仮想環境とレトロゲームと自炊

仮想環境のVirtualBoxにwindowsXPをインストールすることにした。セキュリティの関係上インターネットには接続できず、オフラインの環境になる。学生のときにプレイしていたレトロゲームで思いついたものとしてCivilization2をインストールする。Windows10の互換性モードでは動かなかったソフトウェアが、仮想環境で動くことができた。動作は少し重かったが、マウスカーソルは、現在のウィンドウと連続して使えるためスムーズではある。ポイントとしては、Civilization2のゲームを起動したときに、会議のビデオが映って、遺産の7不思議のアニメーションが動くこと、また外交のCGが表示されていることで、ゲームの再現性が確保されている。最新版はCivilization6でsteamというオンラインアカウントで動いている。FreeCivというCivilization2をベースにしたフリーソフトもあって、ブラウザ上だけでなくインストールしてデスクトップで実行することができるが、ゲームとしてのまとまりを考慮すると、civilization2がシンプルで繰り返しプレイしても、その都度マップが更新されて、ユニットの行動パターンが変わって新しい発見がある。

Civilization4はVirtualBoxにグラフィック用のDirectXがインストールできないので、steamのオンラインアカウントを使用する形になっている。windowsOSのバージョンが10になり、windowsXPだけでなく、windows7もサポートが終了してインターネットに接続できない環境になることが予想される。以前にはレガシーブラウザの表示確認のために、windows7とデフォルトのInternet Explorer7の仮想環境のイメージがあったが、アカウントの有効期限が90日になっていた。Internet Archiveという過去のログを収納しているライブラリから、windowsXP SP3日本語版のCDイメージがシリアル番号とセットになって保管されているため、その環境でのソフトウェアの再現には持続性があった。windowsXPに対応したOfficeXPのシリアル番号は有効でなかったので、日本語版だけでなく英語版も探してみようと思う。スマートフォンはmiHoyoのゲームの容量がやや大きいが、ファイル容量はまだ10GBほど空きがあり、カメラや動画を取ってGoogle Photoにアップロードすることはできそうだ。ゲーム機は持っていないためにパソコンまたはスマートフォンでできることを見つけられたらと思う。Civilization6でも現状のノートパソコンでも動作したけれど、グラフィックが2Dで一覧しやすいレガシーバージョンにも色あせない魅力がある。パソコンのゲームはスマートフォンよりわかりやすく、続けやすいための取り掛かれる要素が見つけやすい。

続きを読む 仮想環境とレトロゲームと自炊

免疫のふしぎ

コロナウイルスが治ったというニュースがアメリカのテキサス州オースティンから流れた。44歳の女性の患者で、人工呼吸器をつけてから2週間ほどで陽性の状態から日常生活に戻ることができたようだ。アメリカは感染者数が急激に伸びて、いまでは中国やイタリアを抜いて感染源になっている。そういったなかではポジティブな知らせといえる。呼吸困難な状態からいかにして回復したかは英語の文章を訳しても状況をなぞったくらいで、動画のなかで医師と看護師たちの拍手の中を車いすに乗った40代の女性が会釈をしながら退院する様子を見ても分からなかった。おそらく免疫がコロナウイルスを克服した。その免疫は筋肉トレーニングのように鍛えられるものなのかは分からない。中国では感染者数を押さえたり空気感染や飛沫感染を防ぐ防護服、武漢をはじめとする都市のインフラや人の流れを封鎖する手段やその様子は分かったけれど、コロナウイルスが治ったという事例はまだ観測されていない。また日本では国民感情として表立って相手の幸せを祝うということがない。辛苦と幸福はカードの裏表のようなものだと信じられている。癌でも医薬品もあるけれど病気を克服するのはだれにでも内在している免疫というものになる。少年マガジンの漫画で不摂生をしていると体に人面創のようなものができて、母体である本人に反乱を起こすという作り話があって、免疫というものがどういうものか分からず、ギリシャ神話では自然現象や生理現象を擬人化して絵に書いて考えるという。科学的な見方をすればウィルスや免疫に細胞のような性質があるのか、はたまたナノマシンのように感情をもっておらず病気に善と悪があるわけではなく、血の色も食べているものも文化が違っても本質的には同じとも想像できる。善玉菌と悪玉菌というように、悪玉菌が死滅するわけではなく、善玉菌に比べて活性ではなくなるという状態になる。腸内フローラという菌の分布があるが、新型コロナウイルスも猛威を振るってはいるが、そのひとつに位置づけられる。ミジンコの写真をiPhoneで撮ったことがあったけれど、水草に集まった肉眼で見られる細胞としては比較的はっきりとピントを合わせることができた。顕微鏡でシーツにいると思われるダニを観察しようと思ったが1000倍に拡大してもシーツの繊維は髪の毛の表面のように映ったが、ダニが動いている様子は見られなかった。顕微鏡で見られる前に肉眼で見られるものが小さいものにはなる。しかしながらウィルスも目には見えない。どうしても実際的というより対人関係のなかで抽象化されてしまう。そこにはウソや死への過剰な妄想や恐れが含まれる。それを解消するのが宗教といえる。マスメディアが報じる宗教でなく、民間で信じられている宗教についても考えてみる必要がある。

