一つのアイテムに16個しか持てず、供給もネザーゲートでは雪が溶けてしまう。スノーゴーレムをネザーゲートで作るとすぐに溶けてしまった。そこで通常のワールドでスノーゴーレムを作り、雪玉をもてるだけ持って行ってブレイズに投げるといくらかは醸造台の原料になる。あるいはブレイズが発生するスポナーを壁で囲って、階段ブロックを銃眼のようにしてそこからボウガンか雪玉を投げる方法がある。剣で攻撃しようとすると、壁になっている銃眼からもわずかに火の玉が漏れることがあり、反撃を受けてしまうことがあった。ネザーゲートの転移した先がすぐにネザー要塞だったことからできる工夫を模索して、ブレイズが醸造鯛の素材になることに着目した。昆布以外の作物を得るためにはネザーゲート内でもう一つ出口に当たるゲートを黒曜石で作る必要がある。壁と松明で囲っている部分は安全に通行することができる。ひとたび火の玉を受けると乾燥昆布では少しずつしか体力が回復しないため、牧畜も必要かもしれない。鉄鉱石を加工したハサミで、昆布養殖プラントの外壁のあたりをうろついていた羊から羊毛を採取して、ベッドを作ったが、羊の牧畜も併せて必要になってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です