目的と位置座標

mineCraftにはX軸とY軸に方位が対応している。キーボードのF3キーによって、現在いる位置を取得することができる。コンパスでも方角が分かるが、測ってみると座標の方がよりイメージが掴みやすい、しかしながら数値ではただの目盛りになるため、その値が具体的にどのような位置関係かをあらかじめイメージする必要があった。ピストンとオブザーバーを組み合わせた乗り物では空中を飛行することができるものの、位置関係が明らかでないと広大なマップで道に迷うリスクが依然としてある。今回は目的を昆布養殖プラントから、最寄りの村に経路を作って相互移動できることとした。また、ネザー内にもワールドマップに対応した座標があり、X軸とY軸の値はおよそ8で割ったものになる。ネザー内では方位磁石が狂ってしまって基準にすることができないけれど、座標には変化がなく、現在位置と方位を目盛りから同じように読み取ることができる。インターネット上にある地図情報サービスmineAtlasでは、まず昆布養殖プラントの位置のX座標とZ座標と、それぞれを8で割った、ネザー内のワープ地点をあらかじめメモしておく、続いていく先の砂漠の村の座標を取り出し、同じようにワールドマップとネザー内の座標をメモしておく。洞窟は地形が変化に富んでいるが、道が紆余曲折してくると、それによって位置関係が掴みにくくなることもある。松明などの照明を道標として、目的をもちながら探索することで、意図が明確になってくるようだ。今回は、座標の限りネザーの壁をまっすぐ掘り進み、谷や溶岩の池に出たら、道なりに迂回して道を作る。道なりの部分は地形にそって曲がっているものの、直線のトンネルと数本の曲がり道で目的の座標にたどり着いたので、ピストンとオブザーバーの乗り物は直線を大きく反れたときに突破する時まで取っておこうと思う、それでも短縮したルートでも徒歩では数百ブロックの道があるために、プレイヤーが歩いて往復するにはかなりの距離がある。ワールドマップではその8倍で、数千ブロックになり、移動だけでも数時間かかり、プレイヤーがキャンプをしながらでないとたどり着かないようだ。ネザーを地下鉄のように使うことで、広大なマップに経路を通すことができる。しかしながら猫などのペットのMOBは、ネザーポータルをワープして移動することができないため、猫を連れる場合は、通常のワールドマップをワープせずに海岸沿いに元の拠点まで移動する必要があるとも言われている。それでいて家畜などのMOBはネザーポータルを通り、ネザー中に牧場を作ることも可能になっている。この辺りはキャラクターが導入された順番やその活用方法とも関りがあるかもしれない。

続きを読む 目的と位置座標

養殖と探索

mineCraftの昆布養殖プラントはその後も継続して、ペースメーカーになっている。収穫のバランスとして、昆布とそれを乾燥昆布にする割合では、生の昆布を収穫する割合が多く、いずれ、2つ分の大型のチェストボックスを満杯にすることが予想された。そこで、新たにホッパーを追加して、コンポスターに繋げて、昆布から骨粉という肥料を作ることを思い付いた。すると余っていた昆布は肥料になり、チェストボックスには再び空いたスペースができる。ホッパーにはブロックを介してレバーを付けて置き、レバーがONになったときに、ホッパーの輸送が止まるようになっている。そのため乾燥昆布を束ねる作業場がやや回路が複雑になってはいるが、そこで作れるものとして、乾燥昆布とそれを束ねた燃料、そして骨粉という作物や樹木を育てる肥料がある。坑道には柵ブロックを使った螺旋階段を付けることにした。1マスの半分のハーブブロックを間に挟むことで、移動が滑らかになる。またスペースも螺旋階段にすると9マス分で省スペースになる。またスライムチャンクを探している過程で、レッドストーンとダイヤモンドを採取した。そのときに、継続して採掘を進める上で、木材の供給がカギになる。木材はピッケルの柄になり、松明の棒になる。そこで坑道に空いた谷間に松明を並べて、比較的密集しても育ちやすいオークの木の苗を植える。すると坑道にも木が生い茂ってきた。燃料と食料は昆布養殖プラントでほぼ無尽蔵に手に入る。乾燥昆布から松明が作れないことが残念ではあるが、坑道に置いた竈やチェストボックスにも昆布の燃料ブロックが運ばれることになった。

