プログラムのライブラリとバージョン

JAVAのプログラムのクラス設定や変数など、プログラムを収納する入れ物を用意したため、次にはパッケージのインポートやウィンドウの表示など、実際にパソコンで動いているプログラムに近づけるために、実践編の参考書を購入した。サンプルプログラムは、入門編とファイル名の構成が同じだったので、ワークスペースを別に用意することにした。ショートカットにワークスペースを登録しておくと、Eclipseのエディタが開かなかったので、ワークスペースを複数用意して、メニューにあったワークスペースの切り替えで変更することにした。コンソールのフォントがカタカナの部分が文字化けしていたので、フォントを日本語のカタカナを含むフォントに替える。フォントの文字の太さは標準にするとデフォルトのフォントと太さが揃って違和感がなかった。

ウィンドウを立ち上げて図形などを表示するためのJavaFXは、FlashのactionScript3.0のステージ構成と似ていた。というよりはFlashがJAVAのプログラムを模倣していたと予想される。参考書の設定では、JavaFXライブラリをgluonhq.comというwebサイトからダウンロードすることになっている。JavaFXはJAVAのバージョンが11でなく8のときは、システムに組み込まれていたが、バージョンが11になるとJavaFXのライブラリとバイナリのファイルを外部ファイルとして読み込む必要がある。ライブラリの読み込みでは、FlashのactionScript3.0やマイコンのarduinoで文字列の置き換えや、時計の機能をインポートして現在時刻を取得するといったことを行っていた。ホームページ制作のときにタブ切り替えなどで使っていたJavaScriptにはライブラリの設定はなかった。クラス設定の前にインポートの宣言を追加することで実現される。ライブラリではjavafx-sdk-11.0.2というファイル名は、2020年3月の時点と同じだった。ユーザーライブラリーにJavaFXのライブラリのパスを追加すると、瓶のようなアイコンのリストが並んだ。

続きを読む プログラムのライブラリとバージョン

ありそうでなかった未来予想

Yotaphone3のセッティングを進めている。中国語で分からないところもあるけれど、Google翻訳に手書きで漢字を描いて、それから意味を推測しながら進めている。Androidでも中国語と英語しかなく、日本語には対応していないけれど、日本語の入力ができるだけで随分と、ネットサーフィンがやりやすくなった。Yotaphone3でも中国語のコミュニティサイトやKindleはE-inkのバックスクリーンで見ることができる。メールも閲覧できるものの、タイマーで5分から10分の頻度で更新したほうが、負担が少ないので、そこまで頻繁に見ることはしていない。できることを少しずつ進めていこうと思う。Kindleだけでなく、中国圏の電子書籍もあるので、それもできる範囲で読めるようになって行きたい。初めて中国に旅行したときも、そこでどんな雑誌やパンフレットが読まれていて、どのようなテレビやラジオ番組が見られる傾向にあるのかと言うことがとても気になった。今ではすっかりメジャーになったAKB48と似ているようなアイドル活動も郊外から都市部に通勤する日常に一種の夢をもたらしていた。それだけでなく、僕は2005年に北京に一人旅をしていたが、そこでただ河辺の柳の木を眺めているだけでも、なぜだが、気持ちがリフレッシュした。その頃は夏で、気候はやや涼しく過ごしやすかった。水は水道水があまり飲料水向けに整っておらず、沸騰した水と野菜炒めを食事にしていた。正月になると日本では気温が5度以下になって、霜柱ができたり吐く息が白くなったりするけれど、同時期の北京は氷点下になっている。冬の中国には行ったことがないもののどこかで心配することもある。
Yotaphoneは初めは、freetelのandroid用のデータSIMで行なっている、jd.comから4G対応の機種が買えたとしても、実際に手にとって見ないことには繋がるかどうかと言うそわそわした気持ちがあった。機種を選ぶ段階では中国のXaomi MIXや韓国のLG l6はdocomoの4G通信に対応しているが、中国のDoogeeはコンパクトで高性能だけれど、softbankの通信と相性がいい。それでもすでに流通したモデルより、これから普及しそうなありそうでなかったと言う仕組みを開拓して見たくもなる。そのための原動力になっているのが、好奇心と言いたいところだが、そればかりでは焦りに繋がって、視野が狭くなることもある。海外の風土と日本の風土のいいところを交換するようなイメージが参考になった。例えば、企業のロゴより、ユーザーに馴染みのある手触りや普及価格帯の買い物でどのように暮らしの質を高めていくかと言うCMの映像も参考になった。日本のコンビニやスーパーでも韓国の辛ラーメンを買うことができるけれど、そこにキャベツやハムを入れて、調理する様子が、中国のblibliでも同じように楽しまれているとどこか嬉しい。ある会社のパントリーには10年くらい前のLG電子のドラム式洗濯機がいまだに稼働していた。しかしながらスマートフォンの変化はとても早い。海外の探偵小説には、ジョギング中につけいていた時計にUSBケーブルが繋がっていて、そこでデータのやり取りをすると言うシナリオがあるけれど、モデルになっているのはdocomoのblackberryとおそらくapplewatchに近しいアイデアだと思われる。時計があるのに、デジタルにする必然性まではまだ分からなかった。
続きを読む ありそうでなかった未来予想