思いやりの側面

良く察することができる人がいるとしても、今回はすこししんどそうだった。僕は相手には元気でいてほしいと思う。つられて緊張したり畏まったりしてしまう。ポケットに入れるという行為も、普通ではなんてことはないけれど、それはシェアされないということを示唆してしまう。そのようなつもりはないと愛想よく接する必要がある。そういうときに素っ気ない態度をとってしまうと相手にいらぬ誤解を与えてしまう。僕は遠慮するときも、これが僕にっは十分なので結構ですということをもし親に言ったとしても、善意なのか押し切られてしまう。あるいはある列にもう一人いて、その人に気が付いてほしいということを暗に黙っておいて、あえて聞こえやすいように声をかけて、周りを見ないで愛想良くすると、偽善のように思われるという応対もあった。だれでも少なからず一生懸命で、毎日が緊張と義務感の中で暮らしている。僕のまわりにはみなだれも賢くよく気が回るが、新しいことがなく、だれもがそれを続けようと思わない。学校の部活動はポジティブに続けたいということを話してくれる人はほとんどおらず、大切なことは我慢の中にあった。別にプログラムを書くこともモノづくりをすることも、たまには想定外の状態になることも、ケアレスミスをすることも含めて、僕には得難い経験だと思う。

社会人になると、ギャンブルや作法が妙な存在感がある、だれもが完璧にはできないけれど、それをやりきらずにはいられない、それをすることで精神的な修行や自分と向き合えるようにも思える。そこには誰が優れているとか劣っているというムラががなく、ちょっとした癖や姿勢がその場の空気と連動して、気持ちがまとまっていく、そこではいくら言葉にしても意識のほうが素早く確実になっている。これが済めば比較的落ち着くと思うと変に期待して、上手くいくものもそうでなくなってしまう、そのためにある程度そういった膠着状態も有意義に過ごそうと考えるようになった。

自分はどちらかというといじめられっ子で、リーダー格には強く出られないが、ちょっとぐらい悪口を言われても傷つかない、あるていどそうった率直な意見があってもいいとも思う。とはいえ、こちらの要望は通らないが、相手の要望は一方的という状態になると、勝ちにはこだわれないが、それを受け流さないと話が進まない。誰しも目的や行動方針があるわけではないが、思っていることと逆のことをほのめかしたりなど無意識に働く掛けられると、ガードしきれずにマインドコントロールされて考えることだけでなく、息苦しくなることもある。僕が過ごしている限られた世間に明確なルールや、価値観があるわけではなかったが、ちょっとしたことが妙に気になってしまうことがある。とはいえ僕は客観的に意識ではなっているが、歩いているときはおそらく肩は利き腕のほうに微妙に傾いているし、姿勢もあまりいい方ではない、それでも平明であろうと心掛けてはいる。それを声高に主張してもあいての事情にそぐわなければ伝わらない。とあるメディアでは自慢は相手の気分を害するのであまり建設的でないが、編集者の間で自己犠牲を美化する新興宗教が存在感をもっている。日本は村社会ではあるけれど、多神教で一様ではないし、周りの人にもある程度の現実感覚は持ち合わせているようにも思われた。僕がそれが理不尽だといってもそれはわがままにも見える。

続きを読む 思いやりの側面

どうにもしがたいもの

僕はもしやっかみが可能だとしても、それが手段とは思わない。自分に都合の悪い競争相手が、考えが合わないという言いがかりだけで調子が悪くなったというのは賢しいと思うけれど、それだけ実力があるのなら、その人がグループを運営したりなにかためになることをしようと説明してくれればありがたい。気づくだけで相手の考えを読んだり、そういうときは繰り返し機嫌を取りながらもできることを模索していく。マスコミが仏教にかこつけて、関係者を脅そうとする心理が良く分からない。また中年になれば若い年に生きていても、そうでなくても過去が戻るわけでもない。なんというか実際に小説が書けないので、しかたなく現実に存在する組織やグループにかこつけていると思う。文章が掛けなくても、計算ができれば現実ではビジネスが成り立つところもある。僕はあいてにこうあるべきという強制はしたことはないけれど、もしなにかを強要する心理にはは僕にはうかがい知れない。勝手なことはできないが、どうすればいいかとおどおどしながら聞くと、たいていは当事者の言うことに従っていると嫌われにくいとなる。とはいえ、仏教も大乗でも檀家でもなく、どういうわけか頭を坊主にして自分の利益以外のためになにかに取り組む人という印象が刷り込まれる。

