チェック漏れと造形

何度か念入りにチェックしたつもりでも、見落としがあって落ち込んでいた、落ち込んでばかりもいられない、数か所あったことは直しながら、他の大丈夫だったので、これ以上ミスが重ならないように立て直す必要がある。アルファベットのFとHの区別が付かなかった。または件数を数える帳票コードがページを跨いでいるものを一ページだけ見ていたことがある。6月25日分は、件数の数え漏れはあったが帳票コードは漏れなくメモされていた。6月26日は、FとHの勘違いの間に2件、帳票コードの見落としがあった。メールにあったチェック漏れの部分を、メモに追加して一つずつ確かめていく、また午後には回線が混みあっていたため、リモート環境に接続しにくくなっていた。そういったときに予め漏れなく入力しておけばと後悔する。何度かチェックはしていたつもりだった。端末への接続ではローディングバーが出ておりなかなか画面が進まない、とりあえず時間が掛かる旨を伝えるべく電話をすると、そのタイミングで偶然、リモート環境が繫がるようになり、チェック作業が継続できるようになった。なるべく手間を掛けないように努力したい。

Blenderの3Dモデルでは、回転体を作っているとカーブのステップが多いと影が不自然にできるようだ。デフォルトの円筒ではスムーズシェードにも対応しており、円の内側の多角形が少ないメッシュでもレンダリングすると円に見えている。これはなるべく多角形が多いと円に近いというわけでなく、レンダリングエンジンのバランスによるものだった。ループカットをしたときにaltキーを押して選択すると、断面の選択がそのうちの一点を選択した状態から断面を選択できる。とはいえ、形状が角を面取りした状態では複雑になるため、マウスで一つずつ選択する必要がある。回転体の原点を接した状態で、回転させて造形すると蓋にあたる面が三角形になり、メッシュは分割されて構成されるようになる。Blenderでは光の当たり方が、効率的にメッシュやポリゴンにあたっていればそれらしい質感になるが、そのバランス感覚は何度かこね回して見ないと分からないことがある。ドロイド君のモデルは円柱に球体を組み合わせて、2Dで円と四角を組み合わせた、角丸の淵を作るように造形した。またHDRの背景画像では、白い部屋でも家具などが映りこんでいるため、サイズの大きなJPG画像をHDRに変換することで、任意の画像を3Dビューの背景にできるようになった。そのときに空の水彩画で描いたような画像を背景にすれば、レンダリング時にも自然に映ると思われた。アニメ調のイラストではハイライトがハッキリと付いており、HDRなどの背景がなくても立体的に見えるようになっている。これは浮世絵にある版画調のイラストでも同じ見え方になる。3Dのレンダリングでハイライトを再現しようとすると、ポリゴンの不自然な影ができて上手く映らない。ハイライトがある質感が金属パーツのように見える。光と影のバランスで質感が左右されるとのは3Dの造形に特有のことだった。カメラの角度もオブジェクトとして指定できて横長のレンダリング画像を取れたのは発見だった。

続きを読む チェック漏れと造形

帳票のポイント

帳票の入力は、できる限りチェックをして見たものの、あとで教えてもらうと確かにそうしたほうが確実だと思った。日付を確認していれば僕でも気が付けていたと思った。また、帳票コードが繰り返しリストに並んでいる分には、メモしたものと突き合わせて確かめた。なるべく数字を読み間違えないように気をつけてみたが、今回は数が多いために、チェックするときにも段取りを覚える必要があった。片面印刷と備考欄に書いてある時は、枚数を1枚追加する。これもメールの履歴から思い出した。本来なら事前に覚えておくべくだったと思う。また業務用のプリンターから出力されたLAST-KEYがあるのに件数が0件のときは、不自然だと思うべきだった。漠然とチェックしようとしても、チェックの精度が思うように上がらない。分からないところはその都度メモしておき、意味合いを考えるようにしていきたい。枚数と書損の数を数えることに手間と労力がかかるけれど、そもそも帳票コードにアルファベットの頭文字と数値が割り当てられていることに想像力を使ってみたい。印影がついていない帳票は、帳票コードと日付をメモすれば足りることになっているが、僕の場合は帳票コードを漏れなくリスト化することを忘れずに置こうと思う。資料をPDFで開いて帳票コードを突合すると、リモートでも作業をした手ごたえがあるが、そもそも帳票コードはオペレーターによって大型の業務用プリンターで出力されたもので、より労力がかかっている。そのことを想定していきたい。

