電子書籍と立体モデル

防水対応のスマートフォンを探していたが、バッテリー容量やOSなどの兼ね合いでなかなか見当がつかない、スペックを確認するとkindle paperwhiteが防水対応だったようで、まずは台になる、風呂場の蓋をフラットで物を載せられる板状のタイプにすることにした。そのようにしてバスタブにお湯を貯めて、電子書籍の画面を手ぬぐいで拭きながら見ることにした。電子書籍のタブレットは防水対応ではあるが、ページをめくる動作は手が渇いていたほうが動かしやすかったためだ。2016年に中国製の表が液晶画面で、裏がE-inkのYotaPhone3を持っていたが、OSのアップデートで動かなくなって以来、スマートフォンは液晶ディプレイに特化し、E-inkはamazon Kindleが受け持つことになった。かつて1つだったスマートフォンは表と裏に分かれた形になる。Appleでさえ、液晶ディスプレイの大画面化にシフトしている。スマートフォンのライバルは電子書籍でなく、デジタルカメラの方になりそうだ。とはいえ、スマートフォンでもカメラを遠隔操作することは、手に持つデバイスであるので、対応しないかもしない。ともかく、お湯が溜まってくると、大分温まってぼんやりしてくる。初めて風呂場で読んだコンテンツはこちら葛飾区公園前派出所になりそうだ。存外風呂が熱く、1巻あたりの1話か2話をよんだところで、のぼせてきた。とはいえ、動画とことなり、ページをめくる動作が自分のペースでできることが、電子書籍の良さだと思う、紙の媒体でも、風呂場の蓋を布巾で拭けば多少紙面がふやけるくらいで、読むことはできそうだ。

続きを読む 電子書籍と立体モデル

トランジスタからリレースイッチへ

キャタピラクローラーにカメラの底に付いているM6サイズのネジを使って、金具を付ける、アクションカメラに使っていたコインでネジを開閉ができるネジをキャタピラクローラーの金具に付けようと試みた。カメラ用のネジはアクションカメラには付くけれど、M6金具には隙間が空いてしまう、そこでM6ネジを用意して、ワッシャーを間に挟んでみたりなど、金具とカメラがくっつく試みをした。透明なM6ネジは+ドライバーが必要にはなるが、初めて金具と経由して小型カメラとキャタピラクローラーがくっ付いた。三脚にもM6ネジが使われており、水準器がなくても視点を固定するために必要なネジがあれば、DIYの助けになると考えた。また小型カメラには、スマートフォンのアプリを経由して動画や写真を保存できるが、メモリーカードを用意することにした。メモリーカードをフォーマットして小型カメラに装着し、電源のmicroUSBはマグネットケーブルの端子にして、キャタピラクローラーと同じようにワンタッチで充電できるようにする。小型カメラはアクションカメラやスマートフォンに比べると少ないバッテリー容量でも長時間稼働することができる。

続きを読む トランジスタからリレースイッチへ

階段のシュミュレーション

エレベーターの仕組みは、電車をちょうど縦方向に展開したようなものに例えられる。各階が駅のようになっている。日本橋図書館によく通っていた2年前は、工事中でしばしば非常階段を使っていた。階ごとに小学校や市民会館や図書館などがあり、利用者もさまざまだった。その日では、工事中のことが多く、作業用の足場がない風景を想像できなかった。

