メッセージの送り方

2017年から書き始めている雑記が今日で1000本目になる。とりとめのない随筆から、科学やDIYに興味を持ったこともあった。現在では書いたことをもとに相手の意見を取り入れながら、目標を新たに探していこうと思う。パソコンもメモ帳からWordに、macBookからwindowsPCに変遷している。ダイヤフラムポンプを使った水冷ユニットでパソコンを起動させる前に循環させてパソコンの表面温度を平熱に保っていた時期もあった。キャタピラクローラーをraspberryPiとarduinoなどのマイコンとスマートフォンでリモコンのように動かしていたことも行っていた。Blenderで3Dモデルを作ってキャタピラーの動きを再現したこともあった。そういったことは空いた時間に行っていたスマートフォンのキーワード検索が契機になっていた。webデザイナーからプログラマに転向する時期に時間が空いていた時に身の回りで気になったことを調べる機会があった。技術的なことは詳しく教えてくれなかったけれど、気が付いてみるとアルミニウム板で足場を作っていたり、キャタピラクローラーを中国から部品を輸入して組み立てていたりした。それらはDIYとして行っていたが、実際には身の回りの人の支援が折り重なってできていたと思われる。

今日は朝起きて、新聞小説を書き写して、すこし時間が空いていたので雑記のアーカイブを整理しようとしたら、作業半ばで時間が足りなくなって、就労支援施設への通所を優先させた。その判断には理由があったが、どこかさきほどこうしていれば良かったとあれこれ考えるようになった。こういった作業は手を付ける前にまとまった予定を立てることを行った方が良かった。新聞小説の足りない画像を見つけたことはよく気が付いたと思うが、そのまま他の作業に移行する前にひと段落置くべきだった。2018年の半ばから、WordPressのバージョンが変わり、記事のエクスポートのときに出力されるHTMLタグが変わっている。テキストはメモ帳に張り付けるとフォントがデフォルトになって、Wordでも読みやすくなる。Wordのファイルサイズでも2018年と2019年では同じ文字数でもクラウドサービスが普及した影響で、ファイルサイズが変わっている。クラウドサービスによって家で文章を作成しても、外出したところでスマートフォンを開いてもその文章の続きを見ることができる。MicrosoftのOneDriveというクラウドに一つのアカウントごとに割り当てられた無料の容量は5GBだった。以前は水冷ユニットを組み込んだ小型PCのデスクトップとマイドキュメントの容量そのものだったので、常に仮想の鞄に書類がたくさん入った状態になっている。文章はパソコンのキーボードで作成する、スマートフォンでは文章をブラウザのスクロールで読むことはできても書くことができない。メールやショートメッセージの文章はそれぞれが限られた心理状態で、相手に伝えることを優先して送ってくれたものだとも考えられる。Googleのキーワード検索を分からない漢字を調べる漢和辞典のように使えるが、なるべくは語彙を豊かに持っていられるようにメモで字を書く練習をしても効果的になる。

続きを読む メッセージの送り方

コミュニケーションの共通要素

手続きが間接的だったときにその概要が掴めなかったのはやはり世間知らずだったかもしれないが、ともかく自分と相手の都合を合わせてなるべく早く手続きをする必要がある。就労支援施設に通っていることはこっちの都合かもしれないが、ストレスが溜まりそうで予定が立たないときは事前に相談することができる。不安ではある。離職票の手続きはそこまで詳しい記入が必要なく、電話で要件を話した方がいいというアドバイスも頂く。とはいえ、ともかく体を空けておく必要がある。また自分から進んで通所した日々は無駄にはしたくないとも思っている。一般職の人に会うと待遇面でギャップを感じることがあり、なにかあるけれどそれを事前に教えてくれないことが不安ではある。こういうことは手続きではよくあることと聞かれると安心する。なるべくは目立たないその他大勢になりたい気分だった。実のところ、先週の火曜日に手続きをすることもできたが、就労支援施設を体験するために木曜日にした。対人関係に慣れる機会ができたためにそれも選択肢だと思ったが、前職を引きずっているようで気が重いのも事実だった。

