回転体と造形

回転体は、陶器でろくろを回すようなイメージだった。四角形にジャガイモの角を丸くしたような加工を行うと、造形が一般的な質感を持つことができると予想した。回転体では基になる曲線は直線が面になって、ベベルの角を丸くするところでは、カーブの曲線になる。球体ではポリゴンを細かくした方が、球面に近付けることができるが、その分ポリゴンが多くなって、選択範囲のメッシュの頂点を選びにくくなる。表示を面が張られたソリッドでなくワイヤーフレームにすれば、裏側の頂点を一方向から選ぶことができる。ベベルの角を多く用意した回転体は、ドーム状のワイヤーフレームを持っており、左右対称の形になっていたが、レンダリングすると影がギザギザに付いていた。ベベルの角を細かくすると影ができにくい現象があった。日曜日に買った参考書では、テンキーでビューを3Dから2Dにする操作を、マウスでも再現できるようになっていた。Blender自体は無料だけれど、機能が多すぎて、操作を絞り込めない。参考書のちょっとしたTipsからでもヒントになることがある。今の状態では日本語に翻訳した参考書が分かりやすい。mineCraftなどは海外の言葉が通じない状態でも、オブジェクトの操作から推測して、回路や仕組みを再現できるが、3Dソフトではそこまで直観的に操作できない。デフォルトでは縦横高さが2mの立方体が表示されており、原点からそれぞれ1mずつの空間が確保されている、そのためmineCraftのドット上のポリゴンを作成するときにも分かりやすい。0.0625は1を16で割った数で、1ブロックには16マスのドットでできている。MikuMikuDanceのエクスポートはblenderの最新版の2.8には対応しておらず、ボーンとテクスチャーが関連付けられず、ポリゴンとボーンの位置関係はそのままに真っ白なモデルになっていた。アドオンの場所は合っていたがインポートとエクスポートのメニューに変化は無かった。

回転体を造形するときにCtrlキーとマウスクリックを同時のタイミングで押すと、カーソルに角度5度ずつの目盛りが付いて、回転する元のラインにピッタリ合わせることができた。目盛りがでない状態で360度に設定しても元の位置にわずかな隙間が空いてしまう。回転の面と、もとのラインが重なって、ループカットをするときにも断面が円形にならなかった。参考書では、回転体の起点と終点が原点と同じ座標にすると、面が閉じやすくなるというヒントがあった。思い付きで試したモデルでは、曲面と側面のみを回転させて、蓋にあたる上下の平面は、頂点の連結から行っていた。多角形の平面より、三角形に小分けになっていた方が、レンダリング時に不自然な影ができないようだ。ワイヤーフレームで見ても違いが分からないため、アイデアを形するときの成り立ちをシンプルにしていく必要がある。

続きを読む 回転体と造形

帳票のポイント

帳票の入力は、できる限りチェックをして見たものの、あとで教えてもらうと確かにそうしたほうが確実だと思った。日付を確認していれば僕でも気が付けていたと思った。また、帳票コードが繰り返しリストに並んでいる分には、メモしたものと突き合わせて確かめた。なるべく数字を読み間違えないように気をつけてみたが、今回は数が多いために、チェックするときにも段取りを覚える必要があった。片面印刷と備考欄に書いてある時は、枚数を1枚追加する。これもメールの履歴から思い出した。本来なら事前に覚えておくべくだったと思う。また業務用のプリンターから出力されたLAST-KEYがあるのに件数が0件のときは、不自然だと思うべきだった。漠然とチェックしようとしても、チェックの精度が思うように上がらない。分からないところはその都度メモしておき、意味合いを考えるようにしていきたい。枚数と書損の数を数えることに手間と労力がかかるけれど、そもそも帳票コードにアルファベットの頭文字と数値が割り当てられていることに想像力を使ってみたい。印影がついていない帳票は、帳票コードと日付をメモすれば足りることになっているが、僕の場合は帳票コードを漏れなくリスト化することを忘れずに置こうと思う。資料をPDFで開いて帳票コードを突合すると、リモートでも作業をした手ごたえがあるが、そもそも帳票コードはオペレーターによって大型の業務用プリンターで出力されたもので、より労力がかかっている。そのことを想定していきたい。