続きを読む 免疫のふしぎ

ケーブルと端子

MSNポータルサイトに赤文字で、ラグビーワールドカップのテキスト速報が赤い帯で表示されていた。しばらくすると、赤文字は落ち着いた紅色になり、テキストはセンターから左寄せに変わった。ニュージーランド対ウェールズはどちらがタッチダウンするのだろうか。また前後の空白のマージンも等間隔になっていた。

マグネットケーブルが昨日に繋がらなくなったものを、別のタイプのiPhoneのマグネット端子があったamazonの購入画面にはMFi認証のマークは無かったが、持っているiPhone6sを含む第四世代に対応している。工具箱にはType-Cの予備のマグネット端子がある。先日は布団を畳もうとして、うっかりテレビの端チューナーケーブルを痛めてしまったので、注意が必要ではある。また、購入日は昨年の2018年10月になっている。昨年の冬支度の折、明治牛乳の紙パックにバルク品のシリコンラバーヒーターを入れてホッカイロを自作していたが、その時に発熱を予想より低く見積もっていたために、microUSBケーブルの端子は熱で溶けてしまった。そのときのtwitterには、紙パックをモバイルバッテリーに仕立てたデザインが斬新だとして注目を集めていた。実際的にはLEDフィラメントと同じく、熱と信号と光を分別すべきだった。電球は熱と光が合わさっているから暖かな光になるが、省エネや回路の耐久性を鑑みると、今年はホッカイロや誘導電流とLEDや充電を分けようと思う。アクションカメラのGoProが充電時に発熱したり、PSE認証を施した薄い新型のリチウムイオンバッテリーなども基盤の放熱板がコンパクトになっているのでやや発熱傾向にある。

apple社のライトニングケーブルがとあるWebデザイナーに与えたインスピレーション、影響は象形文字のようでもある。千石電商では、apple社のケーブルにだけ充電やデータ転送に直接関係のない認証用のマイクロチップが埋め込んであるとしていた。それがスマートフォンのなかでも、iPhoneを特殊な位置づけにしている。個人的にはamazonBasicからmicroUSBのマグネットケーブルが揃ったらとおもうけれど、マグネットケーブルは便利な反面、電気が適量通電できると先着で、特定のメーカーのラインナップに限定する癖があり、それがパーツ選びの視野を狭めていたとも取れる。

続きを読む ケーブルと端子

季節の変わり目と気温

ここ数日の温度と湿度をベランダに置いた温湿度センサーから、wifii通信でログを取ってみると、エアコンをつけなくても過ごせるような気温になっていた。蒸し暑く汗ばむ夏から過ごしやすい秋に変わった季節の節目があったと予想している。雨は16日(月曜日)と18日(水曜日)に降っていた。雲が比較的分厚かったこともあり、16日は雨具を羽織って徒歩と電車で移動した。17日(火曜日)は、雨が止んで、雲も少なく珍しく晴れていた。18日には雲がかかったと思うと雨が降って、自転車のカゴに入れていた雨具を道すがら使うこともしばしばあった。一般的に雨の日は夏でも気温が涼しく感じることもあるが、気圧の変化などをその日に該当する天気図に置き換えてみると、16日から17日にかけて台風16号が熱帯低気圧に変わっていた。秋雨前線は低気圧と高気圧の関係性からでき、雨雲が留まりやすくなる。湿度は湿度センサーの変化から観測されるところでは17日には日が昇って晴れ間がでてきたあたりから90から60前後になり、また日が沈んで夕方になると湿度は元に戻っていた。おおよそ気温の変化と、相似しているけれど、晴れと雨で湿度が変わるということも仮説ではある。天気は変わりやすく、雨を気にしていると外にでることが心配しすぎになって手間が掛かるし、また天気を気にしなさすぎると通り雨にあって身動きが取れなくなる。気象庁のXMLから台風や天候の情報も定期的に受信しているが、電話で台風のことを聞き、それを元に植木鉢をベランダから室内に移した。暴風によって木の葉が道端に散らばっている状態から復旧したが、それ以降も天気には通り雨があり、今年の9月はなにかと天気が変わりやすいようだ。自転車のカゴの雨具が欠かせなくなってきた。しかしながら雨具を着ていても視界や移動手段は晴れのときに比べると限定されてくる。