賃貸用のマンションでも、内装工事があり、そのときはエレベーターが整備中で、非常階段を使って11回まで登り降りしていた。通常は4階でもエレベーターがあったほうが、便利だという、小学校のときの4階のマンションにすんでいたころは、3階あたりから足取りが重くなり、家まで付くときは階段の段数ばかりが印象に残っている。とはいえ、螺旋階段は柱に渦巻くように足場が組み合わさり、建物の背骨のような部分になっている。11階の上り下りでも、例えばスーパーマーケットに買い物にいけると思うと、階段の手間が不思議と省ける。登りより下りのほうが、足に負担が掛からないが、のぼりでも足を上げる動作が重いくらいで、所要時間はそれほど変わらないことが分かる。エレベーターの場合は、一時的に密室になるので、ボタンを押す動作で気配が伝わることもある。エレベーターは便利だけれど、産業革命以前からも縦方向の移動には存在していた。産業遺産の軍艦島にはエレベーターが無く、螺旋階段だけだった。建物のバリエーションを疑似体験する意匠のシュミュレーションゲームではThe Towerがある。ある架空のビルディングの中野階段やエレベーターをビルのテナントに配置して、集客や混雑具合をやりくりすることを目的にしている。もし入り組んだ場所に階段やエレベーターを設置すると、乗客がストレスを感じて離脱することがある、そこで効率的な導線をつくる必要がある。またテナントもビルの中にオフィスの他にもコンビニエンスストアやコーヒーショップがあったりと、ビルの中は運営するごとにバリエーションに富んだものになる。また、ゲーム自体はデータの特長が変わるだけだ蹴れれど、ともすれば現実の空間の家とオフィスの往復になりがちな日常でも、変化に富んだ環境としての街を往復していることを再認識するかもしれない。

そこで非常階段を上り降りしたときと、エレベーターで上り下りしたときの思い出やそのときの様子とを、動画編集ソフトを駆使して並べて表示してみようと考えた。動画の画面のなかに小さい動画の画面があり、別々に動いている。写真やテキストを動画の上にレイヤーのように載せることで、テロップやアイコンに活用したりするが、写真を連続した動画に置き換えたときに、印象が変わってくる。また非常階段の上り下りは通常の倍速で早送りしてみるとどんな感じになるだろう。動画の長さと情報量から容量が重くなってきたので、要点を整理する必要がありそうだ。動画とコンテンツ制作によって、意図が明確になってきた。動画の書き出しでは、ビデオカードが通常のままのためか、上手くレイヤーが反映されていないときや、また書き出しの途中でフリーズすることもあった。動画の作成にはパソコンのスペックが必要だとわかったが、コンセプトはシンプルで、ともすればパソコンを使わない間でも考えをまとめることができるならそうするべきだと思った。

続きを読む 階段のシュミュレーション

動画の画質のバランス

スマートフォンと言えば、日本では普及しているものがapple社製のシェアが多いので、ブランドを踏まえるとiPhoneのことがよく引き合いに出されるが、海外ではandroidの多様化も進んでいる。リチウムイオンバッテリーの小型化、大容量化によって充電をする頻度を少なくしてmicroUSB端子やlightning端子をホコリなどから防ぐことができる。個人的には、誘導コイルの原理を用いた、Qi規格のワイヤレス充電が合って、防水であれば、ケーブルを接続することなくスマートフォンに充電できるかとも考えたが、既存のスマートフォンで防水にすると、容器を密閉する分バッテリーの容量が少なくなる。バッテリーの容量は近年では5000mAhくらいが、一日通して使うために必要になるようだ。Qi規格に対応したモバイルバッテリーはおよそ10年前のPanasonic社製のものがあるが、いまだに防水でなおかつ対応している機種は限られてくるようだ。microUSBケーブルの仕組みが、比較的簡便で丈夫な構造をしているので、なるべく1本で複数のデバイスを充電できるとより便利になる。マグネット端子とiOSやandroidOSへの対応表を自分で作れれば、急な変化でも準備が整えられる。それでも変化するなら、それは最新機種にするいい機会だったということになる。スマートフォンも、デジタルカメラが付いた携帯電話というように、バージョンアップするたびに高性能になっているが、基本的にな仕組みはあまり変わっていない。

僕がもっているiPhone6sは、apple社の最新のラインナップに3~4年前のもので、曲がりなりにもiOS13.2のアップデートにも対応していた、マグネットケーブルが一時的に使えなくなってしまったことは予想外だったが、amazonの商品画像と縮尺から、サンワサプライのmicroUSB用のマグネットケーブルが、すでに持っていたDAIAD製のコネクタと互換性があった、またDAIAD製のものはKIKI.PAPA製のコネクタと互換性があった。マグネットケーブル自体の仕組みはシンプルで、MFi認証がどれだけ厳密になるかわは様子を見るほかないが、直角のmicroUSBケーブルとマグネット端子を繋げれば、多少嵩張っても比較的取り回しのいいものになりそうだ。個人的には動画やブラウザが閲覧できる環境が継続できれば、それに越したことはないと思っている。そのためにはgoProなどのアクションカメラでもバッテリーと電源のONとOFFが運用のポイントになっている。モバイルバッテリーの容量を節約できるようになったことは、いかにしてスムーズに充電するかをマグネット端子などで工夫してきたが、一日のうちで充電する回数が減ることに越したことはなく、ライフスタイルも変わってくる契機になる。通信もWiFiスポットが増えないこともあり、バッテリーは充電から蓄電に、通信はネットサーフィンだけでなく、データベースの蓄積へと変わっていった。