集計用のエクセルでは、マクロによってアルファベット一文字と数字が3桁で、その帳票に印影のあるなしが判別されている。もし印影があった場合は、すぐには集計表に入力できず、別途エクセルで件数を合計する必要がある。印影が無いものであれば、帳票コードと日付があっていれば入力して、手書きのメモにチェックすれば、後で読み返しても分かりやすくなる。帳票コードから全部で200種類くらいある。そのなかでも最初の三桁の数字が特長的なものは、証明書として重要なもので丁寧に扱う必要がある。またアルファベッドの分類と、できれば帳票コードの名前と、週間スケジュールの単語を比べて見ることも有意義だと思う。

続きを読む 帳票のポイント

パソコンとグラフィックボード

グラフィックボードについて、僕は詳しくなかった。今回それをあえて購入したのは、パソコンとは何か、自分なりに探求しようと考えたからだった。普段はスマートフォンを使っている。スマートフォンにキーボードを付けて、ワープロの代わりにしたこともあった。デジタルカメラはスマートフォンで間に合わせている。パソコンはグラフィックボードが無くても、wordやexcelを動かすことはできる。グラフィックボードは自作パソコンで映像出力を改善するのに使っている。mineCraftのRTXでは、一つのブロックのレイトレーシングで景観を形成するくらい数多くのブロックに適用させて、一つの風景を作り出す。ブロック一つであれば、グラフィックボードが無くても、intelのモバイルPC用のcore i7だけでも再現された。立方体に光が当たっており、色合いが変化してゆく。ノートパソコンにグラフィックボードを外付けで付けられれば、デスクトップPCとして成り立つと想定した。それを可能にするのが、ThunderboltケーブルというUSBケーブルだった。

僕の目的は絵を描くことでも、写真を撮ることでもないけれど、パソコンを使っている以上それらにも詳しくなる必要があった。mineCraftのJAVA版に慣れ親しんでいたことに報いるようにwindows版のクーポンが取得できればタイミングは良かったが、後で3000円から3990円に値上がりしてからソフトウェアを購入した。JAVA版にOptifineを加えるシェーダーパックを適用すると、水の透明度は表現されていた。中国のwisdom-shaderの作者は、まるでアニメの風景のような透明感のある風景を再現させていた。windowsPCでなく、macBookがメインのパソコンだったときは、wisdom-shaderの透明感のある水と空にインスピレーションを受けた。シフトレジスタ回路を作って、風景を録画すると太陽や雲だけでなく、星も周回していることを観測した。そのとき、mineCraftのwindows10のベータ版では、グラフィックボードのメーカーのnVidiaと連携して、デモ版のワールドマップを配っていた。その条件がかなりのハイスペックだった。以前にmacBookのスペックを奮発したのは、紙媒体のスキャンデータを効率よく表示するためだった。

続きを読む パソコンとグラフィックボード

キツネのポリゴンを作った動機

僕にできる工夫といえば、まず相手を批判せず、競合しないもので、これまでありそうでなかったことを追求することがポイントになる。変わり者だったり、引っ込み思案だったりすることもあるが、その分相手には親切にニュートラルに接したいと思っている。高校の数学でもそうで平均点を少し抜けると、ほとんど競争がなかった。僕としてはお互い切磋琢磨するということもモチベーションにはなりそうだけれど、お互いを認め合ったうえで、それぞれが個性を伸ばしていくという方法は今まで試されたことがないのかもしえない。それは僕の周りだけの知見で、外の世界ではまだ見ぬ可能性は探せばあるのかもしれない。

mineCraftのキツネのテクスチャーは、Googleで検索したところ、既存のポリゴンがなかったので、自分でテクスチャーから比率を定規で測って、blenderに雪だるまのように作ってみた。またチェストボックスの開閉などもポリゴンの原点移動によって作られた。ワイヤレスであれば便利ではあるが、テンキーがあった。かつてはボタンの配置がstepmaniaの十字キーに似ていたので、リズムゲームのインターフェースに使ったこともあった。また、聞きごたえのあるBGMを探しているが、メモしてみると日本の曲が4曲、海外の曲が2曲しかない。カラオケのレパートリーを電話帳からさがそうとしてもなかなか見つからない。自分で作った曲ではないけれど、聞き覚えのある曲は有名なで再生回数が多い曲でも、そうでない曲でも、繰り返し聞いていると何かが変わっている。たとえばDAMという通信カラオケの音源をMIDIというオルゴールのような音階にしたものは、街角のスーパーマーケットでも流れている。それを聞くと街を散歩したときの思い出を追体験できるという趣がある。同じようにゲームのBGMでも、それを聞くとゲームをプレイしたときの記憶を再生することができる。

