エディタの設定とメソッド

Eclipseの動作はAll in Oneパッケージでなく、インストーラーでもなく、Eclipse IDE for Enterprise Java Developersのパッケージファイルをダウンロードして解凍すると、フォルダの中にEclipseが入っていた。それをダブルクリックすると、同じインターフェースで動作が軽くなっていた。また日本語化にも対応している、All in Oneパッケージと同じwebサイトの下にある日本語化ファイルをダウンロードしてEclipseを解凍したフォルダを指定するとインターフェースが日本語化された。JAVAプロジェクトの新規作成では、画面を一つ挟むけれど、プログラムの基本的な動作は個々のファイルやタブが開きやすくなった分だけ検証しやすくなった。変数を指定して値を変えて、JAVAプログラムを実行するとすぐに反映される。パソコンにOfficeなどのソフトをインストールする段階で、JAVAのIDEをインストールすることがある。

そのJAVAのプログラムを編集するエディタはなるべくひとまとまりになっていた方が分かりやすいと思っていたが、パッケージやインストーラーの関係性が分からず、検証しにくい環境になろうとしていた。エディタ内のフォントでは日本語のカタカナの部分が文字化けするようで、デフォルトのConsolasというフォントを日本語のカタカナを含んだ、他のフォントに替える必要がある。メモ帳で使っているMSゴシックでもよかったが、Yu Gothic UIにすることにした。テキストは多言語化に対応したUTF-8にしている。設定画面もそこまで重くならずに繰り返し参照できている。差し当たっては言語をJAVAに限定するというよりは、プログラムの文法のようなものを身に着けようと考えている。ここの単語のTipsも英語のままではあるが、グレーアウトから文字として表示されるようになった。例えば文字列を格納するStringの意味合いも適切に索引や用例が参照されるようになっている。英単語のようなニュアンスでプログラムを読んでいきたい。インターネットの回線が込み合う時間帯もあり、1GBを超えるファイルをダウンロードしてもファイルが欠けていることがしばしばある。例えばベンチマークソフトはファイルサイズが3GB以上あったが、WiFiを使ってダウンロードすると1時間以上かかった。以前にダウンロードした同じファイルをハードディスクにあらかじめ保存しておくと、後で解凍して使ってベンチマークを起動できるので便利だった。ファイルの容量ではEclipseのパッケージファイルも391MBある。パッケージを保存しているミラーサーバーの回線の状況にもよるが、ダウンロードだけでもそれなりに時間はかかるようだ。

続きを読む エディタの設定とメソッド

エディタとプログラムの仕組み

プログラムの自習用にeclipseをインストールしてみたが、この環境では動作が重い、エディタの外観をクラシック表示にして、起動時のメモリを増やして割り当てるが、通常のプログラムエディターと見た目は同じように見えるのに、ファイルを開くにも数分ぐらい時間がかかる。プログラムに必要な変数の設定や、型変換を身に着けたら、なるべく動作の軽い環境を見つけようと思う。なるべくeclipseに慣れることを目的にしていたが、プログラムのアルゴリズムに慣れることに目的を変えていこうと思う。新しいパソコンでも動作が重くなるとは思わなかった。IF文での条件分岐なども、ホームページに使っているjavaScriptのそれとは似ているようで違うものかもしれないが、なるべくシンプルに覚えられて、他で応用できるようなまとまりとして考えていきたい。変数の扱いや、型変換など現状では複数のファイルにまたがったプログラムにはなっていない、文字列のところでStringの変数の宣言でStringクラスを使っているようだったが、参照元のリンクは動作が重くて開けなかった。参考書のプロジェクトファイルはインポートできたものの、一つ一つのファイルが重くて開きにくいことがある。