続きを読む 動画の画質のバランス

動画に音声とBGMを

mineCraftのキャプチャーを録画したものには、ピストンやボタンを押す音などの効果音が入っている。YoutubeのBGMでは効果音が被さって無くなってしまう。またデフォルトのmineCraftにもうっすらとムードのあるBGMが入っておりBGMが前面にでるときもあれば、風景の描写の後ろに控えているときもある。効果音で不思議な音が鳴っているときに、月光が照らしている場面があり、そのシーンではBGMを控えめにしてみたかったこともありツールでBGMの音量を絞った、通常はテクノ調のBGMが場を繋いで場面が浮き立つようにもしたかった。アップロードしたものが効果音のみで、BGMが入っていなかったので、動画にBGMを入れたり、動画の途中でテロップを入れたりなど、かつてwindows movie makerでできたことが、windows10のアップデートによって、無料で動画を編集できるソフトウェアは事実上見つからなくなってしまった。スマートフォンにも動画を編集できるアプリケーションがある、無料の場合はロゴが透かしで入っており、定期利用するための購入申請をするとロゴの透かしを解除できる。PDFや写真を加工するAdobeシリーズのオーサリングソフトも、買い切りから期間をレンタルする定額制に変わっていた。とりあえずは透かしが入った状態で、音声やBGMとオブジェクト前後関係が明確になるように取り計らっていければと思う。それで、本格的にオーサリングソフトを使う段になったらソフトを購入しようと考えた。Wondershares社のfilmoraとCyberLink社のpowerDirectorというツールが、動画を編集するのに検索して見つかったものだった。スマートフォンでは文字サイズを変えることはできなかったが、テロップと写真をサブ画面のように挿入することで、雰囲気を掴むことができた。テロップのフォントの選定などではfilmoraのほうがUIが整っていて選びやすかったが、タイムラインなどはスマートフォンのアプリケーションでも動作が確認できることから、cuberLinkのpowerDirectorで背骨を組むことにした。ニコニコ動画などで、ゆっくりの音声などをしばしば聞いたことがあったが、softalkというテキストを読み上げて、音声データにするフリーソフトがあった、例えば、漢字を音声で読みやすいひらがなに開いたり、句読点を付けて抑揚をつけてみたりと、動画の専門知識がなかったとしても、その分野を説明したいというニーズのために音声ガイダンスを作ってみるもの一案だと思った。音声の画像データは、wavファイルになり、mp3に変換したほうが、データの圧縮率が改善されるかもしれない。手持ちにある動画では、キャタピラクローラーが室内の人感センサーが付いたLEDランプを反応させるものと、mineCraftのシェーダーパックのキャプチャー動画があった。それぞれ動作の様子をテロップで説明する場面を入れたりするのも、コンテンツ作りをするうえで必要だと考えた。動画の長さはエレベーターが付いた建物を1周するのにも4分半くらいの時間になっている。そこに見ていて飽きがこないようにポイントごとに明快な解説を付与していく。こういったときに、絵を描くように風景を説明することが、状況を把握したり、それを客観的に伝えるうえで一定の役割を持っている。状況をたんたんと叙述することは、一見すると何でもないことかもしれないが、状況を再現したり、物事の要点をまとめるときにも役立つ。

