水ブロックの透明感と波

水のテクスチャーが再現できれば、応用が利くと思っていろいろとBlenderで設定を試みると、なかなか透明感がでない、ガラスのような透明感はCyclesレンダーでしか出せなかったが、条件付きでeeveeレンダーでも透明感や反射が再現できるようになっていた。Cyclesレンダーでは、パソコンのスペックが足りずフリーズするようだ、なるべく造形の段階では、メッシュなどは変わっていないのでeeveeレンダーで透明感を出せた方が現実的だった。ドメインを使って器に入れるアニメーションは、ドメインの解像度にムラがあり、指定した範囲よりやや広めにとる必要がある。入れ物によくワイングラスの回転体を用いることがあるが、回転体は立方体の入れ物に比べると容器は透明でも厚みがあり、その厚みに流体シュミュレーションが適用された。そこで立方体に厚みを持たせて容器を作ると、水漏れが収まった。しかしながら容器をレンダリングしないと、水は一様ではなく、流体シュミュレーションの難しさがあった。または炎のアニメーションのように一定の平面のUV図面をタイムラインで操作するというアイデアを思い付いた、立方体の周りと下を半透明のPNG画像にして、表面だけ波が流れるアニメーションを追加する。一見水には見えないが半透明のブロックが再現された。IORを1.333にしたり、環境テクスチャーを追加すると、透明なだけでなく、半ば風景を鏡のように映して透明感が出てきた。とはいえ、環境テクスチャーは確度によっては不自然な影ができるなど、結果の画像と制作の途中で必要な要素が異なっていた。金属の場合はIORを1.45にすることで鏡のようになるが、水の場合はさらに半透明になっている必要がある。水冷ユニットや、mineCraftのアイアンファームなどでは水の流れを活用していたが、それを描画するとなると相応に準備が必要なようだ。流体のドメインの設定を一度に詳細な数値にすると、パソコンがフリーズするので段階的に組み立てる必要がある

半透明のテクスチャーを作ることは、オンライン上のPixirエディタで作るのが難しく、GIMPの使い方を模索している。とはいえ半透明以外のグラフィックならwindowsのデフォルトのスクリーンショットとPixirエディタでできる。Webデザイナーだった頃のPhotoShopと使い方は似ているが、現在は絵を書く習慣はなく、現状できる工夫を組み合わせてみようと思う。Blenderの参考書の課題のパーツでアヒルが川をパスに沿ってジャンプするアニメーションがあったけれど、そのときの川のブロックが半透明で波打っていた。水のアニメーションがとても難しく、ドメインを使った流体アニメーションのコントロールが難しい中で、モディファイアを使っていた。パスのアンカーポイントを操作してアヒルのキャラクターの動きに緩急を付けるという課題だったが、パスに沿った動きを再現する設定方法が分からなかった。Blenderは自分が作ったブロックはシンプルで、容易にコピー&ペーストができるが、仕組みが分かっていないとより適切と思われる設定を反映することができない。流体アニメーションはひとまず置いておいて、港のジオラマを作るようにブロックを設置すると、水の透明感をマテリアルから割り出しやすいとYouTubeの動画にあった、レンダリングにはコンポーズというノードの設定があるようで、それは参考書や他の動画に無く、また操作パネルからもタブだけは見えているが、設定の方法が分からない。Blenderというソフトウェアは無料で配布されているが、操作パネルの使い方は何通りもあり、説明するだけでも有効な情報になり得る。分からないところはGoogleのキーワード検索で、また地球の自転と公転や、mineCraftの水流ブロックのように、モックを作るように容易にセッティングができれば、いままで難しいとされていたことをシンプルに提示できる可能性がある。流体シュミュレーションとしてバケツを使ったmineCraftの水の動きは、初めはフラットで水色の半透明のブロックだったが、レイトレーシングによって背景が映りこんで鏡のようになったりと、3Dの造形と親和性があると考えた。昆布の養殖プラントなど水ブロックには、恩恵を頂いている。それの体験を形に残したいと考えた。また3Dプリンターには単位をメートルからセンチメートルに直すと、縮尺が手のひら大になる。もともとmineCraftでも1つのブロックが1m四方の立方体で、それが画面を通してではあるが手のひらの大きさに縮尺できることに醍醐味があると思っている。Blenderの設定は動画を見ても分からないこともあるが、UVテクスチャーのアニメーションは、断片的な情報から再現した。水ブロックや波の動きは、すでにあるパーツの設定方法やバランス感覚を、それぞれの良いところを組み合わせて実現した。水が周りの景色を映しながらそれ自体が透明という利点は、ゲーム上でも良く活用されている。バーチャルリアリティーの素材にも使われるのかもしれないが、少なくともその仕組みは先駆けて解明しておきたいと考えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です