集計用のエクセルでは、マクロによってアルファベット一文字と数字が3桁で、その帳票に印影のあるなしが判別されている。もし印影があった場合は、すぐには集計表に入力できず、別途エクセルで件数を合計する必要がある。印影が無いものであれば、帳票コードと日付があっていれば入力して、手書きのメモにチェックすれば、後で読み返しても分かりやすくなる。帳票コードから全部で200種類くらいある。そのなかでも最初の三桁の数字が特長的なものは、証明書として重要なもので丁寧に扱う必要がある。またアルファベッドの分類と、できれば帳票コードの名前と、週間スケジュールの単語を比べて見ることも有意義だと思う。

続きを読む 帳票のポイント

クランプと太陽電池

Amazonで注文したスタンドライトのクランプを頼んでいたら、メーカーの山田照明では生産終了品で在庫がないために注文をキャンセルすることになった。あるいはスタンドライトの錘が付いた土台を買った方がいいのかもしれない。楽天でもクランプの在庫があったので代わり注文してみる、テーブルにネジで付けられるという利点を活用しようと考えたからだった。

週間スケジュールでは、6月2日に月間と年間のタスクのみという指示が来ていたが、週間と名前が付いていたので、余分に重複して入力してしまった。後で意味合いが分かると、チェックの項目を縦軸の週間の隣からチェックを入れればよかった。とにかくタスクをこなそうとして空回りしていた。中には入力項目のマクロのシートを事前にコピーして、タスクが溜まりすぎないように工夫できたものもあったが、どういう帳票か分からないと作業の概要を掴みにくくなっていた。帳票の入力欄の6月分が用意されるまで2週間くらい空いたものの、週間スケジュールは比較的早く来ており、チェックできれば間に合いそうだった。朝礼議事録はいつ更新されるかわからなかったので、リアルタイムについていくことができなかったが、中に回答の締め切りがあって焦ってしまった。この作業はのめりこむとほかのことが気にならなくなるが、周りが見えていなかったり、意味合いが分からない状態で進めてもミスという扱いになるために、チェックの質を改善する必要があった。

続きを読む クランプと太陽電池

スタンドライトとDIY

スタンドライトはベニヤ板で角が丸いテーブルに固定していたが、スタンドの角度によっては不安定になることがあり、amazonでねじ止めしてテーブルに固定できる金具を用意することにした。Z-lightのスタンドはwebデザイナーの時に購入したもので、大きさが大きく固定できるところがない、メタルラックの棚の柱の筒にスタンドライトを付けていたが、やや重心が不安定になっていた。リビング用のテーブルでもネジの穴を空けることになるが、ベニヤ板は湿気によって膨張することがあるようで背に腹は代えられない。引っ越す前まではクローゼットの板の部分にクランプを付けていた。スタンドライトのソケットはE17口金を使っており、LEDでも蛍光灯でもソケットが合えば付けられるようになっている。ベニヤ板を補助剤に使ったときはひずみが気にならなかったが、スタンドを逆方向に傾けるとテーブルの丸みで滑って重心が不安定になるようだ。スタンドライトの型番はZ-108LEDで、注文したZ-A2 Z-LIGHT用クランプの型に適合している。数年前の買い物ではあったが、どうして狭い部屋に大きなスタンドライトを取り入れたのかは疑問だった。ともかくなるべくは有効活用していきたいと考えている。

ベランダに太陽電池を置いているが、引っ越す前のもう一つの太陽電池はベランダに運ぶことができず、かといってそのまま押し入れに入れるのももったいなかった。電圧は半日陰で5V前後出力される。aliexpressから5V⁻20Vの入力で稼働する小型のUSB型のソーラーチャージコントローラーを試して見ることにした。Phocosや雷菱製のソーラーチャージコントローラーでは直射日光向けでベランダに出す必要があるが、スペースの関係でベランダの手前のリビングに置かれたままになっている。コントローラーにはUSBからモバイルバッテリーを繋ぐ予定になっている。端子はDC端子になっており、それに合う端子をパーツショップで見繕ってみようと思う。新しくソーラーパネルを買うわけにいかず、また既にあるソーラーパネルを捨てるのももったいなかったので、できる工夫を施して見ようと思う。