午前のプログラムでは断り方の講義だった。相手を立てながら自分にできないことは、安易に受けずに断ることも必要になる。グループワークではよくあるシチュエーションをもとに意見交換をする。グループワークに参加したメンバーからお礼を言ってもらったので、自分もそれに対して返事をしてみることにした。弁当は鶏肉のオイスターソースがけと中華料理だった。匂いはそんなにしなかったので、濃厚な味のメニューだったことが新鮮だった。あんかけがあるので容器が熱くなっているようで今までにないメニューだった。鶏肉は自炊でもなかなか手に入らないので味わって食べることにした。

続きを読む コミュニケーションの共通要素

通所体験とその継続

就労支援施設の体験通所が3日目を迎えた。朝はそれほど暑くなかった。その日は朝起きて、髭を剃って、ベランダの植物に水を遣って、新聞小説を移して電車に乗った。比較的時間に余裕をもって通うことにした。9時40分に施設に入って、挨拶をする。朝礼までに持参した体温計で検温を済ませておく、午前のプログラムは運動だったので、リュックに入っているジャージに着替えることにした。一緒にプログラムを受ける人も着替えるために、更衣室の鍵を掛けずに声がけをするだけで間に合った。入室用の名札を最後の人が置き換えるルールになっているようだ。運動をする前に、単語や昨日の生活習慣や、良かったことを二人一組で数えることになった。2人で10個列挙する間に、どちらかが数え漏れることもあった。とはいえ数えることよりも、積極的にアイデアを出してくれることが嬉しかったので、しばらく待つことにした。運動の前の会話もまた準備運動に成り得ることがわかった。ストレッチでは呼吸をなるべく喉から腹に移動させて、一呼吸をなるべく深くする試みを行った。普段は喉で呼吸しているので、呼吸がややせかせかしていたようだった。ヨガマットに横になる姿勢になってリラックスしていても、足を左と右のどちらかを伸ばしてストレッチも兼ねるとだんだんと運動の性質も持ってくる。また、普段の生活では、掃除をする動作にも筋肉トレーニングの要素があるという。雑巾で床を拭くときの屈んだ姿勢だったり、棚に荷物を持ち上げる動作だったり、棚の上の埃をはらう動作などが、生活に必要な動作からでもトレーニングを兼ねることができるようだ。そのときに腰が曲がっていると力が入らないので、なるべく背中を丸めずにストレッチを行おうと試みた。これらの運動やストレッチはヨガにも共通する要素があるようで先日のヨガの運動トレーニングと共通する要素を振り返りながら、取り組みのも意義がありそうだ。とはいえ、横になっているときや、運動しているときには雑念は特にわかないが、他のことを考えることもできないため、なるべく気持ちが整理されたタイミングに考えをまとめようと考える。

続きを読む 通所体験とその継続

悩みの克服とストレッチ

朝起きると、鈴虫が鳴く声がする。台風が過ぎてやや涼しくなったようだ。就労支援施設で運動のプログラムがあるので着替えを持っていく。朝は7時45分くらいに家を出た。電車に乗り換えて目的地まで都営線がある駅から徒歩で線路沿いに歩くことにした。途中で道が狭くなっており、スマートフォンでGoogleMapを開いて現在位置を確かめる。駅には路面電車が通っており、道が開けたところに本屋がある。本屋は9時前からも空いているようで、そこでしばらく落ち着いている。雨は降らなかったようだ。9時40分くらいに就労支援施設に向かう、入所にあたって挨拶をして、朝礼をして午前の文章作成のプログラムを受講する。課題にはこれからも継続してプログラムを受けたいという意図と、自分自身の個人的な悩み事がすこしでも良くなるようにと頭を悩ませた。午前のプログラムにも瞑想は含まれていたが、瞑想によって考えが整理されることを意識するあまり、一部会話が聞き取りにくかったことがあった。発達障害を克服するにはどうしたらいいかと悩み、焦る。ともかくそのままグループディスカッションになったので、メモを取って自分の意見を文章にすることができた。わからないところは積極的に聞いてみても良かったかもしれない。今までは理解度が及ばないと質問をする行為すらタブーとされていたので、相手に迷惑をかけなければそれに越したことはないと思うしかなかった。そうしているとストレスが溜まってくるのか独り言がぶつぶつとでる。または、個人的になにかのタスクが終わってほっとすると雑念が混じったりする。せめて相手と共通の目標を作ってそれに取り組みながら、悩み事を改善したいと思っている。自分でできることといえば、何かに集中しながらも、相手のいうことに対応できるように準備することくらいだった。まずは30分の間集中しながらも、相手の意見を聞き入れて行動に移していきたいと考えている。集中力がなかなか続かないというところのなかに、業務経験が長かったwebデザイナーとしてのスキルを実務に生かそうとするところがミスマッチを起こしているともアドバイスを受ける。とはいえ初めから事務を目標に選ぶことができたらそうしていきたいが、なるべく対人関係のコミュニケーション力を付けて目標と居場所を作っていけたらと思う。