続きを読む 季節の変わり目と気温

情報と考える習慣

情報を得る手段は、日々の新聞が一般的だ。考えることを続けて自分なりに貢献できる道を模索する。それぞれの意見や立場の違いを見比べる機会もあれば興味深い。SNSやブックマークは芸人の精神修業の場になっているが、それを日常に当てはめるのは必ずしも現実的ではない、また精神修業もなにかに依存している状態から自立する状態に導くことを目的にしているので、自分の軸をもって知見を見つけていきたい。

情報は無意識や心理的なバイオリズムの変化からも収集することができるが、自ら選んだものはそれだけでは確かなものではないが、考えるきっかけにはなる。記事の構成では、事実に基づいたものと、それを拡張した意見がある。事実は変えられないが、その見方を変えることで向きが変わってくる。伝え方にはこうあるべきというように、それがじつげんされていないが、書き手の立場ではこうありたいという虚構が書いてあるここともある。実際に素材がなくても、その味付けで調理が変わる。また面識のある人の場合、行動や思考の癖が気になって、それを元に感情移入するというストーリーをシナリオにすることもあるが、それが意図的過ぎるとリアリティを感じない。もし世の中のことが、世間話のように身近に感じられたなら、学習する手間が省けるかと思ったけれど、そうでもないようだ。なにかを批判的にとらえたい訳ではないが、自主性を得られないようなシチュエーションには疑問を持つことが必要になる。世間の価値観を読み解くためのノウハウを身に付けたい。

昨今ではテレビのニュースでは煽り運転が話題になった、乗り物を運転中にあおりという、形にならない方向づけにあい、前に回り込まれて停止させられたうえに殴打されたとので傷害容疑として逮捕されたことから分析が進んでいる。思い通りにしたいけれど、それがなんらかの事情でできなかった時に、強制することなく一方的に要求を突きつけることが煽り運転の心理状態を表している。要求とそれを受容する側のバランスが必要になるが、それが不均衡になった現象と考えられる。情報の流れが加速されることで、インターネット上でリアルタイムに相手の心理状態を把握することができるようになった。もしそれを記録に残したり、アルゴリズムにするにはある程度瞬発力だけでなく、それを習慣にする必要がある。

構造としては、一方的に決まったことをどう緩和するかがポイントになっている。関係性といえば微妙な表現になるが、そこには携わる人の心情や望まない状況を改善しようと試みていることが隠されている。現実に基づいたネタ作りも必要でないわけではないが、それが過剰になると意見によって事実が塗り替えられてしまう。新聞の記事をもとにそれに付加価値を加えることがテレビ関係者の役割というけれど、そこに特化すると、世間話を装った要求になってしまう、そこに潜在的に不平を持っている不特定多数のひとが誘導される。面白さが他人のあら捜しや、不幸自慢にならないように出口を探していきたい。そこから離れたいと思えたら、客観的になれるきっかけになっている。