続きを読む スタンドライトとDIY

気候の変わり目と順応

気温が少し落ち着いてきたため、蕁麻疹が気にならなくなってきた。4月から5月にかけて急に汗ばむようになってくると、アトピー性皮膚炎の調子が悪くなる。これは毎年のことだった。こまめに風呂に入ったり、散髪をしたりしてケアしていくことが必要になる。またはアトピー性皮膚炎の軟膏をまとめておくのもアイデアだった。アレルギーを抑える錠剤は定期的になくなるのに、症状が軽かった時に軟膏を温存していて、診断のときに軟膏は手持ちの備蓄があるといってから、1週間ほどで蕁麻疹がでてしまった。いまのところ布団は血だらけにはなっておらず、関節より腿や手の甲など比較的湿疹が出にくいところが痒くなっている。これでも数か月前は収まっていたこともあったのだけれど、なるべくは軟膏を多めに、まめに塗ることが必要になってくる。寝ているときはそこまで痒くないけれど、起きているときはなるべく掻かないことを心掛けたい。気温は27℃から28℃でペルチェ素子では氷は作れないけれど、体感温度は比較的涼しい、サーキュレーターを当てると肌寒く感じるくらいで鼻水がでることもあった。もし気温がこれに2℃くらいプラスになると、室内は汗ばむくらいの暑さになる。天気がくもりだったことも涼しさには影響している。5月まではUSBのホッカイロが必要なくらい寒かったために、いまでは半袖で過ごせているが、今のうちにアトピー性皮膚炎を鎮静化させておきたいと思う。また髭もアゴが被れているので、シェービングジェルを付けるだけなく、風呂から出た後に髭が柔らかくなっているときに剃るなど、軟膏を塗るだけでなく工夫はしている。外に散歩にでるときにもマスクが必要なことから、アゴのかぶれは直しておきたかった。季節の変わり目で顔が痒くなってアゴが被れるようになったが、軟膏は一応塗っている。

続きを読む 気候の変わり目と順応

共感とノウハウ

これは別に中国や日本という大きな括りではなく、僕が知っている範囲でのコミュニティでも起こり得ることなのかもしれない。僕は日本ではほとんど、twitterやfacebookのいいね!を集めることができなかった。中国ではその限りではなく、数件のいいね!の共感を頂くことがかなった。昆布養殖プラントなどは僕個人で自動収穫の仕組みを持っていても、誰にも認知されないままにお蔵入りするところだった。動画コンテンツは、映像と字幕のテロップを組み合わせて、対象の存在を認知できるとともに、見ているだけでも手順が伝わりやすいように心がけた。実況中継のように試行錯誤の段階は敢えて移さずに、かつてエレベーターのリピーター遅延回路を作る時に、YouTube動画の組み立ての場面を一時停止しながら再現したことがあった。mineCraftは平面でなく縦と横に加えて高さがある3Dの為に、平面の方眼紙に図面を起こすよりは、立体を動画で移した方が伝わりやすいと考えたからだった。

Weiboではいいね!は1件も集まらなかったが、画像を見てくれるカウントは回っていた。それを多少楽しみにしていたのか、繰り返しアクセスすると、アカウントが凍結していた。それを解除するためにスマートフォンでアクセスを試みるも、日本の0081から始まる国際電話の番号に復旧用のSMSが送れなくなっていた。パソコンではGoogle ChromeではSMSの画面にすら遷移しなかったが、Internet Explorer EgdeではSMSの送信画面までは進むことができたものの、SMS自体は連続して送ることができず、アカウントは凍結されたままになっている。

少しでも認知されるために、こちらかフォローしたり、いいね!を押して見てもあまり手ごたえは無かった。人気が無いせいかフォローしてくれる人の比率は、こちらからフォローした人の数に比べるとかなり少なくなっている。また、中国語が分からないせいか、ありがとうとこちらこそよろしくお願いします。をコピー&ペーストしていると一定時間連続で投稿できなくなっていた。こういったところはコミュニケーション能力や人望が基礎として必要になりそうだ。BliBli動画で、ついに小麦の栽培を自動化する動画にいいね!がついた。他の動画も見てくれたようで、いいね!の数が一時的にいくつか増えた。たしかに欲もないわけでなく、少しでも評価が付くとより多くを求めたくもなるけれど、小麦の栽培も自動化に際しては規模と苗付けのバランスを取ってあえて小型にしている。少なくとも動画の内容に共感してくれてそれを必要だと思ってくれれば、作った甲斐はある。レッドストーンリピーターの回路は初めは手探りで作っていることが多く、込み入った内容になると共感されにくい傾向にあった。そういったところでは一つの水源で多くのブロックを網羅する半自動化の仕組みのほうが、なら自分にだってと手を動かして作るきっかけにはなりそうだった。

