値のズレと想像

帳票の値を手書きでメモしていた数字は合っていたが、なにかの手違いでエクセルに入力した値が1だけ少なかった。これは原因が分からなかった。また、帳票の合計値を2で割った残数か、そうでないかは帳票を扱っていないために分からず、エクセルのリストの日付が合っているかどうかだけ確かめた。これには頭を悩ませた。エクセルに転記する箇所が重複していたものはエクセルのセルを見直すことで解消された。間違いがあってもその都度メモして、少しずつ精度を高めていければと思う。合計値の検算はまだ行っていなかったけれど自分でセルフチェックができていれば未然に防げたかもしれない。

動画ファイルをエンコードでは同じmp4の動画の拡張子でも、圧縮率と画像最適化の違いでH264とH265があった。動画ファイルをエンコードするとH264の指定にして、解像度を1280×720の画質にして3分程度のムービー出力をすると、パソコンが途中で止まってしまう。メモリの容量か、またはビデオカードのスペックが不足しているのだろうか、intelNUCにはビデオカードが省スペースになっている分、出力される画面のピクセル数を小型にすることで効率を上げている。スマートフォンのキャプチャではH264のまま、640×480に画質を落として対応していたが、H265の指定にすることで、現状のパソコンスペックでも1280×720の画質で動画を作成することができるようだ。ビットレートはH264のときに1280×720の画質にすると16Mbpsになり、エンコードが途中で停止した。H264のままで、640×480の画質にすると6Mbpsになる。H265では、1280×720の画質のままでも7Mbpsとデータ容量を節約しながら、画質を上げることができる。

初音ミクのMMDでは、AVI出力という画像を圧縮しない出力方式があるが、この場合動画サイズが大きくなる。Windowsのwmv形式では、画質を保ったまま圧縮できるが、画質をさらに変更すると画質が劣化することがある。mp4はどちらかというとwindowsよりiPhoneなどのiOSを基に標準化された動画形式で、windowsXPの頃のメディアプレイヤーで動画再生ができない。Windows10になってmp4の動画ファイルを画像ビューワーのフォトで開くと、動画ファイルから静止画のコマを抽出することができる。動画ファイルもタイムラインに沿って画像の連続でできている。intelNUCにHDMIケーブルの間に、外付けのGPUを付けることも視野に入れてはいたが、ビットレートを調整すれば、最もGPUに負荷が掛かる段階でも、ある程度の画質と数分の時間なら動画コンテンツを作ることができるようだ。動画ファイルにテロップやBGMをなどの追加オプションをいれずに、そのまま出力するだけなら動画編集ソフトに依存しなくても済みそうだ。BGMには同じ曲をリピートする機能はなく、動画の尺の範囲内にタイムラインでレゴブロックのように置いていく。動画の画質は圧縮をしないほうがGPUの負荷を軽減できると予想していたが、エンコード後の非可逆性を踏まえると、JPG画像の画質とぼかし方を調整して見え方と画像データの画質を調整することが、画像の連続になった動画でも有効になるようだ。

また水冷ユニットと二重反転ファンがある程度の冷却性と静穏性を保っている。windowsPCがmacBookのボディのように熱伝導性に優れて軽い金属であるアルミニウムのボディならより冷却効果はあったかもしれない。2020年版のintelNUCでは箱型が平たいブレード状の形状になっており、グラフィックボードと大型の空冷ファンが同梱されたような形になっていた。ポケットラジオに付けていたイヤホンがオンボードスピーカーの代わりになったのは驚いた。

miHoyoのBliBli動画キャンペーンが始まるころに、3D版の崩壊3rdでもバージョンアップがあるけれど、ひときわ気になっていたのは、人形武器というキャラクターがシンプルにパターン化された単純なAIの原案だった。まるでタツノコプロのタイムボカンシリーズに出てくるミニメカに似ている。AIといえば人工知能といってもポナンザのように将棋のプロに対抗できるような高性能なものが象徴的ではあるが、チャットボットのような特定のパターンを繰り返すだけの非力なAIもある。人形兵器は単体では力は弱いけれど、組み合わせて活用すると効力を発揮する。そのデザインは、キン肉マンのキャラクターのように上手い絵柄もあればアイデアが珍しいような、ともかくトップダウンというよりはボトムアップで構成されている。天魔工場というイベントでは3つの選択肢によってガチャで獲得する人形武器を疑似的に使うことができる。なるべく理想のスペックに近付けようと試して見たが、地道に少しずつ目標に向かっていくという膠着状態になることもあった。動きを避けて、旋回して反撃するというパターンで、隙間時間に息抜きで行っていたミニゲームがどんどん秒数を伸ばしていき、10数分~30近く掛かることもあった。そのようにして体験が紡がれていった。これは3Dより2Dのほうがシンプルに想像で補える分もあり、現状では個人で誰かと分かち合えるものがあればと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です