エナメル線と透明なケース

丸ピンヘッダーに半田付けをすれば、漏斗状のピンに半田が流れ込んで、プラスチックを溶かさずに済むと思いついた。そのような事例もあるようだけれど、スイッチサイエンスからEsp-wroom32のdeveloper boardが届き、まずは表面積がスリムで半田付けがしやすいピンヘッダをつける、Esp-wroom02のときは、できるだけ足を少なくしてフリスクのケースに収まるようにしたものの、ピン数が多く、DevKitCとも配置が異なっていた。プログラムはそのままコンパイルできて、ブラウザに操作パネルは表示されている。プラスチックケースの横幅ギリギリではあるものの、半田ごてでプラスチックを溶かせば、アンテナ部分が飛び出るくらいで、micro-USBも使えそうだ。GPSのシリアル通信のピンがDevKitCと同じかどうかを試してみる必要がある。

プラスチックケースは比較的横幅が大きめではあるものの、パーマセルテープ で直線上に半田でなぞってプラスチックを溶かした、縦の部分は手の動きをなるべく平らをイメージして溶かしていると、ほぼ歪みがない形になった。基盤とケースにスペースがあるので、M3のネジ穴をつけてヒートシンクを貼り付けてraspberryPiの形に揃えてみようと思う。raspberryPiでもUSBポートと LANポートがそれぞれ基盤にダイナミックに付いており、ただコンパクトにしたような設計だけではないようだ。本来は3Dプリンターでぴったりのケースを作るところだけれど、あり合わせの素材を組み合わせて、ひと味違った用途で活用することにも意味がある。

続きを読む エナメル線と透明なケース