構想の整理

今日は雨がパラパラと降ってはいたが、本降りにはならず、気温は30度を少し上回ったくらいだった。部屋がすこし蒸し暑く感じたので、扇風機を付けていると、今度は風に吹かれていると鼻水がでてきた。先ほどまで蒸し暑くはあったが、少し冷えていたのかもしれない。扇風機をOFFにすると、鼻水も止まった。暑いか寒いかは何とも言えないようだ。

帳票の入力を、念のため確かめると、別の資料からの件数が記入をミスしているものがあり、事前に直せた部分もあった。日付が合っているか、集計が合っているかを確かめた。数が多くなると2回に分けた分、負担は軽くなった。ページ数が20ページを超えると集中力を持続させるのにも工夫がいる。本日、もう一件目が届いて22ページあり、なるべく注意深く入力していたつもりが、別の資料からの件数照合が1件異なっていた。もう一度入力できただけ有難いけれど、なるべく努力しようと思う。

3Dソフトの造形は、参考書があって分かりやすく、キャタピラーやドロイド君の造形が実県したけれど、それをビジュアル以外の方法で言語にしていくことを模索しようと思う。動画編集ソフトは、スマートフォンで撮った動画にテロップを付けて分かりやすくすることが目的だったが、人目を引くだけでは説得力や真実味がでてこない。もともとはwebデザイナーとしての実務経験を基にしたトライアルだったけれど、日々の積み重ねを形にするような、他の分野での協業ができるような工夫を見つけていきたい。3Dソフトは未経験ではあったが、キャタピラーを動かしたいというイメージやドーム状の立体を造形したいと構想したことが、blenderの基本的な使い方と、キーワード検索によって得られたtipsのような工夫を組み合わせて、形にしていった。動画編集も、もともとはスマートフォンやデジタルカメラで撮った記録を分かりやすい形で残すためのものだったが、単純につなぎ合わせるだけでも、エンコードが必要になったりと要求するスペックが高く上手く分業しきれない部分がある、なにかテキストと映像を組み合わせれば、繰り返しの部分も明らかになって、タイムラインごとにまとまりに分けて分担できるかもしれない。ともかくテロップを含めても5分くらいの動画を作るのでも高いスペックが必要になってくる。既成の動画編集ソフトだけでなく、フリーソフトでも多機能でクロマキー合成なども綺麗に合わせられる、aviUtlのノウハウを実践したことで、必要以上に高いスペックを要求しなくても済むようになった。とはいえまずはなにかを実現するためにはまず予定を立てることが必要になる。また最新の動向を掴みつつ、自分がもし初心者だとしたら、そこから組み合わせて応用できるようなノウハウを見つけて、それを分かりやすく形にしていきたい。

パソコンの水冷化もintelNUCの表面温度を40度くらいに抑えられたために、比較的効果的に動いていた、とはいえ現状のスペックでは動かない事案もあり、水冷だけでなく空冷での試作も必要になっている。文章を作成したり、画像加工、3Dソフトでの造形などは現状でも過不足なく動いている。最新版になると、スペックが変わってはいるが、論理的な仕組みなどはここ数年変わっていないのかもしれない。日々の業務をこなすための工夫と、1年先、数年先の計画を、自分なりに立てておきたい。あまり多くは求めないが、できることを積み重ねていこうと思う。パソコンの資料で、画像とテキストを組み合わせたパワーポイントを繰り返し上書きする方法が取れず、こまめにメモを取る方法で代用している。

太陽電池は、ベランダの広さもあり200Wのフレキシブルソーラーが1基だけ稼働している。引っ越す前にあった50Wのモデルは、USBの5Vの給電にて日陰で動かそうと思ったが、LEDランプは光っても上手く充電できず、活用できずにいる。太陽電池はベランダの日当たりに依存しているが、ひとたび日が当たれば、今月のように雨が多く日当たりがまちまちな日々でも少しづつ充電して、温度計に必要な電力を出力している。ベランダには電源コンセントは洗濯機のみで、太陽電池で作った電気は、シールドバッテリーに貯めている。

ベランダの植物では、オリーブの木にいくつか芽がでているが、幹の太さは変わらず細いままで、成長は少しずつになっている。アロマティカスは、小ぶりな苗からでも比較的良く茂り、この辺りでは多肉植物やアロエの栽培が比較的気候に合っているが、アロマティカスも多肉植物とハーブの特長を併せ持ったような形質で、ホームセンターなどでも入手しやすく、育てやすいようだ。アロエは枯れていないものの、毎日見ていてもどこが変わった分からない、と思っているとオリーブの幹の近くにアロエの葉肉が伸びていたりと、日に日に変化しているようだ。ハーブは数年育てていたが、最近ではオリーブなどの乾燥に強い木や、多肉植物に移行しつつある。ともかく環境にあった植物の育て方を見つけていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です