続きを読む 養殖と探索

水路とメンテナンス

明日のことを予測ができない状態から、緊張が続いて自律神経が少し鈍っていた。他人のせいにはできないが、なんとか自分でもできることがあれば改善していきたい。mineCraftというシュミュレーションのなかでプログラムを用いて自動化を試みたのは、一人では手が足りない状況を少しでも改善したかったからだったが、世間一般では手作業の器用さが支えになっている。僕としてはあまり器用ではない分、気づきや相互関係でなんとか間に合わせていきたい。会話の要点と気持ちが合うところで、協力が得られるように努力しようと思う。言葉を文章にすることは珍しいと思われることもあった、スマートフォンにワイヤレスキーボードを付けてwordに文字入力をしていたら、それだけでパソコンのようだと思われたこともあったが。広告代理店の講演イベントでポケットに入れていたら、となりの椅子にボールペンが転がってしまって、それを拾いにくくなってしまったことがあった。ボールペンとメモがあれば、パソコンやスマートフォンが無くてもいろいろな考えや言葉をしたためることができるが、それがちょっと気を逸らしてしまうと、思うようにいかなくなってしまう。僕はそこまで自己中心的ではないと思うけれど、反射神経が鈍いせいか、ちょっと抜けているところがあって、ヒヤヒヤすることがある。そのポイントはちょっとしたことに現れるが、それをすべて気にすることもできず、できることから改善していこうと考えている。

続きを読む 水路とメンテナンス

バージョン管理と定点観測

mineCraftのバージョンでは、1.15の環境でそれ以前のワールドマップを読もうとすると、警告は出るもののブロックの性質や回路には影響していなかった。レゴブロックのように基本的なオブジェクトの組み合わせは変わらないものと考えて差し支えなかった。Optifineというシェーダーパックのプラグインは、年末のtwitterでは1.15への対応が100%のうちの何割かが進捗しているとあり開発の最中だったようだ。1.15のバージョンではミツバチのMOBや、巣箱などのブロックが新たに追加されており、そのファイルを以前の1.14のバージョンで読み込もうとすると、事前に警告がでてそれでも構わずに読み込もうとすると、画面が暗くなってなにもアイテムボックスの他に映らなくなっていた。1.15でもシェーダーパックが実装されれば、風景の移り変わりなどを合わせて見てみたいと思うが、いまのところOptifineとどのシェーダーパックが有効な組み合わせかは未知数だった。少なくとも1.15になってフレームレートが安定して、動作が重くなったりCPUに負荷がかかって熱くなることは見られなかった。macBookだったころは広大なワールドマップを映そうして動作が重くなったので、画面をraspberryPi用の小型ディスプレイにして、なまし銅管を使って水冷ユニットを作ったりして負荷を軽減しようと試みるきっかけになった。

続きを読む バージョン管理と定点観測

水路と仕組みの変遷

mineCraftのバージョンアップに伴い、今まで作った建物や仕組みなどのセーブデータをバックアップすることにした。昆布の養殖は2019年の5月にソウルサンドと2マスのピストンを組み合わせて概形を作っていた、木炭の代わりに海藻を燃料にすることで資源を節約しようとしていた。水路を作り、ホッパーに使う鉄鉱石をも節約することも視野に入れていた。ピストンで採取された昆布はソウルサンドの上昇気流にのりどんぶらこと水路を流れてくる。中には、マンション状に縦に積み上げたものもあり、その場合は昆布の葉っぱが空からパイプを伝って地下のチェストボックスに降ってくるという変わったものもあった。ピストンを2マス動かせる仕組みをgoogleとyoutubeを駆使して検索して、オブザーバーと遅延リピーターを組み合わせるとスマートフォン版とパソコン版で同じように1マスのピストンが2マスブロックを押せるようになる。そのため当時の昆布畑にはバリエーションは陸上や高層などがあるが、すべて2マス分の2列が限度だった。またホッパーとコンパレータとチェストトロッコを組み合わせた荷下ろしでは、コンパレータとリピーターを一つずつ組み合わせる手法がシンプルで、スマートフォン版では信号が伝わるタイミングがずれるため、パソコン版でしか小麦やジャガイモなどの自動化ができなかった。チェストトロッコの荷下ろしでは、シンプルな回路にすることでどれだけ創造的になれたかは感謝すべき多と考えている。また、なかにはサバイバルモードでは、水中でライフと息に限度があるにも関わらず、海底にトンネルを掘っているという変わったセーブデータもあった。バージョンが変わってしまったたけれど、海底トンネルから見た昆布と、その間から登ってくる朝日を見るのは格別なものがあった。ピストンとオブザーバーを組み合わせた乗り物をピストンの代わりにするまでは、昆布の収穫量が竈の処理量を上回ることはなく、レバーでホッパーにストッパーを掛けていた。竈が乾燥昆布を生成するペースと、昆布が収穫されるペースをレバーによって調整していた。それがついに竈の生成量に追いついたのはつい昨日が初めてだった。

