若者と景色

人生の楽しみや醍醐味はお爺さんがもっている。若者はお爺さんに温かい目を向けられるだけで生きがいを感じる、逆にあるいはそうでなければ疎外感を感じる。純粋で気力にあふれる青年ほどその傾向が強い。ぼくはどちらかとうと壮年の方が怖かった。噂を通じて怒っているかそうでないかが日ごとに伝えられる。同年代で共感できることが難しい、相手はバカではない、自分より自身に溢れていて意欲的だ。かつては空き地があり、そこで泥んこ遊びができたり、立ちションができたりした、現代では日本はとくにアスファルトの舗装率が高く、足を痛めない道路が却ってない、自転車もギアが良く回る機種は値段も高くデザインも斬新だ。競馬の感性や職人のいなせさに加えて、プロゲーマーの介護士からエンジニアに転身した経歴は、多くのパソコン好きに取って憧れだった。僕もその一人だ。

僕の記憶では、ゲームセンターのコントローラーはジョイスティックで、卓球選手のように手首のスナップで動かしていた。ファイナルファンタジー6では、読書をしたりバットエンドを許容する大らかさがあったとしても、コマンドで波動拳を撃つのはそれだけですごいと思った。後になって、クラスで親切な人から十字キーを↓→→の順に入力すると同じように気の力が使えるという、昨今になってボタン用のコントローラーができたという、その場合、左と右、または上と下を同時に押したら、キャラクターはどんな動きになるのだろうと、素朴な疑問も浮かぶ、大学のころにはファミコンの十字キーが家にあり、キャラクターとの対話もそこで行われていたので、ゲームセンターにもUSB経由でコントローラーを持ってくるという事例もあった。その時はアンドロイドやらAIやらを操る術はあっても、場慣れしていないのでワンパターンな動きだねと言われていたが、その人は落ち込むのも早かったが立ち直るのも早かった。不思議な感じがした。またカラオケではゲームをクリアする回数は分からないが、横から実況する人が、リズム感覚があった。そこでPSPをカラオケボックスに持っていき。独自のケーブルで伴奏だけを鳴らして、アニメソング仕立てにするというマイナーな遊びもあった。

続きを読む 若者と景色