続きを読む 共感とノウハウ

風向きとGIFアニメーション

雨が降ると蒸し暑かった気温が春のように涼しくなった。6月は梅雨入りもあるので、太陽電池の発電が心配ではあるが、水によって体感気温は下がるようだ。雨が降る前の厚さは7月下旬並みで、実際に7月になっても最大気温はそれほど変わらないと予想される。マスクを付けたときに意外と体感気温が上がり、サーキュレーターとメッシュ構造の素材やタオルケットの通気性が涼しさのポイントとなっている。空冷システムも風通しを変えることで体感温度は少しずつ変わってくる。以前にはドアの開け閉めで部屋の隅の温度が変わることがあり、空調座布団が必要になったこともある。風の向きによって体感温度が変わることはこれから蒸し暑くなるにつれてちょっとした工夫が重要になってくる。

動画コンテンツの理解が得られなかったこともあり、要所を映したGIF動画なら先入観なく見てもらえると予想した。画像編集ソフトでGIF動画を作成するとフレームレートが23.8のままだったので、GIF動画にしてはサイズが80MBと重くなっていた。YouTube動画にアップロードした動画をGIFMAGAZINEというwebサービスで変換すると、最大6秒までのGIF動画を作ることができた。昆布養殖プラントで収穫して、水流のパイプを使って流れて収穫されるまでの一部始終をアニメーションGIFになった。レッドストーンリピーターを使ったクオーツ回路では、1マスあたり1秒として10秒のGIF動画があれば便利だと思ったが、6秒とするとすこし足りない。EZGIF.comというwebサービスで、短い動画をGIFアニメーションにすることで、大きさは幅が600pxで長さは10秒と、解像度と動画の長さを少し引き延ばせた。とはいえ、スマートフォンで開いてみるとGIFMAGAZINEの一回り小さいGIF動画のほうが表示は素早く、情報量は少ないが閲覧に負担は掛からなさそうだった。ペルチェ素子と水流が循環する仕組みは、注目こそされていなかったが、形としては珍しいようで伝え方を工夫すれば、これまで注目されなかったり話題にならなかった題材でも、ありそうでなかったコンテンツになりそうだった。水の循環は反復してサイクルにできることを示すために数秒の繰り返しでも循環のモデルになり得るということを形にできた。twitpicsというtwitterのAPIを使った画像共有サービスはAWSのクラウドストレージサービスを使っただったが、数年前にサービスが終了して、添付した画像はハードディスクに保存しないと見られなくなってしまった。スマートフォンで撮った画像はGoogle photoにてクラウド上にもハードディスクにも保存することができる、定期的にバックアップを取っていきたい。

続きを読む 風向きとGIFアニメーション

回路と活用事例

mineCraftにはmacやlinuxでもセーブデータの共有ができるJAVA版と、windows10に最適化されたバージョンがあるようだ。もともとはmacBookからwindowsPCに移行したものの、2020年の2月から4月20日にかけて、開発元のmojangのニュースで、2018以前にJAVA版を購入した場合、無料でwindows版のクーポンが配られていたようだ。そのとき3000円していたwindows10版のアプリケーションは現在では値上がりして3900円になっているので、惜しいニュースを逃してしまった。windows版ではJAVA版とどう異なるのか、1月末の段階で昆布養殖プラントはほぼ完成していたので、JAVA版でサイクルを作りこむよりwindows10版との互換性に関心を向けた方がよかったという後悔もあった。

Windows版では、統合版というスマートフォンやNitendo Switch、プレイステーションなどにインストールされるJAVA版とは別のアプリケーションになっている。UIがスマートフォンに似ていると思ったが、セーブデータはandroidやiPadとは互換性があるようだった。中国のBliBli動画でもmineCraftといえばスマートフォン版のUIになっている事例が幾つかあった。するとJAVA版でもスマートフォン版でも共通して動くレッドストーン回路があれば便利そうだ。粘着ピストンとオブザーバーを組み合わせた乗り物は、片道しか動かず、進行方向に向けてピストンを入れ替える必要があった。iPhoneとandroidの間では互換性がなくなってしまったアプリケーションもあるが、スマートフォン版はドットグラフィックの視野がスマートフォンのCPUスペックや、本体の持ち運びやすさに比べると広く、macBookとraspberryPi用の小型ディスプレイを組み合わせていたころが窮屈だった感じがある。