水路では、氷ブロックと看板を使うことで、同じ高さでアイテムを輸送する水路を作ることができるとあった、参考;段差を作らない水路の延長(アイテム用)https://w.atwiki.jp/minecraft/?cmd=word&word=%E6%B0%B4%E8%B7%AF&type=&pageid=44#id_ffdb8745これがあれば、ローマ式の上水道のような建築物もより水平に近く作ることができる。氷ブロックがサバイバルモードではシルクタッチしか対応していないので、エンチャントを繰り返さないと実現できない。氷と言えばペルチェ素子とラジエーターなどの水冷ユニットを組み合わせた冷却ユニットでも実際に作ることができるが、以前より大きく硬い氷になった要素としては、耐熱性の接着剤クリヤボンドがあった。工具店だけでなく、コンビニエンスストアなどの文房具コーナーにも売っている。接着剤を変えてペルチェ素子と水冷ブロックを薄く接着できたために、熱が伝わりやすくなり、氷が比較的早く形成された。空気の泡も氷に含まれており、冷却性能は上がっていた。既存の接着剤が剥がれたために、あり合わせであった接着剤がペルチェ素子とセラミックをよくくっ付けていた。

続きを読む 水路と仕組みの変遷

再生可能エネルギーの養殖

mineCraftで昆布のブロックが足されたことでどのようなことが起こったか、まずは海の景色が改善された。mineCraftでは景観は重要で、影MODを導入するとただの土のブロックでさえクッションにして持ちたくなるような親近感がある。昆布はそれ自体が水源になるようで、バケツで作った水源でも滝のようになる。溶岩の場合は水源と異なって資源に限りがあるようで、丸石は可能ではあるが、性質が変化しないことから建物の基礎になる黒曜石は水のように無限に生成できないようになっている。溶岩が潤沢にあるネザーゲートに供給できるルートを設けて置くという手段もある。溶岩でも竈の燃料になるが、石油のように有限な資源ということができるのかもしれない。昆布をバイオエタノールのように燃料にすることで、石炭を採掘する必要がなくなる。昆布と燃料で検索をしても、おにぎりの海苔に使うような食品を石炭の代わりにつかうような食文化はなく、mineCraft独自の仕様だと思われた。そこで検索の幅を広げて、海藻と燃料にすると再生可能エネルギーというキーワードが発掘される。昆布ブロックはそれ自体が水源になる性質があり、海藻は波間を漂っている。上に浮かぶこともあれば、水の底に沈むこともある。養殖することを考えず、沖合に自然発生している昆布ブロックは、海底から水面まで縦に長くなっている。どこかで採取すると、その上がちぎれて昆布ブロックとしていくつか浮かんでくる。それを海女さんのように採取する。集めた昆布を竈に入れて、乾燥昆布にして9つ分を束にすると燃料の代わりになる。乾燥した昆布は食料にもなる、これは海苔のようなイメージなのかもしれない。石炭に代替する燃料として、木を栽培して木炭を得る方法もある。木を植えることは空いた場所と照明の灯りがあれば可能だ。日光が当たらない地下や洞窟で、十分な広さの空間を確保して適度に照明を当てると、閉じられた空間にも木を植えることができる。これはかなり癒しになったが、木炭にするほど生産量を確保することができなかった。また木はランダムに成長するため、プレイヤーが届く範囲で採取しようとするとかなり効率が悪い。そのため、密林が生い茂っている場所を開拓したときに余剰した資源として木材を確保するのが現実的なのかもしれない。