続きを読む 情報と考える習慣

OpenStreetMapと町並み

Leafet.jsはOpenStreetMapというオープンソースの地図を使っている。NHKの教育番組にブラタモリという地理のニッチな雑学ネタをバラエティ番組にお織り込んだ教養番組があったけれど、それにちなんでか、中央区大伝馬町を題材にしたブラ町MAPづくりという散策の企画があった。転職に伴って、とりあえず平日は図書館で新聞を読むことからはじめて、毎日新聞の連載小説をよんだりしてネタを探した。2017年の12月くらいには、人形町では改築が時期が重なり、図書館やマンションでも工事の足場や作業の音がやむことがなく、もしあのガタガタという音が無かったらなあと当時は何度も思っていた。景色も足場ばかりで前が見えず、そういうときこそじっくり文献に当たればいいものをどうにも気が散る。改築前のエレベーターホールにチャリティや観光協会のブラ町MAPづくりのチラシがあり、十思公園まで浜町から歩いて行った。この辺りは祭りの時期になると、郵便局が協賛して、大通りで屋台が組まれる。歩行者天国といえば銀座や秋葉原が印象的ではあるが、大伝馬町でも自動車が通行止めになる時期がある。江戸時代の飛脚や旅籠にちなんで、小伝馬町・大伝馬町と名付けられた。また郵便ポストで見慣れた鮮やかな赤色でない、鈍い青色のポストがある。全国にも数十本しかなく、珍しいポストだという。

メモも盛んに取っていたけれど、2年半くらい立つと、どれだか分からなくなっており、iPhoneのアルバムの日付から明らかになった。記憶ではたしかMAPは、GoogleMapでなく、地域で書き込むができるOpenStreetMapを使っている。その場合、活力というおにぎりのお店があり、看板にはカタカナで、シチロカと書いてある。活力を漢字のパーツに分けたパズルのようなものだ。また大伝馬町にはキハという鉄道車両の記号にちなんだ、鉄道ファン向けのバーがあり、それはGoogleMapにも詳しく載っている。

自動車が通り、中央分離帯という歩道がある道路ばかりではなく、中央区にはマンションや雑居ビルの間に通り道があることもある。こういった町割りは、自動車でなく人力者や飛脚が通っていた江戸時代の長屋の町割りに近い、江戸は徳川家康が幕府を移転するに際して、大阪の堺の町人のインフラを活用した。そのため、表通りは大通りになっているが、裏通りには店や長屋が隣り合わせになっている。また、銀座の木挽町などではその性質が色濃く、まるでロールプレイングゲームにあるギルドのようになっている。

また、たとえば空き地に裏山があったとしても、国土地理院のデータでは標高が十分でなければそれは山にならないけれど、そこに居合わせたとすると野山を駆け回った経験が残る。もしコミュニティで地図にコメントが残せるのなら、そういったそこにしかない独自の地形や家というのも在りうる。それはお店が会員制や料金制という約束事でなく、敷居が低く訪れるものを拒むことがない。また通りにもベンチが置いてあり、道行く人に居場所を提供している。

続きを読む OpenStreetMapと町並み

鉱山のある風土

節約といっても吝嗇だけでは、僕の場合は現実的でない。mineCraftは基本的には地下深くに含有される鉱物をピッケルで採掘して、その資源をうまく配分して組み合わせることで運用されている。このゲームに限らず、鉱山を地盤に開発を進めるようなシュミレーションゲームはいくつかあった、ロシアのコサックスや共和制以後のローマを題材にしたセトラーズ、三国志をモチーフにしたものもあった。歴史の教科書では長崎の炭鉱や軍艦島などがある、明治の初めくらいから、近代化が進んだというけれど、スコットランドから輸入したというジャイアントカンチレバークレーンは現在でも荷物の輸送に使われているという、写真から想像するに電気系統はクレーンの横についた小屋で行われている。少なくとも鉄骨は数十年から百年の間に回収こそ入っているものの外観はほとんど変わっていない、配線や制御システムよりは風化する要素もなく、普遍的と言えるのかもしれない。関西と関東ではそれぞれ発電機を違う国から輸入したという、関西はアメリカの50Hz、関東はドイツの60Hzになっているという。今でも洗濯機やドライヤー、電子レンジなどの家電製品は関西と関東で規格が違うものがあるという、その境目は静岡県の富士川と新潟県の糸魚川で東西に分かれている。長崎では豊富な鉱物資源から、コンクリートの高層住宅が明治時代から作られていた、軍艦島にはその遺構が残っている、しかしながらエレベーターは実装されておらず、中世のお城のような螺旋階段がや渡り廊下が張り巡らされており、そこで住民が交流していたという。同時期のジュールヴェルヌの神秘の島では、水力によるエレベーターが花崗岩の洞穴に備え付けられている、高層住宅は古代ローマからあったものの、特にアジアでは、建物を積み重ねると陽のあたる住居とそうでないところができるという民間信仰があった戦後の1970年の大阪万博では、科学技術による近未来都市がが礼賛されたものの、実際には自然となじまない、または高度経済成長の行き詰まりによって、右肩上がりの成長が集落を維持するとは限らないとされてきた。パソコンが普及する前からロボットや自動化は推進されてきた、街には缶ジュースの自動販売機が普及し、図書館にはバーコードとキーワードで灰色の掲示板で貸し出し状態や蔵書がリアルタイムに検索できるようになっていた。それ以前は本を読むようなマセた学生は、図書カードを介してやり取りをしていたというけれど、その郷土資料にはかつては湿気に強い海苔箱や、お茶箱に貸本を詰めて、街を図書ワゴンが巡回していたという、その光景は資料でしかなかったが、海外に移動本屋がまだ残っているという。

