欲の分類とアイデンティティ

Amazonでの買い物より、散策によって、建物や街路樹の様子や、スーパーマーケットやコンビニの棚でリーズナブルなものを探すのが息抜きになっていた。Amazonでは、そういったところでは手に入らないけれど、なんらかの理由で必要になったものを買っていた。例えばそれが成人向けの雑誌やDVDであれば、欲望としては分かりやすく、そういったものがもし遅延すれば、おじさんがもっている童心では悔しい思いもするが、それはあまりにストレートすぎるのか配送員も、素知らぬフリで届けてくれた。

むしろ困るところは、ありそうでなかった品物が届かなかったときで、例えば備え付けの洗濯機や電子レンジと同じ幅の棚などは、それが届かないと部屋が片付かない、部屋が片付かない様子は知らない人には興味はないはずだけれど、受けると前と後で、部屋のレイアウトが変わる。しかしながら整理棚やメタルラックがスーパーマーケットやホームセンターにないわけではなく、不満ならそこで自分で足を運んで買い求めればいいということになる。インターネットがない時代に隣町まで安い、あるいは特長的な日用品を買い求めるあまり、帰り道で転んだりして、レジ袋の中身がこぼれるといった感じのありがちな癖が、インターネットという仮想空間でも代替として存在するのかもしれない。

当日にはドライバーの予定が受付からでは分からないというのは、ここ数年で聞いた新しい問題で、そうなる待っていることに体力をつかう。かつては不在票を素早く入れて、家で待っていてもそれが届かないということがしばしばあった。それだけ平日が忙しくなったのか、通信手段が増えて便利になったのか、問題は存在しながらも悩みかたを変わっている。

googleMapでスマートフォンで位置を確認しながら歩くと、道をあまり見なくなって、かえって迷いそうになることがあった。Wifiの疎通が安定していれば、リアルタイムで地形とGPSが連動して、空間が立体的に把握できるけれど、SIMカードのパケット通信量を動画閲覧に振り分けていたり、壁や地下鉄などの電波が制限される場所では、現在地が分かりそうで分からないという、もどかしい状態になる。そういったときに迷いやすくなる。

また、メールの要件に優先度を考えずに枕詞のように至急と付けるのは、ビラ配りにある急募のようで、具体性がなく一方的で戸惑う、宅配便では、待っている方がしびれを切らして、そんな急かすような対応をして相手を困らせるという印象がよぎる。あるいは、もし人手が足りないのなら、当日配送は無理という旨の連絡を事前にすれば、その時間はなにか指示を受けて拘束されているわけではないけれど、自由に動けるようになる。珍しいことに当日配送が間に合わず延期になった例は、国内では数百の注文のなかでも数えるほどしかない。電車よりも宅配便のほうが、意識している部分はある。

続きを読む 欲の分類とアイデンティティ

地理と情報の相関

2018年9月6日、北海道で震度7の地震が起こった。ニュースによると北海道全域で停電が起こっているという、北海道でも電力の需給バランスを火力発電所に依存しており、これが地震によって停止したことで、周辺の電力供給も影響したと見られている。そらまめ君で地震が起こった前後の大気の様子を見てみると、昨日と今日では、光化学オキシダントと非メタン炭化水素の濃度が昨日は札幌や函館などの大都市で活動が行われている様子が、まっさらになっていた。スモッグや煤は、関東圏でも見られるので、例えば家庭用電力や、乗用車の排気ガスから少しずつ出ていると予想を立てていたものの、火力発電所が大気に影響を及ぼしている要因になりうるという疑問ができた。

火力発電所は、2011年3月11日の東日本大震災で、原子力事故があった影響で、代替的に運用が活発化されている。その様子は石炭コンビナートの誘致への住民の反対運動なども見られている。かつて石原都知事はパフォーマンスも兼ねて、煤の粉をペットボトルに入れて都庁に持ち歩いていたという。その時は人気取りだと思っていたものの、近年のスモッグは青空を曇らせるほどでもある、しかしながら石炭などの、安価で環境に配慮しない燃料を使ってエネルギーを得ることを非難するだけでなく、自分でも周りに負担を掛けない工夫を実践することも現実的には必要であるように思われた。

高度経済成長が始まる1970年代-80年代にはスモッグや排気ガスが現在とは比較にならないほどだったという、埋立地の計画と地元民が漁業権を巡って反目したという事件は、地元の語り草になっているくらいだ。僕が生まれたのは1982年で、その頃にはパソコンはなかったけれども、生活のいろいろなものがすでに自動化・機械化の兆しを見せていた。用水路には産業廃棄物が見られ、中には日用品や工場に使われる部品のようなものから油が川に流れていた。20世紀から21世紀になると、水道インフラが進歩してかつてとは一変し、東京に入ると都市の中に透明な水が流れているという不思議な光景も見られるようになった。とはいえ、数年前まではアオコが発生したり、水質は必ずしも安定しなかった。中国でも、PM2.5が黄砂とともに、朝鮮や日本にも流れてくるようになっていた。それは日本でかつて起こった工業化が中国大陸でも遅れて推進されているからという説が一般的だった。しかしながらPM2.5は国内の火力発電所からでも発生する。また中国にはお茶の焙煎を薪から電気釜に戦後間も無く変化させたという事例もある。日本では空き地がなくなってくるにつれて焚き火の風習は無くなっていった。都市部で唯一使える火元は100円ライターやアロマキャンドルの火くらいだ。それでも暖を取るには及ばない。

続きを読む 地理と情報の相関