続きを読む 悩みの克服とストレッチ

進路とプログラミング

時折雨が降るものの、それほど涼しくは感じなかった。長袖だったこともあり少し暑かった。台風が九州に接近しているので、天気がやや不安定になっている。晴れ間が見えているのに雨が降ったりしていた。事務書類では去年分の源泉徴収票が保管してあることが見つかった。離職票はまだもらっておらず、コロナウイルスに伴う退職勧告を受けている段階になっている。3級の障がい者手帳をもとに定期を無料で引き渡してもらう準備をしている。発達障害と統合失調症のため、それを和らげる薬を服用している。独り言があるというアドバイスから定期的にカウンセリングを受けるようになった。障がい者手帳もそのカウンセリングが前提になっている。なるべく正常な状態に戻れるように努力していきたい。

JAVAのプログラムではJavaFXを用いた図形の描画やボタンの配置を行った。ボタンを押したときにイベントが起こるプログラムは、JavaScriptでは簡易化されており、actionScript3.0のそれに近かった。また、図形の配置ではボーダーペインとグリッドペインというウィンドウ内の領域の定義があり、それぞれの区画には一つの要素が描画されるようだ。参考書のサンプルプログラムではテキストエリアとキャンバスの要素が同時に重なってCenter区画に設置されていたので、テキストエリアが表示されていなかった。キャンバス要素をRight区画にすると、テキストエリアと重複されずに表示されるようになった。また、ボタンを押して、チェックボックスを選択したときの動作で、コンソール画面に文字列として結果を渡すプログラムを追加した。これもJavaScriptやJQueryなどのフレームワークではなかったタイプのプログラムになった。とはいえ、JAVAのプログラムはパソコンのローカル環境でしか動かないので、実際には別の言語やシチュエーションに置き換えて当てはめる必要がありそうだ。ウィンドウ上に配置されたボタンを押してからデータの受け渡しだけでなく、そこからイベントとして図形の描画もできるようだった。参考書のプログラムを実行すると、黒い四角形が描画されるだけだったので、それに対応する描画の部分を特定しないと意味合いが分かりにくかった。結果的にはテキストエリアと図形の描画を同時に行えるようにプログラムを修正することができた。

続きを読む 進路とプログラミング

ファイルの読み書きと実生活

朝起きると、タオルケットだけでなく毛布がいるくらい気温が涼しくなっていた。日中にかけて気温が上がっていき30℃をやや上回ると、少し汗ばんできた。エアコンに頼らずとも過ごしやすい気候に変わってきた。ベランダの太陽電池と温度計センサーの組み合わせによる運用も引っ越してきたのが去年の8月からおよそ1年が経つ。定期的にベランダの温度と湿度を計っていてそれを継続することができた。ベランダの植物にも水をやっている。ベランダはあまり広くないので、今ある植物の鉢と種類はそのままに、なるべく手間が掛からないような組み合わせにしていきたい。多肉植物とオリーブの木が比較的水やりが少なくて済んでいるが、それでも毎日水をやる習慣が馴染んでいる。育てやすい品種を選んでいたつもりだったが、ベランダの気候に応じて育つペースが変わってきて、どれが合っているかは植えてみないと分からない性質もあった。

