水ブロックと縞猫

水ブロックの描画とそれに付随したアニメーションは、もともと持っていた参考書の波のモディファイアと連携して、cyclesレンダーを使わずに透明感と質感を出すことができた。またそれにmineCraftでハーフブロックにバケツの水を貯められるようになった時の目新しさをエッセンスとして組み合わせて見ようと思った。モックを作った時は何とか形にしたが、後で見てみると水にアイテムを入れたとき、水面に波は経つけれど、ガラスブロックにアイテムが透過しているのに映っていないことに気が付いた。床の砂岩ブロックは透過しているので、マジックミラーの間にアイテムが隠れているような奇妙な形になった。これを直すのに、設定を見直すことにした。IORの数値は透明さを重視していた0.8から1.333に戻して、向こうはすけて見えるが、光が屈折している様子によってガラスと水を識別する。また、水のダイナミックペイントはボールのデータが残っていたのか、アイテムのシルエットと異なっていた。アイテムのシルエットを適用しなおすと、水の跳ねは小さくなるが、ひし形に波が経っていた。水にぽちゃんと小石が入るような音でなく、平たいものがばしゃりと収まるような感じだった。とはいえ、アイテムがパスのカーブに沿って水面の波を立てることももっともではあったが、ボールをダミーにして代わりに波を立てるようにした方がブロックの波模様が分かりやすく演出できる。また波の経ち方はダイナミックペイントの設定というより、水ブロックをキャンバスにしたとき、ブラシになるブロックの形状や質量が関係しているようだ。また水ブロックにはアイテムが厳密にはボールが接触して波がたってから、しばらくするともとの水面のさざ波に戻る必要がある、そのときの速度はダイナミックペイントで設定できる。またガラスブロックに水のテクスチャ―が触れないように水ブロックのサイズを1m四方の立方体のハーフブロックから、0.999mなどわずかに小さくするとテクスチャーに水色が映りこまなくなった。また水の色は初めは青だったが、直して見ると青緑色になっていた。予想以上に再設定に手間取ってしまったが、mineCraftでベータ版のレイトレーシングや中国のwisdom-shaderなどのシェーダーパックを使ったときに水の質感が印象的だったことを、blenderでも再現できればと思った。

続きを読む 水ブロックと縞猫

水ブロックの透明感と波

水のテクスチャーが再現できれば、応用が利くと思っていろいろとBlenderで設定を試みると、なかなか透明感がでない、ガラスのような透明感はCyclesレンダーでしか出せなかったが、条件付きでeeveeレンダーでも透明感や反射が再現できるようになっていた。Cyclesレンダーでは、パソコンのスペックが足りずフリーズするようだ、なるべく造形の段階では、メッシュなどは変わっていないのでeeveeレンダーで透明感を出せた方が現実的だった。ドメインを使って器に入れるアニメーションは、ドメインの解像度にムラがあり、指定した範囲よりやや広めにとる必要がある。入れ物によくワイングラスの回転体を用いることがあるが、回転体は立方体の入れ物に比べると容器は透明でも厚みがあり、その厚みに流体シュミュレーションが適用された。そこで立方体に厚みを持たせて容器を作ると、水漏れが収まった。しかしながら容器をレンダリングしないと、水は一様ではなく、流体シュミュレーションの難しさがあった。または炎のアニメーションのように一定の平面のUV図面をタイムラインで操作するというアイデアを思い付いた、立方体の周りと下を半透明のPNG画像にして、表面だけ波が流れるアニメーションを追加する。一見水には見えないが半透明のブロックが再現された。IORを1.333にしたり、環境テクスチャーを追加すると、透明なだけでなく、半ば風景を鏡のように映して透明感が出てきた。とはいえ、環境テクスチャーは確度によっては不自然な影ができるなど、結果の画像と制作の途中で必要な要素が異なっていた。金属の場合はIORを1.45にすることで鏡のようになるが、水の場合はさらに半透明になっている必要がある。水冷ユニットや、mineCraftのアイアンファームなどでは水の流れを活用していたが、それを描画するとなると相応に準備が必要なようだ。流体のドメインの設定を一度に詳細な数値にすると、パソコンがフリーズするので段階的に組み立てる必要がある

