インターネットでの意見交換の方法を模索する

マストドンの、「一つのサービスに独占されない」という標語は僕を勇気付けた。仕事らしいもの以外は何を言っても力をなさない息苦しい状況に差した一筋の光明に見えた。それでも、マストドンのドメインを運用するまでには至っていない。ただ僕だけでなく、誰かが見ても面白いと思うことは一言でも呟けたらという願いがあった。また、マストドンを使って、個人が自由に生き生きと交流しているところになぜか嬉しさを感じた。
例えば合コンで一人になってしまうと、他の人がイチャイチャしているところすらイライラすることもあるが、新しいマストドンではなぜかおおらかな気持ちになれた。僕はラジオも作る側というより、チューニングしたり聞いたりする側、メディアを発端にして、何も動きがなかったところに、活動をもたらすように促したい。
ブログはmobabletype3から始めていた。Sixapart社は、アメリカの2001年911テロの時に、身元確認のためのホームページを作成した。DBはBarkleyDBでFTPサーバーにフォルダをまとめてアップロードするだけで、データのバックアップと更新ができた。淡いブルーの管理画面と、白いページが視認性が良く、ネットカフェからでもテキストを更新することができ、大学の授業用に買った中古のパソコンをサーバーにすることができ、どこでも情報配信ができた。当初は、CSSもなかなか上手く扱えず、レイアウトが上手くいかないことも多かった。専門学校で個別のビテオ授業でHTMLやイラストレーターを自習しながら、社会との繋がりを求めてmovabletypeの個人アカウントを取って、
自宅サーバーにアップロードした。ブログをポートフォリオに就職活動を続けた。最初はあまり芳しくなく、どこも自分たちだけで手一杯という感じて、精神的に参ってしまった。ただ自分も作業を圧迫されれば、同じような状況になるかもしれない、それでも自分の記録がサーバー上に適切にあるだけで後で客観的に振り替えれることは確かだった。デジタルではやり直しが効く。
元気の出るコメントはある。ニコニコ動画や、アイドルのイベントでもコメントを随所で投稿した。長文ではないけれど確かに意思の力がある。中にはニコニコ生放送で無言で見守ることで応援になるというチャンネルもあった。パソコンの画面だけを見ていると気分が暗くなるので、イベントには積極的に参加していきたい、イベントに参加しようとして会社を早退しようとする時に限ってミスを誘発される。いっそ、ミスから立ち上がってやろうと思った。
そういう時に限って過当競争に陥っている可能性もあるので、同僚にとってどうでも良く、自分にとって直接の利益にならなくても社会が明るく住みやすくなるための工夫がブログやtwitterを通じてできたらと思った。
その時にとてもためになったtwitterのアカウントが、F太さんのひらめきメモだった。相変わらず、イベントには遅刻気味だったが、ひらめきメモはtwitterで理解できれば、いつでもでも参加できる。

ひらめきメモ‏ @shh7 https://twitter.com/shh7/status/867349645357326337
その日良かったことを3つ書きだす っていう日記の書き方の素晴らしいところは、嫌な事を優先的に記憶しがちな脳の仕組みに対抗して良い記憶を増やせること。そして「なにか良いことあったかな」と頭の中を検索するプロセスによって、良い出来事に気づくアンテナが鍛えられること。