JAVAのプログラムではファイルとフォルダの操作を行った。テキストファイルを新たに作ってその中に文字列のデータを入れたり、テキストファイルにある文字列を読み取って行番号を追加したりした。参考書ではファイルパスがCドライブから始まる絶対パスに指定してあったが、プロジェクトファイルを起点にした相対パスにもできるようだ。どちらかというと記述が柔軟な後者のほうが使いやすかった。ファイルの場所はプロジェクトファイルと同じにしてあるが、場所は特に指定はないようだ。また、セーブデータのようにオブジェクトのデータをあるファイルに保存して、それを読み込むことで保存したオブジェクトを再現するというプログラムも試して見た。FileOutputStreamでデータを保存して、ObjectInputStreamでデータを読み取って再現する。保存されたデータのファイルをメモ帳で開いても、法則性は読み取れなかった。とはいえデータの受け渡しの仕組みを学ぶことができた。データのやり取りがエディタ内だけでなく、実際のファイルで再現されると、プログラムが具体的になってくる。テキストファイルへの書き込みはPHPのプログラムでwebサーバーにアップロードされたサーバーのフォルダの中でファイルの読み書きを行ったことがあった。JAVAの場合はそれが、パソコンのローカル環境の中のフォルダになっている。ともかくパソコンのソフトウェアのプログラムの仕組みを知ることで、今あるリソースでできることを見つけていこうと思う。またテキストファイルの中の行を一列ずつ読み込むプログラムなどもなにかに応用できればと考えている。

続きを読む ファイルの読み書きと実生活

クラスの共通要素をまとめる

リビングのLEDシーリングライトにぼんやりした影が付いている。キッチンの同じ形のLEDライトと色合いが変わっている。奇妙に思ってLEDシーリングライトの蓋を取ってみると、LEDライトの基盤とプラスチックの透明なパーツが重なった部分が黒く変色している。キッチンの照明は、リビングに比べるとこまめに付けたり消したりしていたので、同じ部品でも変色していなかった。リビングの照明は付けたままにしておくことが多かったので、変質しやすくなっていた。棚にはメーカーの保証書があったけれど、すでに入居して1年が経っていたので、保証期間は少し過ぎている。据え付けの照明だったのでレシートなどは残っていなかった。とはいえ黒く変色したままにするのも不気味だったので、型番を控えてメーカーに問い合わせたところ、LEDライトのパーツが黒く変色する問題があることは知っているようだった。とはいえリモコンでの操作はそのまま使えるため、見た目を気にしなければ通常通り使えるとのことだった。保証期間は過ぎているが、変色しない同型のモデルと交換という形での対応になった。LEDでも基盤の発熱量が高いと変色することがあるようだ。そういった事例はLEDではなく電熱線によるヒーターの試行錯誤のときに基盤が変色することは何度か体験済みだった。ともかくメーカーに解決の手段があって良かったと考えている。

続きを読む クラスの共通要素をまとめる

仮想環境とレトロゲームと自炊

仮想環境のVirtualBoxにwindowsXPをインストールすることにした。セキュリティの関係上インターネットには接続できず、オフラインの環境になる。学生のときにプレイしていたレトロゲームで思いついたものとしてCivilization2をインストールする。Windows10の互換性モードでは動かなかったソフトウェアが、仮想環境で動くことができた。動作は少し重かったが、マウスカーソルは、現在のウィンドウと連続して使えるためスムーズではある。ポイントとしては、Civilization2のゲームを起動したときに、会議のビデオが映って、遺産の7不思議のアニメーションが動くこと、また外交のCGが表示されていることで、ゲームの再現性が確保されている。最新版はCivilization6でsteamというオンラインアカウントで動いている。FreeCivというCivilization2をベースにしたフリーソフトもあって、ブラウザ上だけでなくインストールしてデスクトップで実行することができるが、ゲームとしてのまとまりを考慮すると、civilization2がシンプルで繰り返しプレイしても、その都度マップが更新されて、ユニットの行動パターンが変わって新しい発見がある。

Civilization4はVirtualBoxにグラフィック用のDirectXがインストールできないので、steamのオンラインアカウントを使用する形になっている。windowsOSのバージョンが10になり、windowsXPだけでなく、windows7もサポートが終了してインターネットに接続できない環境になることが予想される。以前にはレガシーブラウザの表示確認のために、windows7とデフォルトのInternet Explorer7の仮想環境のイメージがあったが、アカウントの有効期限が90日になっていた。Internet Archiveという過去のログを収納しているライブラリから、windowsXP SP3日本語版のCDイメージがシリアル番号とセットになって保管されているため、その環境でのソフトウェアの再現には持続性があった。windowsXPに対応したOfficeXPのシリアル番号は有効でなかったので、日本語版だけでなく英語版も探してみようと思う。スマートフォンはmiHoyoのゲームの容量がやや大きいが、ファイル容量はまだ10GBほど空きがあり、カメラや動画を取ってGoogle Photoにアップロードすることはできそうだ。ゲーム機は持っていないためにパソコンまたはスマートフォンでできることを見つけられたらと思う。Civilization6でも現状のノートパソコンでも動作したけれど、グラフィックが2Dで一覧しやすいレガシーバージョンにも色あせない魅力がある。パソコンのゲームはスマートフォンよりわかりやすく、続けやすいための取り掛かれる要素が見つけやすい。