続きを読む 水ブロックの透明感と波

球体の丸さと回転

参考書にあった設定でスザンヌというデフォルトのサルをレンダリングすると、耳などがポリゴンのかくかくでeeveeレンダーの設定を変えても、立体が丸みを帯びなかった。ちょっと気分転換に、Googleのキーワード検索によりblenderで卵をレンダリングするときに、必要なことというネタがあり、そこではモディファイアでポリゴンを一時的に細かくしていた。円に近い形の多角形を一時的に作る機能になる。円周率は最近の教科書では3.14…ではなく3になっている。そちらのほうが数学的には方程式をレゴブロックのように組み立てやすい。もしこれが3.14…だったらそれを暗記することでメモリを使ってしまい、それがなぜそうなっているか、またどう活用するかまでイメージしにくくなっている。ポリゴンは一度に詳細を作るよりは、シンプルなデフォルメを作った方が、概要が分かりやすい。とはいえマスコットのドロイド君の頭のドーム状のパーツが卵の殻のように滑らかになるところを見てみたかった。

球体のポリゴンが実現することで、円形のオブジェクトにピッタリのテクスチャ―があれば、限りなく球体に近い多面体としてレンダリングすることができるようになる。そこでNASAが公開している、地球儀の画像テクスチャーを活用することにした。地球の場合は、地軸が23.4度右手方向に傾いている。Y軸を値を設定する。90度を23.4度、66.6度に分ける不思議な比率になっている。実のところ傾きを左右逆にしてレンダリングしなおすことになった。地球儀の自転は、軸に沿った角度入力で再現されたが、惑星が太陽の周りを公転する様子は、パスに沿った動きで再現しようとしたが、地軸が傾いていると、円形が歪んだ形になるようで、そこで透明なオブジェクトと紐づけて中で地軸をずらして回転させると上手く公転が再現された。またパスに沿った動きのアニメーションの速度はなかなか調べても出てこなかったが、紙飛行機をパスに沿って動かすアニメーションで紙飛行機が飛行する速度を変えるプロパティと同じということが明らかになった。プログラムの素は言語で、母国語の英語の日常的な動きがカギになっていることがしばしばある。

続きを読む 球体の丸さと回転

質感とテクスチャー

積み重ねはどんなことであれ、少しずつでも力になっていくけれど、もしそこにズレや矛盾があったらそれも影響してしまう。僕としてはなるべく直しているつもりでも、勘違いや気づきのなさから直していることを誤魔化していることにもなりかねない。新聞の小説の?の記号を半角から全角に揃えた。…と…の表記を揃えた。そうしているとカギ括弧の閉じ忘れや改行のし忘れあってそれも直した。毎朝無意識に入力していたときは気が付かなかった。繰り返し読んで不自然でないようにしていきたい。

Blenderで、造形は三角形と四角形のポリゴンを重ねる形で、モノクロでは輪郭が同じになっているが、色を付けるとハイライトや影の描写が上手くいかない。ノード設定が参考書によって仕組みを追加したり、値を変えられるようになって。漫画のトーン張りのような影の付け方を説明したブログがあり、それをもとにトーンをグラデーションの諧調から色合いにメリハリが付いたトーン調に変えると、影が段階的になった。Blenderの通常のマテリアルだけでは、立体感がでないことは仕方がないと思ったが、参考書の写真と仕上がりがどこか異なっている。なにかコツがあるのかもしれないと予想した。

パソコンとグラフィックボード

グラフィックボードについて、僕は詳しくなかった。今回それをあえて購入したのは、パソコンとは何か、自分なりに探求しようと考えたからだった。普段はスマートフォンを使っている。スマートフォンにキーボードを付けて、ワープロの代わりにしたこともあった。デジタルカメラはスマートフォンで間に合わせている。パソコンはグラフィックボードが無くても、wordやexcelを動かすことはできる。グラフィックボードは自作パソコンで映像出力を改善するのに使っている。mineCraftのRTXでは、一つのブロックのレイトレーシングで景観を形成するくらい数多くのブロックに適用させて、一つの風景を作り出す。ブロック一つであれば、グラフィックボードが無くても、intelのモバイルPC用のcore i7だけでも再現された。立方体に光が当たっており、色合いが変化してゆく。ノートパソコンにグラフィックボードを外付けで付けられれば、デスクトップPCとして成り立つと想定した。それを可能にするのが、ThunderboltケーブルというUSBケーブルだった。