そんな中で採掘も地道で、オンラインゲームには直接利益にはならないけれど、グループへのサポートや、自己研鑽を一人で行う活動を炭鉱夫というようになっていた。それはまるで軍艦島の基礎工事のようなものかもしれない、あるいは東京の下町に残っている工場跡地の風景にその面影を見たのだろうか。

オンラインゲーム仲間には下町には高校までは充実していたが、大学がなくそのまま職業訓練校に入るようなコースがほとんどだった。手に職をつけることとに目的が持てないまま仕方なく現実に回帰する。ウェブ制作会社もその延長だったとも言える、それでも金融や広告のような案件であればいかにも雇用と食い扶持という印象があるが、築地にゆかりのある海苔だったり、そういった風土的な調和に、今まで画面しか見たことがなく、競争の生きがいもそこにしかないというような俯き加減だったオペレーターが生き生きとするようなことがあった。実際には定期更新などが休日や深夜にもあり、中小企業は定時以後も何らかの労働をすることで社会人になれると先輩に同調しているようにも見えた、物事には良い面とそうでない一面があると考えさせられた。僕自身は中途で社会人になって、伝統や自然環境が悪いとは思わないが、それを過度に理想化するのは、自他共にそぐわないと新たな境地に至った。

続きを読む 鉱山のある風土

それぞれの時代感覚

今年2019年の5月1日から、元号が平成から令和に変わる。近代は明治から大正、昭和、平成となり、元号ごとにトーンが異なっている。その前の年号は江戸時代という括りで、その中でアルファベットの頭文字などのルールの影響もなく、漢文の二字熟語ということだけが共通している。明治時代の新聞も近代デジタルライブラリーで読んでみるとかなり漢字が旧字体で、表現も口語に比べると硬めに感じられる。文化という江戸時代の年号もあり、その頃には町人からボトムアップで風俗や経済効果が醸され、身分制度だけでなく、生活の気風が興されたという。明治と書いて、明るく治めるというものの、実際にはとても治らないというように理想と現実が乖離しているということも近代以降に特有なことでもなかったようだ。文明はcivilizationを福沢諭吉が和訳したもので、一見漢語に見えるものの、西洋と東洋を対等に捉えているところが新しいともいえる。 windowsパソコンゲームのcivilizationというシュミレーションゲームは、スミソニアン博物館での知見とデータベースの構造化にあったという、ともかくもあと1ターン、1ページが気になってしまう。パロディの要素や、純粋な教養に根ざしたものでなかったとしても、それが知識を深めるきっかけになるようだ。シュミレーションゲームでも将棋のように勝ち負けを目的にはしているが、常に勝ちつづけることは難しく、また興味関心が持続しにくくなる。プレゼンテーションではただキーボードやマウスを動かしているだけでなく、具体的なイメージや団体、言語などを引き合いに出しながらも、常に猫の手でも借りたいような協力を求めるようでいたものの、なぜか一人で背負いこむことが多かった。サークルにいた頃は連絡用に作った掲示板の管理権限を巡って噂や荒らしが絶えなかったので、最も誹謗中傷が甚だしい人にあえて親切に応じというよりは、好きでも嫌いでもなかったもののそうせざるを得なかった。