続きを読む エディタとプログラムの仕組み

2mのケーブルと自転車のライト

今日は比較的暑くならず、外にいても涼しかった。気温も35度には達していない。かといってそこまで涼しいわけでもなく、のどが渇くと水分補給は必要になる。マスクをしていても比較的蒸し暑くならなかった。季節が夏から秋へ移り変わろうとしている。季節の変わり目にやってくる台風にも備えておく必要がある。扇風機は室内が蒸し暑くなってくると必要になり、エアコンもまだドライのまま付けている。去年はベランダの植木鉢を室内に移動させる作業があったが、今年はまだわからない。自転車のヘッドライトを、LEDフィラメントからamazonでのUSB充電に対応したヘッドライトに替えた。充電はmicroUSBケーブルから行う、端子にはゴムの蓋が付いているが、その間にスマートフォン用のmicroUSBのマグネットケーブルが丁度いいサイズで付けることができたので、スマートフォン用のモバイルバッテリーからでも、自転車用のスタンドライトに充電できるようになった。サドルにはゴムのベルトで固定するようだ。LEDフィラメントは比較的丈夫に作ったが、走行中に接触を気にする必要があるので、安全性は向上した。またモバイルバッテリーやマグネットケーブルもそのまま使うことができるようになった。自転車のタイヤには空気の代わりにシリコンが充填されているので、パンクすることはないけれどギアは油を挿して定期的にメンテナンスする必要がある。

続きを読む 2mのケーブルと自転車のライト

eGPUとノートパソコンの組み合わせ

電信柱についている街灯の電球が蛍光灯からLEDに変わった。今日工事の人たちが敷設工事をしていた。新しい蛍光灯は一回り小型になっている。街の景色がどう変わるか関心があった。AmazonでUSBメモリの選定は上手くいかなかったが、キッチンに置く食卓をamazonで購入した。ホームセンターなども見て回ったが、巻き尺で測ったときのサイズが丁度よく、足もステンレスで丈夫そうだったからだった。リビングに置くテーブルにはノートパソコンを置いているので、飲み物や食べ物を食べるテーブルを分けておこうと考えたからだった。通路も確保されている。メモリのように形にならないものは実際の店舗に足を運んで、手に取ってイメージを補う必要があるが、寸法や材質が分かっているものは、実際の売り場に足を運んでもサイズが合わないものもあり、かえってインターネットショップの方が選びやすいということもある。

eGPUにthunderbolts3ケーブルで、接続するとNVIDIA GeForce RTX 2070 SUPERのグラフィックボードが読み込まれた、プラグアンドプレイで動作するが、同時にノートパソコンに内蔵されたGeForce GTX 1650 Max-Q Designがエラーコード43で動作しなくなっている。グラフィックボードはどちらかしか動かないようだ。デバイスマネージャーでグラフィックボードのドライバーをアンインストールしてハードウェア変更のスキャンから再インストールすると、元通りになる。tunderbolts3ケーブルを抜き差しするたびにドライバーの再インストールが必要になるのは少々手間が掛かる。Final Fantasy15のベンチマークを試してみると、eGPUを加えたときのスコアは通常画質で7528、eGPUを外して内蔵のグラフィックボードに戻して、もう一度ベンチマークを動かしてみると、4413で普通のスコアになった。intelNUCではデフォルトでは973で動作困難だったスコアが、eGPUに繋げると、6880になったのでグラフィックボードの効果は際立っていたが、現在のノートパソコンではそこにCPUのスペックが上乗せされた値になっている。また、eGPUを付けた状態で、mineCraftのwindows ベータ版にてRTXのワールドマップで、レイトレーシングを試みた。ベータ版はまだバージョン1.16のネザーアップデートにはまだ対応していなかった。ともあれ、再び水面に映る景色に巡り合えた。

続きを読む eGPUとノートパソコンの組み合わせ

パソコンの用途の変遷

パソコンのスペックについて詳細に考えたことは今までありそうでなかった。社会人になってからパソコンでホームページを作る業務をしていたころは、メモリが4GBだった。これを8GBに増設すると、ちょっとした画像加工や文書作成のときの待ち時間が節約できる。ホームページの制作を代行する業務につくときに、windowsPCでは販売促進のチラシなどを開くときに、メモリが必要になり、macBookPro 2013年版を、家電量販店で購入した。メモリは16GBあって、PDFの読み込みが早く、コーディングなどの作業に役立った。画面サイズは小さめの13インチにしていた。今となっていは一回り大きい15インチのほうが、CPUやGPUが一回りいいスペックの構成になっているので、よりパフォーマンスは上がっていたかもしれない。CPUは2.8GHzのクロック周波数で2コアだった。macOSにintelのcore i7が搭載されているという構成で、6年くらい稼働させている。macOSのなかにwindowsPCを仮想環境で動作させるエミュレータは、当時のwindowsPCのデフォルトのブラウザで、画像とテキストが一覧しやすいIE6で表示のずれがないかを確かめるための窓だった。そのエミュレータもメモリが16GBあったので、継続して閲覧できていた。mineCraftはドットグラフィックでCPUやGPUを節約しながら、広大なワールドマップを探検できると思ってインストールして、資源の採掘や建物の建設を行っていた。macBookのCPUのベンチマークになるPassMarkではおよそ2917だった。ブラウザでのキーワード検索、サポート期間が過ぎたmac版Officeに変わってOpenOfficeは今でも動かすことができる。先週にはmacOSのアップデートもオンラインで行われていた。