他人がうらやましいと思ったことも、また自分はこれだけ頑張っているが、だれそれは相対的に楽をしていそうなので、懲らしめてやろうと思ったことはなかった。人を呪うことはそれだけ人の心を把握したり、また方針を立てることに長けているのだと敬意は払わざるを得ない、というよりは脅しや空かしで有利な方に誘導されるのだろうとは思う。友情は相手に親切にすることは建て前にすぎず、実際には共通の敵を見繕っていっる性格がある。

続きを読む どうにもしがたいもの

アクアリウム

試行錯誤からかmineCraftで昆布を栽培する水槽をいくつか作っていた。昆布のブロックはゆっくりと水面に浮かんでくるが、すべて浮かぶとは限らず、いつくかは沈んだり引っかかったりする。いくつかパターンがあるが、一つは水槽に水を張って、ある程度の高さで収穫して、上からホッパーに水を張って流すかたち、もう一つは昆布のブロックが水流を成長に応じて新たに水流を一ブロックつくる。昆布のブロックを並べて植えると、川の流れも変わる。水面は傾いているとその方向に流れる、水を水平に張ると安定する。あえてある方角に流れを付けてアイテムを運ぶことも可能になる。スマートフォン版では合間に水流が昆布でかさましすることを活用して、噴水の中に昆布を栽培した。ホッパーは渦巻状に配置して、噴水の流れも左右対称になったところで素早くガラスで覆って外に異物が入らなくしたために、昆布が最大に育ってもアイテムはどこにも引っかからずに流れるようにホッパーを辿って箱に収まっていく。噴水の造形にコツがいるようで、次に作ったモデルでは、ホッパーを節約してホッパー付きトロッコとレールで代用したが、噴水はいびつな形になり、ある程度は流れていくが、いくつかはブロックの間に引っかかるようだ。そこでスライムブロックを3マス分の大きな扉にして、また昆布の水槽に点検用の扉を付けることで、水の中でもアイテムを取り出せるようにした。すると収穫には3マスだけでなく、根っこを残したうえで先端の2マスの昆布を収穫すれば、昆布が生い茂るペースを促進できる。水槽は4マスにすると割にかさばってしまうけれど、昆布のブロックを栽培するスピードはスマートフォン版のほうが短いサイクルで、ハーフブロックの扱いも小回りが利く。ピストンを3つ連続させるモデルはスマートフォンでは複雑になってしまうが、2つ連続するモデルはスライムブロックと間隔を調整しながらも、遅延リピーターとオブザーバーがそれぞれ一つずつで滑らかに動く。そのようにしてピストンはボタンやレバー一つで2マス分の壁が動くようになったけれど、ピストンで一マス動くより視覚的にも縦2列、横5列の壁が2マス動くようにしたため、存在感がある。さらにそこにガラス1マスで水槽を作り、仕切り板が、昆布の収穫用に前後にスライドする。水槽に仕切り板をつけて波を作るのは、ゲームでなくても洗面台でもなんだか水の動きに関心が湧いてくる。