続きを読む 再生可能エネルギーの養殖

オブジェクトの傾向と特長

正月休みに実家に帰った時はパソコンを使う環境になかったために、手持ちのスマートフォンでできることを模索した。mineCraftでは、粘着ピストンと通常のピストンを進行方向に沿って組み替えることで乗り物を作成した。それまではスマートフォンのBedrock版では、ピストンとオブザーバーを組み合わせた乗り物をJAVA版と同じように作ったとしても、方向を指定することができなかった。とはいえ進行方向に通常のピストン、その反対側に粘着ピストンとすることで、JAVA版のように1マスずつボタンを押すことで動かすことができる乗り物が現出した。これによって谷に足場をなるべく少なくしながらも橋を架けることができるようになった。粘着ピストンと通常のピストンの組み合わせが進行方向に依るため、ある方向に対しては直線移動ができるが、戻ってくるときにはピストンを組み替える必要がある。かつてのようにレッドストーンブロックを付けていたときに比べて回路はシンプルになっている。スマートフォン版では、ピストンに樽やチェストブロックを付けることもできるようだ。これはJAVA版ではこれらを移動させることもできないために、尖った特長になりうる。かつてはJAVA版でピストンとオブザーバーを組み合わせた乗り物を作り、地図の向こう側まで旅行したことがあった。長距離になるとプレイヤーがフレームレートの壁に阻まれて途中で落下することもあったが、なんどかめげずに試行してみると、ついにはトロッコに家畜を載せて地図の向こう側で気候や植生が異なる地域からの資源の運搬に役立てることができた。mineCraftの広大な地図は、ネザーゲートを虚数空間のように使うことができ、そこにワープゲートを作って、地図で対応させながら進めると長距離の移動は時間と距離を短縮できるようだ。ネザーゲートには、水が使えず、溶岩に囲まれている。そこでもピストンとオブザーバーを組み合わせた乗り物を使って溶岩の谷を渡り、向こう岸に飛行するノウハウを生かすことができる。このあたりからコンポスターというたい肥を詰めるバケツをトロッコのようにプレイヤーが載ることができる。これはスマートフォンでもパソコンでもコンポスターはピストンで押して移動させることができていた。スマートフォンでは動画として録画するとフレームレートが安定せず、乗り物から滑り落ちることもしばしばあって、足場を階段にしたりなど工夫した。その点ではパソコン版はブロックがピストンで押して移動できるアニメーションは安定するようになった。とはいえ、パソコン版ではトロッコのレールがピストンで運べるようになっているので、チェストトロッコを載せることができる。

ScratchというraspberryPiなどにインストールされているプログラミングのラーニングソフトでは、シューティングゲームを作る時に、弾として生成されるブロックと、当たった時に更新されるブロックの色と座標をトリガーにしていた。ピストンとオブザーバーで移動できるアニメーションを作るためには、同じブロックをタイムラインで生成しながら順番に生成して同時に非表示にする動作を繰り返して、あたかも動いているように見せている。これは動画が写真の連続で成り立っているのと似ている。カメラが発明されたと当時に活動写真としての動画も開発されていた。動画は同じ写真を連続させるので、変化がわずかな対象を取る時には、重複する要素が増えて効率が良くなくなる。スマートフォンでもシャッタースピードを変えて露光を調整して光や動きの流れを可視化することで、点だった要素が流れをもったものになる。

ピストンとオブザーバーを組み合わせた乗り物だが、今までは長距離を移動することや物を運ぶことを考えていたために、複数台を連結して試したことがなかったが、スマートフォンでもピストンの向きが揃っていれば、一定方向には電車のようなものを作ることができた。ピストンに一定の動力を与えて、動かせるマスは1マスだけれど、回路を組み合わせることで2マスや3マスにできる。ピストンとオブザーバーを動力の代わりにすると往復できれば、4マス~制約がなくマスを動かすことができる。これはシンプルな回路でも効果的にプログラムができる手法だけれど、まだあまり知られていないようだ。ブロックの変化を感知するセンサーの役割をするオブザーバーが導入されてから、MINECRAFTの回路は劇的にシンプルになった。IoT機器にもオブザーバーのようなセンサーがあり、DIYでは複雑な回路をいかにシンプルにできるかで効果的になる。スマートフォン版では、解像度に比べてドットグラフィックが鮮明で、水中にトロッコの線路が引けたりなど、パソコン版にない機能もある。例えば製図台や石切場など、ブロックに役割が与えられたものは最新版が同丹生されていた。そのうえで乗り物が動力を変えることなく往復できればとは思うものの、パソコン版とスマートフォン版が目指しているブロックや回路の特長から観察してみようと思う。