続きを読む インターネットでの意見交換の方法を模索する

マンチェスター・テロの後

イラク=シリアの内戦の後に何が残るのか、
大量破壊兵器の証拠は見つからなかったが、
そのあたりから、大量の難民が中東からヨーロッパに流入していた。
2016年あたりからアレッポの攻略に成功し、ISの勢力範囲もだいぶ落ち着いてきた。イギリスのEU離脱(Brexit)をきっかけに国際世論が揺れ始めた。
イギリスで2度のテロが起こった。
ウェストミンスターでのテロではなく、郊外のマンチェスターで、アリーナは河沿いにあり、そこでテロが起きてから、お城のようなビクトリア市庁舎に市民が集まった様子。BBCは、マンチェスター市庁舎の前の石畳の広場で数人かに絞って取材していた。一日経って、状況はまた普段に戻っていたが、22人あまりが帰らぬ人となった。その現場の映像がBBCで公開されているので思ったことを書いてみたい。
参考:https://www.periscope.tv/BBCOS/1rmxPPbZXXExN?
(BBC Outside Source: Live from #Manchester on @BBCOS with @BBCNualaを参考にした。)
男性の一人は30代で、8歳の娘を爆弾テロで失った。動揺する中で、
チャットを使って、会話の中で不安を解消して日常を取り戻す連絡ツールとして活用できる。アリーナで爆発が起こった時のコンサート会場の様子を覚えているようだ。通常なら、この後でも学校に通ってそのあとの人生があったはずだった。伝統的な街の中で、ティーンエイジャーが多く集まるコンサートでの痛ましい出来事。
マンチェスター大学の大学生の男性と女性がいる。
男性は、アメリカオハイオ州の出身。
犯人について推測することで、混乱を落ち着けようとしている。
災害時にはTwitterでの情報収集が役に立つようだ。アリーナから歩いて3分くらいのアパートに住んでいる。爆発音がして、街が異常な状態になったことを知った。
女性は、イスラム系の住人でヒジャブをかぶっている。動揺していて早口になっている。モスクでの礼拝の途中にコンサートでの爆発を知った。公共交通機関より自家用車の方が確実という見方を示した。中東の紛争地帯のISと、イギリスに伝統的に暮らしているイスラム系住民と他の宗教の住民は区別されるべきだという。ムスリム評議会は犠牲者とその家族のために募金を募るようだ。
続きを読む マンチェスター・テロの後

社会不安とソーシャルネットワークを繋ぐなにか

今朝方、イギリスのマンチェスターで、テロが起こった。
コンサート会場で爆発があり、22人が死亡、50人余りが負傷した。
最近、ウェストミンスターでテロがあったばかりで、Brexitが影響しているのだろうか、イスラム教への理解とシリアでの紛争との兼ね合いがある。
日本でも安倍首相も名首相に向けて、哀悼のメールを送っていた。
僕は海外に旅行にいったことはあまりなく、海外とのやりとりはSNSやTwitterでのやりとりが主なものになっている。その中で、潜在的な危険性がインターネット上に蔓延っていて、テロ事件もその氷山の一角かもしれないという見方があってやきもきしていた。日本でも新宿で5月21日に1800人規模での共謀罪の施行についてのデモ行進があった。そこでFacebook側ではどのような読み取り方をしているかが気になった。タイムラインに埋もれにくいものの、記事には写真と500文字以上のテキストを入れることができる。
コメントでも写真とテキストが入る。そのため、お互い示し合わせて人気を演出したり、政治活動や学習塾に勧誘することもできる。こういった活動が、識字率の高い国で恣意的に行われている。そういった他人を操作する情報を見るだけで、毒に犯される、という見方が強い。
ではそういったインターネットの毒というものはどのような種類があるかを、
ハフィントンポストのこの記事から読み解いていこう。
参考:
http://www.huffingtonpost.com/dr-travis-bradberry/6-toxic-relationships-you_b_9548628.html
In a new study from Georgetown University, 98% of people reported experiencing toxic behavior at work.
ジョージタウン大学の調査では、98%の人々が、仕事中の嫌がらせを経験した。
そのうち、
・80%はそれについて心配する
・78%は組織への忠誠心がなくなった
・63%が嫌がらせ行為を避けて勤務時間を無駄にした。
・38%が故意に仕事の質を落とした。
・25%が顧客に不満を抱くことを認めた。
・12%がそれを理由に仕事を辞めたと答えた。
しかし、それでも証拠がなく、空気のように形や痛みが伴わないものが多いので防ぎようがなく、真綿のように締め付けられ、一部では発作や暴動が起こる。という病気のような不安が慢性化している。
続きを読む 社会不安とソーシャルネットワークを繋ぐなにか