キツネのキャラクターはマップ上でアイテムを与えると、口にアイテムを加えて持ち運ぶことができる。ところがアイテムのポリゴンは平面ではあるが、1ピクセルの厚みがあってカードの絵柄のようになっている。これをBlenderで再現するのは2Dの平面とはいえ、単純な四角ではなかったので、テクスチャーの貼り方が難しそうだ。またキツネは寝るときに瞼を閉じて、頭と尻尾を丸めるようになっている。

続きを読む キツネのポリゴンを作った動機

UVとドットグラフィック

猫のテクスチャーを張り替える作業をBlenderで試行した。mineCraftのテクスチャーの場所が該当のバージョンのjarの中のフォルダに、猫のテクスチャーがあった。ドット絵ナニカというwebサービスで、ドットグラフィックをエクセルに置き換えて、UVマッピングの画像を張り替えていく。まずは3Dマップでテクスチャーを置き換えると反映された。3Dモデルでテクスチャーを新しく作るとUVマッピングが上手く貼れなかった。そこでもともとは立方体の集まりであるため、新たに立方体を追加して、そこに新にUVマッピングを適用すると、上手く反映された。できれば方眼紙の寸法に合わせた配置ができれば、動きを付けるのはオブジェクトの原点移動を使うことになる。テクスチャーはすでにマップ上で買っていた赤い縞々の猫をモデルにしたが、実際にゲームを起動してみると、縞々のドットがドット絵に置き換える時に反映されていなかったのが少し残念だった。ドット一マスに相当するのが、0.625mとすると、方眼紙を立体的に組み立てることは可能なようだ。ドットグラフィックのグラデーションの部分はPixirというwebサービスでドットグラフィックの素になる画像を読み込んで拡大ツールでピクセルを拡大して、スクリーンショットをすると赤い猫の縞模様のグラデーションがUVマッピングでも再現された。解像度の最小単位の1ピクセルが1辺の長さがBlenderの上では0.625mの正方形に対応しているようだ。耳の部分で新たに立方体を追加して、ハーフブロックのようにした。後手足や鼻や尻尾にも同じように縞模様を適用していければと思っている。画像加工ソフトのPhotoShopを使わなくてもドットグラフィックの加工はパソコンがあれば可能になった。もともとはドットグラフィックは限られたメモリの中でテキストを視覚化するための工夫だった。そこでアイコンを作ったり画を書いたりすることにはるとは思わなかった。

続きを読む UVとドットグラフィック

情報の相互性

もし僕が子供だったとしたら、YouTubeでマスコットのように扱われることを不本意だと思うだろう。子供がでたくて出ているほどに判断力はないと考えられる。ファミコンなどのゲームは子供同士でも遊ぶことができて、ソフトウェアを所有できていたが、スマートフォンなどの映像機材を使わなければ実現しない動画では、どうしても親というスポンサーが主役にならざるを得ない。声優になりたいわけではなかったが、ナレーションのときに印象的なBGMがあるとそれらしく見えるという企画があり、バラエティ番組でよく引用されていた。それがニコニコ動画などで既存のアニメーションに煽情的な歌謡曲を組み合わせるMAD動画のもとにもなった。歌ってみたという企画では、すでにある楽曲を素人のユーザーがアテレコをするもので、有名が楽曲である方がユーザーから共感を集めやすかった。たしかに聞いてみるとなるほど、どこかで聞いたことがある。名も知れないアイドルが楽屋で歌っていたことに既視感を覚える。

mineCraftの小麦畑の回収に伴って、猫を手名付けるときに、ふと3Dモデルを検索すると同じように猫の3Dモデルがあった、サイコロ状のUVマップだったけれど、なんともいえない愛嬌があり、それを組み合わせる楽しさを伝えられたらと思った。中国のmiHoyoのスマートフォンゲームで猫に似た、ニンディというキャラクターをガチャで引き当てて、それ自体は丸みのある2Dと3Dを組み合わせたような造形だったが、サイコロの組み合わせのUVマップでもそれが猫だと分かれば、キャラクターの表現は可能だと試して見たかった。手足の関節の原点移動などは、3 D画像ソフトのBlenderの箱うしというサンプルキャラクターを参考にした。