続きを読む パソコンの用途の変遷

記録媒体とデータの変遷

布団のクリーニングが戻ってきて、再び布団カバーを付けた。まだ布団が必要な季節ではないけれど、部屋にしまっておくことにする。先月まですこし涼しい日には布団を使っていたこともあったので、季節の変化と配送からクリーニングまでの手続きが比較的手早かった。自宅では布団は選択できないので、冬に備えてクリーニングした方がいいというアドバイスを受けてのことだった。8月が始まってからの猛暑は、すこし収まってきた。今日はすこし曇っていたので、そこまで汗ばむような暑さではなかったようだ。

USBメモリは家電量販店で買った64GBのモデルが上手く機能している。64GBといえば今持っているスマートフォンの容量と同じくらいになる。パソコンのストレージには及ばないが、SDカードも容量によってコストが掛かってくる。外付けのハードディスクと同じくらいの値段になる。AmazonのUSBメモリは比較的安くて、容量が1TBと大容量だったが、保存が上手くいかなかった。DVD-Rに変わる保存メディアとしてUSBメモリを選んだのは、USBメモリ一つで数枚分のDVD-Rの容量があるからだった。ブルーレイなら1~2枚分になるが、それでも省スペースで、USBが2.0から3.0の規格であれば、動作させることができる。USBメモリの容量が128GBになっているころには、スマートフォンの容量も128GBになっているかもしれない。ファミコンなどのレトロゲームに比べると大容量ではあるが、現代では32GBか64GBの不揮発性のメモリを確保することが、パソコンからデータを比較的長く保持しておきたいニーズを持っている僕としては、とても貴重になっている。容量を32GBから16GBに下げれば、コンビニエンスストアでもUSBメモリの在庫がある。中古の古本屋のスマートフォンの容量も32GBが多かった。デジタルカメラのフィルムや携帯音楽プレーヤーの曲などを保存するのにもある程度バリエーションが持てる容量になる。外付けのハードディスクの容量は1TBになっており、半分以上の容量を使っている。デジタルカメラのSDカードにもメーカーの指定があるなど、記録媒体には需要と供給に応じたコストを掛ける必要があるという見方をするようになった。

また雑記のストックは2017年から今年2020年7月までの記事にタイトルをつけた、多少記事のてにをはを直したり、表記を揃えたりしている。4年間の体験が思い起こされるようだった。ともかく、予備として書き溜めていた記事は、平日の雑記と並んで関連付けられた。合計すると現時点で970本の記事がある。あと30本の記事を書いて雑記作りを成し遂げたいと考えている。ほとんど記事を書くことで精いっぱいだったが、これからは4年間の知見をなにかに活用できるように、考え方を具体的にして身に着けていきたい。

