健康管理と人との関わり

雑念を防ごうと思っても難しいが、休日にも耳鳴りがしてたまに人と触れ合うレジに行くのも緊張するのではなかなか暮らしにくいと思って、せめて口角を改善しようと思った。どこまで共通点があるかはわからないが、雑念が浮かぶタイミングでは動作が鈍くなって、表情も乏しくなっていた傾向があった。作り笑いをしてどうにかなるとは思わないが、何もしないよりは幾分かましになった。少なくとも独り言を職場で言わないというマナーは自分にとって自覚できないうえに厳しいルールだったので、そこからは抜け出しているので状況は改善されている。それまでは、他人と関わらず迷惑をかけないことという目的に自己完結するところが多く、話しかけられることが多少煩わしくなっていた。休日には歩いていると救急車が右折するときに車の窓を開けて話しかけてくれた。また街をあるいていると雨が降りそうだと教えてくれた。相変わらずレジは緊張したり、交差点で多くの人とすれ違ったりするときは雑念が湧くけれど、それをやり過ごすためのきっかけにはなってきた。

就労支援施設に通って2週目になった。離職票の手続きは郵送の関係で間接的になり今週くらいの予定になっている。また、朝ご飯はとくに調理する時間がないので、食べないことが多かったが、お惣菜で切干大根を見つけて、それを一口食べることにした。焼きそばやホットケーキの場合は、それが好物ということもあって、食べだすと止まらないが、お惣菜で保存が効いて当分無くならないメニューは主食にはなりえないけれど、意外な活用方法があった。行きの電車で書店に行くと万引きがあっておじさんが少年を捕まえようとしていたが、すんでのところで逃がしてしまったようだ。代わりにおじさんが盗まれた書籍の代金を支払っていた。通所して午前のプログラムでは健康にいい飲み物について講義していた。いつもは通勤前に缶ジュースを買っていたけれど、糖分の少ない飲み物で特に緑茶にはカテキンが含まれていて血糖値を下げる作用がある。中でもエピガロカテキンガレートには脂肪やコレステロールの吸収が抑えられるので、摂取しながらでもダイエットになるという。受講しているメンバーに共通していたのは水を摂取していたことだった。水も集中力や注意力、近く作業の効率を上げる作用がある。もともと脳の大部分は水分でできており、水を飲むことが間接的に脳の働きを助ける作用がある。飲み物を摂取する温度も冷たすぎると、内蔵に負担がかかるようだ。暑い日は冷たい飲み物で表面温度を下げようとするが、内蔵の温度は37℃くらいで一定に保たれている、そこに冷たい飲み物を摂取すると内蔵が温度をもとに戻そうとしてカロリーを消費するようだ。温度によって甘味や苦味などは冷たい温度から常温にかけて強く感じる。温めると比較的弱く感じるようになっている。酸味は温度による変化はないようだった。水を常温で飲むと美味しさを感じにくくなるのは温度によって味覚が変わるからだという。清涼飲料水には糖分が多く含まれているので、血糖値の乱高下を起こし、健康には良くないようだった。自動販売機に売っている紅茶にも糖分が含まれており、分類ではお茶ではなく清涼飲料水に含まれるという。

昼食は、ご飯と秋刀魚の柚子あんかけだった。秋刀魚の旨味が強く一切れでもご飯が食べやすくなった。柚子の風味があんかけによく合っている。やや塩味を感じて食欲が進みやすくなっている。休憩時間には10分程度仮眠を取ることにした。ミニゲームでは絵しりとりをした。今回はとくに制約はなかったが、時計のいから始まって、イチゴの絵をかいていた。それから丸いシルエットが書かれてゴムだと推測された。次にはムカデの絵を書いた。その次にはテントの絵が続いた。メンバー同士で励ましあいながら進めたこともあり、限られたイメージでもほぼ言葉通りにつながって、ついにはメンバー間で4周するとホワイトボードを埋め尽くしていた。絵は前後の関係性から類推することになっているが、他の人が客観的に見ても何の絵かが、前後の順番から推測しやすいものになっている。とくに示し合わせたことはなかったが、なにかの要素が繫がっていたのかもしれない。午後のプログラムでは、就労についてのプログラムはまず心身のバランスのプログラムを事前に履修する必要があるが見学を兼ねて参加することができた。企業の雇用活動のうち、障がい者雇用(オープン雇用)と一般雇用(クローズ雇用)があり、そのメリットとデメリットについて意見を交わした。リモートで自宅から参加しているメンバーのコメントから考えを学ぶことができた。オープン雇用では障がいに配慮があり職場に定着しやすいが特長がある、クローズ雇用では求人数が多く経験を活かしやすいが、長く勤めるには条件があることが分かった。意見を交換しながら自己分析を深めて、進路を考えてきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です