続きを読む 回路と活用事例

ポンプの取り付けと静かな回路

Elecrowからの荷物が2日で届いた。予想外の速さに驚いた。中国に1日、日本国内の佐川急便に1日と、ほとんど隙間なく届いている。担当者によるとEMSでは、コロナウイルスの影響で配送日時が遅れるために、代わりにOCSという配送サービスになった。配送料も5ドルくらい節約されていた。2018年の4月、いまから2年ほどに購入したダイアフラムポンプは、初めはチューブの老朽化だと思っていたが、ポンプのプラスチックの部分からわずかに水漏れするようになっていた。接着剤で隙間を塞ぐなど、こちらでできる補修作業を尽くしてみたが、最大で20分くらい水漏れを食い止めることができたくらいで、修理には至らなかった。DCモーターはほぼ変わらずに動いている。一時的な動作確認には使えなくもない。新しく届いたポンプのネジはまだ新しく、ネジ山もはっきりしているがドライバーで回すことはできなかった。錆止めを吹き付けて保管することにする。2年前のモデルと比べるとネジのサイズが丁度良くなっている。連続使用時間は2500時間となっており、およそ1年は使えることになる。またタッパーの容器に、シリコンチューブが通る穴を半田ごてで開ける。シリコンチューブはamazonの購入履歴からR385のポンプの穴径とちょうど合うようになっている。シリコンチューブが1mmと肉厚で、チューブが折れ曲がりにくくなっている。その分タッパーに開ける穴はやや大きくなる。シリコンチューブにも伸縮性があり、R385の穴径と、PC用の水冷ユニットのバルブのG1/4のサイズにも当てはまるようになっている。内径が10mmの太いシリコンチューブは、G1/4と合うようになっており、折れ曲がりに強く直線的に水を運べるチューブになる。タッパーの容器を傷つけないために高さが4㎝以内に収まれば蓋も元通りに閉められる。チューブに水を貯めるためのタンクのうち、透明で残量が分かるポンプがamazonでは見つからなかったため、Banggoodというネットショップで買うことにした、海外のスマートフォンやWiFi無線のように技適(工事設計認証)はないものの、チューブの中を流れる水の残量が透明なアクリル板の直方体になっているために、分かりやすいという利点がある。ネジもPCパーツでは一般的なG1/4で揃っている。

続きを読む ポンプの取り付けと静かな回路

ゲームと自主性

サイクルの周期をmineCraft上の時間で3日に一回、60分に一回から、40分に一回に頻度を増やして見る。すると2時間で3回、水門が開くことになる。アイアンゴーレムの場合は、20分に一回で、村人に拠点を作ったためにコンスタントに20分に一回とは限らず、40分に一回のときもある。アイアンファームは複数作っておらず、一つだけだったために、村人の生活サイクルに合わせて20分のうち2回召喚の機会が訪れる。効率はあまりよくないが、地下に無作為に探索に出るよりは、鉄が貴重だったこともあって、古いバージョンから多くのアイアンファームの事例がある。一日は20分で、ティックという信号を伝達したりボタンを押すときの間隔では24000ティックが一日になる。そもそもゲームをすることが効率的な行いでなく、レベル上げや材料集めなどの地道な作業をいかに厭わずにこなせるかが攻略の鍵になっているというのは、倫理的に見てもそのように考えられる。もし、mineCraftを教育用に活用するとしたら、やはり採掘や採取などのフィールドワークをメインにすることが優先されそうだ。レッドストーン回路がプログラミングの学習になるというのは、宣伝にはそう書いてあるが、実際には種明かしを知った一部のユーザーに作業が集中することがあって、協力的になりづらいのかもしれない。

ともかく小麦では収穫の効率を追求して、成長に3日待っていたものを2日に短縮して、その都度堤防の水流を開けて収穫をすることを試みた。苗は苗付け用の畑から農民のAIが運んでくれる。40分で小麦が3つ収穫された。ここまででは小麦64個と種がその4倍の256個だった。予め種を農民に渡していても、農民の持ち物の上限がどれくらいか分からないため、村人の持ち物を操作することはできなかった。旧来のレールからでも収穫の余りを集めて、これも種が多めで小麦が少なめだったが収穫はあった。水流の流れのブロックを工夫して、養蜂箱に繋がったホッパーの位置を1マス下にずらしたり、通路に水流に対して平らになる扉を置いたりして、流れてくるアイテムが引っかからないようにした。シフトレジスタ回路は2つのランプを1つのONとOFFで2つ数えるようにすると、ONとOFFの状態を記憶するラッチ回路にも見える。用途に応じて使い分けていこうと思う。

続きを読む ゲームと自主性