免疫のふしぎ

コロナウイルスが治ったというニュースがアメリカのテキサス州オースティンから流れた。44歳の女性の患者で、人工呼吸器をつけてから2週間ほどで陽性の状態から日常生活に戻ることができたようだ。アメリカは感染者数が急激に伸びて、いまでは中国やイタリアを抜いて感染源になっている。そういったなかではポジティブな知らせといえる。呼吸困難な状態からいかにして回復したかは英語の文章を訳しても状況をなぞったくらいで、動画のなかで医師と看護師たちの拍手の中を車いすに乗った40代の女性が会釈をしながら退院する様子を見ても分からなかった。おそらく免疫がコロナウイルスを克服した。その免疫は筋肉トレーニングのように鍛えられるものなのかは分からない。中国では感染者数を押さえたり空気感染や飛沫感染を防ぐ防護服、武漢をはじめとする都市のインフラや人の流れを封鎖する手段やその様子は分かったけれど、コロナウイルスが治ったという事例はまだ観測されていない。また日本では国民感情として表立って相手の幸せを祝うということがない。辛苦と幸福はカードの裏表のようなものだと信じられている。癌でも医薬品もあるけれど病気を克服するのはだれにでも内在している免疫というものになる。少年マガジンの漫画で不摂生をしていると体に人面創のようなものができて、母体である本人に反乱を起こすという作り話があって、免疫というものがどういうものか分からず、ギリシャ神話では自然現象や生理現象を擬人化して絵に書いて考えるという。科学的な見方をすればウィルスや免疫に細胞のような性質があるのか、はたまたナノマシンのように感情をもっておらず病気に善と悪があるわけではなく、血の色も食べているものも文化が違っても本質的には同じとも想像できる。善玉菌と悪玉菌というように、悪玉菌が死滅するわけではなく、善玉菌に比べて活性ではなくなるという状態になる。腸内フローラという菌の分布があるが、新型コロナウイルスも猛威を振るってはいるが、そのひとつに位置づけられる。ミジンコの写真をiPhoneで撮ったことがあったけれど、水草に集まった肉眼で見られる細胞としては比較的はっきりとピントを合わせることができた。顕微鏡でシーツにいると思われるダニを観察しようと思ったが1000倍に拡大してもシーツの繊維は髪の毛の表面のように映ったが、ダニが動いている様子は見られなかった。顕微鏡で見られる前に肉眼で見られるものが小さいものにはなる。しかしながらウィルスも目には見えない。どうしても実際的というより対人関係のなかで抽象化されてしまう。そこにはウソや死への過剰な妄想や恐れが含まれる。それを解消するのが宗教といえる。マスメディアが報じる宗教でなく、民間で信じられている宗教についても考えてみる必要がある。

僕の場合はコロナウイルスに感染するためには、もし多少の倦怠感があったとしてもまず検温で37.5度以上の熱が出たのちに、病院でなく保健所に相談する必要がある。身近な例では千葉県市川市のスポーツジムでコロナウイルスの感染者がでたという、千葉県は日本国内の都道府県のなかでも比較的イタリアやスペインを思わせるような陽気で開放的で包容力がある懐の深い県だ。千葉市を中心にインフラが整備されており、地方に行くには東北地方に向かうより交通が不便になることもある。千葉県の場合は千葉市で渋滞して、地方で過疎化が進んでいる。東京都に比べればコンビニエンスストアにも駐車場があるような広いスペースもあり、比較的ソーシャルディスタンスが取りやすい。またコロナウイルスによってリモートワークが推奨されるにさいして政府からモバイルルーターが支給されるという案も出ているが、自分の体験では都内の中央区ではモバイルルーターのWiFiが混線して繋がりにくかったが、千葉県にいたことはモバイルルーターでブログ用のapacheサーバーを立ち上げることができたりと、インターネットが比較的繋がりやすかった。都内ではNTTの有線のLANケーブルを使っていた。度々マンションのWiFiの勧誘があったが、その都度理由を付けては断っていた。

軽度の場合病院でなく自宅やビジネスホテルでの療養になるという、アパホテルはビジネスホテルのなかでは部屋数が小分けされており、軽度の感染者の受け入れ先になるという。濃厚接触の可能性があるサービス業は影響を受けているが、その逆にすぐに病院への入院が必要になるわけでもない。風邪とコロナウイルスの初期症状が似ているし、微熱がでることから普段でも検温をする必要があるが、今後感染者が増えるにつれて一般の商店も営業時間が縮小する可能性がある。一連の偏向報道で国内の放送作家が失笑を買っている。さもありなんとおもったけれど、そこに呪いがあると厄介だと思うと同時に、なにか気の毒なものを感じた。結局人は人を説得することができない、僕はあまり主張したことはないけれどそれぞれに面子や立場があると慮った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です