続きを読む 記録媒体とデータの変遷

日記の面影

雑記の休日を使って書き溜めた内容にも、普段には無いような知見があると考えて、アーカイブに加えることにした。休日分を除いた2017年~2019年までの雑記は、すでに公開されプリンターで印刷されてもいる。wordPressに過去の記事を追加する場合、投稿で過去の日付にすることで、順番は時系列に並べられる。そのとき、休日分に追加したリストを一種の外伝として、普段の日々に記入された内容と区別しようと考えた。新たに記事のリストに加わる外伝のリストと、外伝のカテゴリーを含まないリストがそれぞれSQL構文から追加されればと思っていた。SQLのテーブルには、記事のタイトルや内容、追記を格納するwp_postsがあるけれど、そのなかを探しても、カテゴリーやタグらしいものが見つからない。カテゴリーやタグは、taxonomyという関連する別のテーブルにIDを介して関連付けられている。そこでJOINを使って同じ記事についたユニークなIDと、カテゴリーのタグのIDを結合させて、一つの複合テーブルを作る。記事のタイトルとカテゴリーIDとが繫がった表ができる。カテゴリーは、複数選択しているときもある。この表から特定のカテゴリーを含むリストを作ると、記事のタイトルに重複はないリストができる。投稿内で指定したカテゴリーの数だけ所属するタイトルも複製される。この形の抽出では、特定のカテゴリーを含む記事タイトルを抽出することはできるが、次の同じ特定のカテゴリーを含まない記事のリストを作るのには適していないことが分かる。ともかく、記事のユニークIDとカテゴリーやタグなどのIDは別のテーブルを中継して間接的に行われているという、wordPressのデータベースの構造を把握して記事のリストを作ることにする。通常の記事の一覧を指定した期間で区切って、その間に投稿された記事の一覧を出力する場合、参照するテーブルはwp_postsを一つだけ読み込むことで目的を達成できる。そのときに、記事のIDが外伝と紐づいたリストをサブクエリとして持っておくと、特定の外伝のカテゴリーを含まない記事のリストを出力することができた。サブクエリの()の中を一つのSQLとして別に実行すると、特定の外伝のカテゴリーを含むリストが出力されるようになっている。そこで意味合いが分かるようにインデントしてSQL構文を改行して読みやすくしておく、JOINで結合されるテーブル同士のIDの値も分かりやすくインデントしておく、このように整理すると個々のデータベースはシンプルなデータのリストの組み合わせでできていることが分かる。

続きを読む 日記の面影

データの保存の試行

免許の更新のために休日朝早く起きているついでに、amazonから買ったUSBメモリに保存したデータの中身を確かめようとすると、フォーマットしか選べなくなっていた。前日にはmacOSでも読み込めていたので、原因が分からなかった。とはいえあるはずのものが保存されていなかったのでショックではあった。とりあえず、引き出しにあったUSBメモリに必要なデータだけを保存する。USBメモリの容量は8GB程度だったが、今から10年前のセーブデータも保存されていた。他のUSBメモリには、講習のデータなどが保存されていたりと、今回のようにデータが破損することはなかった。USBメモリはSSDなどのハードディスクと異なり、データの読み込みと書き込みの速度が明示されていない。間隔としては容量が1TBのUSBメモリは、中で分類のためのフォルダを作る時も動作が重かったように思われた。とはいえ、データとして保存できれば読み込みが多少遅かったとしても、構わなかった部分もあるが、パソコンとして平均的なスペックが出せていた方が動作としては安定する。データが上手く保存できなかったUSBメモリは、amazonで返品することにした。返品には、返送用の住所とコードをプリントする方式ではなく、スマートフォンにメールで送られるQRコードを宅配便の営業所にもっていくと手続きができるように簡略化されていた。容量に比べてコストが安かったけれど、それでも数千円はかかっている。モバイルバッテリーやUSBマグネットケーブル、ワイヤレステンキーなど、家電量販店にないラインナップでも、スペースを取らなかったり、ケーブル配線がシンプルになるなど、ありそうでなかったニーズを満たしていたネットショップならではの製品もあるけれど、USBメモリはそうではなかったようで、実店舗で商品カードと在庫がある商品のパッケージとを交換して購入することになった。容量は10分の1になってしまったが、差し当たって保存すべきデータの量からすると現状でも足りている。

パソコンのハードディスクを選ぶときにも店員のアドバイスもあり、容量やコストだけでなく、読み書きのバランスでcrusial製のハードディスクを選んだ。そういった視点がUSBメモリを選ぶときに足りなかったのかもしれない。また、パソコンは電子機器になるので、防水対応が難しいとして、自宅のintelNUCに使っていた水冷ユニットも取り外すことにした。wiFiコンセントからONにできるものは無印良品の扇風機だけになった。熱伝導性と通気性の高いアルミニウム製のラックはそのままintelNUCを置く台として使っている。intelNUCの保証期間もおよそ1年半が経って、残り1年半ある。新しいノートパソコンが到着しても、サブ機として動かせるようにしておこうと考える。