ハンドスピナーの面白さ

ハンドスピナーはベアリングの回転を使ったシンプルで手に収まる玩具だ。
これが、amazonや海外のショッピングサイトで流行している。
では、ハンドスピナーの核になるベアリングは普段、
私たちの生活のどのようなところに使われているだろうか、
例えば自転車の写真の中心に見つけられる、
ただタイヤを回転されるだけでなく、中に球体の小さいボールが入っていて、
それぞれが軸の周りで回転する。
それによって自転車のタイヤが滑らかに回転する。
電動自転車やバイクにも同じような構造がある。

ベアリングの部品だけを指先で転がすと、
海外では気分転換になるという、オモチャが流行している。
日本の昭和初期に下町で遊ばれていたベーゴマに似ている。
僕は生まれた頃にはベーゴマは無く、こちら葛飾区亀有公園派出所(94巻)のベーゴマの特集と、
タカラトミーのベイブレードというオモチャでノスタルジーとともに想い起された。
鉛の塊を冶金技術さながらに、溶けた鉛を鋳型で鋳造するベーゴマと、
そこに紐を掛ける時のベーゴマの巻き方の工夫で、
鎬を削る少年たちの勝負の世界観に興奮した。
対して、ベイブレードはプラスチックで、駒が音と光を出しながら、
昭和のベーゴマの対戦形式を子供に分かりやすく演出したものだ。
こうすると前者の方が本格的で、後者の方が敷居が低いようにも思えるが、
駒が回る仕組みを学ぶとしたら、後者の方がより構造的と言えなくもない。
ただ、金属を持っているという実感がもたらす安心感は、何にも代えがたいものがある。
例えばドラゴンクエストでも小さなコインの模型があったらそれだけで豊かに慣れそうな気がする。
そう言った物質とデザインが合わさった価値観が海外でも共通するように思われた。
続きを読む ハンドスピナーの面白さ

都会と田舎の境目

都会と田舎の境目はどこだろう
都会にはビルがあって、田舎には自然があるというわけでもない。
浦安の前市長、松崎氏は、任期を終えると千葉の知事に出馬した。
市長の背景には浦安市民に支えられた安心した暮らしが感じられたが、
選ばれたのは、千葉の広い田園の雄大さがある森田氏だった。
松崎氏は、東関東大震災でお雑煮の炊き出しをしていただいたこともあった。
震災を乗り越えて、故郷をおおらかに守るか、または耐震を含めて都市化を推進するかという岐路に立っていた。
浦安市では、新市長舎が完成し、ボランティアももう雨露に困らない。
だたそれからどうするかというところで成長が止まっているのかもしれない。
そのあたりの日にちで、
レイティニャットリンちゃんというベトナム人の小学生の女の子が遺棄された。
千葉県松戸市の通学路から、3月末頃に行方不明になり、
茨城県境あたりで死体が見つかった。
そのニュースが、地方紙でちらほら出始めていた。
続きを読む 都会と田舎の境目

時事問題に見る、短い効果、長い見方

トランプ米大統領がアフガニスタンで使ったMOABはわかりやすい。
しかしながら爆弾の用途と威力より、
兵器にかかるコスト、準備費の方が高くつくと心配する見方もある、
もしかしたらこの人が本物かもしれないという根拠のない励ましを感じることがある
少なくとも日本やイスラム圏のネチネチした嫌がらせはない
ただ、抗がん剤が癌の根本治療になりにくいように
ただ漢方はいいところばかりと言っても体験的には難しい
漢方の抗がん剤は、副作用がなく長期で治る
西洋の外科手術は、短期で患部をやっつけるが、副作用がある
という構図の嘘にショックを隠せない。
インディアンや黒人なら生命の秘薬を持っているというのも疑わしい。
ハイブリットであるべきと思う。
ハイブリットの半分は、ロクでもない。
不動産の半分は、縄張り争いだ。
そのようにして株価は、気が狂ったようなギザギザを持って推移した。
続きを読む 時事問題に見る、短い効果、長い見方