明るさをポケットに

人に気を使って疲れるのは、僕だけではないようだ。そこだけはホッとした。疲れのポイントは日常の至るところに潜んでいる。相手が悪いわけでもない、疲れされることはそれだけ機転が利くということでもある。スマートフォンで文章を打って3日目、スマートフォンを横に立てるリングがあり、画面のレイアウトが安定する。いろいろなことがなるようにしかならない中で、ちょっとしたことで工夫ができる。また、その仕組みを自分だけでなくて相手も知ったり体験出来そうであれば、より汎用性がよくなる。昨日に、新調したリチウムポリマーバッテリーが急に空になってしまって慌てたけれど、焦ったくらいで済んで幸いだった。リチウムポリマーバッテリーには数字が付いており、どれだけ充電できたかが一目でわかるけれど、一般には乾電池や蓄電池のバッテリーの残量は目安でしかない。電圧と放電量がある程度比例するので、乾電池でも一定の電圧を保っていればそれは残量があると予想される。ベランダの太陽電池もまた、ソーラーパネルからの発電量をカウントすることはできても、そこから土壌湿度センサーやリレースイッチに使っている分は、カウントされないので、どれだけ溜まっているかはわからない、一周回ってDROK社の蓄電池のメーターを確認時にONにして対応している。今週末から来週にかけて梅雨入りするので、太陽電池は曇りでもわずかに発電はするけれど、どれだけ維持できるかが試されてくる。

WindowsPCのキーボードの配列がJIS版とUS版で異なっていたので、今までは@をその都度入力していた。デバイスの設定から外部キーボードをいくら動かしても、違和感が拭えなかった。設定から時刻と言語を選んで、そこから日本語の設定で、USキーボードを選択すると、再起動してキーボードのアイコンと入力された記号が同じようになった。演算子や改行の半角スペースが見つからないような実のところなんでもないようなことでも、根気よく、またはコツに慣れれば負担が軽くなるような工夫を見つけていきたい。また、バッチファイルでCPUの温度や稼働率が測れたり判定できれば、汎用性は広がり、またはパソコンに興味がないような人にも可能性が広げられるように思われた。

疲れの正体がまるでゲリラのように見えない、いくらかは自分にも要因があると思うが、それでも閉塞感をべつにヒーローを目指しているわけではないが、誰にも期待されなかったとしても果たす役割があると考えている。

また先日充電できなかった、iPhone5の端子を粘土とクリップで掃除してなんとか手持ちのケーブルで充電して見ることにした。両面あるLightningケーブルの片方しか充電できないが、それでも動作はする。Androidのスマートフォンは、かれこれ6年くらい使っているが、ついに液晶画面が欠けてしまった。こちらではとくに落としたわけでもなく、いずれは形あるものは壊れる時もくる。できればもう少し汎用的な用途を見つけていきたかった。スペック的にはかなり型が古いけれど、使えないことはなく機能もシンプルで使いやすいタイプだった。

続きを読む 明るさをポケットに

ダンボールと具象

ダンボールをmacbookの蓋を閉じて外部ディスプレイにかぶせて、そこにサーキュレーターで風を送って冷却する。タンブラーは当初はセメント抵抗器で、温度を温めることができたので、熱源をペルチェ素子に変えれば、冷却できるかと思ったけれど、安定しているのは温める方だった。

また、銅なまし管でノートパソコンを水冷で常温に保つようにしていた時に、mineCraftのワールドを生成すると、今までの中ではめずらしく氷山地帯で、近くに木が数本あったくらいで、ほとんど何もなかった。その中で氷をブロックにしてそこでイグルーのような建物を作れたらとイメージしていた。氷は松明の光でも溶けてしまうようだ。後になって知ったけれど、光と熱はこの世界では同じで明るいものは暖かいようにできているようだ。ピストンで氷を水中に沈めてそこである程度の大きさになったら地下室を作ることにした。氷はバケツで水を水平に張るとしばらく待っていると氷ブロックになる。氷ブロックは、ピッケルでも採取できないが、エンチャントテーブルで属性を付与すると氷も保存したり持ち運んだりできるようだが、確率があまり高くないので、ピストンで押すことにした。ようやく氷の中をピッケルでくり抜いて建物のようにする。松明が使えないが、レッドストーントーチは使えるようだ。海外のジオラマ模型で、松明とレッドストーン トーチをテクスチャによって使い分けて濃淡を演出するという部分があり、レッドストーン トーチは回路の中継などで使うことがある。かつてはエレベーターの縦方向に配線する時に座標が桂馬飛びのように変則的なマス目に配置するなどを試みたことがあった。レッドストーン トーチはLEDのようで、光は松明に比べると淡いけれど氷を溶かさないようだ。また氷ブロックの中ではモンスターは現れないようだ。

続きを読む ダンボールと具象