ネジとスマートプラグ

朝起きると、水冷ユニットがひとりでに動き出していた。スマートプラグの設定で試しに日の出を検知するとスイッチがONになるように設定していたことを忘れていた。慌ててスマートフォンでSmartLifeを起動してOFFのスイッチをタップする。説明書を見つけたことは良かったが、アプリケーションのタブの設定を見落としていた。誤作動ではあったが、スマートプラグ自体は設定どおり正常に動いていたので、使う人次第ということになる。アイデア自体はありそうでなかったものだったが、自動化に対しては自分に有利なようにセッティングをして楽をしているというネガティブなイメージもあった。個人的には有効だと思うけれど、パソコンを使ってできることを開拓していこうと思う。

また水冷ラジエーターは当初ペルチェ素子の試作に使っていた。windowsPCの前のmacBookはなまし銅管を素手で曲げてmacBookの下に敷いていた。金属のうちアルミニウムと銅の熱伝導率が高いため、材質を銅かアルミニウムのラジエーターを使って、ペルチェ素子を冷却しようとした。そのときにamazonでPCパーツの水冷ラジエーターを購入したが、ネジの使い道がなく、付属品で縦横12cmのPCケースファンを使う予定が無く、サーキュレーターで遠くから風を当てて冷却していた。水冷ラジエーターにはPCケースファンを2つ接続するためのネジ穴が付いている。手持ちのネジではM3とM4サイズのネジしかなかったが、ナットを付けて金具を固定して案を考えた。12㎝のCPUファンには+極と-極だけでなく信号ピンも含めて3本から4本になる。そのうち+極と-極に電圧5Vの電流を流すとモーターを回すことができる。単位が㎝とインチの違いでネジの太さが変わることとケースファンのネジ穴の余白を埋めるのにネジが太い方が、安定感があるという考え方もある。ネジについては実際にパーツショップとホームセンターで手に入りやすいネジで試して見ながら試行錯誤していた。ブロワーファンは直径12㎝より一回り小さく、ネジ穴はM4の太さでもあったが、ナットとボルトを組み合わせてM3ネジで固定していた。水冷ラジエーターの付属のネジを使わなかったのは、水冷ラジエーターを冷却装置に使うようになってからは必要になっているが、金具を見るとネジ穴は3㎜~3.2㎜の穴に厚さは1㎜くらいだったので、金具にナットを入れる隙間があったので、ボルトとナットを組み合わせることができる。

mineCraftのOptifineが3月26日付で、シェーダーが使えるようになった。インストールしてみると、空と水の透明感によって見え方ががらりと変わって見えた。昆布の養殖プラントにも透明な水の中に月が映りこんで浮かんでいたりと、風景の遠近感とブロックのテクスチャーが良く映っていた。公式のmineCraftは1.16になっておりネザーゲート以降のワールドマップが拡張されているために、Optifineで見え方を改善できないマップもバージョンアップに伴って広がっている。RedditというSNSでOptifineの状況とDiscordのアドレスが明らかになった。2月末から1.14から1.15へのバージョンアップが難航していたが、ようやくシェーダーパックで一新された状態でブロックを積んだ建設や、冒険ができるようになった。動画を取ってその時の様子を記録に残そうと思う。動画はH265のエンコードでは6分の動画でもムービーの書き出しが手持ちの環境では止まってしまうことがあり、5分から10分くらいが動画の範囲になる。Optifineにおける1.15はまだスタティック版ではなくPreview版で、2月からブロックの描画とマップの探索はできるようになっていたが、シェーダーのボタンはグレーアウトしたままだった。それがようやくシェーダーボタンが解禁されたのが昨日だった。1.14のときも僕が知らないだけで、アップデートに伴うメモやログは相当量残っている。mineCraftの公式のアップデートでのマップの拡大が急だったこともあり、変化が大きい環境にある。それまではmineCraftでは現場監督によって組織化して大量のブロックを運ぶことが建築の要諦になっていたけれど、回路のコンパクト化によって個人でも組み立てられることが増えてきた。ピストンを使ったエスカレーターはバージョンアップに伴って動かなくなっている、一方でオブザーバーは水中でも動くようになった。

コロナウィルスの影響で、ニコニコ超会議だけでなくコミックマーケットも開催中止になってしまった。3月では収束せずに、4月もイベントなどの経済活動が停滞しそうな雲行きになっている。またマスクがコンビニエンスストアやスーパーマーケットでも手に入らない。とあるロックバンドも4月末の公演を中止している。Amazonでマスクを買っているけれど、来週に届く予定になっている。コロナウィルスの予防として手洗いうがいをすることは欠かせないが、僕の場合は、アトピー性皮膚炎で頭皮も手洗いうがいと同じようにケアしていければ、フケが予防できる分だけ服の色を選ばずに着ることができるようになることもある。できることを見繕っていこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です