僕の目的は絵を描くことでも、写真を撮ることでもないけれど、パソコンを使っている以上それらにも詳しくなる必要があった。mineCraftのJAVA版に慣れ親しんでいたことに報いるようにwindows版のクーポンが取得できればタイミングは良かったが、後で3000円から3990円に値上がりしてからソフトウェアを購入した。JAVA版にOptifineを加えるシェーダーパックを適用すると、水の透明度は表現されていた。中国のwisdom-shaderの作者は、まるでアニメの風景のような透明感のある風景を再現させていた。windowsPCでなく、macBookがメインのパソコンだったときは、wisdom-shaderの透明感のある水と空にインスピレーションを受けた。シフトレジスタ回路を作って、風景を録画すると太陽や雲だけでなく、星も周回していることを観測した。そのとき、mineCraftのwindows10のベータ版では、グラフィックボードのメーカーのnVidiaと連携して、デモ版のワールドマップを配っていた。その条件がかなりのハイスペックだった。以前にmacBookのスペックを奮発したのは、紙媒体のスキャンデータを効率よく表示するためだった。

続きを読む パソコンとグラフィックボード

情報の相互性

もし僕が子供だったとしたら、YouTubeでマスコットのように扱われることを不本意だと思うだろう。子供がでたくて出ているほどに判断力はないと考えられる。ファミコンなどのゲームは子供同士でも遊ぶことができて、ソフトウェアを所有できていたが、スマートフォンなどの映像機材を使わなければ実現しない動画では、どうしても親というスポンサーが主役にならざるを得ない。声優になりたいわけではなかったが、ナレーションのときに印象的なBGMがあるとそれらしく見えるという企画があり、バラエティ番組でよく引用されていた。それがニコニコ動画などで既存のアニメーションに煽情的な歌謡曲を組み合わせるMAD動画のもとにもなった。歌ってみたという企画では、すでにある楽曲を素人のユーザーがアテレコをするもので、有名が楽曲である方がユーザーから共感を集めやすかった。たしかに聞いてみるとなるほど、どこかで聞いたことがある。名も知れないアイドルが楽屋で歌っていたことに既視感を覚える。

mineCraftの小麦畑の回収に伴って、猫を手名付けるときに、ふと3Dモデルを検索すると同じように猫の3Dモデルがあった、サイコロ状のUVマップだったけれど、なんともいえない愛嬌があり、それを組み合わせる楽しさを伝えられたらと思った。中国のmiHoyoのスマートフォンゲームで猫に似た、ニンディというキャラクターをガチャで引き当てて、それ自体は丸みのある2Dと3Dを組み合わせたような造形だったが、サイコロの組み合わせのUVマップでもそれが猫だと分かれば、キャラクターの表現は可能だと試して見たかった。手足の関節の原点移動などは、3 D画像ソフトのBlenderの箱うしというサンプルキャラクターを参考にした。

続きを読む 情報の相互性

風向きとGIFアニメーション

雨が降ると蒸し暑かった気温が春のように涼しくなった。6月は梅雨入りもあるので、太陽電池の発電が心配ではあるが、水によって体感気温は下がるようだ。雨が降る前の厚さは7月下旬並みで、実際に7月になっても最大気温はそれほど変わらないと予想される。マスクを付けたときに意外と体感気温が上がり、サーキュレーターとメッシュ構造の素材やタオルケットの通気性が涼しさのポイントとなっている。空冷システムも風通しを変えることで体感温度は少しずつ変わってくる。以前にはドアの開け閉めで部屋の隅の温度が変わることがあり、空調座布団が必要になったこともある。風の向きによって体感温度が変わることはこれから蒸し暑くなるにつれてちょっとした工夫が重要になってくる。