続きを読む アクアリウム

新しい資源

昆布ブロックには食料だけでなく、燃料にもなるという。昆布は今まで何も無かった海に植生を与え、波の動きで揺らめいている。昆布を採取すると水面に昆布のアイテムが浮かんでくる、一列で栽培して、オブザーバーで検知して一定の高さになったところをピストンで採取していたが、ピストンを2マス動かせるモジュールを2対組み合わせることで、縦横4マスの水槽に蓋ができるようになった、一定の高さまで伸びた昆布を採取して、水流で段階上にホッパーまで流すようにする。ホッパー1機にも鉄鉱石が8個必要になるので、ホッパーは配管にも使えるものの、なるべく節約できれば、ありあわせのものでも代用できて、その分汎用性が改善される。またはホッパーの個所にホッパー付きのトロッコを流す手段も試してみた。スマートフォン版では、水中にトロッコのレールを伸ばすことができ、昆布の水槽にトロッコを内蔵して、その中を走らせるということも可能だった。アニメの未来少年コナンではトロッコの篭に空気を貯めて、水没した遺跡を探検するというシーンがあるが、mineCraftでも水中は長く活動することができないので、水中に空気や資材が補給できる工夫があれば試してみたいところだった。ホッパー付きトロッコにはコンパレーターとNOT回路を組み合わせて、トロッコの積み荷が空になった時にパワードレールが発車するという仕組みにした。また、トロッコは明治時代の産業革命のときには、炭鉱と地上を鉄道が通っていた。ホッパーも今では線路の脇に置いてあるくらいだけれど、資源の配分や計量をする秤のような設備だった。近代化には機関車には石炭が、自動車にはガソリンという化石燃料が必須だった。しかしながら、現代では石炭や石油に代わる再生可能エネルギーが模索されている。そこでどういうわけか昆布が食料でもあり、燃料でもあるという独特の役割になった。鉱物資源の石炭の代わりに、木材からの木炭を使うことで採掘する目的を絞ることができる。とはいえ鉄がレアメタルではないにしても、設備には必要で、繰り返し使えて、熱にも錆にも強いという要件が満たせていたとしても、鉄のもつ頑丈さには物言わぬ存在感がある。鉄筋のような太いものだけでなく、クリップのような細い針金にも鉄の性質が必要とされている分野はいくつかある。

mineCraftのスマートフォン版では、ピストンとオブザーバーで乗り物を動かすことはできないけれど、水を通したパイプは地下深くまでアイテムを運ぶことができる。昆布が伸びるに伴って水流を変えることができるのは、いままでにない現象で、滝を作っていてもそこに昆布を植えているとだんだんと水かさが増してくる。そのことを逆にとらえて、上から下に水を流して、そのなかで海藻を植えると、まるで水が流れる塊になったかのようだった。それによってガラスが無くても水の塊が固定できると思われた、とはいえ水の流れと昆布の採取からやはりガラスが必要になった。粘着ピストンにはガラスがくっつかないように木野はブロックを間に挟んでいる。回路が必要なければ木の葉ブロックでも代用できて、景観も良くなる。とはいえ回路がひつような部分には黒曜石が必要で、粘着ブロックと回路を水平にすることで、通常のブロックでも2マス分展開できるようになった。

続きを読む 新しい資源

アダプターにつながった容器

汎用アダプターが電池充電モジュールにあったので、その端子を+と-に分けてペルチェ素子に繋げて試すことにした。12ⅴのDC端子には、同じ太さでも電極が太いものと細いものがあり、それが2.5㎜と2.1㎜を分けるという見た目にはほとんど区別がつかない、パーツショップで、両方用意すると、どちらにもカチッと凹凸がかみ合うような手ごたえがあった、半田付けをしようと思ったが、ワニ口クリップでも十分にビニールで間隔が空いていたので、ひとまず数時間稼働させて様子を見てから決めようと思う。

ホームセンターで購入した二重タンブラーは、断熱性があり、ステンレスは熱伝導性が銅やアルミほど良くないが、耐久性がある。鍋やヤカンに鉄が用いられるのも繰り返し洗ってつかっても錆びないことや、温まり方は強めの熱が必要になるが容器が頑丈な点がある。純銅のコップもあったけれど、お湯が沸騰したのはステンレス製のタンブラーのほうで、銅の熱伝導率は過熱より熱を伝えて平熱に戻すために使ってみようと思う。または電力をつかわずに純粋に料理をなにか作って、そこから使い道を考えるのもわるくない。なにしろ銅が熱や電気を通しやすくその金属で作られた容器を探し回っていた時期もあった。その間にもすべてが上手くいくとは思っていないが、アイデアを考えては検索エンジンでキーワードを試していた。またコルクの蓋を加工することもそのときには無かった。

