仮想環境とレトロゲームと自炊

仮想環境のVirtualBoxにwindowsXPをインストールすることにした。セキュリティの関係上インターネットには接続できず、オフラインの環境になる。学生のときにプレイしていたレトロゲームで思いついたものとしてCivilization2をインストールする。Windows10の互換性モードでは動かなかったソフトウェアが、仮想環境で動くことができた。動作は少し重かったが、マウスカーソルは、現在のウィンドウと連続して使えるためスムーズではある。ポイントとしては、Civilization2のゲームを起動したときに、会議のビデオが映って、遺産の7不思議のアニメーションが動くこと、また外交のCGが表示されていることで、ゲームの再現性が確保されている。最新版はCivilization6でsteamというオンラインアカウントで動いている。FreeCivというCivilization2をベースにしたフリーソフトもあって、ブラウザ上だけでなくインストールしてデスクトップで実行することができるが、ゲームとしてのまとまりを考慮すると、civilization2がシンプルで繰り返しプレイしても、その都度マップが更新されて、ユニットの行動パターンが変わって新しい発見がある。

Civilization4はVirtualBoxにグラフィック用のDirectXがインストールできないので、steamのオンラインアカウントを使用する形になっている。windowsOSのバージョンが10になり、windowsXPだけでなく、windows7もサポートが終了してインターネットに接続できない環境になることが予想される。以前にはレガシーブラウザの表示確認のために、windows7とデフォルトのInternet Explorer7の仮想環境のイメージがあったが、アカウントの有効期限が90日になっていた。Internet Archiveという過去のログを収納しているライブラリから、windowsXP SP3日本語版のCDイメージがシリアル番号とセットになって保管されているため、その環境でのソフトウェアの再現には持続性があった。windowsXPに対応したOfficeXPのシリアル番号は有効でなかったので、日本語版だけでなく英語版も探してみようと思う。スマートフォンはmiHoyoのゲームの容量がやや大きいが、ファイル容量はまだ10GBほど空きがあり、カメラや動画を取ってGoogle Photoにアップロードすることはできそうだ。ゲーム機は持っていないためにパソコンまたはスマートフォンでできることを見つけられたらと思う。Civilization6でも現状のノートパソコンでも動作したけれど、グラフィックが2Dで一覧しやすいレガシーバージョンにも色あせない魅力がある。パソコンのゲームはスマートフォンよりわかりやすく、続けやすいための取り掛かれる要素が見つけやすい。

今日の気温はベランダの温度計も35度に達していないため、比較的涼しいはずが、残暑を感じさせるような蒸し暑い気候に感じられた。秋になるころには温度は25度から30度くらいになっているかもしれない、ある段階をすぎると今度は涼しく感じることが予想される。夕方には鈴虫が鳴いている。夕方でも気温はそこまで涼しく感じないので、エアコンをドライにして付けている。引っ越してきてちょうど1年が経つ。以前の住居はwebデザイナーとして就業したときに通勤しやすいように引っ越したところで、現在では2駅隣の町になっている。バス・トイレが別になっているので、アトピー性皮膚炎の治療には適している。軟膏をこまめに塗って手足でイボになっている部分をケアしていこうと思う。業務用のスーパーマーケットで焼きそばが1㎏で購入できるので、それにキムチとニラと豚肉を組み合わせたメニューを考えた。野菜と肉のバランスが取れて、毎回作るごとに具材や調味料の配合の比率や火加減が変わるので、繰り返し食べても飽きがこないメニューになっている。コンビニエンスストアの弁当でも栄養バランスがとれるけれど、ややコストが高くなっている。また、外を歩いていて、自転車に乗っていると気候が蒸し暑いので、自動販売機での缶ジュースが必要になる。行動範囲は東京都の東部を行き来している。

安倍総理が持病で退任するという号外があった。これまで7年半という自民党の長期政権が続いていた。コロナウイルスでは対策が後手に回り、拡散を防ぐことが政策面ではできなかった。後任は与党か野党かわからないが、なるべく増税の負担が少ない政策が望ましいと考える。雇用にどのような影響があるかはニュースを見たり、新聞を読んだりして情報を得て、自分なりの考え方を身に着けていきたい。政権が長期にわたって続いても、持続的な政策を実施することは難しく、支持率は思ったほど上がらなかった。野党が有効な代替案を用意できなかったことと、選挙では候補が乱立して票が分割されたこともあるかもしれない。都知事は小池知事が選挙でも票を獲得して第二期目に入ったことで、コロナウイルス関連の政策は一貫性が保たれている。選挙にいくことも何度かあったがそのたびに、誰に投票するか迷う、かといって棄権するわけにいかず、参加せざるを得ない。誰がリーダーになっても、なるべく平明に意見が反映されるような社会であってほしいと考えている。コロナウイルスの影響は感染者だけでなく、社会の在り方や政策の方針を変える転換点になっている。変化に対応したものの見方を身に着けていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です