動画コンテンツの理解が得られなかったこともあり、要所を映したGIF動画なら先入観なく見てもらえると予想した。画像編集ソフトでGIF動画を作成するとフレームレートが23.8のままだったので、GIF動画にしてはサイズが80MBと重くなっていた。YouTube動画にアップロードした動画をGIFMAGAZINEというwebサービスで変換すると、最大6秒までのGIF動画を作ることができた。昆布養殖プラントで収穫して、水流のパイプを使って流れて収穫されるまでの一部始終をアニメーションGIFになった。レッドストーンリピーターを使ったクオーツ回路では、1マスあたり1秒として10秒のGIF動画があれば便利だと思ったが、6秒とするとすこし足りない。EZGIF.comというwebサービスで、短い動画をGIFアニメーションにすることで、大きさは幅が600pxで長さは10秒と、解像度と動画の長さを少し引き延ばせた。とはいえ、スマートフォンで開いてみるとGIFMAGAZINEの一回り小さいGIF動画のほうが表示は素早く、情報量は少ないが閲覧に負担は掛からなさそうだった。ペルチェ素子と水流が循環する仕組みは、注目こそされていなかったが、形としては珍しいようで伝え方を工夫すれば、これまで注目されなかったり話題にならなかった題材でも、ありそうでなかったコンテンツになりそうだった。水の循環は反復してサイクルにできることを示すために数秒の繰り返しでも循環のモデルになり得るということを形にできた。twitpicsというtwitterのAPIを使った画像共有サービスはAWSのクラウドストレージサービスを使っただったが、数年前にサービスが終了して、添付した画像はハードディスクに保存しないと見られなくなってしまった。スマートフォンで撮った画像はGoogle photoにてクラウド上にもハードディスクにも保存することができる、定期的にバックアップを取っていきたい。

続きを読む 風向きとGIFアニメーション

再現性と自主性

シフトレジスタ回路のNOT回路に用いるレッドストーントーチの位置を上から横に変えるとレッドストーン回路を1マス節約することができた。これによって回路をフラットな平面になり、回路図をRedstone simulatorのマス目に設計として組み合わせを記入してみる。シュミュレーターの上でシフトレジスタとしての機能は無く、すべてのレッドストーンリピーターにパルス信号が行き渡っている仕組みが点滅するだけだった。シュミュレーターにはリピーターに横から動力が流れたときにロックする仕組みが入っていないようだった。そこでスマートフォンのBE版でもシフトレジスタ回路を平面のマス目にした図面から再現してみると、パルサー回路の遅延を2から1にすると、パソコンのJAVA版と同じようにランプの点灯を段階的に保存するようになった。調べてみるとスマートフォン版でも昼夜のサイクルは同じ20分で1日になる。スマートフォン版のほうが昆布の成長スピードは速く、少ない面積で再生可能エネルギーが取れるサイクルができていた。パソコン版では昆布の成長スピードにバラツキがあって、クロック回路のカウントを70くらいまで延長してようやくタイミングを合わせられた。パソコン版では粘着ピストンに1チックの信号を送ると粘着せずに一マス浮き上がるという現象がある。オブザーバーと粘着ピストンを接して、オブザーバーになにかブロックを置いたり退けたりして変化を加えると、粘着ピストンがくっ付かないで動作する現象があった。スマートフォン版ではそれがなくくっ付いたままになっている。ピストンとオブザーバーを組み合わせた乗り物はパソコン版ではピストンの配置を変えずに往復ができるが、スマートフォン版では進行方向に粘着ピストンとピストンを置きなおす必要があった。

動画にするときのメリットとしては、立体的なブロックの組み合わせを順を追って把握できることで、ピストンを1マスから2マス以上に引き延ばすノウハウでは、リピーターとオブザーバーの配置が入り組んでいるので、平面のエクセルのマス目で再現できないので、動画の再生ボタンと一時停止ボタンを押しながら、ブロックを置く順序を確かめていた。立体的で分かりやすい一方で、それと全く同じ配置でないと動作確認ができないという変化の乏しさがあった。その点でエクセルのマス目にメモしたりした手掛かりをもとに再現した方が想像で補える余地があった。