続きを読む オブジェクトの傾向と特長

オブジェクトと情報端末

mineCraftにはスマートフォン版のBedrock Editionとパソコン版のJAVA Editionがある。パソコンではマウスとキーボードが使えるため、目印を付けた座標にアクセスしやすい特長がある。3DCG作成ソフトのBlenderなどでもX軸、Y軸、Z軸などの座標をキーボードのとくにテンキーで操作していた。仮にスマートフォンがパソコンと同じだけの処理能力のCPUとGPUを備えていたとしても、マウスやキーボードなどがタッチパネルになるために、コピー&ペーストの手段が異なることになる。右クリックしてコンテキストメニューが開いていたものをもしタッチパネルに置き換えるとしたらどのような動作になるかを試して見る必要もあるかもしれない。逆に、ノートパソコンにもしマウスが付いていなかったとしたら、スマートフォンやタブレットに近い操作になるかもしれない。パソコンのキーボードをbluetooth化したときに、F3キーが無かったことで画面を小型化しても見られないウィンドウがあることが分かった、キーボードの上の段に付いているF3キーさえあれば、ワイヤレスにした分USBポートを一つ外付けハードディスクに振り分けることができる。Bluetoothキーボードにはandroid、iOS、windowsという3つのモードがある。Fキーことファンクションキーが必要なのはwindowsパソコンに限ったことで、スマートフォンで文章を作成するときにはあってもなくても用途を果たすことができる。パソコンのmineCraftで粘着ピストンとオブザーバーを組み合わせた、BlockUpdate回路によって、上下左右に往復できる乗り物をマウスで操作することが、グリッドの作図にも似たシュミュレーションに動きを与えていた。そのピストンが駆動するエンジンのような反復した動きは、マウスとキーボードの連携によって為されていた。もしスマートフォン版でピストンが同じように駆動したら、パソコンの代わりになる機能ができることになる。しかしながら、登場するブロックの種類は同じでも、レッドストーン回路の判定が異なる、パソコン版ではレッドストーン信号は通常のブロックを仲介しても1マス分伝わるが、スマートフォン版では、異なるブロックを挟むと回路が繫らなくなる。あるいはパソコン版では斜め1マスにオブザーバーを置いてもピストンが動作するが、スマートフォン版ではオブザーバーにピストンの信号面が接している必要がある。ピストンで1マス分のブロックを押す分にはパソコン版でもスマートフォン版でも同じだけれど、2マス分を押す回路はそれぞれ異なってくる。これはマウスで複数選択できていたフォルダが、スマートフォンではタッチ操作で一つずつの選択になる。とはいえ、オンラインでWiFi無線には繋がっており、離れた相手やサーバーと通信ができる環境が想定されてくる。これはウェアラブル端末やスマートウオッチでもオブジェクトの操作に独特の癖のようなものが生じ得る余地がある。

続きを読む オブジェクトと情報端末

蕎麦つゆとポンプ

こちらから連絡しても、繋がりにくいこともある。催促に感じられてしまったならすまないと思っている。電話番号が登録できたのは、weiboとQQとwechatが可能だったが、他のサービスでは事情が分からない。家族のLINEはクリスマスに届いたことを忘れていたが、メッセージを送ったものはなにか返事を期待しているのかそわそわしてしまう、そういうときにかぎって空振りもしばしばある。スマートフォンでできることは、写真を撮ったり、文章を書くことくらいだ。OPPOのColorOSが国内の第四のキャリア、楽天モバイルのWiFi無線に対応したアップデートを施してくれた。バッテリーはiPhone6sのときに比べて1日持つようになったこともあり、androidでできることを模索しているのかもしれない、しかしながらけして不正なことをしているわけではない。今までがandroidで中国語のアプリケーションがインストールできたことが偶然の産物なのかもしれない。

