キツネのポリゴンを作った動機

僕にできる工夫といえば、まず相手を批判せず、競合しないもので、これまでありそうでなかったことを追求することがポイントになる。変わり者だったり、引っ込み思案だったりすることもあるが、その分相手には親切にニュートラルに接したいと思っている。高校の数学でもそうで平均点を少し抜けると、ほとんど競争がなかった。僕としてはお互い切磋琢磨するということもモチベーションにはなりそうだけれど、お互いを認め合ったうえで、それぞれが個性を伸ばしていくという方法は今まで試されたことがないのかもしえない。それは僕の周りだけの知見で、外の世界ではまだ見ぬ可能性は探せばあるのかもしれない。

mineCraftのキツネのテクスチャーは、Googleで検索したところ、既存のポリゴンがなかったので、自分でテクスチャーから比率を定規で測って、blenderに雪だるまのように作ってみた。またチェストボックスの開閉などもポリゴンの原点移動によって作られた。ワイヤレスであれば便利ではあるが、テンキーがあった。かつてはボタンの配置がstepmaniaの十字キーに似ていたので、リズムゲームのインターフェースに使ったこともあった。また、聞きごたえのあるBGMを探しているが、メモしてみると日本の曲が4曲、海外の曲が2曲しかない。カラオケのレパートリーを電話帳からさがそうとしてもなかなか見つからない。自分で作った曲ではないけれど、聞き覚えのある曲は有名なで再生回数が多い曲でも、そうでない曲でも、繰り返し聞いていると何かが変わっている。たとえばDAMという通信カラオケの音源をMIDIというオルゴールのような音階にしたものは、街角のスーパーマーケットでも流れている。それを聞くと街を散歩したときの思い出を追体験できるという趣がある。同じようにゲームのBGMでも、それを聞くとゲームをプレイしたときの記憶を再生することができる。

キツネのキャラクターはマップ上でアイテムを与えると、口にアイテムを加えて持ち運ぶことができる。ところがアイテムのポリゴンは平面ではあるが、1ピクセルの厚みがあってカードの絵柄のようになっている。これをBlenderで再現するのは2Dの平面とはいえ、単純な四角ではなかったので、テクスチャーの貼り方が難しそうだ。またキツネは寝るときに瞼を閉じて、頭と尻尾を丸めるようになっている。

YouTubeで海外のPewDiePieという配信者が、mineCraftの実況をしていた。中にはクロック回路を使ったり、僕と同じように水流で畑の作物を収穫するような仕組みもあった。僕の場合は、ひとりでプレイしていることもありアイテムの生産性を高めることと、なるべく自動化してひとりでも手伝えるように特化しているけれど、回路はシンプルなままで見た目がリズミカルで行動的になることも、個性のかたち、もう一つの在り方として参考になった。自動化といってもシステムに頼るのではなく、バネがひとりでに動いたという産業革命以前からあったような原始的な仕組みで、もし反復した回路を追求するとしたら、これからはパソコンのOSや、自動運転などのプログラムなどでは何らかの団体のフレームワークが活用されることが予想されるので、一周回って自動化から変わって手作りに戻るかもしれない。それにしてもYouTuberは感情を豊かに表現していて、もともとの外国人の配信者の顔の彫が深く整っているだけでなく、押さえつけられた気持ちを和ませてくれるような魅力がある。

BliBli動画では、人見知りしないことが奏功して、数人から十数人に見て頂いたが、YouTubeではGoogle Adsenseというキーワード広告と密接にかかわっており、ただ動画上げるだけよりもそれをテキストで説明することが求められ、さらに特定のキーワードに広告費を払う必要がある。普段思いついたことはGoogleのキーワード検索で、目的の検索結果を得るためにキーワードを入力しているが、それを予測するというビジネスもある。Googleが検索という仕組みを作って、それを収益化するときに街の電話帳の端にあった広告欄を参考にしたという。日常も一見どうでもいいことでも、あれば暮らしに便利にするようなアイデアが潜在的に含まれている。キャタピラークローラーを作ったときのきっかけになったのもGoogle検索があったお陰ではあるが、キャタピラークローラーはあまり共感を得られなかったので、うまく検索の仕組みを活用できていないとも考えられる。

日本からGoogleのようなwebサービス生まれることはあるのだろうか、という素朴な疑問もうかんでくるが、それはすでに便利なサービスとして成り立っているキーワード検索の使い方を学ぶ上でも必要なことだと思われる。ニコニコ動画のコミュニティはキーワード検索とは異なった仕組みで、お互いの存在を確かめあったこともある。僕はインターネットができ始めたころは何もせずにテキストを読むことしかできず話題に乗れなかったけれど、これからは別に人気を集めたいわけではないが、関わる人の長所をうまく引き出せるような工夫をしてみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です