続きを読む 情報の相互性

クランプと太陽電池

Amazonで注文したスタンドライトのクランプを頼んでいたら、メーカーの山田照明では生産終了品で在庫がないために注文をキャンセルすることになった。あるいはスタンドライトの錘が付いた土台を買った方がいいのかもしれない。楽天でもクランプの在庫があったので代わり注文してみる、テーブルにネジで付けられるという利点を活用しようと考えたからだった。

週間スケジュールでは、6月2日に月間と年間のタスクのみという指示が来ていたが、週間と名前が付いていたので、余分に重複して入力してしまった。後で意味合いが分かると、チェックの項目を縦軸の週間の隣からチェックを入れればよかった。とにかくタスクをこなそうとして空回りしていた。中には入力項目のマクロのシートを事前にコピーして、タスクが溜まりすぎないように工夫できたものもあったが、どういう帳票か分からないと作業の概要を掴みにくくなっていた。帳票の入力欄の6月分が用意されるまで2週間くらい空いたものの、週間スケジュールは比較的早く来ており、チェックできれば間に合いそうだった。朝礼議事録はいつ更新されるかわからなかったので、リアルタイムについていくことができなかったが、中に回答の締め切りがあって焦ってしまった。この作業はのめりこむとほかのことが気にならなくなるが、周りが見えていなかったり、意味合いが分からない状態で進めてもミスという扱いになるために、チェックの質を改善する必要があった。

続きを読む クランプと太陽電池

スタンドライトとDIY

スタンドライトはベニヤ板で角が丸いテーブルに固定していたが、スタンドの角度によっては不安定になることがあり、amazonでねじ止めしてテーブルに固定できる金具を用意することにした。Z-lightのスタンドはwebデザイナーの時に購入したもので、大きさが大きく固定できるところがない、メタルラックの棚の柱の筒にスタンドライトを付けていたが、やや重心が不安定になっていた。リビング用のテーブルでもネジの穴を空けることになるが、ベニヤ板は湿気によって膨張することがあるようで背に腹は代えられない。引っ越す前まではクローゼットの板の部分にクランプを付けていた。スタンドライトのソケットはE17口金を使っており、LEDでも蛍光灯でもソケットが合えば付けられるようになっている。ベニヤ板を補助剤に使ったときはひずみが気にならなかったが、スタンドを逆方向に傾けるとテーブルの丸みで滑って重心が不安定になるようだ。スタンドライトの型番はZ-108LEDで、注文したZ-A2 Z-LIGHT用クランプの型に適合している。数年前の買い物ではあったが、どうして狭い部屋に大きなスタンドライトを取り入れたのかは疑問だった。ともかくなるべくは有効活用していきたいと考えている。

ベランダに太陽電池を置いているが、引っ越す前のもう一つの太陽電池はベランダに運ぶことができず、かといってそのまま押し入れに入れるのももったいなかった。電圧は半日陰で5V前後出力される。aliexpressから5V⁻20Vの入力で稼働する小型のUSB型のソーラーチャージコントローラーを試して見ることにした。Phocosや雷菱製のソーラーチャージコントローラーでは直射日光向けでベランダに出す必要があるが、スペースの関係でベランダの手前のリビングに置かれたままになっている。コントローラーにはUSBからモバイルバッテリーを繋ぐ予定になっている。端子はDC端子になっており、それに合う端子をパーツショップで見繕ってみようと思う。新しくソーラーパネルを買うわけにいかず、また既にあるソーラーパネルを捨てるのももったいなかったので、できる工夫を施して見ようと思う。

