動画の工夫と必要なスペック

雨が度々降っている、今朝も雨が降り、そのときは涼しくなった。かといって一日中降っているわけでもなく、雨が止んだ時を見計らって外に出歩くこともできた。気温は高くても30度くらいで、比較的涼しいと感じたときは26度くらいだった。いまのところ、扇風機だけで過ごしているが、夜になるとすこし蒸し暑くなる。かといって朝には涼しくなるので、冷房を付けたものかどうか微妙なところだった。

休日には、aviUtlを動画編集ソフトの代わりにできるかどうか試していた。文字のアンチエイリアスは優れていて、テキストの中央揃えはプラグインにて行うことになった。クロマキー合成では、filmoraより優れた透明度を持っており、タイムラインやインターフェースが朴訥という点を除けば、動画編集ソフトとしては効果的なツールになる。インストールした後も、プラグインを含めてもひとつのフォルダのなかに収まり、ストレージを圧迫しなくて済む。また音声のフェードインとフェードアウトによって、異なる雰囲気や場面のBGMを繋げても違和感がなくなった。テキストにフェードインを掛ける場合は、中間点を付けて、透明度を直線移動によって段階的に変える必要がある、テキストに動きを持たせるのはどちらかというとflashのaction sciptに近いが、当面のところ必要そうな部分では、テキストのフェードインとフェードアウトくらいだった。通常のフェードインとフェードアウトをセットで追加しようとすると、中間点が2つ必要になり、透明度の直線移動が動いている部分と、止まってテキストをハッキリと表示させる部分に分ける必要があった。これにはコツが必要なようだ。aviUtlでテキストのフェードインとフェードアウトでキーワード検索をしても見つからなかった。音声のフェードインのように前後の秒数を追加すれば反映されるものとは性質が異なるようだ。

また、H264出力でのmp4エンコードのプラグインが動作している方が、パソコンへの負担が少なく、5分以上の長い動画でも書き出せる。動画の前後のフレームをカットして、必要な部分だけを取り出すような、シンプルな編集もaviUtlでできれば試して見たい。既存の動画編集ソフトがインターフェースは整っているものの、動作がどれも重たく、動作が不安定なので、限られたスペックでも動作するaviUtlの重要性が高まっているようだ。

mineCraftではeGPUを活用して、windows beta版にてRTXのワールドマップを新規作成と、JAVA版からのインポートを試みた。JAVA版からは、絵画が上手く表示されず、地形だけがインポートされた。RTXによるレイトレーシングでは、既存のnVidiaのグラフィックボードのマップでしか再現できなかったものが、プラグインを入れることで新規作成のワールドマップでも読み込めるようになった。また、新規作成のワールドマップを作って、そこにJAVA版のワールドマップをコンバードすると、地形のデータや水のブロックはレイトレーシングされて透明感が再現されている。レイトレーシングの場合、夜の闇が暗く、灯りのブロックでも十分に照らされなかった。また試しにシフトレジスタ回路を作ってみると、レッドストーンリピーターの遅延はスマートフォン版と異なり、2ティックでなく1ティックでカウントし始めた。ネザーゲートの先は、ベータ版にしてもバージョンが1.15のままで、青い炎や、歪んだ木材などのブロックは追加されていなかった。JAVA版では1.16を立ち上げようとすると、なにかのアップデートなどの設定で一旦はフリーズしたものの、パソコンを再起動させるとワールドマップが読み込めた。CPUのスペックが2019年と2020年で、core i7などの性能も変わっており、ベンチマークだけでなく動画編集ソフトのインターフェースにも影響がでている。普通に文章作成や画像加工、blenderのeeveeレンダラーでの造形をしているときは問題なかったが、パソコンのスペックの変化の影響を動画や最新のmineCraftのアップデートが受けるようになっている。ワールドマップでネザーワールドのブロックが何種類か追加されたことで、動作が重くなっているのかもしれない。かつてmacBookだったころに昆布のブロックが追加された1.13から1.14へのアップデートとよく似ているかもしれない。ともかく、raspberryPiでも動作するmineCraftがパソコン版ではアップデートを重ねて、必要とするスペックが高くなっていることはそのソフトの特長ともいえる。もとになっているブロックはシンプルで、それを組み合わせてマップの広がりを表現できればと思う。

Google Pixel3XLのセキュリティアップデートによって、メモリ容量が5GBくらい増えていた。使っていないファイルが整理されたのかもしれない。余分なアプリは依然として追加できないが、ブラウザや動画のキャッシュを一時的に保存するスペースができて、キーワード検索がしやすくなった。スマートフォンもメモリが64GBから128GBへと拡張する過渡期を迎えている。ブラウザやアプリケーションは変わっていないが、動画やカメラの部分ではメーカーの開発が進んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です