通所体験とその継続

就労支援施設の体験通所が3日目を迎えた。朝はそれほど暑くなかった。その日は朝起きて、髭を剃って、ベランダの植物に水を遣って、新聞小説を移して電車に乗った。比較的時間に余裕をもって通うことにした。9時40分に施設に入って、挨拶をする。朝礼までに持参した体温計で検温を済ませておく、午前のプログラムは運動だったので、リュックに入っているジャージに着替えることにした。一緒にプログラムを受ける人も着替えるために、更衣室の鍵を掛けずに声がけをするだけで間に合った。入室用の名札を最後の人が置き換えるルールになっているようだ。運動をする前に、単語や昨日の生活習慣や、良かったことを二人一組で数えることになった。2人で10個列挙する間に、どちらかが数え漏れることもあった。とはいえ数えることよりも、積極的にアイデアを出してくれることが嬉しかったので、しばらく待つことにした。運動の前の会話もまた準備運動に成り得ることがわかった。ストレッチでは呼吸をなるべく喉から腹に移動させて、一呼吸をなるべく深くする試みを行った。普段は喉で呼吸しているので、呼吸がややせかせかしていたようだった。ヨガマットに横になる姿勢になってリラックスしていても、足を左と右のどちらかを伸ばしてストレッチも兼ねるとだんだんと運動の性質も持ってくる。また、普段の生活では、掃除をする動作にも筋肉トレーニングの要素があるという。雑巾で床を拭くときの屈んだ姿勢だったり、棚に荷物を持ち上げる動作だったり、棚の上の埃をはらう動作などが、生活に必要な動作からでもトレーニングを兼ねることができるようだ。そのときに腰が曲がっていると力が入らないので、なるべく背中を丸めずにストレッチを行おうと試みた。これらの運動やストレッチはヨガにも共通する要素があるようで先日のヨガの運動トレーニングと共通する要素を振り返りながら、取り組みのも意義がありそうだ。とはいえ、横になっているときや、運動しているときには雑念は特にわかないが、他のことを考えることもできないため、なるべく気持ちが整理されたタイミングに考えをまとめようと考える。

続きを読む 通所体験とその継続

悩みの克服とストレッチ

朝起きると、鈴虫が鳴く声がする。台風が過ぎてやや涼しくなったようだ。就労支援施設で運動のプログラムがあるので着替えを持っていく。朝は7時45分くらいに家を出た。電車に乗り換えて目的地まで都営線がある駅から徒歩で線路沿いに歩くことにした。途中で道が狭くなっており、スマートフォンでGoogleMapを開いて現在位置を確かめる。駅には路面電車が通っており、道が開けたところに本屋がある。本屋は9時前からも空いているようで、そこでしばらく落ち着いている。雨は降らなかったようだ。9時40分くらいに就労支援施設に向かう、入所にあたって挨拶をして、朝礼をして午前の文章作成のプログラムを受講する。課題にはこれからも継続してプログラムを受けたいという意図と、自分自身の個人的な悩み事がすこしでも良くなるようにと頭を悩ませた。午前のプログラムにも瞑想は含まれていたが、瞑想によって考えが整理されることを意識するあまり、一部会話が聞き取りにくかったことがあった。発達障害を克服するにはどうしたらいいかと悩み、焦る。ともかくそのままグループディスカッションになったので、メモを取って自分の意見を文章にすることができた。わからないところは積極的に聞いてみても良かったかもしれない。今までは理解度が及ばないと質問をする行為すらタブーとされていたので、相手に迷惑をかけなければそれに越したことはないと思うしかなかった。そうしているとストレスが溜まってくるのか独り言がぶつぶつとでる。または、個人的になにかのタスクが終わってほっとすると雑念が混じったりする。せめて相手と共通の目標を作ってそれに取り組みながら、悩み事を改善したいと思っている。自分でできることといえば、何かに集中しながらも、相手のいうことに対応できるように準備することくらいだった。まずは30分の間集中しながらも、相手の意見を聞き入れて行動に移していきたいと考えている。集中力がなかなか続かないというところのなかに、業務経験が長かったwebデザイナーとしてのスキルを実務に生かそうとするところがミスマッチを起こしているともアドバイスを受ける。とはいえ初めから事務を目標に選ぶことができたらそうしていきたいが、なるべく対人関係のコミュニケーション力を付けて目標と居場所を作っていけたらと思う。

続きを読む 悩みの克服とストレッチ