クランプと太陽電池

Amazonで注文したスタンドライトのクランプを頼んでいたら、メーカーの山田照明では生産終了品で在庫がないために注文をキャンセルすることになった。あるいはスタンドライトの錘が付いた土台を買った方がいいのかもしれない。楽天でもクランプの在庫があったので代わり注文してみる、テーブルにネジで付けられるという利点を活用しようと考えたからだった。

週間スケジュールでは、6月2日に月間と年間のタスクのみという指示が来ていたが、週間と名前が付いていたので、余分に重複して入力してしまった。後で意味合いが分かると、チェックの項目を縦軸の週間の隣からチェックを入れればよかった。とにかくタスクをこなそうとして空回りしていた。中には入力項目のマクロのシートを事前にコピーして、タスクが溜まりすぎないように工夫できたものもあったが、どういう帳票か分からないと作業の概要を掴みにくくなっていた。帳票の入力欄の6月分が用意されるまで2週間くらい空いたものの、週間スケジュールは比較的早く来ており、チェックできれば間に合いそうだった。朝礼議事録はいつ更新されるかわからなかったので、リアルタイムについていくことができなかったが、中に回答の締め切りがあって焦ってしまった。この作業はのめりこむとほかのことが気にならなくなるが、周りが見えていなかったり、意味合いが分からない状態で進めてもミスという扱いになるために、チェックの質を改善する必要があった。

続きを読む クランプと太陽電池

スタンドライトとDIY

スタンドライトはベニヤ板で角が丸いテーブルに固定していたが、スタンドの角度によっては不安定になることがあり、amazonでねじ止めしてテーブルに固定できる金具を用意することにした。Z-lightのスタンドはwebデザイナーの時に購入したもので、大きさが大きく固定できるところがない、メタルラックの棚の柱の筒にスタンドライトを付けていたが、やや重心が不安定になっていた。リビング用のテーブルでもネジの穴を空けることになるが、ベニヤ板は湿気によって膨張することがあるようで背に腹は代えられない。引っ越す前まではクローゼットの板の部分にクランプを付けていた。スタンドライトのソケットはE17口金を使っており、LEDでも蛍光灯でもソケットが合えば付けられるようになっている。ベニヤ板を補助剤に使ったときはひずみが気にならなかったが、スタンドを逆方向に傾けるとテーブルの丸みで滑って重心が不安定になるようだ。スタンドライトの型番はZ-108LEDで、注文したZ-A2 Z-LIGHT用クランプの型に適合している。数年前の買い物ではあったが、どうして狭い部屋に大きなスタンドライトを取り入れたのかは疑問だった。ともかくなるべくは有効活用していきたいと考えている。

ベランダに太陽電池を置いているが、引っ越す前のもう一つの太陽電池はベランダに運ぶことができず、かといってそのまま押し入れに入れるのももったいなかった。電圧は半日陰で5V前後出力される。aliexpressから5V⁻20Vの入力で稼働する小型のUSB型のソーラーチャージコントローラーを試して見ることにした。Phocosや雷菱製のソーラーチャージコントローラーでは直射日光向けでベランダに出す必要があるが、スペースの関係でベランダの手前のリビングに置かれたままになっている。コントローラーにはUSBからモバイルバッテリーを繋ぐ予定になっている。端子はDC端子になっており、それに合う端子をパーツショップで見繕ってみようと思う。新しくソーラーパネルを買うわけにいかず、また既にあるソーラーパネルを捨てるのももったいなかったので、できる工夫を施して見ようと思う。

続きを読む スタンドライトとDIY