続きを読む 仮想環境とレトロゲームと自炊

プログラムのライブラリとバージョン

JAVAのプログラムのクラス設定や変数など、プログラムを収納する入れ物を用意したため、次にはパッケージのインポートやウィンドウの表示など、実際にパソコンで動いているプログラムに近づけるために、実践編の参考書を購入した。サンプルプログラムは、入門編とファイル名の構成が同じだったので、ワークスペースを別に用意することにした。ショートカットにワークスペースを登録しておくと、Eclipseのエディタが開かなかったので、ワークスペースを複数用意して、メニューにあったワークスペースの切り替えで変更することにした。コンソールのフォントがカタカナの部分が文字化けしていたので、フォントを日本語のカタカナを含むフォントに替える。フォントの文字の太さは標準にするとデフォルトのフォントと太さが揃って違和感がなかった。

ウィンドウを立ち上げて図形などを表示するためのJavaFXは、FlashのactionScript3.0のステージ構成と似ていた。というよりはFlashがJAVAのプログラムを模倣していたと予想される。参考書の設定では、JavaFXライブラリをgluonhq.comというwebサイトからダウンロードすることになっている。JavaFXはJAVAのバージョンが11でなく8のときは、システムに組み込まれていたが、バージョンが11になるとJavaFXのライブラリとバイナリのファイルを外部ファイルとして読み込む必要がある。ライブラリの読み込みでは、FlashのactionScript3.0やマイコンのarduinoで文字列の置き換えや、時計の機能をインポートして現在時刻を取得するといったことを行っていた。ホームページ制作のときにタブ切り替えなどで使っていたJavaScriptにはライブラリの設定はなかった。クラス設定の前にインポートの宣言を追加することで実現される。ライブラリではjavafx-sdk-11.0.2というファイル名は、2020年3月の時点と同じだった。ユーザーライブラリーにJavaFXのライブラリのパスを追加すると、瓶のようなアイコンのリストが並んだ。

続きを読む プログラムのライブラリとバージョン

プログラムの論理構造

JAVAのプログラムに、インスタンスを新たに生成する。インスタンスはデータ上に実体化しているモノ・事を指している。日本語に訳すると実体という意味になるようだ。WebデザイナーだったころにはJAVAではなく、JavaScriptのプロトタイプチェーンや、FlashのActionScriptでクラスやコンストラクタの決まり事のようなことを動きとは別に覚える機会があった。JAVAのクラスをそのまま使っている事例はかえって少ないかもしれないが、コンストラクタに単語を登録して、データとして有機的なまとまりにすることの意味合いを考えていこうと思う。変数がデータの文字列や、数値を入れる箱のようなイメージで、配列は箱がいくつか連なっているイメージ、多次元配列は配列の箱の中に、入れ子になって配列が入っているイメージになる。参照は住所のようなインスタンスのデータを読み取って値を表示することになる。継承は元のクラスが持っているデータに、独自のメソッドを追加するときにextendとして派生するクラスのことになる、例えば犬は歩くというメソッドを持っており、鳥は歩く代わりに飛ぶというメソッドを持っているとする。犬や鳥には共通で名前と体力がパラメータとして備わっており、それは継承されるもとのクラスの変数に代入して設定されている。プログラムを書くにあたって値を定義するインスタンス、それに変数の値を格納するフィールド、JavaScriptでいう関数にあたるメソッド、それらをひとまとめにしたクラスがプログラムの単位になる。こういった関係はJavaScriptやPHPなどの他のプログラムにも見られた。JavaScriptの場合はwebサイトの表示に、PHPの場合はSQLなどと連携してデータの操作と保持がプログラムの構造より先に、役割として与えられていた。JAVAではクラスを用意して、インスタンスを定義して、その構造を読み解いていく。

続きを読む プログラムの論理構造