続きを読む アダプターにつながった容器

透明なブロックと猫

ガラスブロックにレッドストーン回路が使えるようになった、実際の電子工作でもプラスチックやアクリルなどの透明なパーツは電気を通さないが光を通し、中の変化を見やすくすることができる。またレッドストーントーチはLEDダイオードで、たいまつがLEDランプだとすると、回路があるところにはなんらかの灯りがある、ガラスの上に回路がのれば、その分灯りの材料を節約しながら当たりを照らすことができる。木材や土ブロックはツルハシなどの道具がなくてもプレイヤーの素手でブロックを付け替えできる。透明でないブロックには動力を伝える効果がある。1マス回路がなかったとしても隣り合わせのブロックがあれば、動力が伝わる。回路は混線しないように1マス開ける必要があるが、ホッパーとコンパレーターを使った回路はアイテムのフィルターに役立つが、いくつかの作例ではスペースを節約するために集約されている。回路が入り組んでいながっらも、特定のアイテムを箱に入れるという明確な目的のために、決められた動きをする。コンパレーターが作動するときにも備え付けられたダイオードが動いている、この動きが特長的で今まで影だったところに一筋の光が差した。

かねてからピストンとスライムブロックを組み合わせた乗り物にスイッチや回路が付けばと思っていたが、1.14版から、スライムブロックの接着剤にトロッコレールがくっつくようになった。トロッコレールは透明なガラスブロックの上にも設置できるようになっており、透明な橋が掛けられるようになり、薄暗い空間でも灯りを節約しながら、トロッコの行方を見られるようになった。そこで乗り物にトロッコレールをつけて乗り物が発車したとっきにチェスト付きトロッコを載せて、アイテムの棚をそのまま移動できるようになった。するとアイテムの分類のニーズが高まりそうではあるが、植物が成長する間隔は、そこまで早くない、しばらくパソコンを手を放して継続稼働させてみる、するとどこからともなく猫の鳴き声が聞こえてきた、macBook版でも猫を手なずける方法はGoogleで調べればできるはずだけれど、描画が重くなることが心配になり、そういった余裕がなかった。Windowsではあらかじめカスペルスキーのセキュリティソフトをインストールした、macBookではフリーソフトのavastを使っていたが、展開がせわしなくなるタイミングで有料に切り替えっるというポップアップが出る、グラフィックボードをいたわるために画面を小さくしていたときにかなり堪えた。そこでヨドバシカメラでカスペルスキーの緑のクマのマスコットが気になったのか、また台数では5台分のライセンスにしてmacBookでもセキュリティがスムーズになるようにしようと思う。液晶ディスプレイには文房具の下敷きが、タッチパネルは若干鈍くなるが、指で一つずつ押してフリックすると画面を指定できる。このように、CPUそのものは作れないけれど、周辺機器を工夫することでwindowsOSとmacOSに共通した準備もできる。

続きを読む 透明なブロックと猫

液晶のなかの畑

スマートフォンからパソコンに移行するにあたって、mineCraftの中で小麦畑を作ろうとした、いくつか作例があったけれど、それに倣っても上手くいかない、そのヒントになるものとして1.14で追加されたコンポスターがある。コンポスターは作物を肥料に変えるための容器だ、身近なものでは生ごみリサイクル用のバケツがある。そこでプレイヤーがそこに入れたとしても籠のように使うのははばかられた、とはいえ大釜では貴重な鉄を使うので、木材だけで使えるアイテムがあればそれだけ節約になる。また、コンポスターは村人に農夫の役割を与えるアイテムでもあるようだ。1.14以前では村人を囲いの中に入れて、種を与えるまたはパンを与えて友好度をあげて、その代わりに畑を耕すという取引をする一連の流れを自動化と呼んでいた。村人と農夫の役割分担ができたことでその構図が変化したようだ。ドットグラフィックの配置で性別や役割を変えるという事例は、日本のPCゲームのPRGにもその起源がある。また、トロッコの中でも移動するホッパー付きトロッコは、隣接する線路沿いのアイテムを回収できる性質がある、農夫が畑に植えられた作物を収穫して新たな種を植えると稀に作物を落とす、それをホッパー付きトロッコが回収することで自動化するという仕組みが明らかになった。農夫が収穫と種まきをするタイミングはランダムで急かすことができない、ホッパーから回収された小麦は、随時チェックしても数字は増えないが、しばらく放置しているとアイテムがだんだんと溜まっていく。mineCraftではオークの苗だけが寄せ植えができるので、木材と木炭に困らなくなった、実際に石炭の採掘よりも木炭を代用することで地面を掘る手間を節約することができる。しかしながら林業から農業に応用するにあたって、ペース配分を把握する必要があった。

