ネジとスマートプラグ

朝起きると、水冷ユニットがひとりでに動き出していた。スマートプラグの設定で試しに日の出を検知するとスイッチがONになるように設定していたことを忘れていた。慌ててスマートフォンでSmartLifeを起動してOFFのスイッチをタップする。説明書を見つけたことは良かったが、アプリケーションのタブの設定を見落としていた。誤作動ではあったが、スマートプラグ自体は設定どおり正常に動いていたので、使う人次第ということになる。アイデア自体はありそうでなかったものだったが、自動化に対しては自分に有利なようにセッティングをして楽をしているというネガティブなイメージもあった。個人的には有効だと思うけれど、パソコンを使ってできることを開拓していこうと思う。

また水冷ラジエーターは当初ペルチェ素子の試作に使っていた。windowsPCの前のmacBookはなまし銅管を素手で曲げてmacBookの下に敷いていた。金属のうちアルミニウムと銅の熱伝導率が高いため、材質を銅かアルミニウムのラジエーターを使って、ペルチェ素子を冷却しようとした。そのときにamazonでPCパーツの水冷ラジエーターを購入したが、ネジの使い道がなく、付属品で縦横12cmのPCケースファンを使う予定が無く、サーキュレーターで遠くから風を当てて冷却していた。水冷ラジエーターにはPCケースファンを2つ接続するためのネジ穴が付いている。手持ちのネジではM3とM4サイズのネジしかなかったが、ナットを付けて金具を固定して案を考えた。12㎝のCPUファンには+極と-極だけでなく信号ピンも含めて3本から4本になる。そのうち+極と-極に電圧5Vの電流を流すとモーターを回すことができる。単位が㎝とインチの違いでネジの太さが変わることとケースファンのネジ穴の余白を埋めるのにネジが太い方が、安定感があるという考え方もある。ネジについては実際にパーツショップとホームセンターで手に入りやすいネジで試して見ながら試行錯誤していた。ブロワーファンは直径12㎝より一回り小さく、ネジ穴はM4の太さでもあったが、ナットとボルトを組み合わせてM3ネジで固定していた。水冷ラジエーターの付属のネジを使わなかったのは、水冷ラジエーターを冷却装置に使うようになってからは必要になっているが、金具を見るとネジ穴は3㎜~3.2㎜の穴に厚さは1㎜くらいだったので、金具にナットを入れる隙間があったので、ボルトとナットを組み合わせることができる。

続きを読む ネジとスマートプラグ

スマートプラグと説明書

ブロワーファンのUSBケーブル対応をしてみたけれど、一つのUSBケーブルに2つ以上のDCモーターを接続すると、電流の供給バランスが不安定になる現象があった。翌日にはスマートフォンのGoogleアプリも途中で異常終了と再起動を繰り返し、原因不明の不安定な挙動になっていた。windowsPCのintelNUCのCPUの冷却に充てるUSBケーブル自体は、DCモーターの消費電力と空気抵抗の少ない無印良品のUSBデスクファンに戻して、動作を落ち着かせた。普段は手動のトグルスイッチで冷却ユニットのONとOFFを切り替えていたが、タイマーを設定したり、外出先からも遠隔で操作できるようにスマートプラグを使うことにした。LITSPED社製のWIFIスマートプラグを使うと、スマートフォン上のアプリケーションから遠隔操作でスイッチのONとOFFができるようになる。これは、もともとは自宅で暖房器具のスイッチの切り忘れを予防するための対策だった。もし暖房スイッチを付けたままにしても、タイマーでOFFになるか、スマートフォンから外出先でもOFFにできるので省エネルギーに役立つ。とはいえパソコンの冷却装置に転用するに際して、念のため保証書があればと思って探してみると、LITSPED社のホチキスで綴った小さな説明書には、「ご幸福とご健康を祈ります」という日本語のしおりが付いている。しおりの裏側には、amazonの購入履歴から辿って12カ月以内であれば保証機関になるという記載がある。家電量販店のレシートを保管するより履歴を辿った方が合理的だとは思うけれど、メーカーごとに説明書や保証書の形式が変わっていることにも趣があった。WIFIスマートプラグは便利だけれど、家電量販店では取り扱っていなかった。Amazonでは、PSE認証(電気用品)と工事設計認証の技適マークがスマートプラグに記載されている旨が製品説明に書いてあったので、見た目より実用性から購入を決めた。また同製品にはamazonのalexaの音声認識にも対応しているというが、まだ音声認識用のalexaを持っておらず試してことがないために分からない。LITSPED社製のマルチタップは以前に見たときには複数のモデルがあったが、今見てみると4口のマルチタップだけになっていた。スマートプラグがWiFi通信とクラウドサーバーを使って外出時と在宅時に操作が可能なため、マグネットケーブルと同じく標準化されてくれば、一般的に普及もしやすくなるとも考えられる。スマート家電というと中国の家電メーカーxiaomiを想定していたが、PSE認証と技適の条件は直接手に取れない分、頼りになる。WiFi通信を使うので、郵便番号に波線がついた技適マークは必要で、マルチタップのコンセント内で高い電圧と大きな電流を扱うのでPSE認証もあったほうがいい。マルチタップにはUSB端子もついているが、出力は2A以内で、コンセントの交流電源からアダプターを介して変換すると3Aでも対応できるようだ。このあたりはトーマス・エジソンと二コラ・テスラの電気インフラに対する構想の相違があるのかもしれない。スイッチは手動とスマートプラグによる遠隔操作の2系統になった。

続きを読む スマートプラグと説明書