続きを読む データの保存の試行

データの保存手段としてのUSB

データの保存形式を、DVD-Rから大容量のUSBメモリに変更を試みる。USBメモリはUSB端子と本体の幅が同じだったので、intelNUCのパソコンの端子にスムーズに収まった。USBの規格はDVD-ROMが2.0だったことに比べると、USB3.0になり転送が高速になった、データの容量としてはスマートフォンで撮っておいた画像のアーカイブが重いかと思ったが、ファイルを分けて保存すると、転送が分散して効率が良くならないようだ。なるべくフォルダにまとめて転送するほうが転送のタスクが集中してデータ転送の効率が良くなった。USBメモリにはキーホルダーを付けるところがあり、文房具のタグを付けて視覚的にも識別しやすくしておく。今のところ容量256GB以上のUSBメモリは、家電量販店には売っておらず、amazonでの購入になる。USBメモリの作りはしっかりした金属製で防水でもあるようだけれど、説明書は付いておらず、USBメモリを差し込むと中のフォルダが読み込まれる。一応最初の段階でフォーマットしておき、windowsPCで必要なデータを選定して保存する。macOSでも中のフォルダ構造やファイルが文字化けすることなくデータを読み込むことができた。とくに重かったデータはスマートフォンで撮りためた画像などのデータと動画ファイルなどになる。MMDやblenderなどのデータも容量が1GB以上でファイル容量は大きかった。blenderでは参考書の元データと、自分で作成した3Dポリゴンのデータを保存しておいた。普段書いている文章は、パソコンを移行した関係で2017-2018年のドキュメントファイルが残っておらず、ブログ形式のwordPressのSQLデータに保管されている。Officeのワード文章のファイルサイズや形式も変化している。はじめはメモ帳のテキストファイルで書き始めていたが、2000字に達していないものもあった。

2020年からブログのwordPressがアップデートした関係か、SQLファイルをリスト化してエクスポートすると、リストが重複されるようになった。そこで詳細のエクスポートを選んで文字コードをSJISにしてCSVファイルをエクスポートする。次にExcelでそのファイルを開き、重複するCSVの行を整理すると、記事データの重複は解決された。画像は1期の間につき、2点を選ぶようにしていたが、CSVにすると“”が2重になっていたで、テキストエディタのsublimeTextの置換で画像が表示できるようにする。それまでは画像ファイルは後から該当箇所にコピー&ペーストして追加していたが、一度のエクスポートの後の置換で、画像まで表示されるようになった。また、記事のタイトルの日付を記号文字の半角の|の区切り線で識別していたが、正規表現で置き換えられないため、デフォルトのCSVのカンマ区切りに戻して置いた。一連の更新によって、2017年4月後半から2020年6月30日までの雑記の展開が繫がったことになる。なるべくデータの特長を把握して、効率的な文章の繋げ方をしていこうと考えている。

続きを読む データの保存手段としてのUSB

アイデアと交流

昨日雨が降ったためか、今日はそこまで気温が上がらなかった。とはいえ外を歩いていると汗が噴き出してくる。サンダルも新しくなり歩きやすくなっている。以前のサンダルは1年くらいでボロボロになってしまった。いろんなところを歩いてきた。同じサンダルを繰り返し履いていたために靴底がすり減っていた。靴底の接着剤が剥がれるまでは、多少表面がささくれ立っていてもまだ使えると思っていたが、なにかにつまづくと靴底が剥がれていた。スニーカーに似ているフレームを持ったサンダルがあると便利というアドバイスのもとに引っ越してからしばらく履いていたが、確かに移動には手助けになっている。

DVDのメディアが経年劣化して割れやすくなっているので、USBメモリに換えることにする。部屋の湿度が高かったからか、DVD-ROMが脆くなっている。DVD-ROMは購入して1年くらいたっているが、材質が変化している。収納ケースにプラスチックが引っ掛かるのも耐久性を損なっていたかもしれない。ともかく記録媒体はなるべくデータを保存しやすく、また取り出しやすいメディアを考えている。大容量のメディアは家電量販店よりもamazonに品ぞろえがあるようだった。ともかく試して見ようと考えている。どのデータが入っているか、文房具屋で入手したタグのキーホルダーを付けて識別しようと考えている。

図書館から参考書をさらに延長して借りることにした。業務知識に必要な部分が2018年の時点までを扱っており、書店で購入した参考書は2017年で、およそ1年新しいものになる。ほかに借りている人はいないようで、スムーズに借りられた。書いてあることに沿って、自分の考えを作っていけたらと思う。書いていて他の応用できるような論理の組み立て方を学んで行きたい。なにかに応用できるかどうかは、論旨がどうかといとよりも、それをなにかに役立てる意思があって、そのために目標設定をしているかどうかに掛かってくるとも考えている。

続きを読む アイデアと交流