続きを読む 動画に音声とBGMを

スマートフォンとmineCraft

iPhone6sのバッテリー付きケースが届いた。配送日は予想できなかったので、再配達になった。インターホンがかすかに成ると、配送員が小包をもっていた。その間はサンワサプライのマグネット端子の寸法が持っているものと同じなので、それを間に挟もうと試みていた。ケースが想定より早く届き、iPhone6sを充電するのにバッテリー付きのケースを仲介することで、マグネット端子でも給電できるようになった。スマートフォンのサイズとして手ごろで、バッテリーの容量は、リチウムイオン電池が小型化する前の世代の機種で、単体では充電が頻繁になりがちだった。電話番号のSIMカードはOPPO AX7に替えている。OPPO AX7は、持っている中でもっとも汎用的で動作も持続している。OPPO AX7にはスクリーンを分割してアプリケーションの起動させることができるので、ブラウザを開きながら、単語を調べることもできる。これはiPhone6sの充電がiOSの更新の影響で上手くいかなかった時に便利だった機能だった。どちらにしてもバッテリーケースを介してマグネットケーブルでiOSとandroidOSが充電できればと考えている。スマートフォンを使っている間はパソコンの稼働が節約できる。調べ物をしたり動画を見ることはスマートフォンでできればより手軽になる。

mineCraftの1.14版に対応したshaderを付けることで、ブロックの描写が立体的になった。水滴の描写がリアルで、水面が鏡のように透明度がある。解像度は、CPUの温度との兼ね合いでシリーズの中でも中程度にしているが、描写は透き通っていた。視界がブロックの描画が追い付かず、狭くなりがちだったが、mineCraftのバージョンが更新されてアイテムの種類は増えたが、描画負荷は改善されつつあった。ピストンエレベーターも描画をハイクオリティにしても同じように動いた。フィールド内に雨が降っているときは、視野に靄がかかったようにせまかったが、それが晴れて夜には星空が見えたときには広さを感じた。さらに日が昇って、夜明けになるとフィールドの地平線がエレベーターの展望台から見える。建物に街の看板のテクスチャーを付加して、実際の建物のように見せていたこともあった。看板が見える位置にラウンジを付けることにした。ガラスは薄い板ガラスにして、バルコニーは透明なガラス製にしてウッドデッキのブロックをベンチ代わりにする。照明はランタンでガラスブロックに吊るしておくことにした。板ガラスを敷き詰めるのは、かなり手間が掛かったが、雨の天候を防ぐことができ、また灯りも確保される。またエレベーターの展望と看板までのルートを動画にすることで、後で概要を確かめやすくなった。mineCraftにはブロックなどの効果音は入っているが、YoutubeのBGM素材にすることもできる。動画が5分ほどでBGMをループにすることができなかったので、同じ長さのシンセサイザーの素材を使うことにした。できれば効果音を残した状態でループさせたかったが、Youtubeエディタの他に動画を加工できるソフトウェアを模索していきたい。

続きを読む スマートフォンとmineCraft

ケーブルと端子

MSNポータルサイトに赤文字で、ラグビーワールドカップのテキスト速報が赤い帯で表示されていた。しばらくすると、赤文字は落ち着いた紅色になり、テキストはセンターから左寄せに変わった。ニュージーランド対ウェールズはどちらがタッチダウンするのだろうか。また前後の空白のマージンも等間隔になっていた。

マグネットケーブルが昨日に繋がらなくなったものを、別のタイプのiPhoneのマグネット端子があったamazonの購入画面にはMFi認証のマークは無かったが、持っているiPhone6sを含む第四世代に対応している。工具箱にはType-Cの予備のマグネット端子がある。先日は布団を畳もうとして、うっかりテレビの端チューナーケーブルを痛めてしまったので、注意が必要ではある。また、購入日は昨年の2018年10月になっている。昨年の冬支度の折、明治牛乳の紙パックにバルク品のシリコンラバーヒーターを入れてホッカイロを自作していたが、その時に発熱を予想より低く見積もっていたために、microUSBケーブルの端子は熱で溶けてしまった。そのときのtwitterには、紙パックをモバイルバッテリーに仕立てたデザインが斬新だとして注目を集めていた。実際的にはLEDフィラメントと同じく、熱と信号と光を分別すべきだった。電球は熱と光が合わさっているから暖かな光になるが、省エネや回路の耐久性を鑑みると、今年はホッカイロや誘導電流とLEDや充電を分けようと思う。アクションカメラのGoProが充電時に発熱したり、PSE認証を施した薄い新型のリチウムイオンバッテリーなども基盤の放熱板がコンパクトになっているのでやや発熱傾向にある。

