日々の出来事と思考の整理

離職票の手続きのために翌日を開けておいたが、自分で封筒に名前と住所を入れて、切手を貼った郵送での手続きになったので、翌日はスケジュールが開くことになった。前日の4時に就労支援施設に連絡すると、受け入れてくれたことを感謝したい。手続きの関係で給与が翌月になるけれど、会社から預かったもので返し損ねたものはなかったので安心した。社員手帳は去年のものになっていたが、常にリュックに入れて持ち運んでいた。今年の分なら返却することになっていたが、去年の分だったので記念に取っておくことにする。木曜日は午後から手続きのスケジュールが経っていたが午前中は空いていた。今日の金曜日は朝起きて、体温を計って、髭を剃って通所することになる。電車で移動して、予定よりすこし早くつく、今度は15分遅く家を出て、電車も1分くらい途中の駅で車両間調整があったけれど、目的地にはすこし早くついていたので、ちょっとした瞑想を一息入れるタイミグで撮れたかもしれない。本屋に行くと、雑誌のニュートンで統合失調症についての記事があった。以前にはコロナウイルスの記事があったが、科学の分野が自然科学から精神分野にも応用があるようだった。朝に同じ通所している知人とあったけれど、こんにちはと会釈した。通所して挨拶をするときにはお早うございますになっている。午前のプログラムでは脳の疲労回復についてのプログラムだった。空いた日にちにうまくスケジュールできたことと、雑念が湧くことが自分だけではないことと、瞑想や深呼吸によってそれが収まるタイミングがあったことなどをつなぎ合わせれば、思考を今より整理できるかもしれないと考えてみた。

グループワークでは相手のアイデアを取り入れながらメモを取っていった。疲れの定義が、体が疲れることではなく、体を動かしている脳が疲れを感じているからで、パフォーマンスの低下現象にあたるようだ。疲れたときは、終わりが見えない作業をしているときや、対話をしていて話がこじれたときに特に感じやすいという意見もあった。僕としては収入には不安があるが、予定が故意に隠されていることがなくなったので、通所をコンスタントにすることでスケジュールを経てて、栄養バランスも自炊の分も含めて計画的に採っていこうと思えるようになった。昼食の弁当はアブラカレイの煮つけだった。数日前の体験入所でも同じメニューの弁当を食べたことがあったが、その時は薄味の印象が強かったが、2度目は味わって食べられるようになっていた。いわゆるよく噛んで食べるというのは歯並びもそこまで良くないので自信はない。深呼吸と同じように口を動かして同じものでも違った価値観を持つことは大切だと、スタッフにアドバイスを受ける。

午後のゲームではワードウルフという、言葉の前後関係から嘘つきを見つけるゲームをした。グループの中で2人、似ているけれど異なった単語を教えられる。その単語は少数派になり、多数派に紛れて気づかれないようにする。ルールとして嘘をつくことはできないが、質問をスルーすることはできる。例えば多数派がりんごで少数派がみかんだった場合。それは赤い色をしているかという質問にはいいえと答えることはできないが、スルーすることはできる。そのようにしてお互いに質問をしあいながら、多数派の中から少数派の狼が持っている単語を見つけていく。最初の単語は、少数派は冷蔵庫で、多数派はエアコンだった。同じ家電用品でも冷たい風がでることと、夏と冬で家の中で使えることは共通している。通所しているときはエアコンが効果的に使えるが、自宅に戻ると電気代を考慮してかオフにしているという見方もあった。冷蔵庫は本来2人のはずが、iPadの設定で1人になっていたので、見分けが付きにくかった。次は、少数派がおみくじで、多数派が宝くじだった。特徴として駅で買えること、当たりがあることは共通要素として見つけにくかったが、神社の初詣で買うといったところで、吉や中吉があるという特徴を見つけて、いくらか見分けやすくなった。その次は、少数派が表彰状で、多数派が招待状だった。自分が多数派だと仮定して、少数派に質問するようにすると、自分も疑われる可能性があるという要素が、このゲームの駆け引きのポイントだと思った。

午後のプログラムでは一日の生活を時間ごとに区切って何時から何をしていたかをタイムラインに書き出すことになった。途中でちょっと書類が隣の人と重なりそうだったので、ちょっと声をかけると優しい声が返ってきた。外では通り雨がざーとしばらく降って止んでいた。空には大きな入道雲が青い空に映えていた。タイムラインを書き出すのは塾に通ってその勉強の計画を立てる以来で新鮮だったが、できれば毎日つけた方が細かく瞑想のタイミングなども付けることができ、日々の変化を記録できるので、来週からは日ごとにタイムラインを作成しようと考える。雑念については考えていることと考えている自分でないことに気が付き、受け流して対応できるようになっていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です