デジタル式の秤は単四の乾電池で動くようだ。microUSBで充電するタイプの乾電池を2本入れて繰り返し使えるようにした。デジタル式の秤は乾電池でも防水性があり、丸洗いができるようだ。その秤を用いて調味量を測って、ザラメ糖とみりんと醤油でそば汁の素を計画的に作ってみることにした。醤油は200mlに対して、ザラメ糖を50g、みりんを100mlそれぞれ鍋で温める。今までのように感覚でその都度すこしずつ加えていくと、どれくらい足したら十分かを判断しきれないために、全体的にやや醤油がしょっぱくなってしまうが、ある程度分量を決めてから、調理すると今までになく味の角が取れてまろやかになった。蕎麦つゆだけでなく、お刺身や海苔巻きの付けつゆに使っても甘みがコクになって、ただの醤油を付けるより深みが出ているように思われた。またそのレシピは調味料の比率をもとに味を再現することができる。蕎麦つゆのかえしは、和風だけでなくほかの調理にも応用できるため、ただ醤油を甘くしただけなのに、なにかと入用になる。まただし汁は厚削りを用いている。花かつおにすると出汁をとったあとの出し殻がのこってしまうため、それを無駄にすまいとして厚削りにしている。

続きを読む 蕎麦つゆとポンプ

アダプターの素性

アダプターは3つのタイプがあった。ひとつめの出力はarduinoの9vで、もう2つの出力は蓄電池と同じ12vだった。アダプターといえばファミコンにコンセントからゲーム機に繋ぐための黒いなにに使うか分からない箱のように見える。レトルト食品を温めるための出力として蓄電池の代わりにアダプターを使ったこともあった。12vのアダプターには出力が2A前後のタイプと、出力が5Aのタイプがある。前者はmacBookAirを充電する用途に使っていたHyperJuice用のアダプターだった。後者は乾電池を充電するためのアダプターで充電池の乾電池を使う機会が予想したほど頻繁で無かったので、棚の奥にしまってあった。とはいえ、電圧12v電流5Aのアダプターは小型蓄電池の代わりになる。電磁誘導モジュールにはまだ出力が足りないが、ペルチェ素子や小型の電磁誘導モジュールには活用できる。ベランダが広くないために蓄電池をかつてのように置けなくなっている。シガーソケットに繋げられるけれど、12vの充電はmacBookAirでしか行っていなかった。またこれは買った当初に不具合がありアルミケースに蓋が沈み込んでいた。それを交換してからはいままでに7年が経とうとしている。当初住んでいた場所は江戸川区瑞江で、それから千葉県の南行徳に引っ越してきた。容量がリチウムイオン電池でも100whあることから、バッグに入れてUSBホッカイロを付けたこともあった。とはいえインジケーターで5段階で、どのくらいの残量があるかはわかりにくかった。2018年のキャタピラクローラーでは千葉県の鴨川市まで予備バッテリーとしてリュックに担いで運んでいったものの、12vのシガーソケットに接続すると、バッテリーが一時的に使えなくなってしまうことがあり、それ以降は残量がインジケーターでなく、デジタルのパーセント表示を選ぶことにしている。筒状のリチウムイオン電池の充電保護ボードは配線や数値が正しくても、PSE認証が取れなかったこともあり、モバイルバッテリーに換装している。DCプラグで充電しながら、スマートフォンなどにUSB経由で充電することはできないようだった。部品を棚から探すと未だにHyperJuiceのmacBookAirのマグネット端子が見つかった。Macbookairのマグネットケーブルに付けるための端子とDCケーブルをamazonからオプションで購入しているあたりが、マグネットケーブルの可能性の最初の一歩だった。ボディにはアルミニウムのボディになっており、そこにシールにイラストが貼れるフィルムを張っていた。なぜか任天堂のゲームボーイアドバンスのヴァルキリープロファイルのポスターが貼ってある。秋田県に温泉両行にいって、ゲーム本体をクリアしてからは、ゲームボーイアドバンスは古本屋に下取りに出していたけれど、ポスターのフィルムだけはそのままになっている。

続きを読む アダプターの素性