apple社のライトニングケーブルがとあるWebデザイナーに与えたインスピレーション、影響は象形文字のようでもある。千石電商では、apple社のケーブルにだけ充電やデータ転送に直接関係のない認証用のマイクロチップが埋め込んであるとしていた。それがスマートフォンのなかでも、iPhoneを特殊な位置づけにしている。個人的にはamazonBasicからmicroUSBのマグネットケーブルが揃ったらとおもうけれど、マグネットケーブルは便利な反面、電気が適量通電できると先着で、特定のメーカーのラインナップに限定する癖があり、それがパーツ選びの視野を狭めていたとも取れる。

続きを読む ケーブルと端子

マグネットケーブルとスマートフォン

朝起きると、メガネが無い。ぼやけた視界でメガネを探すことにする。寝るときはメガネをつけたままのときとそうでないときがあるが、疲れの度合いにもよる。布団にはメガネが挟まっていないかなど探して見ることにした。昨日までは眉間にくっ付いていたので、無くなってはいないはずだ。ベッドとパソコンがある作業机などを往復しても見つからない。この範囲にあるはずではある。本棚に予備の眼鏡がある。とりあえず視界をはっきりさせたほうがよさそうだ、もしすぐに見つからなかったとしても、予備のメガネがあれば映るものには困らない。とりあえず安心しておく、しかしながらそうなるとやはり元のメガネがどこにあったかが気になってソワソワする。とりあえずベッドの下を開けてみると、洗濯機の洗濯用シートがあった。また布団の中に挟まっていないか、布団を畳んでみる、毛布も畳む。ベッド周りは予定外に掃除ができた。普段から掃除しておけばということでもあるけれど。

昨晩、風呂場から出て着替えようとすると電話がかかってきた、どんな用事を確かめるためにTシャツに袖を通す、バスタオルで髪を拭きながら電話にでて話を聞く、電話は15分くらいだったが、ひと段落して落ち着く、そのときにバスタオルに眼鏡を包んでいて、それで見つからなかった。鼻づまりで布団に入っても呼吸がすこし気になって寝付けなかったこともあり、そのあたりの記憶はぼんやりしている。自己満足と言われれば仕方ないが、ともかく物事のいいところを拾ってみると、睡眠状態は鼻詰まりで風邪をこじらせかけた昨晩よりはよくなっている。またメガネをかけていない状態では視野が狭くなる、その状態でメガネが見つからなくなったとしても仕方のないことだと納得する。なんともドジな状態になったものだった。あるいは、電子機器のパーツに眼鏡が紛れているかもしれないとも思ったが、そうしていると15分くらいしてメガネがバスタオルの中から見つかった。

続きを読む マグネットケーブルとスマートフォン

アイデンティティと自主性

教育における受験については、中学から高校とそこまで進学校を意識したものではなかったし、それが医大を目指すとすると大いに反対された。難易度の高い進学は、一般的にはどうでもいいことに努力できるかによるところもある。学歴はステータスとするなら、努力する過程より、結果を意識する必要がある。僕の実の周りには、有名大学に通っている人を見たことがなく、教育環境にはあまり恵まれてはいなかった。とりたてて年収の高い人にあったこともない。

教育については、webデザインにもその仕組みや制度が影響している。むしろ新しくできた分野は、既存の様式を踏襲することが多い、そのなかで丁稚奉公のような主体性のないものになると、立つ瀬がないけれど。社会人になっても丁寧語を使っても気持ちが伝わらない、むしろ失敗を隠したり、恐れたりしていると思われていた。風邪と鼻詰まりで服用したベンザブロックも本来より1錠多く飲んでいた。そこを付かれるとこそばゆい。逆に相手のミスや欠点は、実のところあまり関心がないからなのか、無理に見つけようと思えなかった。説明書にあるメールアドレスから中国のカスタマーサポートに連絡できたことはうれしかったが、住所がamazon Primeでいつも取り置きを頼んいるコンビニエンストアだったのが、住所不定と思われてしまった。宅配便を家で受け取ろうとすると、どうしてもすれ違ってしまうこともあり配送業者と折り合いが付けにくいことがあった、配送ドライバーの連絡先に直接つながることもしばしばだった、amazonがコンビニエンスストアと提携したのもその前後の時期になる。