古典では、源氏物語や竹取物語などでの漢文からの引用や出典がある、中国に旅行に行ったときに、歴史の話題で春秋戦国時代について探してみたが、その名残はあまり残っていない、万里の長城は明代のもので、漢や元といった伝説は日本の中で想像が膨らんでいったのかもしれない。中国の生活様式で日本と共通しているところがあれば、安心する。とはいえ新聞では中国の経済成長が減速した、少子化が進んだという現金な話題ばかりで、実態がつかみにくくなっている。中国の歌謡曲を聞いてみると、かつて昭和の高度経済成長では日本が、経済的にも復興が早く、国際的にも開かれていたという気概があったようで、東京に旅すると、浮かれた気分になるという。実際にはそれぞれの方言のようなもので故郷について本質的に言い表したものだと思われるが、どこかありそうでなかったようなエキゾチックな雰囲気が現れる。とはいえ、日米間の同盟関係だけでなく、中国や韓国、台湾にも近代以降の現代的な感覚と、一族の成り立ちのエピソードがあり、僕は特に拠り所がなく、転々とする中でもそういったルーツを見つけることに関心を持っていた。

続きを読む それぞれの時代感覚

エナメル線と透明なケース

丸ピンヘッダーに半田付けをすれば、漏斗状のピンに半田が流れ込んで、プラスチックを溶かさずに済むと思いついた。そのような事例もあるようだけれど、スイッチサイエンスからEsp-wroom32のdeveloper boardが届き、まずは表面積がスリムで半田付けがしやすいピンヘッダをつける、Esp-wroom02のときは、できるだけ足を少なくしてフリスクのケースに収まるようにしたものの、ピン数が多く、DevKitCとも配置が異なっていた。プログラムはそのままコンパイルできて、ブラウザに操作パネルは表示されている。プラスチックケースの横幅ギリギリではあるものの、半田ごてでプラスチックを溶かせば、アンテナ部分が飛び出るくらいで、micro-USBも使えそうだ。GPSのシリアル通信のピンがDevKitCと同じかどうかを試してみる必要がある。

プラスチックケースは比較的横幅が大きめではあるものの、パーマセルテープ で直線上に半田でなぞってプラスチックを溶かした、縦の部分は手の動きをなるべく平らをイメージして溶かしていると、ほぼ歪みがない形になった。基盤とケースにスペースがあるので、M3のネジ穴をつけてヒートシンクを貼り付けてraspberryPiの形に揃えてみようと思う。raspberryPiでもUSBポートと LANポートがそれぞれ基盤にダイナミックに付いており、ただコンパクトにしたような設計だけではないようだ。本来は3Dプリンターでぴったりのケースを作るところだけれど、あり合わせの素材を組み合わせて、ひと味違った用途で活用することにも意味がある。

続きを読む エナメル線と透明なケース

リレースイッチとネットワーク

サーボモーターと銅線を組み合わせて、スイッチを作ったことがあった。サーボモーターの電力は小さいけれど、それが別の回路を繋げたり、離したりすれば、シンプルなプログラムと回路で、動きのある装置ができそうだと考えた。ぜんまいや歯車もなく、銅線を加工して、ホームセンターのネジを組み合わせて、スイッチを作った。ある回路に信号を送ると、銅線が別の銅線とくっ付いて、電源がONになる、またその回路に信号を送らなくなると、銅線は離れてOFFになる。サーボモーターの角度と位置により、多少揺れても同じ位置で動作する。Arduinoでは数十秒ごとのサイクルで動き、esp32ではwifiで時計を取得して、数分から1日のどこかのタイミングでONとOFFを切り替えるというアイデアがあった。

ふと回路を調べていると、リレースイッチという、電磁石に信号を送って別の回路のONとOFFを切り替えるようだ。もしその存在を知っていたら、サーボモーターで何かを作ることは無かったかもしれない。リレースイッチは何かのバッテリーのようにも見えて、新種のキャパシタだとも予想していた。LEDフィラメントを順方向で点灯させたり、モーターの動きが一定方向のダイヤフラムポンプには向いているかもしれない。PCの冷却水の循環などが、タイマーで動くということも可能かもしれない。クローラーの夜間走行用のライトにはトランジスタを使っている。トランジスタも信号だけでなく、3本の足に+極と-極を使っているので、増幅というよりはリレースイッチ的な使い方をしている。2017年10月発行トランジスタ技術という雑誌の付録にも、ESPとパーツショップで手に入るパーツを合わせて、arduinoのようなものを作るという企画もある。プロセッサにはESPRESSIF社の切手くらいのサイズのESP32を使っている。WiFiがついて通信を介したプログラムができるという。

続きを読む リレースイッチとネットワーク