ハードウェアとソフトウェアの選択肢

リュックサックの肩ベルトの右側の利き腕の方の合成皮が剥がれかかっていた。そこで、膠のような革製品の補修用パーツをホームセンターで購入した。補修用テープを肩ベルトのささくれだったところに塗ると、ベルトと同じ色の薄い膜ができて、摩耗した表面が目立たくなった。また、パソコンを収納しているメタルラックの土台がライトスタンドの重みで重心がやや不安定でグラグラしていたので、エアコンパテの粘土を土台に付けて補強することにした。これらはホームセンターならではの品物で、地味ではあるが既存のものを使い続けるための工夫になった。

パソコンのセガサターンのエミュレーターを試して見ると、CD-ROMをISOイメージに変換して、仮想ドライブがエミュレーターのドライブと合っていると、セガサターンのゲームが起動するようになっている。セガサターンのゲームはアーケードゲームを移植したラインナップもある。しかしながら、実機を中古で入手したとしても、ハードウェアが発売当時とは変わっているためにそのまま起動させることができない。USBとHDMIケーブルで動くミニファミコンなどもあるけれど、ソフトウェアにあたるディスクを交換することができず、予めインストールされたラインナップを再現するに留まっている。プレイステーションやネオジオアーケードも小型化したが、同様にソフトウェアを入れ替えることができない。

セガサターンのエミュレーターは案内用のウェブサイトに最新版のエミュレーターがあり、exeファイルを起動させると、セガサターン用のBIOSが無くても、CD-ROMドライブを指定すると読み込みが開始される。もしセガサターンを持っていれば、テレビ画面がCDコンポになるような近未来的なインターフェースではあったが、ソフトウェアの読み込みを優先したために見ることはできなかった。ゲームといえばカセットテープにパソコン部品のメモリーボードのようなユニットをゲーム機のハードウェアに設置する形で、カセットテープを入れ替えると、同じハードウェアのままで異なるソフトウェアを実行することができる。パソコンが高価だった時代においては、デジタルコンテンツでは最も効果的だった。現代ではスマートフォンでは中国や韓国のキャラクターが多いけれど、かつては日本でも表現の自由があった。時代というと世代交代を踏まえると昭和時代が圧倒的な存在感を持っているが、平成の30年余りのなかでも、アナログがデジタルになる試みがなされていた。

続きを読む ハードウェアとソフトウェアの選択肢