レガシーOSの特長

windowsXPのdirect3dの設定は、ビデオカードの要件が足りずインストールできなかった。このために東方シリーズを再現することはできないが、dixdiagコマンドでは2Dには対応していた。先日は日本語化対応したCD-ROMとシリアルナンバーがinternetArchiveから混みあって遅くなった回線の中でダウンロードには時間がかかりながらも入手して、英語のwindowsXPのOSに日本語のフォントをインストールすることができ、ブラウザで日本語のページを読んだり、日本語化対応したソフトウェアをインストールすることができようになった。メモ帳にはかな入力が可能になっていた。しかしながら、スタートボタンは、英語表記のstartのままだった。起動した画面もwelcomeがようこそにならならないようだ。英語のOSから日本語を追加する場合と、日本語対応したOSのCD-ROMをインストールする場合では表示が異なるようだった。

グラフィックの設定が昨日と変わっているようで、VirtualBoxのマウスがキャプチャ機能がOFFになっていると、VirtualBoxの画面をマウスポインタでクリックすると外のウィンドウに出られなくなった。そこで、日本語化したCD-ROMから仮想ディスクを作って、VirtualBoxのOSからシリアル番号を入力してインストールすると、windowsOSの特長やセットアップの手順などがグラフィカルに表示される。まるで新品のOSのようだった。ユーザー名を設定して起動させると、ようこその日本語表記になった。directXは動かないが、画像や音声をコンテンツとしてメディアミックスできることが2008年当時としては画期的だったようだ。今のところはCivilization2が起動しており、セーブデータのロードなども可能になっている。Direct3Dでゲームがやりたくないわけではなかったが、windows10で動作しなかったものでも、旧バージョンのOSなら動作することを期待はしていたが、Civilization4もインストールしてもCD-ROMとセットである必要がある。CD-ROMはUSB2.0の規格によってVirtualBoxからでも読み込めるようになっていた。またmacBookだったときには、windowsのデータが入ったUSBメモリをVirtualBoxで読み取り、共有フォルダにコピーするという工夫も行っていた。USB3,0はGuestAdditionの拡張機能で追加した。現在、microsoftのmodern.ieにアクセスすると、ブラウザは最新型のIEedgeに、OSはwindows10のみになっており期限の目安は90日になっている。旧バージョンのOSやブラウザは配布されていないようだった。

また、現状のwindows10もパソコンのプリインストールされたもので、それをコピーして、他のパソコンに適用することができない、データのバックアップは普段から同期を取っている。OSの回復ディスクを作ることは、実際には購入して間もないタイミングでするのが適切だけれど、メンテナンス上必要になる。intelNUCの保証期間は5年になっているが、今から4年経ってみると、どんなOSやデータが主流になっているかは予測が付かない、windows10の次のバージョンが出ているかもしれない。ともかく現時点のバックアップを取っておくことを、レガシーOSの検証から必要性を感じたことだった。

mineCraftのレンダリングエンジンのoptifineが先月から進捗が変わっておらず97%前後のところで止まっている。mineCraftのバージョン1.15にも水や空気の描画が効率化されて、通常より動作が警戒になっており、膨大なブロック数があるmineCraftのアップデートに追いついて対応している。さらに1.16になるとネザーマップに新しいバイオームやMOBキャラクターが追加されたためさらなるアップデートが必要になりそうだけれど、僕が昆布の養殖プラントを試作していたのは、バージョン1.15の時期だったので、昆布を入れた水槽にシェーダーパックを反映したときに、見え方を確かめておきたいと考えている。

スマートフォンで取りためた画像が2020年の1月から300枚くらいになった。回線速度に余裕があるときにバックアップをして、データ領域を確保しておきたい。スマートフォンではメモリをSDカードで拡張することができず、画像はgoogle フォトでzipファイルにしてハードディスクに保管している。パソコンと異なりスマートフォンは、CPUのクロック数は比肩しているものがあるが、容量はそこまで増えていない。iOSで複数画像を選択するインターフェースがあったけれど、Google Photoでもそれが使われていた。またamazon Photoでもインターフェースと機能に似ている要素がある。またスマートフォンにはイヤホンジャックが付いていないので、ワイヤレスのイヤホンを付けることを検討している。僕はあまり通話にはこだわらないし、よくきく音楽もないけれど、音声を聞くためにイヤホンが必要になることもある。リチウムイオンバッテリーで充電できて、防水のイヤホンがあれば探して見ようと思う、この場合はamazonに品ぞろえが豊富だった。とはいえ、windowsXPにはサポートが終了しているのに法外な値が掛けられている。マスクはコロナウィルスの影響でも通常の値段で入手できそうなものがあった。Amazonは売り場面積に対応した維持費が節約できるために、すでに普及した製品でなく、これから普及しそうな製品も選択肢に入れることができる、折り畳み傘のラインナップは雨の日にコンパクトに持ち運ぶことができてとても便利だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です