支援のキャッチボール

交渉は条件が伏せられて、経済的にも苦しく不利な状況ではあったけれど、今後の予定を立てることができるようになったことを感謝したい。医療費や社会保険がその間不安ではあるが、無為に日々を過ごしているわけでなく自立を目指して、努力していることがお金には代えられないが、協力を得るための手段になる。今月は変化がおおきかったが、習慣を変えるいい機会になった。とはいえ環境の変化は急激で、自分を責めて無理をして迷惑をかけるわけにいかない。素直にそう思った。手続きの概要が分かっていないので、訂正印を押していいかどうかを確かめることが頼りだった。そういったところでは協力頂いたので、待っていて良かったと思った。

朝起きてその日いつ帰れるかが分からないと不安になって散歩をして気を紛らわすことにした。新聞小説はそんな間でも書き写すことができる。先日の睡眠は不安で目を空けそうになったけれど、横になって目を瞑れば途中で起きることはなく、体力的にはある程度疲れが取れた、精神的な不安は残った。スマートフォンのショートメールを受け取った時にはとてもぎくりとした。一人で悩んでいたらパニックになりそうだったので、誰かに相談することにした。この場合は、多くを望めないので状況を伝えて、電話で確かめようにも話がまとまらず、再び退職勧告を受けた会社の社員と手続きのために会うことになったという旨の話をした。それを聞いてくれるだけで多少気は収まったが、相手が悪いとは思わないが、手続きをやり直す必要がある場合に、まずは体を空けておく必要があるということが先行して、ショートメールを唐突に感じてしまったところもある。業務の間を縫って退職の手続きが必要という事例が必要なだけであって、担当者が悪いわけではないと考えることにするには自分でも配慮が足りなかったとも思える。

午前のプログラムは運動で、両手に2つのボールを持っている状態で、相手に同時に2つ渡すキャッチボールを行った。キャッチボールはコミュニケーションでも基本にはなるが、なにかを数えながら、左右のボールを渡すと意外に持っているつもりになっていても、うまくボールが渡せないところがある。それはキャッチボールの相手も同じようで、取りこぼしたときは自分もボールの渡し方や数の数え方を伝えることでカバーできるならそうしたかった。もともと左右のバランスはどちらかというと利き腕によっている。うまく渡せるときは相手の腹になだらかにボールが渡せて、数をかぞえる声掛けも相手が上手く聞き取れているところだった。体を動かすにも頭から手足を操作していて、数を数えるのは頭のどこか別のところを使っている。運動プログラムでは、初めてエアロバイクを漕いで、もう少し早く漕いだほうが運動になるとのことだった。ジョギングでは手足のふり幅と足のふり幅がやや連動していない。マラソンなどは普段の散歩でも慣れていると思ったが、バランスは意識すると改善されるかもしれない。

離職票の手続きは退職勧告を受けた日付と、退職が明らかになった日付に数日ブランクがあり、その間無保険状態になるので、まずは区役所の国民健康保険課に事情を説明する必要があることで、状況を改善できる可能性があることが明らかになった。ともかく平日の空いた時間に市役所に足を運ぶ必要ができた。健康保険証が支給されない無保険状態になることは転職を繰り返していたので、体験したことがあったが風邪を引いても医者に通うことができずとても不安になる。自分としては民間の企業に就労している場合には公の機関の手続きは詳しい人がいたら教わりたいと考えている。午後のプログラムでは読書を選択した。発達障害や統合失調症によって、外から見たら分からないが、幻聴が聞こえて、社会に適用できないことで、普通のことが普通にできないことをどう克服したかの事例を学ぶことにした。午後のプログラムが終わって放課後になると数時間空いた時間ができたので、寄り道をして野良猫を探すことにした。先週に谷中の霊園にいったときにそこに不思議だった。近所の大きな公園では猫を見たことはない。銀座ではネズミはいるけれど野良猫はいなかった。ちなみに野良犬は狂犬病の予防の法律によって、家庭で飼われるペットでは犬が多いが都内どこに行っても一匹も存在しなくなった。駅の近くの霊園の地形は谷中のそれと似ている。空き地にあるためか学生が通学路に使っているので野良猫にニャーと鳴かれることもあるようだ。道端には猫用のエサのパッケージの断片があり賞味期限が来年になっている。僕は猫を飼うつもりはないので、餌をやる気にはなれなかったが、なんとかそれ以外の方法で撫でることができればと思っていた。理想を言えば街の寂れたところでなく緑豊かな公園に自然が存在すればとも思っている。生まれたての子猫はペットショップでも見たことがない。人と会う前にちょっとした交流ができるだけでも人を元気づけるチャンスには成り得る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です