続きを読む スタンドライトとDIY

畑とポンプ

机の下にハンモックを付けて、足に負担が掛からないようにしている。東急ハンズのDIYショップで金具と網を買ってリビングテーブルにネジで付けている。ハンモックを買うよりは金具と網で足がぶさ下がっていれば目的は果たせるために、DIYとしては安価で効果的な作り方をしている。金具の強度は十分だが、ネットの強度は引っ掛けるところを2重にするなどの工夫が必要になる。ホームセンターでも金具のコーナーでネジが付けられるパーツを見つけるとなんらか試して見たくなる。発電機の手回しレバーもネジとナットと金具で作った。

気温は22℃で比較的涼しくなった。昼間には一時的に気温が35℃になっている。ベランダの温度計に日差しが直接当たったのかもしれない。湿度は60%まで上がっている様子はなく、あまり蒸し暑くはなかった。去年にくらべるとこの時期では比較的温度が高くなっている。とはいえ季節としては熱くもなく、寒くもない状態が続いているため、いまのうちにアトピー性皮膚炎に軟膏を塗って予防しておきたい。軟膏はこまめに塗っており、予備もあるけれど、かゆみが収まるまでにしばらくかかる。これ以上悪化しなければ長い目で見れば治っていることになる。なるべく痒い所を気にしないようにしていきたい。

Windows版のmineCraftでも農民のAIが動作するようになった。苗付けが上手くいけば地下のホッパー付きより収穫効率がいい。スマートフォン版では屋根を低くしてみたものの、商人のMOBが畑にスポーンするために、畑が踏み荒らされることがあり水流での収穫がやや持続的でなくなっている。スマートフォン版では地下のレール付きトロッコでの収穫効率が最もよかった。農民のAIは屋根付きの建物に入れた方が持続するために他に工夫の仕様がなくなっていた。農民のAIの持ち物がJAVA版と比べるとすぐに一杯になるので、ホッパー付きトロッコが余った作物を拾いやすいことがあった。ハチミツはwindows版では回路は正常に動いているが空の瓶が出力されることがあるようで、原因は分かっていない。しばらく様子を見ようと思う。スマートフォン版ではホッパー付きトロッコが主になっているが、JAVA版とwindows版では、水流も効率よく使えている。その様子を動画に撮ってみようと思う。シフトレジスタ回路を2通りのカウントにして60分から40分のサイクルにしたこと、ハニーブロックをクッション代わりにして、畑が踏み荒らされないように工夫したこと、小麦だけでなくニンジンの栽培にも応用したことなどを順序だてて紹介できればと考えている。

続きを読む 畑とポンプ

気候の変わり目と順応

気温が少し落ち着いてきたため、蕁麻疹が気にならなくなってきた。4月から5月にかけて急に汗ばむようになってくると、アトピー性皮膚炎の調子が悪くなる。これは毎年のことだった。こまめに風呂に入ったり、散髪をしたりしてケアしていくことが必要になる。またはアトピー性皮膚炎の軟膏をまとめておくのもアイデアだった。アレルギーを抑える錠剤は定期的になくなるのに、症状が軽かった時に軟膏を温存していて、診断のときに軟膏は手持ちの備蓄があるといってから、1週間ほどで蕁麻疹がでてしまった。いまのところ布団は血だらけにはなっておらず、関節より腿や手の甲など比較的湿疹が出にくいところが痒くなっている。これでも数か月前は収まっていたこともあったのだけれど、なるべくは軟膏を多めに、まめに塗ることが必要になってくる。寝ているときはそこまで痒くないけれど、起きているときはなるべく掻かないことを心掛けたい。気温は27℃から28℃でペルチェ素子では氷は作れないけれど、体感温度は比較的涼しい、サーキュレーターを当てると肌寒く感じるくらいで鼻水がでることもあった。もし気温がこれに2℃くらいプラスになると、室内は汗ばむくらいの暑さになる。天気がくもりだったことも涼しさには影響している。5月まではUSBのホッカイロが必要なくらい寒かったために、いまでは半袖で過ごせているが、今のうちにアトピー性皮膚炎を鎮静化させておきたいと思う。また髭もアゴが被れているので、シェービングジェルを付けるだけなく、風呂から出た後に髭が柔らかくなっているときに剃るなど、軟膏を塗るだけでなく工夫はしている。外に散歩にでるときにもマスクが必要なことから、アゴのかぶれは直しておきたかった。季節の変わり目で顔が痒くなってアゴが被れるようになったが、軟膏は一応塗っている。

続きを読む 気候の変わり目と順応