配送ボックスは専有部分の兼ね合いで、玄関に置くことができない。管理会社に相談して断られるならまだしも、親に相談してもなぜか反対された。もし親の荷物が自宅の玄関に届いたら、すれ違うことになるのに、それを見越してのことで、べつに幅を利かせようと思ってではなかった。また、ジャーナリストがUberEatsの労務的な話題を扇情的に書いたこともあり、その時期にカメラケースを玄関に置き配せざるを得なかったので、ややもすると心配だった。しかしながら、気を回しすぎるっと疲れてくる、ミスをしなかったり、緊張が持続することにも限りがある。

僕は固定電話をもっておらず、運転免許証で登録できる携帯電話の番号をスマートフォンにも引き継いでいる。SIMカードをドコモ、AU、ソフトバンクの国内三大キャリアから、新規参入したFreetelに替えたのは、android Phoneでウェブサイトの制作に携わりたいと思ったからだった。中国のスマートフォンでは、日本国内の免許証で登録できる番号しか持っておらず、登録できないジャンルもある。SIMフリーにしても、実質は旧NTTのインフラを使ってWiFiや4Gの通信を行っているので、実のところは変化を望んでいないとも取れる。

続きを読む アイデンティティと自主性

議論と自粛

議論の仕組みは、まずはじわじわと小競り合いをして、そこからバランスが崩れたところで日本全体はと論旨をすり替えるところにある。メディア関係者がとくに意識しているのは過剰な共感による、共同疲労という現象のようだ。はてなブックマークでは、新卒の事業計画などのビジネスや自己啓発に話題が傾いた。いかにして分配や待遇の不平等による諍いを掻いくぐるか、またはやり過ごすかという姿勢は、メディア関係者に自粛を発送させた。バラエティ番組のすべらない話を例にとると、個人的には出演者の話術やテクニックは一般人に比べて優れていると思うけれど、本来なら相手を喜ばせる話題のはずが、なぜか身内に不幸があったかのような、または兄弟げんかのような喜びとは程遠いものになる。友情といっても相手となれ合うものではなく、むしろ揚げ足を取り合ってどちらかが不利益を被るかと固唾をのんで我慢している、そんな印象を受ける。それだけ相手と競い合うことには旨みがあるのか、スリルがあるのか。

コンテンツとはなにかと問うと、端的に言って勢力関係を利用したいじめであり、できれば意識的より無意識の方が不安を煽りやすいからだという。個人的には、学術的な論文で無かったとしても、原宿やら渋谷から発信したライターの記事が、街の人を追い詰めるようなものであってほしくないと考える。同じ都会に住んでいても、渋谷や原宿のような流行の発信地に比べると、地方ではややくすぶっているところもある。お人よしがバカを見たり、ドジを踏むこともなくはない。ところが、流行のきらびやかなところは、見せかけでよそゆきのもので、本質的には自粛と我慢が基本で、どこか密教のようでもある。それはかならずしも仏教や神道のようなステレオタイプとは限らない。彼らも権威の拠り所はなるべく強く、また理解されるだけでなく、畏敬されたいと考えているのか、主張は得てして高圧的になる。

台風の影響で、千葉県を含む関東圏にも大雨が降った。編集者の特長は故人を偲ぶことで、メディア関係者は過剰に自らを戒めることで、それぞれ忖度を行なう。同じように形もない蟠りでもその感性はまるで江戸時代の忍者のようでもある。またグループで新しく参加したものを女性や子供に例え、リーダーを保護者になぞらえる仕組みは、ギルドのようでもある。そちらの議論を続けやすいのかもしれないけれど、民間の組織なのに、まるで宮内庁の詔のような物言いをするので、奇妙に感じたことがあった。昨今では年功序列ではないけれど、かといって若者が若者らしい文化を持たず、力関係も親子や子弟のような固定された仕組みを保持している。カドカワグループの経営方針にN高校という、インターネットを駆使した教育のしくみがあった。最近ではエンターテインメントが成り立ちにくい、同業者がもっとも自由を仕事に置き換えようとして、それを忌み嫌っている風潮がある。

続きを読む 議論と自粛