ベランダの植木鉢は、ローズマリーが越冬をしてやや葉に艶がなくなっていたので、栄養剤を追加することにした。カップラーメンの容器に道端のギンゴケを植えていたけれど、冬の寒さと乾燥でコケは枯れてしまったが、そのなかの雑草が成長し始めていた、はじめにイネ科の雑草がベランダの日当たりが良くないのか茎ばかりがのびながらも、小さいススキの穂のようなものが生えていた、次にヨモギのような雑草が生えていたが、これは茎と葉のバランスが取れてきた。そしてタンポポのようなギザギザの葉が生えてきた、道端にはタンポポの花がアスファルトの隙間から生えていた。農業的な理想では根が生えることで、その上の葉がしっかりしてくるというけれど、植木鉢と葉や茎のバランスを取るひつようがある、テラリウムのウォードの箱に入って乾燥しないミズゴケでも容器の大きさと土の割合いによって、繁殖の割合が異なるようだ。

続きを読む 液晶のなかの畑

PC とスマートフォンの工夫

intelNUCを使ってみたいと思いながらも、セッティングだけをして実家に帰省する、もちろん人と話をしているときはスマートフォンは見ないようにしたかったけれど、一筋縄ではいかないようで、普通に会話できるようなチャンスが少なく息が詰まってくる。それが反面教師になって、人にはなるべく対等に接していようと思う。合間にiPhoneでmineCrraftをしていてyoutubeをタブで見ながら、ピストンが3つ動くモデルを試してみていた、なかなかタイミングがつかめずに、試行錯誤が続く、接着剤になるスライムブロックを付けられるようにするために、オブザーバーと1マス開けようとして、同じように動作するかをパソコンでなく、スマートフォン上で試していた。あるときにふと、ブロックと遅延のタイミングがあって、縦横3マスのブロックを動かせるようになった。壁のブロックを扉のように活用することができるようになった。また、地面に大きな穴を掘って、そこにピストンの駆動部分を格納して、スイッチで開閉しようとすると、回路が長すぎるのか途中で動きが止まった、原因はよくわからないが、スマートフォンではパソコンに比べってCPUのスペックやメモリは限られている、乗り物もPCでは動くけれどスマートフォンでは正確には動かない。5マスのランプブロックは5段目だけピストンの判定が異なるのか、PCではピストンが1マス出っ張っているが、スマートフォンではコンパクトに収まっている。またパイプの水流を活用したアイテムの循環ではスマートフォンでも画面から見えない地下に動作があるものの、タイミングよく動いていた。回路の端子の代わりにピストンのバケツリレーのようにすると、比較的遠くでも扉が動き出した。これはペースメーカーのようにタイミングに合わせてピストンが動く仕組みを試してみたが、意外なところで役に立った。

ようやくデスクトップパソコンを動かせるようになると、ピストンが3つ動くモデルはスマートフォンのほうが使いやすくなっていた。レバーとボタンにも対応して、パソコン版ではオブザーバーを使って回路を自動化したものはブロックの配置こそ整っていたものの、ボタンにのみ対応していた。ピストンを2つを遅延リピーターの1チックで動かすような仕組みで、中世の城の格子戸のプログラムを簡略化することができたのは、windowsに変える前のmacBookで先日に試したモデルだった。Youtubeの作例を参考に、2マスのブロックにさらにレバーをオフにしたときに一瞬だけ信号が流れるパルサー回路を追加すると3つのブロックはPCでよどみなく動き出した、パーツの組み合わせはシンプルで、同じことがスマートフォン版でもできれば便利になる、そこで気が付いたけれど、パルサー回路の組み合わせはPCとスマートフォンで異なるようだ。また、ピストンのタイミングも少し変わっている、乗り物のモジュールが前に進まないことなどできることとできないことがある、手のひらの画面と、ノートパソコンやデスクトップパソコンの画面は同じようで、そうでない部分もある、ブラウザ確認ではそういった部分を同じように再現するために、機能と表示を結び付けるようになる。どちらかが多少使いにくかったとしてもどうすれば、それが改善されるかを工夫するようになる。