続きを読む 再現性と自主性

光源と質感

MMDにライティングを追加すると、平板だったモデルが立体的に見えるようになった。LEDランプを読書灯に使うという案も、初めは白黒の電子書籍の文字を読みやすくするためのものだったが白熱電球は、蛍光灯の青白い光とは異なり、電球の黄色っぽい暖色になっている。現代ではろうそくのように燃料を使った光源は無くなってしまったが。蛍光灯では消費電力と眩しさがコントロールできないために、ネガティブなイメージと先入観で捉えられることが多かった。また国産のシャープの大型の液晶ディスプレイも、テレビのブラウン管をフラットなタイプに替えたけれど、一般家庭で購入するには高価だった。パソコンも国産のノートパソコンは依然として高価で、ゲーミングにもオフィスにも対応できる8GBのメモリと2GHzのCPUが搭載されたモデルが10万円くらいで用意できれば妥当なところだけれど、昨今はスマートフォン一台でもCPUが2GHzになると10万円を少しオーバーする。それにくらべればLEDフィラメントは抵抗器とUSBケーブルがあれば実現できるので、コストを気にせずに試行錯誤ができる。MMDではシェーダーのエフェクトがmineCraftと同じようにリソースパックを追加するようにできれば便利だけれど、まずはBlenderで行っているように物質とそこに光源を追加して光の反射によって質感を表すことにした。現実でも読書灯をKindleに向ければ、白黒の文字が、温かみがあるように感じる。

続きを読む 光源と質感

マスクと玩具

マスクが楽天で注文したショップから早速届いた。Amazonでは配送が遅れて、返品もままらなくなっていた。珍しいことだった。手をこまねいている訳にもいかず、少量がスーパーマーケットやドラッグストアに入荷されていたというが、僕の行動範囲では見つけられなかった。繰り返し洗って使えるタイプのマスクで、分けてもらったものと実際に通販で買ったものの形は同じだった。ともかくマスクは心配をよそにすぐにポストに届いた。あるところではいくら催促しても届かなかったので、やはり相性を見つける試みが必要になる。Amazonではリチウムイオンのモバイルバッテリーやマグネットケーブルなどを家電量販店に先駆けて購入できていたけれど、それだけでなく実店舗にもネットショップの選択枝があるようだ。

MikuMikuDanceの等身を3頭身にするのは、SDガンダムなどにきっかけがあった、こどもの頃は本編のアニメーションを見られなかったので、街角のグッズからストーリーを想像している方が長かった。ゲーム機でも欲しいタイトルを選ぶことができずに、与えられたもので満足することにした。ねんどろいどという3頭身のフィギュアを基にした初音ミクのモデルと比べると、中国のキャラクターの造形も優れていることが見て取れる。江戸前寿司が地方の特産品によってアレンジされているように、アニメーションも中国の特長を折り込んだものになれば、見ごたえがあるように思われた。お互いに珍しいものを補い合える関係性を模索している。

中国から日本に留学するセミナーにしたけれど、日本に関心があることが分かってそれは良かったけれど、個人的には日本語の講座に授業料を払うわけにもいかず、体験セミナーを最後まで聞いて感謝するにとどめて置いた。中国語のゲームやアニメでも日本語のセリフや歌詞がでることもある。しかしながら中国語と日本語が通じることがあればいいなと思う。

ファミコンが電化製品の仲間入りをしていなかったころにも、なぜかカードゲームからキャラクターを作ったり、カラオケやディスコと組み合わせてというアイデアも施行されていた。戦後になって50数年、まだ3世代くらいしか交代していいないため、アナログとデジタルの境目はいがいと曖昧になっている。定規の上をなぞってまっすぐに見せた鉛筆の手書きの線によってデッサンされたキャラクターもある。人が集まってくると、かえって遠慮しあって疎外感を感じることがあるという。それはネットワーク上のオンラインでも、実際でも変わらない。実際に人と会うと、2人だとある程度打ち解けるのに、3人になるととたんにそのうちの一人が誇張をして言動が荒っぽくなるという事例にあったことがある。3人から政治関係が成り立ってくるようだ。

続きを読む マスクと玩具