片方のスイッチ

Nintendo switchをヨドバシカメラのセキュリティソフトとオフィスを揃えたポイントで買ったけれど、端子が見つからず電源が付かない、本体とセットでないと使い方がわからなかったが、USBで十字キーのコントローラーを使うよりインターフェースを分析したかったところがある。Xboxのゲームコントローラーが本体が無くてもコントローラーだけでもPCゲームに転用することができる、Nintendo switchのJoyConという左右に対になったコントローラーは、ボタン配置がどことなくレトロファミコンにも似ている。事前に調べた情報ではリチウムイオンバッテリーにタッチセンサーとジャイロセンサーが付いたくらいで、それほど複雑な回路は入っていないようだ。キーボードでもリチウムイオンバッテリーに対応したモデルは少なく、ボタンの制御はDIYキーボードの場合arduinoNanoというマイコンが代行している。それに比べると回路はシンプルで、ボタン操作ができることを目的にすると、できればコントローラーが片方でもPCとbluetoothでペアリングをすることが可能だとのことだった。とはいえ、ヨドバシカメラで右側だけを買ったとしても、充電となると左右両方と本体がセットになった状態で行われる、左右のコントローラーホルダーに充電機能があり、右だけとコントローラーを接続して、充電しようにも上手くたまらない、箱の説明書には本体が必要になるとあるが、本体にはUSBケーブル以外に特徴は見当たらない、そういったときにamazonを見ると、メーカー純正ではないが、USBを介したクレードルがあったり、カバーがあったりと、あると便利な機能がある。携帯ゲーム機のPSPのときも付属のケーブルを使っていたが、途中から外部CD-ROMやハードディスクに使うminiUSBケーブルだけでも、充電できることが分かった。アダプターがUSBでも代替できることは近年に、液晶ディスプレイにも試行されている。とはいえ、誰もやっていないけれど、実はそうした方がよさそうなことをするためには、どうしても風当たりが強くなる。駅前の道ですら目が霞んでくる。そういったなかでも試してみることで実は双方にメリットがあることが見つかればいいと思う。

続きを読む 片方のスイッチ