続きを読む PC とスマートフォンの工夫

ホッパーと分類

mineCraftのクリエイティブモードでは、資源や移動に限りがないけれど、サバイバルモードにすると、資源に限りがあり、移動も地面と一つ先のブロックだけに限られる、氷ブロックは無尽蔵に生成されるけれど、ピッケルで採掘することができない、必要な資源が地下深くのブロックにあり、採掘のブロックは無造作にチェストに入っていた、チェストからはマウスクリックで取ったりしまったりできるけれど、どこに何が入っているかわからなくなってくる、そこでソウルサンドで水流を上昇させてアイテムを運ぶパイプを作る。縦に溶岩のある層まで穴を掘り、そこから水を通すパイプをガラスブロックで作る、透明なので中に何が入っているかが見えるので、メンテナンスしやすくなる。ガラスブロックは砂浜の砂を竃で加工して作られる。砂は沢山あるけれど、ガラスは一度置くと置き直すことができない、セーブしてから計画している地下から地上までにパイプを通す、ソウルサンドに水をかけると泡が出て上昇気流が発生する、水ブロックはクッションになるので、高いところからプレイヤーが落ちてもダメージにはならないが、氷河地帯で水ブロックがと氷ブロックにクッションにならず、水源も氷に変わってしまう、しかしながら傾斜があり流れているブロックは氷にならないようだ。またソウルサンドで上昇気流のブロックも氷にならない、雨は雪に変わり、ピクセルの雪を縦穴に降らせて、地底に雪が積もっていた。空を見上げると白い雲があり、縦穴には雪がちらついている。なんだか不思議な光景だった。また水源に限りはなかったが組めるバケツには2、3個しかない、ブロックは縦に40個くらいあるので、10数往復して、パイプに水を満たしていく、またホッパーを作るにも鉱石の鉄だけでなく、木材が必要になるようだ。木材はダークオークより温帯に生えているオークの方が苗が育つのが早く、寄せ植えができる。木材は高く育ちすぎると登って採取するときに地面に転げ落ちるリスクもある、畑と異なり林業は効率化しにくい分野だった。もし木材に困らなければ、建材に使うと火事になった時に萌えてしまうリスクがあるけれど、採掘道具などを生産するのに欠かせない材料になる。またブロックの並びを工夫して、防火対策を施して木目の風合いを生かした木造の立体的な建物を作ってみたい、東京都には木材の高層ビルができるというアイデアがあるけれど今のところガラスと鉄筋コンクリートの建物が主流だ、もし木造のビルができるとして数十年後になるとすれば、今のうちに未来予測をしておいても悪くないかもしれない。

続きを読む ホッパーと分類

形にならない蟠り

あなたはよく舐められても怒らないねと感心される、学生の部活動でも、メンバーはそこで何がしたいかより、どうしたくないかを噂する場合が多い、得意というものは他人と比べるとそうでなくなる。人ひとりの力量や注意力は、複数人と比べると多少優れていてもあまり貢献度にはなりにくいこともある。組織は優秀な人材を求めるけれど、僕個人について言えば、猫の手でも借りたい状況で、他人を頭ごなしに否定できる人が羨ましい。それでも相手のためを思ってあえて言わないまたは、言えないようにしている。

それにしても、エキストラではおとなしい一般人は刑事役が板につくことがあるという、誰かを値踏みしたり評価したりできる。もし事務所に住んでいればそれで勝ち抜けることもできるかもしれないが、そこで協力だけする立場では、なんとかして受け流すしかない、自分はこれだけ頑張っているのに、あいつは比較的楽しているという感情が湧き上がってくる。僕はそういった気持ちを持っても勝ち目がないので、自然体でいることにしている。僕は別に失うものがない、なのでそこで出世をきにすることもないし、空いた時間ができれば自分なりにアイデアを考えるだけのことだ。

毎日、イベントがあるのは感情労働という気がするけれど。一般的には社会であ自慢はできないのはもちろんのこと、相談も対等にはできないという、そういう時でも初心は忘れずにいたいものだ、そこまで自分に自信はなかったが、なんだかんだで構って欲しいだけだったりすることもある。相手に好意を寄せても都合に合わないときは逆に落ち込んでしまう、そこで適度に嫌がらせをする。無関心であることで、ノウハウの溝が埋まらない時もある。趣味で何か得意なことがあって、相手がそれを羨ましがっているかはわからないけれど、とにかく自由気ままにしていることが鼻につく、自分の言いなりにしたいという気にもなる。

続きを読む 形にならない蟠り